【池袋】最新つけ麺まとめ【2024】

【池袋】最新つけ麺まとめ【2024】

昼夜多くの人で賑わう繁華街・池袋。雑多なイメージが強いが、ぜひとも訪れたい「つけ麺」の美味しいお店が数多く存在する。 トッピング、麺、つけ汁、ボリューム、安さ。それぞれの特長を感じながら思う存分味わっていただきたい。 ※価格変更の可能性あり。

記事作成日:2024/04/08

1171view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる4901の口コミを参考にまとめました。

ヌードル ボイス

濃厚ホタテつけそば(冷締め/980円)+本日の飯(200円)

魚介ホタテの甘み全面に伝わるつけ汁。
ざく切りのネギやメンマなどもしっかりで食感良き。
太麺のすすりも。
粉末のような海苔をいれ後半は味変。並盛でも大満腹なボリューム。

200円のチャーシュー丼はタレしっかりで好み。
これはマスト。

ホタテの甘みをたっぷりと。太麺と。

ベジポタつけ麺えん寺

池袋(西口)駅徒歩5分。
食券制/カウンター席のみ。

ベジポタ味玉入つけ麺(990円)+大盛り(330g/50円)。
ドロドロ豚骨魚介。濃厚つけ汁。甘みのあるモチモチ麺と絡みよく。
チャーシューは控えめだが、麺を美味しく。大盛で大満腹。
常時外待ちできる人気店だが、比較的回転は良さげ。

ドロドロ濃厚。

MENYA NAKAGAWA

池袋(西口)駅より徒歩10分。
綺麗で明るい店内は女性客、カップルも多い。

味玉鶏魚介つけ麺(1,130円)+中盛(300g/150円)。
豚骨魚介はサラサラ寄りながら、しっかり味わいあり。
トッピングも無難にまとまっている。豚肩ロースチャーシューが香り良く美味。
つけ汁に入ったネギが良い仕事。最後はレモンで味変。中盛満腹。

ドロドロし過ぎない、なるほど女性客が多いのも頷ける。
新小岩・一燈に近い味が池袋で頂けるのは嬉しい。

名店・一燈を彷彿させる美しさ。

つけ麺屋のぶなが

JR池袋駅(西口・北)より徒歩3分。

つけ麺全部のせ(大/980円)。大盛無料。
平打ちやや細めの、なめらか麺。

つけ汁はオーソドックスな魚介系。卓上の魚粉でお好みの濃度に。
トッピングは全体的にチープな感じもするが、1,000円以内と考えればまぁ良し。
安く麺をすすりたい時はいいかも。お腹も満腹。

安く満腹に。

麺屋武蔵 二天 池袋店

池袋(東口)駅より徒歩5分。カウンター席のみ。

濃厚鶏天つけ麺(大/970円)。
サックサックの柔らかいジューシーな鶏天美味。
ただ、つけ麺のトッピングというよりおつまみ?的な。
つけ汁もそこまで主張せず。大盛ペロリ。

サクサクの鶏天を一度は食べたい。

馳走麺 狸穴

池袋(東口)駅より徒歩5分超。食券制/狭いカウンター席のみ。
日曜13時過ぎでも行列絶えない人気店。

特製濃厚つけ麺(大/1,260円)。並・大同一料金。
ローストチャーシュー柔らかく甘みあり美味。
つけ汁の粘度はそこまでなく魚粉の舌触りが若干ある程度。
魚介つけ麺の正統派な一杯。特製だと具材の種類豊富で嬉しい。
ゆず香るスープ割で〆て満腹。

カウンターもかなり狭く、並んでまで食べたいかと言われると微妙なところ。

ローストチャーシューの甘み。

※本記事は、2024/04/08に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ