阿佐ヶ谷の人気カフェ! ランチから夜カフェまで20選

出典:ガレットブルトンヌさん

阿佐ヶ谷の人気カフェ! ランチから夜カフェまで20選

東京・杉並区にある阿佐ヶ谷は、歴史やサブカルチャーを感じる、知る人ぞ知る魅力を持つ街。昔ながらの活気ある商店街には、古くから愛される喫茶店や新しくオープンしたカフェなど、味のあるお店が軒を連ねています。今回は、ぜひ一度は足を運びたい阿佐ヶ谷のカフェをまとめました。

記事作成日:2020/07/17

995view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる995の口コミを参考にまとめました。

阿佐ヶ谷にあるランチがおすすめのカフェ

YO-HO's cafe Lanai

3.54

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

YO-HO's cafe Lanai

阿佐ヶ谷駅南口から徒歩約4分の場所にある、ハワイのローカルフードが楽しめるカフェ。

気さくで話好きのオーナー夫婦がお店を切り盛りしており、1人でも利用しやすいのが特徴なのだそうです。

YO-HO's cafe Lanai

この店ならではのメニューが、一番人気の「オックステールスープ」です。本場・ハワイでも観光客はあまりお目にかかれない、ローカルフードの香草入りの薬膳スープなのだそう。

本場の味を求めて、ハワイ通が足繁く通っているのだそうです。

YO-HO's cafe Lanai - ガーリックシュリンプ

ハワイ料理の定番「ロコモコ」や「ガーリックシュリンプ」も、ランチで味わうことができますよ。

ニンニクを利かせたガーリックシュリンプは、ごはんにもお酒にもよく合うのだそうです。

オックステールスープ(スモール)セット、1450円。生姜のみじん切り。これとお醤油とを合わせて(一つ前の写真の左下)、お肉をいただく。最初は「ドン!」と出てきてびっくりするけど、パクパク食べちゃうんだよね~。

出典: 苫さんの口コミ

香草を使った料理や見た目が鮮やかな料理が多いので女性に大人気の印象で、8割くらい女性のお客様で驚きました。

出典: あきのりくんさんの口コミ

けやき庵 阿佐ヶ谷店

3.55

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

けやき庵 阿佐ヶ谷店 - 外観

阿佐ヶ谷駅から歩くこと2分ほどの場所にある、天然酵母パンが味わえるベーカリーカフェ。

お店には種類豊富なパンが並んでおり、テイクアウトはもちろん、イートインスペースも併設しているので、ランチを楽しむのにぴったりです。

けやき庵 阿佐ヶ谷店 - ディップセット。ディップ2種類と、ヨーグルト、サラダ、飲み物。天然酵母パンは食べ放題です。2011.12.16

ランチセットの「ディップセット」と「具だくさんスープセット」は、いずれも店内の焼き立てパンが食べ放題。

店内のパンは、総菜パンからデザートパンまで充実のラインアップです。その豊富さに、思わず目移りしてしまうほどなのだとか。

けやき庵 阿佐ヶ谷店 - クラブハウスサンドイッチランチ@829

食べ放題のほか、サンドイッチセットも用意されています。いずれもベーカリー特製のバンズで作ったサンドイッチに、カップスープ、ヨーグルトとドリンクが付いて700円台とか。

お手頃な価格も、人気の秘密なのだそうです。

南阿佐ヶ谷駅から阿佐ヶ谷駅に向かう途中にあります。このお店人気店で!朝もランチも店内は人でいっぱいです。店内でパンのバイキング目的でお客さんいっぱいです。結論を先に書くと、お惣菜パンがとてもおいしいです。ファミリーで来られるとお子さんは喜ばれると思います。

出典: nnckjpさんの口コミ

3匹の子ブタ・カスタードにゃん(黒猫)・チョコパンマンなど可愛らしいパンもあり、次々とパンが焼き上がる度に「◯◯焼き上がりました」とアナウンスして下さいますので、色々頂きたくなってしまいます。

出典: ピンクサファイア♪さんの口コミ

ぱんだ珈琲店

3.44

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ぱんだ珈琲店

南阿佐ヶ谷駅から徒歩4分ほどの場所にある、パンダ好きにはたまらないコンセプトのカフェ。看板から始まり、店内の至るところにパンダが飾られています。

パンダをモチーフにしたメニューもあるので、どこを写真で切り取っても、SNS映えする空間です。

11時から16時まで提供される、「オムライスセット」。ふわふわの卵の上には、可愛らしいパンダの顔がケチャップで描かれています。

ソフトクリームやドリンク付きのセットもあるので、自分のお腹と相談してチョイスして。

ぱんだ珈琲店 - セットのドリンク(ぱんだココア)+200円

セットのドリンクは+200円で、パンダのラテアートにしてもらうのが人気なのだとか。

パンダの顔のデザインは数パターンあるそうなので、思わず何度でも足を運びたくなるのだそうです。

食器や、靴下や、洋服等々、パンダグッズも沢山販売しています。それだけを目当てに来る方もいるそうです。パンダ好きさんには、是非是非のおすすめ。お料理も可愛くて、ボリュームもあって美味しいです。珈琲屋さんですが、ランチがおすすめかな。阿佐ヶ谷でひと休みしたい時におすすめ。

出典: misaki321さんの口コミ

メニューは色々ありますが今回はぱんだココアといろいろフルーツぱんだパフェのセットにしました。見るからに可愛いパフェとココアに胸キュンです。ぱんだココアのおどけた表情のぱんだのラテアートに癒されますね。びっくりしたのが砂糖の袋までパンダなんです。パフェのスプーンだってパンダ。

出典: まりあてぃーたいむさんの口コミ

黒猫茶房

3.43

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

黒猫茶房

阿佐ヶ谷の飲食店街の一角にある、可愛らしい黒ネコの看板と真っ白な壁が目印のカフェ。

席はカウンター5席、小上がりが7席で、おひとり様でもゆったりとくつげる空間なのだそうです。

黒猫茶房 - チキンカリー

お店の名物と名高い「チキンカリー」。店主は以前カレー専門店を経営しており、その当時からのレシピで提供されているのだそうです。

さっぱり目ながらコクがあり、辛すぎないので、大人から子供まで味わうことができるのだとか。

黒猫茶房

食後に味わいたいのが、こだわりのネルドリップコーヒー。エイジングした生豆で作ったコーヒー豆を、一杯一杯丁寧に、ハンドドリップしてくれるのだそうです。

自家製の無添加ケーキもあるので、お腹に余裕がある人はぜひ味わってみて。

コーヒーがかなり美味しい。注文してから豆を測って、ゴリゴリ砕いたりしていたのですが、かなり丁寧に一杯一杯入れているようです。その上にかなりゆったりとしたおしゃれな雰囲気。本棚にはサブカルを感じさせる本が並んでいます。確かにこれならカフェとして常連の人ができそう。

出典: ねこカレーさんの口コミ

この野菜カレーは美味しい!みたところ、きのこ類が多く、しいたけ。エリンギ、シメジなど。あまりに美味しいので聞いたところ、水、小麦粉などを使わずに、野菜の水分と塩で旨みを引き出しているそう。塩にはこだわりがあるようです。

出典: peakhunterさんの口コミ

spile

3.38

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

spile

阿佐ヶ谷の住宅街に佇む、プロカントなインテリアにこだわったオシャレなカフェ。

席は窓際にカウンターが6席、広めの間隔で配置されたテーブルが20席用意されているそうです。夜まで営業しているのもうれしいですね。

spile - ねぎとろ温玉柚子胡椒醤油

ランチメニューの「ねぎとろ温玉 柚子胡椒醤油」。ごはんは白米と玄米から好きな方を選べるだけでなく、ボリュームも自分で決めることができるのだとか。

サラダには、スパイスがたっぷり入った自家製ドレッシングをかけて味わうことができるのだそうです。

店名の通り、スパイスを利かせたメニューが多いのが特徴です。食後にぜひ味わいたいのは、6種類のスパイスが入った「スパイスシフォンケーキ」。

こちらは、同じく6種類のスパイスを使った「チャイ」と一緒に味わってみるのもおすすめなんだそうです。

外観はフランスの庶民派カフェ風。中に入ると、そこはウッド調の温かい雰囲気で、入口付近の壁にはモノクロの映像が映し出されていました。窓際のカウンターも良い感じ☆

出典: happy eaterさんの口コミ

量は一般的なカフェごはんといった感じで、ご飯は少なめでも十分な量。個人的にはサラダのボリュームがあったのが嬉しかった。

出典: asa0602さんの口コミ

パーラーエル

3.27

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

パーラーエル

阿佐ヶ谷駅から歩いて2分ほどの場所にある、昔ながらの喫茶店です。阿佐ヶ谷のメインロードである、パール商店街に位置します。

窓側の席であれば、商店街を見下ろしながら、食事を楽しむことができるのだそう。

どこか懐かしい気持ちにさせる「オムライス」は、サラダが付いて700円とか。

その他、喫茶店らしいナポリタンやハンバーグサンド、カレーなども用意されているそうです。朝9時から営業しているので、モーニングの利用にもおすすめです。

パーラーエル -  メロンクープ

バニラアイスに生クリーム、カラースプレーがトッピングされた「メロンクープ」。

レトロな店内にマッチする、カラフルで可愛らしい見た目なので、写真映えすると女性に人気なのだそうです。

しっかりとした焼き目のスクエアなオムライスです。たまごの本来の旨味と甘さが良くライスはパラパラで塩とコショウの塩梅がとても良いです。ピーマンの少しの苦味とタマネギの甘さとこげ具合がまた美味いです。喫茶店のオムライスなかなか良いですよ。

出典: セイラライッさんの口コミ

本当にそのままハンバーグを挟んだサンドである。分厚い。大きさとしては食パン一枚分の大きさ。ハンバーグはサンドウィッチ用というわけではなく、そのままのハンバーグ。まあまあ好きだ。

出典: caravaggioさんの口コミ

ひねもすのたり

3.19

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: -

ひねもすのたり - 店内

阿佐ヶ谷の商店街に佇む、落ち着いた時間が流れるカフェです。建築家の堀部安嗣氏が改装した店内は、和モダンでどこか大人な雰囲気なのだそう。

お店の一角には、日本各地の作家が手掛けた食器が展示されており、気に入れば購入することもできます。

ランチの「おそうざいセット」は、正午から14時までの限定で提供される特別メニュー。

主菜と3種類の小鉢、雑穀ごはんと味噌汁が付いた和食ランチで、ヘルシーだと女性に好評なのだそうです。

ひねもすのたり - セットの抹茶ミルク・温

ランチセットは、プチサイズのスイーツ付きなのだそう。ホット抹茶ミルクと羊羹の組み合わせは、食後のデザートにぴったりです。

料理が盛られた器は、すべて店内に展示されている作家の作品なのだとか。細部にまで店主のこだわりを感じますね。

器が見たかったのでふらりと立ち寄ってみました。細い階段を上がって扉を開けるとそこは、落ち着いたステキな和モダンな店内。音楽が抑えめにかかっていて、二組のお客さんがお食事やお茶をされていましたが、とても静かでいい雰囲気。カフェの一角の棚に器が並べられていて、販売もしています。

出典: ぶーすかおくさまさんの口コミ

セレクトされてる本のセンスが良いと思った。軽すぎず重すぎず、おしゃれ。ごはん待ちの間も楽しかった。堀部氏の本ももちろんある。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13089710/dtlrvwlst/B25679186/

珈の香

3.20

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

珈の香

「ほっと・リセット・コーヒー」がテーマの、アットホームなカフェ。淹れたてのハンドドリップコーヒーの香りが漂う店内は、14席とコンパクトです。

1人でも入りやすく、読書を楽しんだり、ノートを開いて勉強できるような、居心地の良い空間なのだとか。

珈の香

「ベーグルサンド」は、バジルチキンとえびアボカドの2種類なのだとか。レタスときゅうり、トマトがたっぷり入った、ボリューミーなサンドイッチです。

付け合わせに一口ピクルスも付いて、ワンコインでベーグルランチが楽しめるのだそうです。

珈の香

食後にはぜひ、一杯ずつハンドドリップで丁寧に淹れてくれるコーヒーを味わって。

お店では、世界各国から取り寄せた多彩なコーヒー豆の販売も行っているので、気に入ったら購入してみてもいいかもしれません。

店内はコーヒー豆も売ってて、いい香りとJAZZが流れてて落ち着きます。店長さん?かな、接客も丁寧です。アイスコーヒーも飲みやすいタイプで、美味しかったです。

出典: 910ta693さんの口コミ

マグカップでたっぷりといただくコーヒーはそっと柔らかな空気で包まれるような心地よい香りと味わい。大きなお店ではないのだけれど、自分だけの時間を過ごさせてくれるようで、すごく居心地が良かったのが印象的です。

出典: maldororさんの口コミ

阿佐ヶ谷にあるスイーツがおすすめのカフェ

ジェラテリア シンチェリータ

スイーツTOKYO百名店2020選出店

3.85

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

ジェラテリア シンチェリータ - 可愛らしい店内

味のあるお店が並ぶ阿佐ヶ谷の商店街に立つ、白を基調とした外観のジェラテリアです。カフェスペースには、テーブルが10席ほど用意されいるのだとか。

お店には多彩な自家製ジェラートが並んでおり、その数は年間300種類ほどになるのだそうです。

ジェラテリア シンチェリータ

イートインのジェラートは、1フレーバー500円で提供。

2フレーバーで540円、3フレーバーで580円なので、たくさんの種類を試してみたい人は、自分だけの組み合わせを楽しんでみては。

ドリンク付きのセットメニューもあるのだそうです。

ジェラテリア シンチェリータ - ジェラートは20種類ほど。

季節を意識し、材料からこだわって作るというジェラートは、ミルキーながら後味はさっぱり。新作は毎月11日に登場するので、楽しみに足を運ぶお客さんも多いのだとか。

雨の日限定や、日替わり限定フレーバーもあるのだそうです。

まずは味の方だが、どれもとてもクラシックながらナチュラルな味でミルクが感じられ、優しい。いわゆる派手な今風のジェラートとは違う。イタリアでも数少なくなった伝統的なタイプ。この味を東京で出しているお店があるとはかなりの驚き。

出典: Tokyo Rocksさんの口コミ

駅から延びる庶民派な商店街の中にオシャレな佇まいなのに溶け込んでいる素敵なお店。中に入ると奥の厨房で男性が作業中。手前カウンターに笑顔の女性店員さん。銀色の蓋付きのケースが沢山並び、様々な味の季節のジェラートが詰まっているみたい。

出典: はぎりくさんの口コミ

フレスコ コーヒーロースターズ

3.38

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

フレスコ コーヒーロースターズ

阿佐ヶ谷駅と南阿佐ヶ谷駅のちょうど中間あたりに立つ、スペシャリティーコーヒーを味わえるカフェ。

レンガ調の壁が印象的なお店で、暖かい季節にはテラスに腰かけながら、こだわりのコーヒーを味わうことができるのだそう。テイクアウトも可能です。

人気メニューのデザインカプチーノは、アートの種類が豊富なのも魅力なのだそう。ねこやうさぎ、パンダなどの動物、音符、ハートなど、自分好みの一杯に仕上げてくれます。

思わず写真に収めたくなりますね。

「本日のシフォンケーキ」やクッキー、スコーンなど、お店には自家製のデザートも用意されています。お得なケーキセットもあるので、ぜひ一緒にオーダーしてみては。

甘いスイーツは、挽きたてのコーヒーと相性抜群なのだそうです。

ここまで種類が豊富なデザインカプチーノは初めて!注文したのは、あざらしのデザインカプチーノ。480円。とても可愛いあざらして大満足です。またお伺いしたいですね。

出典: Chocottoさんの口コミ

妻はカフェラテとベーグル。僕は紅茶のシフォンケーキとアイスカフェオレ。コーヒーの香りが豊かでミルクとのバランスもちょうどよく、何より大きい。ベーグルはチーズとジャムで。シフォンケーキは紅茶の風味がしっかりしていて甘すぎず、生クリームとよく合う。

出典: tonyhoneyさんの口コミ

パンと料理とお菓子の店 tonttu

3.28

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

パンと料理とお菓子の店 tonttu

阿佐ヶ谷駅から歩くこと約5分、白い壁に赤のドアが印象的な、パンとお菓子のお店。

イートインスペースはテーブル席とカウンター席が用意されており、暖かい季節はテラス席の利用も可能なのだそうです。

「りんごのチーズケーキ」400円。りんごのコンポート入りのベイクドチーズケーキは、見た目も可愛らしいと人気なのだそうです。

その他、かぼちゃプリンやパウンドケーキなどのデザートも味わうことができるのだとか。

数あるパンの中でも、特に人気なのが「かおパン」。きび糖と発酵バターをブリオッシュで包んだ、愛らしい動物たちの顔がデザインされたお菓子パンです。

その可愛さに、思わず食べるのがもったいなくなってしまいますね。

まず選んだのは、「かおパン ¥100(税込)」柔らかいブリォッシュ生地。薄いんですが、中にしっかりきび砂糖とバターが。甘じょっぱい味が良い感じです。このお値段にしてはお得。何より可愛い!「アンパンマン」と「うさぎさん」を選びましたが、他にも何種類かあります。お子さんが喜ぶこと間違いなしのおすすめ。

出典: misaki321さんの口コミ

赤いフレームの扉をあけると、パンがずらり。その奥はイートインになっています。なんとも目を引くのは、うさぎやネコのかおパン。キャラものはかわいいですが、お味が伴っていないところも多い中、こちらは、きちんと美味で素材にもこだわりが。

出典: ガレットブルトンヌさんの口コミ

サンセット クッキーズ ジャスミン

3.22

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

サンセット クッキーズ ジャスミン

阿佐ヶ谷駅にほど近い住宅街の一角にある、隠れ家風のお菓子屋さん。

カフェスペースはテーブル2席とカウンター数席のコンパクトな造りですが、窓の外に広がる庭を眺めながら、ホッとひと息つけるお店なのだそうです。

サンセット クッキーズ ジャスミン

ケーキを始め、スコーンやクッキーなどの焼き菓子が、店内にはズラリと並んでいます。

スイーツのラインアップは、日によって異なるそうなので、来るたびに新しい発見が待っていそうですね。

サンセット クッキーズ ジャスミン

シンプルで優しい味わいという「プリン」。プリンの上には甘さ控えめの生クリームがのっており、ほろ苦いカラメルとの相性バツグンなのだそうです。

ドリンクメニューもあり、自家製のシロップで味わう梅ソーダやジンジャーソーダも見逃せないのだとか。

ずっと会ってみたかったプリン!可愛らしいカウンター席に座っていただきます。どこまでも滑らかつるんとした姿のプリンに、ぽってりとクリームがのってその姿は見ているだけでも思わず幸せな気分になっちゃう。シンプルでどこまでも優しい味わいのプリン。

出典: maldororさんの口コミ

ジャスミンさんはこぢんまりとしたお店だから、イートインは1?2名が鉄則。大きいテーブルに2名、窓辺のカウンターのお席に2名座ると、店内はいっぱいに。白い壁にライムミントの戸が爽やか。窓枠のブラウンが映える、可愛らしい空間。古い建物をリノベーションされているようで、古民家カフェ風の落ち着きも。

出典: esora24さんの口コミ

カフェ・ド・ヴァリエテ

3.17

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

カフェ・ド・ヴァリエテ - 住宅地に溶け込んだ、瀟洒なCafé de Variétéの佇まい

阿佐ヶ谷駅北口から歩くこと約5分、閑静な住宅街の一角にある、コーヒー好きのためのカフェです。

気さくなマスターが、コーノ式ぺーパードリップで1杯ずつ淹れてくれる、こだわりのコーヒーが人気の秘密なのだそうです。

ほとんどのお客さんがオーダーするのが、フランス製のコーヒーカップで運ばれてくる「自家焙煎珈琲」です。

コクがある「ヴァリエテ・ブレンド」や、あっさり目の「フローラルブレンド」など、好みに合わせた多彩なコーヒーを味わうことができるそう。

ケーキや焼き菓子も全て自家製なのだとか。甘さ控えめの「チーズケーキ」は、ほんのりレモン風味で爽やかな味わい。

コーヒーとの相性抜群なのだそうです。その他にも、ガトーショコラやフィナンシェ、クッキーなども用意されています。

濃いめに抽出されたコーヒーは、深煎り豆の香り高い旨味が水にしっかりと溶け出されている。酸味は思っていたより少なくて苦味と渋味がバランス良く共存しており、終盤にそこはかとなく漂う甘味。クリームも本物なので、後半にクリームとガムシロも入れてみるとまた格別。

出典: 超力招来さんの口コミ

店内は清潔で落ち着いており、無駄がない空間です。結局2時間以上お邪魔しましたが、嫌な顔をする訳でもなく、とっても居心地が良かったです。常連さんと店主の奥様がしばし話し込む場面も見られ、地元で重宝されているお店であることがうかがえました。

出典: ユーモアさんさんの口コミ

ザグリ珈琲

3.12

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ザグリ珈琲

阿佐ヶ谷の松山通り商店街にある、自家焙煎珈琲が味わえるカフェ。お店は、木の温もりを感じるウッディな造りです。

店内にはオリジナルの雑貨などが展示されており、購入することもできるのだとか。席はテーブルとカウンターが8席ほど用意されています。

スイーツは、5月~10月限定で販売されるかき氷が、おすすめなのだそうです。手回し式の機械で削られ、ふわっふわだというかき氷は、いちごやぶどうなどのフルーツフレーバーも用意。

自家焙煎珈琲と練乳をかけた、珍しい大人なかき氷も人気なのだとか。

人気ニューのひとつ「甘酒とパイナップルのスムージー」。

天然麹から自家発酵させたこだわりの甘酒と冷凍した生パイナップルを使用した、優しい甘みが特徴のデザートドリンクなのだそうです。

氷は氷屋さんの純氷だそうで、フワフワしていますが少し粗い気もしました。ソースは巨峰ソースが巨峰そのままの感じで美味しい?!ヨーグルトソースもドロっと濃厚なソースでした。氷の中にはぶどうの粒が5粒、周りに4粒とぶどうが沢山入っていて嬉しい限り♪まさにぶどうづくしの贅沢なかき氷でした(^。^)

出典: tamamika3さんの口コミ

入ってみるとやけに落ち着くスペース。子供の頃の{秘密の基地}的に隠れ家な感じ満載です。それでいて、落ち着いたオシャレな空間。いろんなアートを感じれます。

出典: wolyさんの口コミ

阿佐ヶ谷にある夜も営業しているカフェ

ギオン

3.55

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

ギオン

阿佐ヶ谷駅から歩いて1分の場所にある、創業1980年の純喫茶。古くから愛される、地元でも人気のお店です。

ステンドグラスやどこか懐かしいレトロなインテリアで飾られた店内には、珍しいブランコ席もあるのだとか。深夜2時まで営業しています。

ギオン

お店の名物で一番人気のメニューが「ナポリタン」です。じっくり炒めてケチャップのコクを出しており、焦げ目を付けることによって、より味わい深くなっているのだとか。

大きめにカットされた玉ねぎやピーマン、ハムが入ったとてもボリューミーな一皿です。

ギオン

昭和にタイムスリップしたような、そんな感覚に陥るビジュアルの「ソーダ水」。150円を追加するとアイスをトッピングできるので、食後の一杯におすすめなのだそうです。

レトロで写真映えすると、特に女性からのオーダーが多いのだとか。

注文したのはソーダ水。スカイブルーのブルーハワイ。450円。トッピングでバニラアイス。150円。5分もらかからず到着。おーめっちゃ青いです!とても綺麗なブルーハワイですね。なんかお店の雰囲気にピッタリなドリンクです。ブランコの席もあり面白いお店でした。

出典: Chocottoさんの口コミ

こちらのは、焦げ目がつくほどしっかりと炒めた ‘’焼きそば風ナポリタン‘’。使用しているのは、ケチャップ、トマトソース、野菜、スパイスなどを長時間じっくり煮込み、店主の関口宗良が試行錯誤の上に完成させた特製ソース。付け合わせはグリーンサラダとマヨネーズたっぷり、黒胡椒の効いたタマゴサラダ。

出典: small-beautiful-fieldさんの口コミ

マグノリアカフェ

3.37

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

マグノリアカフェ - お店外観

22時まで営業している、イギリス料理が楽しめるブリティッシュカフェ。紳士的なイギリス人オーナーと、日本人の奥さまが経営する、オシャレな隠れ家風のお店です。

店内はカウンターが5席にテーブル席が6席ほどで、テラス席もあるのだそうです。

紅茶やコーヒーと一緒に味わいたいのが、プチサイズのクラシックスコーン。

イチゴのコンフィチュールと、クロテッドクリームが付いてくるそうなので、好みに合わせて一緒に味わうことができますね。

マグノリアカフェ - コテージパイ

炒めた玉ねぎと牛ひき肉の上に、マッシュポテトとチーズを乗せ、じっくり焼き上げた「コテージパイ」。

イギリスでは定番の家庭料理で、ビールのお供にもぴったりなのだそうです。

マスターと思われる英国人男性が給仕をしてくださいましたが、スープを食べ終わる頃を見計らって、ケーキをサーブしてくださいました。写真も撮るし、一度に持って来られたらどうしようかな、と思っていた気持ちを察してのサービスに細やかさを感じました。

出典: rasan802さんの口コミ

この日の メニューは,ステーキ & キドニー・パイ。さくっとしたパイ生地に包まれたビーフは優しい味でソフトに煮つけられていて,いつもながらの絶品でした♪

出典: しまたか.さんの口コミ

ヴィオロン

3.22

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

阿佐ヶ谷の閑静な住宅街にひっそりと佇む、音楽とコーヒーを楽しめるレトロなカフェです。どこかノスタルジックな雰囲気で、地元のお客さんが多いのだとか。

店内の大型スピーカーからは、マスターセレクトの心地よい音楽が流れているのだそうです。夜はライブイベントをすることもあるのだとか。

ドリンク類はすべて450円。名物はブランデー入りのコーヒーで、ほんのり香るブランデーと、コーヒーの苦みが絶妙にマッチする一杯なのだとか。

350円でおかわりすることもできるのだそうです。

ヴィオロン - 自家製ケーキ

自家製チーズケーキは、250円とリーズナブルなのもうれしいですね。

クリーミーで口当たりはなめらか、チーズの味がしっかりと濃厚ながら、やさしい後味のケーキなのだとか。

1980年頃より営業している、名曲喫茶。真空管アンプのアナログ・レコードでクラシックの名曲を聴きながら、ブランデー入り珈琲がいただけます。

出典: ジュニアーズさんの口コミ

阿佐ヶ谷駅北口から荻窪方面に線路沿いに延びるスターロード商店街をひたすら歩くと、商店街の終わり辺りにあります。ヴィオロンはオーディオマニアのオーナーが音響に徹底的にこだわりぬいた今時珍しい名曲喫茶です。

出典: ハラミ串さんの口コミ

カフェ・ド・ウィング

3.27

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

阿佐ヶ谷駅からほど近いところにある、昔ながらのアットホームな喫茶店。深夜24時半まで営業しています。

店内のラックにはファッション誌などが置いてあるので、雑誌や本に目を通しながら食事を楽しむことができるのだそうです。

カフェ・ド・ウィング

デミソースハンバーグやグラタン、カレーなどの食事も、充実しているのが魅力なのだとか。駅近くで、夜遅くにちょっと食事を食べたいという時に覚えておくと重宝しそうですね。

メニューによっては、ライスかトーストのどちらか好きな方を選ぶこともできるとのこと。

カフェ・ド・ウィング - クリームシナモントースト ¥680

厚切りのトーストの上に、バナナやイチゴ、オレンジなどフルーツをたっぷり乗せた「クリームシナモントースト」。

フルーツの下にシナモンパウダーと生クリームが隠れている、食べ応えのある一品です。

ここのサンドイッチはトーストを使っているので、パンの焼けた香りが何とも言えず香ばしいです。食パンはトーストしたほうが絶対においしい!と思い込んでいる私には、最適なサンドイッチと言えるかもしれません。具もコンビニで売っているものとは比べ物にならないくらいたくさん入っています。

出典: imosaさんの口コミ

阿佐ヶ谷駅前、ロータリーの見える喫茶店として有名(?)な当店。営業時間が23時まで(ラストオーダー22時)と遅くまで開いているので、仕事帰りでも立ち寄ることができるのがありがたい。

出典: 一老太さんの口コミ

ラ ポム

3.23

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

阿佐ヶ谷駅から徒歩約3分、食事とお酒を楽しめるカフェレストラン。お店の壁の一部にはカラフルなタイルが貼られており、女性受けするオシャレな雰囲気なのだとか。

木曜日~土曜日は23時まで営業しているので、夕食や夜カフェにもおすすめできるお店です。

ラ ポム

人気メニューのひとつが「ビーフカレー」。カレーは濃厚でコクがあり、焼いた野菜と一緒に味わう本格的なカレーなのだとか。

ライス大盛のランチ無料サービスは、特に男性客に喜ばれているのだそうです。

手作りのケーキや焼き菓子、パンなども販売されており、テイクアウトの利用も可能なお店です。

食事の後に、家族や友人への手土産として購入するお客さんも多いのだそうです。

結構アットホームな感じのお店で、常連さんと店員の方が雑談したり、お土産を買ったりとほのぼのした感じがいい雰囲気です。

出典: ねこカレーさんの口コミ

食後はアイスコーヒーをいただいた。これがランチのセットドリンクにもかかわらず、めちゃくちゃ美味しいコーヒーで、ブラックで完飲した。コーヒーにはかなりこだわっている店と思われるので、コーヒーだけ飲みにカフェ利用しても良いと思った。店内も静かで環境が良く、読書など自分の時間に充てても充実するだろう。

出典: 乞食少年ムレス・ホー(Mules ho-)さんの口コミ

サンダルキッチン

3.13

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

サンダルキッチン

日曜日以外は深夜3時まで営業している、お酒も楽しめるカフェ&バー。お店の名前に由来して、看板にはサンダルが飾ってあるのだとか。

常連のお客さん同士が和気あいあいと会話する、アットホームな雰囲気で、1人でも利用しやすい雰囲気なのだそうです。

1日ごとに店長さんが異なり、カフェのコンセプトが変わるのも、こちらのお店の醍醐味なのだそう。

人気のタコライスやお酒に合うおつまみも用意しているので、夜の利用もおすすめです。

サンダルキッチン - 旧:水曜名物のチョコレイトケーキ。濃厚でおいしい。

食事メニューだけでなく、スイーツが充実しているのが水曜日なのだとか。

濃厚なチョコレートケーキやイチゴのタルトなど、毎週異なる手作りケーキを楽しみにしている常連のお客さんも多いのだそうです。

みなさん常連さんみたいで店員さんも含め、和気あいあいと会話されてて、私もかなり序盤から話に入れてもらいました。私のあとからもお一人で来られてる方が何人も来ていましたが阿佐ヶ谷に住んでいるわけではなくわざわざ来られてる方もいらっしゃいました。

出典: あさがやちゃんさんの口コミ

今回は特製酵素ドリンク??豆乳ハイと納豆オムレツだけだったけど、また行きたい!!!ちょうどジャズフェスしてて、みんなゆるーぃ雰囲気。演奏しながら食べたり飲んだり。阿佐ヶ谷らしくてとても良い!ロフト席があったり、ロフトの下があったり。タコライスやカレーが美味しそうでした!

出典: *Naire*さんの口コミ

※本記事は、2020/07/17に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ