TSC~鶏天創作コレクション~ produce by ウラニワ

TSC~鶏天創作コレクション~ produce by ウラニワ

大分料理専門店が増えてきた昨今、名物である「鶏天」もメジャーな食べ物となりました。そんな鶏天はいろんなアレンジが可能なようで、「こんな鶏天あるの!?見たことない!!」という、想像を超越したものが存在しています。そこで今回は、これまで味わった鶏天の中で衝撃的、そして美味しかったものを紹介していきます。

キーワード
ランチ
名物
肉料理

記事作成日:2019/09/23

1135view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さぁ、未知の鶏天ワールドへ出発!!

今回この記事に載っている鶏天は、下記店舗「ウラニワ」さんで提供されたものです。2019年9月現在、63種類の鶏天を提供していただきましたが、それらを整理するという意味でもこちらの記事にまとめています。さて、どんな鶏天があるのか?美味しかった鶏天5つ+α、続けて衝撃の鶏天5つ+αを見ていきましょ~(^▽^)

ウラニワ つつじヶ丘店

鶏天をはじめとする、大分料理中心の居酒屋。鶏肉料理のみならず、麺類、ご飯もの、また、大分のかぼすを使ったドリンクなど、幅広くメニューを揃えているお店です。

【スタンダード鶏天】
さっくりと揚がった衣、ジューシーで肉厚な鶏肉。ツユと絡めていただく、これが基本の鶏天。

【美味鶏天No.1~生春巻き鶏天~】

鶏天をライスペーパーで包みました。衝撃鶏天でもあるこちらの鶏天は、見た目のインパクトも強烈でしたが、味もインパクトに残る美味しいもの。スイートチリソースもよく合う、鶏天の懐の深さを再認識。男性、女性、どちらからも支持された一品。

【美味鶏天No.2~田楽鶏天~】

味噌田楽の鶏天バージョンと形容すれば分かりやすい。甘味噌が鶏天との相性抜群。これはもう、純粋に美味しかった一品。

【美味鶏天No.3~炙りチーズ鶏天~】

揚げてある鶏天を炙るという斬新さ。炙りの香ばしさに加え、チーズのコクも乗っかり、より酒が進んでしまうくらい、味のインパクトに拍車がかかった一品。

【美味鶏天No.4~ビールの鶏天~】

見た目は普通ですが、ビール効果なのか、お肉が通常よりも柔らかい。そして、上にかかっている辛子マヨネーズが映える。少し手を加えることで、レベルが1つも2つも上へいくという、見た目ではない喜びを味わった一品。

【美味鶏天No.5~スープ鶏天~】

鶏天とあおさが、あっさりとしたスープの中に浸かっているもの。うどんの汁みたいなあっさりしたスープなので、鶏天の味、あおさの風味をしっかり生かしてくれ、美味しかった一品。

【美味鶏天次点~クラブサンド鶏天~】

ある意味で衝撃的な料理。居酒屋ディナーで食べるものではない、これは間違いなくランチメニューだと。しかし、トーストとチキンは鉄板。マズイわけがない一品。

【衝撃鶏天No.1~生ピーマン鶏天~】

生ピーマンの上に鶏天と自家製ピリ辛トマトソース。鶏天がどうとかいうより、生ピーマンというものへの衝撃。

【衝撃鶏天No.2~令和鶏天~】

令和が始まる直前。鶏の始まりは卵ということで、鶏天ではなく、玉子焼き天が提供されました。ふわっとした食感が良く美味しかったものの、鶏肉ではないということへの衝撃。

【衝撃鶏天No.3~りゅうきゅう鶏天~】

鶏天と並び、大分名物である"りゅうきゅう"。刺身を甘辛のタレで漬け込んだものですが、そんな大分名物同士をコラボ。なんと鶏天の中にりゅうきゅうを入れ込んだという。刺身の食感と鶏肉の食感が同時に味わえるという異次元ワールド全開な衝撃。

【衝撃鶏天No.4~油揚げ鶏天~】

油揚げの中に鶏肉。すなわち、鶏天の衣が油揚げ。油揚げのパリパリ感は想像通りだと思いますが、味も油揚げ+鶏肉という想像のできそうな感じで・・・馴染みのある食材なのに、決して交わることのなかった2つが、ついに出会ってしまったという衝撃。

【衝撃鶏天No.5~イカの酒盗鶏天~】

イカの酒盗を鶏天の上に乗せるという思いつきもしないし、ついたところで実践もしないであろうものを大胆に乗せたもの。最初こそ二心別体、ミスマッチだったので、食べる度にハマるという中毒にかかった衝撃。

【衝撃鶏天次点~かき揚げ風鶏天~】

タマネギやら、一般的なかき揚げの中に鶏肉をいれましたという一品。なるほど、こういう攻め方もあるのか・・・という衝撃。ちなみにこの後、餃子風鶏天という羽根つき鶏天も出てきました。

まだまだ広がる鶏天ワールド・・・次は一体?

ここで紹介した鶏天はほんの一部。鶏天という既に完成された料理にも、まだまだ進化はあるのです。また新しい鶏天に出会えることを期待して・・・(^人^)

※ウラニワさんの許可も金銭的なものも一切いただいていませんので、自由気まま、ありのままに記載しています。

※本記事は、2019/09/23に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ