新宿で絶品ウナギが食べられる店はココ!おすすめの店10選

出典: Raptor F22さん

新宿で絶品ウナギが食べられる店はココ!おすすめの店10選

日本の伝統食であり、高級食材でもあるウナギ。食の激戦区・新宿には、そんなウナギの専門店がたくさんあり、歴史ある老舗の名店も揃っています。極上のうな重を提供しているお店から、ウナギ串で気軽に飲めるお店まで、新宿で味わえるウナギの人気店をまとめました。

キーワード
ランチ
隠れ家
個室
食べログまとめ編集部
駅前・駅近

記事作成日:2019/06/11

876view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿うな鐵

1962年創業のウナギ専門店。JR新宿駅から徒歩6分、歌舞伎町にあります。

1階はカウンター席、2階は座敷席。ちゃぶ台と座布団が純和風で、落ち着いた雰囲気で食事できますよ。

ウナギの串焼きは、定番から珍しい部位まで実に多彩。「肝焼き(内臓全体)」は、独特の苦みと旨味がたまらない一本なんだとか。

「レバー」は、肝臓だけを集めた一串で、かなり希少。売り切れることもあるそう。

「ばら」は、あばら骨周りの赤身で、程よい弾力が癖になるとのこと。

ウナギをつまみに飲んで、最後はうな重でシメる、という常連さんが多いそう。

ふわっととろける口当たりは、「まさに名店の味」とのこと。虜になるお客さんが続出なんだとか。

〆には特上のうな重を。ふわっとした旨味あふれる美味しいうな重でした。タレも甘辛くて老舗っぽい感じで素敵です。

出典: フードブロガー アカヌマカズヤさんの口コミ

くし巻きは油のノリが最高でジューシーです。対して白ばらはあっさりしており、薬味の山葵が合いますね。くりからはなんともいえない食感で、レバーは鮮度が最高でした!

出典: てつ925さんの口コミ

カブト

新宿駅西口を出てすぐ、思い出横丁内にあるウナギの串焼き店。思い出横丁を通りを歩くと、のれん越しに焼いている姿が見えてきます。

創業は昭和23年。年季の入った店構えは、まるで戦後間もない東京に迷い込んだような風情ですね。

常連さんの頼み方は、「一通り!」。5種類6本の「ウナギ串コース」のことなんだとか。

蒲焼き・肝焼きの他、首回りの身「えり焼き」や、腹ビレや背ビレなどの「ひれ焼き」など、文字通りウナギを一通り味わえるコースです。

ウナギと一緒に味わいたい酒は、瓶ビール・キンミヤ焼酎・白鶴など、下町っぽさを感じる品揃え。その他にも、各地の地酒を随時用意しているとのこと。

ビールグラスには「思い出横丁・カブト」と書いてあり、昭和の下町情緒を一層盛り上げてくれそうです。

ドリンクはビール、日本酒、焼酎があり、焼酎はストレートのみで提供されるキンミヤが基本であとは九州の芋が2種メニューにあった。卓上には焼酎に足して飲む梅シロップも備えられているが足すとアルコール感が増した。

出典: グフゲルググさんの口コミ

・きも焼き1本
スーパーで売ってる様なキツイ苦みはありません。久しぶりに美味しいキモ頂きました。
・一口蒲焼き1本
蒸してないプリプリの蒲焼きも美味しい。

出典: okubicさんの口コミ

赤坂 ふきぬき 新宿タカシマヤタイムズスクエア店

新宿駅新南口からすぐ、新宿タカシマヤ14階にあるウナギ専門店です。店内は、和風モダンで明るい雰囲気。

赤坂の本店は大正12年創業で、創業以来継ぎ足し続けるタレを使った絶品の蒲焼きを新宿でも味わえます。

ランチは「ひつまぶし」が大人気。関東風に蒸しあげられたウナギは、やわらかくてジューシー。口の中でとろけるんだとか。

1杯目はそのまま、2杯目は薬味を、3杯目はお茶漬けで、と最後のひと口まで心躍る食べ方ができるそうですよ。

もちろん、「うな重」も最高の逸品とのこと。ランチなら2,000円以下で堪能できますよ。

ウナギで飲みたい方には、「うざく」も好評。脂ののった上質なウナギをさっぱりと食べられる、大人なおつまみです。

鰻はやわらかくもっちりして、臭みもなく美味しい♪脂も程よくのっていて、タレは甘すぎスッキリしています。次に薬味でいただくと、ワサビがいいですね~。そして最後はお茶漬けです。ご飯・鰻・薬味を自分の好みで盛り付け、熱々のお出汁をかけて、サラサラと。

出典: memenikoさんの口コミ

厚みのある鰻が3枚、ぎっしり詰まって美味しそう!鰻は柔らかくてタレの味付けも良くて◎非常に美味しくいただけました。

出典: marc007さんの口コミ

小ばやし

JR新宿駅東口より徒歩2分、アルタの裏にあるウナギ専門店です。創業明治38年。

1階はカウンター席とテーブル席・小上がり席で、2階は座敷席となっています。和の温もりでくつろぎながら食事できそうな雰囲気。

うな重は3種類で、ウナギの量で値段が変わります。

関東風で、やわらかくしっとりと蒸し上がっているのだそう。甘辛いタレがご飯まで包み込み、箸が止まらなくなる旨さなんだとか。

うな重は漬物付き。肝吸いは別オーダーとのことです。

「もっとリーズナブルに老舗のウナギを味わいたい」という人には、ランチの「うな丼」2,000円(税別)が人気。

持ち帰りも可能だそうですよ。

ちょっと甘め味付けですが、私は結構好み。蒸してから焼くので、ふわっと焼かれていて、ぺろっと食べられちゃいます。ご飯にタレを少し混ぜて出してくれるので鰻がなくなっても、最後まで頂けます。

出典: sakura007さんの口コミ

肝吸いはちょうど良い味加減で、紫蘇の風味が効いていて美味しかったです。

出典: happy eaterさんの口コミ

うなぎ 菊川

JR新宿駅・西武新宿駅より各徒歩5分。西新宿エリアの小瀧橋通りから少し入ったところにある、50年以上続くウナギ専門店です。

シックで和モダンな個室があり、記念日やおもてなしにも最適。3名から利用可能とのことです。

人気はやっぱり「鰻重」。「竹」から「特上」まであり、お得な「竹」はランチのみで数量限定です。

口の中でほどけるような繊細な食感が絶品なんだとか。素材にもこだわり、ウナギや米は時期によって産地を変えて仕入れているそうです。

肝吸い・香の物付きなのがうれしいですね。

「ウナギの店で一杯」という大人な方には、ウナギの店ならではの渋いおつまみがおすすめ。

「骨せんべい」をかじりながら日本酒をチビチビ…なんていうのもいいですね。ウナギ好きの飲ん兵衛なら、たまらないはず。

その他、「肝焼き」や「うざく」など、酒に合いそうなウナギ料理が揃っています。

持ち帰りにも対応してくれますよ。

身はほろっと軟らかく私好み。甘みを抑えたタレと、サラリとした脂の相性も良くバランスが取れています。ご飯は硬めに炊きあげられています。これは、好みに寄りますが、私は甘さ控えめのタレが、たっぷりめに、ご飯にかかっているのが好きなので、嬉しかったです。

出典: りょんこさんの口コミ

鰻の骨せんべいです。カリカリに揚がっていて、丁度良い塩加減が最高。

出典: ぺんたろさんの口コミ

つきじ宮川本廛 伊勢丹新宿店

新宿三丁目駅より徒歩3分。築地で120年続くウナギの店の伊勢丹新宿店。本館7階の飲食店街の中にあります。

店内は和を基調としながらも、デザイン性の高い独創的な空間。

看板メニューの「うな重」は、ウナギのふんわりとしたやわらかさを最大限に、ほんのりと香ばしさの漂う絶妙な焼き加減。甘さ控えめで塩味を効かせた、下町風のタレが特徴です。

刺身や小鉢がついたセットが人気。

味の変化を楽しみたい人には、ひつまぶしがおすすめです。

お店の名前を冠した「宮川丼」は、ごはんの上にウナギと山かけ・鮪のヅケがトッピングされた丼。食感の変化が楽しい一品なんだとか。

うな重よりもリーズナブルに、伝統の味を味わえてコスパがいいと好評です。

こちらのお店では、持ち帰りもできるそうです。

程よい脂でやわらかく、ふわふわ。タレの味も控えめで濃すぎずバランスがいい。

出典: ぷちぷちリッチさんの口コミ

鰻は小さなものが4つ乗っかっている。食べてみると、思ってた以上に美味しい。息子もどんどん食べている。マグロも美味しいじゃないですか。思っていたより良い感じです。値段も安価だし鰻も楽しめる。

出典: ちゅーかさんの口コミ

登亭 新宿店

JR新宿駅南口より徒歩2分のところにあるウナギ専門店。リーズナブルにウナギを味わえると評判のお店です。

店内は和テイストを取り入れつつ、リラックスできるカジュアルな雰囲気。

一番人気は「うな重」。

皮目は香ばしく焼き上げ、身側はやわらかさを損なわないよう軽めに焼かれているそう。甘さ控えめのタレで、最後まで飽きずに頬張れると好評です。

うな重は、松・竹・梅と3種類あります。お店のおすすめは、ウナギが一匹乗った「竹」だそう。

ウナギを使ったつまみも種類豊富なので、飲みにもぴったりのお店です。

ウナギの玉子焼き「うまき」や、蒲焼の酢の物「うざく」、ウナギの串物、骨せんべいなど、ウナギの色々な味わい方を楽しめますよ。

濃い味付けですと最初は旨い旨いとなっても、後半クドくてバテるとか、よくあるパターンです。そう考えるとこれくらいが丁度いいのかな。

出典: kouyou_jkさんの口コミ

夕方伺うと、サラリーマンで瓶ビール&一人鰻をしている方もよく見かけます。おつまみの、「うざく」(かなり甘め)や「うまき」は出てくるのも早いです。最近どんどん高騰している鰻ですが、ここだと比較的リーズナブルに美味しくいただけます。

出典: kitanoさんの口コミ

鰻将本店

JR新宿東口より徒歩5分、歌舞伎町内区役所通りにあるウナギ専門店です。

ウナギのメニューに居酒屋メニューを追加し、リーズナブルに提供しているとあって、人気のお店。

カウンター席の前には、日本酒がズラリ。ウナギをつまみに一杯飲みたくなるそう。

「鰻重」は、火加減・焼き時間に注意を払って仕上げているとのこと。ウナギの香りとしっとりとした舌触りに、「やっとお気に入りのお店を見つけた!」との声も。

「ひつまぶし」は、お店の人が目の前で混ぜてくれるそう。こちらも高評価の口コミを投稿するレビュアーが多数です。

酒の肴におすすめの一品料理も多彩。ウナギを卵でとじた「柳川」や、ウナギの山かけ、「鰻串盛り合わせ」などが人気。

串盛りは、ひれ焼やかぶとなど希少部位を食べ比べられますよ。

シメは「鰻焼おにぎり」か「鰻茶漬け」で決まりでしょう。

タレがさっぱりしていて、食べよい鰻だった。白焼ほどではないが皮目も焼かれ、身の方もぷりっとしている。小ぶりだがおいしかった。

出典: Légumeさんの口コミ

くりから310円が最高に美味しかった!これは2本ぐらい先に頼めばよかったと後悔しました!脂がのったうなぎに適量の塩が最高の贅沢です。

出典: nnckjpさんの口コミ

和田平 新宿店

西新宿駅近く、ヒルトン東京の地下ショッピング街・新宿ヒルトピアにあるウナギ専門店。創業は1885年、日本橋蛎殻町。

店内は、木目と暖色の照明を使用し、温かい雰囲気です。個室もあるとのこと。

歴史ある名店のうな重は、関東風の王道。しっかり蒸され、ふわふわの食感です。

辛口のサラッとしたタレで、飽きの来ない美味しさなんだとか。

うな重の次に人気は「ひつまぶし」。江戸前のウナギを名古屋スタイルで味わいます。

薬味は、わさび・浅葱・針のり。最後は出汁を注いで、贅沢な鰻茶漬けとしてサラサラいきましょう。

ランチタイムはお安くなるので狙い目。数量限定なので、早い者勝ちですね。

関東風の王道を行くような、蒸しが強めで、関東のうなぎを食べて育った方には非常に満足のいく味だと思います。タレも辛口でサラッとしていますので、胃もたれするような重さはありません。

出典: どじょううなぎさんの口コミ

まずはそのまま、次に薬味などと一緒に、最後は出汁をかけてお茶漬けに。順番は戻ったりしてもいいと思いますが、お出汁かけて食べるのもおいしかったです。お腹いっぱいでした!

出典: les temps heureuxさんの口コミ

佃梅

西新宿駅より徒歩7分、北新宿エリアの住宅街にあるウナギ専門店。

一軒家のような隠れ家的な雰囲気が人気です。出前もやっているとのこと。

うな重は「並」~「特上」まで4種類。「並」は店内のみ提供です。

ジューシーで肉厚のウナギは絶品なんだとか。甘辛いタレと絡んで、とろける食感になるのだそうです。

コスパの良さも評判とのこと。

肝吸いは、ぜひ追加オーダーしたい一杯。ウナギのコクと旨味のある、奥深い味わいなんだとか。

お新香の塩梅もよいとのことで、手を抜かない姿勢がうかがえますね。

皮は薄く柔らかく脂のノリも良い。やや厚めの身はホクッとトロッとした食感だ。タレは甘辛コクありやや濃いめ。皮下の脂のノリがよく、ボリューム感がある。ご飯とのバランスも良く、濃いめのタレでご飯もすすみ、満腹満足。お値段も嬉しい限り。

出典: ゆぽんたさんの口コミ

うなぎもいいのですが、タレがとてもいいです。まんべんなくご飯にかけてあるんですが、しつこくないちょうどいいタレが米にしみてまたうまい!うなぎの味を生かすも殺すも、このタレが重要な気がします。

出典: びーる博士さんの口コミ

ご紹介したお店の選定方法について

「新宿のウナギ」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

※本記事は、2019/06/11に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ