人生を変えた「うどん」名店7選

出典: おーんぷさん

人生を変えた「うどん」名店7選

うどん、されどうどん。ラーメンやお蕎麦に魅力があるように「うどん」にも魅力がある 麺好きの自分はうどんで有名な香川県にも行き色々なうどんを食べたが・・・。 その中で自分自身の人生を変えたうどんを紹介していくまとめである。

キーワード
駐車場あり

記事作成日:2019/05/31

1892view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生を変えたと大げさな!と思うかもしれない

人はみな、食べる。食べない人は居ない。 そして食べることに喜びを感じる生き物である。
その中でも「うどん」は奥深い。例えばラーメンであれば麺よりスープがメインである。その美味しいスープを作るのに苦労もするが・・・。
お蕎麦は使うそば粉やつなぎとの割合、打ち方など、そばも奥深い麺類の一つであるが
うどんもラーメンやお蕎麦同様に難しい。とにかく麺類って難しい。 
麺類好きの自分が感激し人生を変えた「うどん店」と出会ったときのストーリーを交えて書いていきます。
自分自身が感激し人生を変えたうどん店を厳選しました。ゆえにシンプルなまとめです。

※写真は全て自身が撮影(飲食含め)した写真のみ使用しています。

羽立

Clear

初めて香川県へ行き、さぬきうどんを食べたお店。

地元の方で人気のあるこちらのお店、
レンタカーを目の前の駐車場へ停め中へ。
目の前で麺を打っている姿に驚きつつカウンター席へ。
釜玉うどんを注文します。当時300円代だったかな。
うどんのコシ、そしてつゆの美味しさ、
薬味を入れると味が変わり、感激しました。
さぬきうどんの美味しさを教えてくれた地元民が足しげく通う名店だと思います。

手打十段 うどんバカ一代

Clear

羽立さんへ行った後さぬきうどんの魅力に取り付かれ、
釜玉うどんで有名なこちらのお店へと出向きました。
今知りましたが、今じゃ食べログ3.8越えなんですね。凄いなぁ。でも当然か。

高松駅からこと電で瓦町駅へ。そこから歩いて10分圏内かな?
人気店です。並びます。 が回転率早いので意外と早く食べられます。朝早くから開いているのも嬉しいですね。
こちらのお店は二度感激させられました。

まずは釜玉うどん。
醤油かけすぎないようにねーって注意受けます。ちょびちょび入れつつ自分好みの味に調節していくんですが・・・。
ここだ!と思うポイントで食べたとき
幸せになりましたね。
二度目の訪問時はしょうゆかけすぎちゃいました、これだけ変わるのか!ってぐらい残念な感じに落胆。かけすぎた自分が悪いんですけど。 適量が大事です。


そして三度目。釜玉バターうどんなるのものを注文してみました。
外道ですけど、人気メニューなんですって。
カルボナーラなんて名乗っているけどうどんがカルボナーラなんて大げさなと思っていました。

・・・カルボナーラですねこれ。
是非、食べて頂きたいうどんじゃない、カルボナーラを。パスタと違ってワンコインで食べられるのが嬉しいですね。

手打ちうどん 鶴丸

Clear

飲んだ後に。
こちらのお店も香川県高松市にある琴電瓦町駅周辺にあるお店です。

食べた経緯は覚えていませんが、
たしか瓦町のビジネスホテルでひとり晩酌をしていて、うどんでも食べにいこっか!ってことで行った気がするお店なんですけど。

”酔い”が一瞬で冷めましたね。
金額は覚えていませんが札じゃなくコインで払った気がするのでリーズナブルなはず。

味はちゃんと覚えています!
カウンター席に座りましたが、カレーうどんを注文すると一つ一つ鍋であたためてくれるんです。
その様を眺めつつ待つんですけど
数年たった今でもその景色をふと思い出せるのは人生変えたうどんの一つなんだなって。

どろどろというよりはとろっとしていて、
うどんは飲み物。じゃないかカレーは飲み物か。
うまい、うまい食べていたら麺もカレースープもなくなっちゃっていたっていうね。

そして食べた後スパイシーさが口の中にのこって 美味しいカレーだったなぁーなんて
ホテルまで歩く足取りはあれ?おかしいな。
酔いが醒めたのだろうか?そんなことはないはずだが・・・。
行った時より帰りのほうが足取りが軽やかでしたね。
今でも・・・。飲んだ後に食べたいと思うのがこのカレーうどんです。

京都仕込みのかれーうどん 椿

Clear

北海道へ帰ってきて。
北海道にも美味しいうどん店がないか探して、見つけたお店。

京風のうどん店は札幌市内に数店舗あるが
その中でもこちらのお店は好きなお店。

ご飯セットを頼むと、ご飯お代わり無料だったり、
おおきに!って言ってもらえたり。
サービスがいいんですよね。
うどんは京風ですが、お漬け物まで京風という徹底振り。
そりゃそうかお店やっている方が京都出身だもの。

札幌で京風うどんが頂けるお店があるってことに感激しましたね。

手打ちうどん寺屋

Clear

札幌にある讃岐うどんのお店。
北海道内には讃岐うどんを提供しているお店はそこそこある、
その中でおすすめなのがこちらのお店である。

自分が食べたのは釜玉+半熟卵天のせだが
これは正直・・・オススメしない。
同行者が頼んだぶっかけの天ぷら乗ったやつとか、
おでん!これねぇ、うどん店でおでんってのが良いよね。クオリティ高いです。

繁盛店で繁忙店ですけど、
駐車場も完備していて、道民で讃岐うどん食べたいなら一度は行ってみるお店の一つじゃないかな。

山元麺蔵

Clear

こんなにも美味しいうどんがここにあったのか!と感激したお店のひとつであり、
このお店に行くのであれば飛行機でいっちゃうぜっていうぐらい個人的ミシュラン三ツ星のお店です。

いったのは二年前なのにいまだに覚えているこの味。

京都に住んでいる方なら「おかきた」さんと「麺蔵」さんは並んでいるのは当たり前言うぐらい行列が出来ます。
隣どおしなのに、両方とも行列が出来るって、そして別店舗だっていう。
ある意味観光客泣かせのお店であるだろう

※おかきたさんは未訪門です

まず接客が素晴らしい。
店長からのサービスです!っていって杏仁豆腐が出てくるうどん店なんて聞いたことないし、
キメの細かい接客は勉強になりますね。


でうどんのお味ですが、
まぁ丁寧なお仕事なさっていますねっていう。
お出汁の感じだったり、鶏天のセットで頼んだんですけど、
もう全部が美味しいですね。写真じゃ伝わらないのがつらい。

北海道から行く京都旅行で1時間ほどの待ち時間をかけてもいってよかったな、
また並んでもいいなって思えるうどん店に出会えたこと。

そして杏仁豆腐のサービス、スタッフのお見送りだったり 忙しいのによくやってくれたなぁって。
また行きたいうどん店のひとつです。

仁王門 うね乃

Clear

うね乃さん。
元々はお出汁やさんです。

お出汁やさんのうどんは美味しいはずだと行ってみました、
おすすめのうどんを注文しました。
店内の雰囲気はおされで、
常連客だったり、観光客だったり。
小さいお店ながら色々な方がいて紛れ込むようにカウンター席へと座りました。

京都にきたら「きつねうどん」を食べたかったので、注文。(サムネイルの画像がこちらのきつねうどんです)

のちに常連客がやっぱここの鯖寿司は美味しいわぁって。言っているのを聴き
頼んじゃいました。

きつねうどんが先に来ました。
ん~!これは、THEお出汁が効いたうどんで、コシもさほどない、食べやすいうどんである。  京都らしさに感激している最中、
鯖寿司が運ばれてきた。

なんという身厚な鯖だろうか。
こんな鯖寿司見たことない。うすっぺらい鯖寿司を想像していたから想定外だった。

京都産なんです、この鯖は。
へぇ~!
この時期にしか取れないんで時期限定なんですよ。

ほぉ~!

・・・うどん食べに来たのになんということか、鯖寿司に見とれてしまうとは。

頂くと・・・。 こりゃ美味い。
うどんのお出汁を頂きもう一口。
身厚な鯖はきちんと締めてあって。
酢飯とのバランスも素晴らしい。

もちろんうどんも美味しく感激したが、
こちらのお店ではうどんと一緒に是非鯖寿司を注文して欲しい

人生を変えたうどん店

旅はいい。
景色、歴史、食、アクティビティ 人によって楽しみ方は違うだろう
私が旅で一番重要視するのは食べること。だから食べログを活用し美味しいお店を見つける。点数に限らず美味しそうなお店を”保存”し実際に行ってみることに喜びを感じる。
そして旅をする度思うのは、自分が知らない美味しい食べ物が沢山あるということ。

今回のまとめは美味しいうどん+αで纏めましたが、
まだ知らない美味しいうどんが世の中にあるんだろうなと思うと生きる糧になります。
そして今回まとめた「人生を変えたうどん店」を読み実際に足を運んで感激・感動してくれる人がひとりでも居たら嬉しいなぁ。

※本記事は、2019/05/31に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ