東京近郊で食べられる旨い汁なし麺(その3:二郎系編)

東京近郊で食べられる旨い汁なし麺(その3:二郎系編)

最近のラーメン屋さんでよく見る「汁なし」「油そば」「和えそば」「まぜそば」というキーワード。一体何が違うの? 今回は、東京近郊で食べられる種々の「汁なし麺」のうち、ドカ盛りで有名な「ラーメン二郎」で供される汁なし麺にフォーカスしてみます。

キーワード
名物
新店
駅前・駅近
担々麺

更新日:2015/01/05 (2015/01/02作成)

18285view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1536の口コミを参考にまとめました。

二郎系汁なしとは?

言わずと知れたガッツリラーメンの雄、「ラーメン二郎」でも汁なし麺を提供するお店があります。
濃厚豚骨醤油スープと背脂が予め麺と和えられ、二郎ならではの無料トッピングでボリュームや味を自在にカスタマイズ可能なのが特徴。

関内系(関内店発祥で、現在湘南藤沢店、亀戸店に受け継がれる)と、一之江系(環七一之江店発祥のマイルド系)が有名ですが、他にも汁なしを出している直系店があります。また、期間限定で提供される油そばにもフォーカスしてみたいと思います。

ラーメン二郎 横浜関内店

ラーメン百名店EAST2019選出店

3.75

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2004年オープンの中堅二郎。店主はラーメン二郎鶴見店出身とのこと(現在鶴見店は蒲田に移転)。

行列の長さで有名ですが、回転はかなり早く、体感的には並び一人あたり1分の待ち時間と予想しましょう(20人並んでいたら20分待ち程度)。


ラーメン(650円)+汁なし(80円)+ニラキムチ(80円)

並んでいる間に助手さんが「麺の量(大か小)」「汁なしかラーメンか」を確認に来ます。
券売機では、ラーメンの食券と汁なしの食券を買ってオーダーしましょう。
また、関内店のみの名物トッピングとして「ニラキムチ」があります。汁なしとの愛称も抜群です。

店員さんに「ニンニク入れますか?」と尋ねられる「コールタイム」で「お願いします」と言うと、このように刻みニンニクを入れてもらえます。
「ヤサイ(モヤシ増量)」「アブラ(背脂増量)」「カラメ(味の濃さ)」もこのタイミングでコールします。

麺は半分ほど濃い目のスープに浸かっており、その上には野菜、豚、揚げネギ、卵黄、そしてオプションのニラキムチ、ニンニク。
関内二郎はこの豚(巻チャーシュー)が絶品と言われます。

まずは天地返し

ラーメン二郎では、スープに浸かった大量の麺の上にこれまた大量の野菜が載せられます。
野菜から順に食べる方もいますが、個人的には前半のうちに麺を野菜の上に上げ野菜をスープに沈める「天地返し」をしておくと、麺が伸びるのを防げます。
まぁ、汁なしなのでラーメンに比べ伸びるスピードは遅いですが。

野菜マシにしなかったので、麺はすぐに引き出せます。
麺は厚めの中太平打ち。表面がザラッとしていて、スープをよく拾うんですよね。
茹で具合はジャストで、モチッとした柔らかめの歯ごたえが直系食ってる感満載!オーションの香りもいいなぁ。。
早速天地返ししつつ、ワシワシ頂きましょう。

出典: タム6000さんの口コミ

タレのポイントは黒胡椒

この麺に絡むスープは、濃い目の豚風味満載スープ!
また、ここの汁なしの風味を決定づけるのは「黒胡椒」。

出典: タム6000さんの口コミ

二郎の汁なしもいろいろありますが、やっぱり黒胡椒のパンチが印象的な関内系が好みですね。

出典: タム6000さんの口コミ

豚はバラ巻豚スライスが2枚。
ホロリと崩れる絶品チャーシューをたっぷり味わいたい方は「豚入りラーメン」の食券を買いましょう。

食べてから気がついたのですが、関内の豚は絶品だったのでした。
ホロホロでめっちゃ旨いのですが、ちょっと小さめなので、2個では足りません!
100円足して小豚にすればよかったです。

出典: タム6000さんの口コミ

ラーメン二郎 湘南藤沢店

3.71

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2010年オープンの新し目の直系二郎です。
店主さんは前述の関内二郎出身なので、こちらでも関内風の汁なしを楽しむことができます。

ラーメン豚2枚(650円)ニンニク+汁なし(80円)

ルックスは関内と同じ。
多めのスープに入った麺の上には控えめに盛られたヤサイ。頂上には卵黄。
麓にはフライドオニオンと豚が鎮座。

麺とタレのバランスが最高

こちらでも早速天地返しして全体をよく混ぜます。

まずは麺を引き出し一口。
・・・あぁ、久々に食べる直系、めっちゃ旨いっす。。。

出典: タム6000さんの口コミ

麺の形状は中太平打ストレート。茹で具合は若干ヤワメだけど、デロってないレベルなのでむしろ歓迎。
いかにも直系というムッチリとした噛みごたえのオーション麺に甘口でまろやかなカネシ、さらに豚の旨味が絡みつき。。。これは至福!w

出典: タム6000さんの口コミ

ちょっとあっさり目のスープで食べやすい

スープは多めで、汁なしというよりは「スープ少なめ」という雰囲気。

カネシの尖りは控えめで、グルも控えめかな?関内よりもちょっとさっぱり系な印象を持ちました。
まぁでも旨いことには変わらず。天地返ししてグイグイ食べ進みましょう。
卵黄が崩れて混ざるとさらにマイルドになります。

出典: タム6000さんの口コミ

巻豚もしっかり関内風

ジューシーで味の濃い巻豚は絶品。

豚も関内と似ており、小ぶりのバラ肉の巻豚タイプ。ムッチリした歯ごたえと染み込んだカネシがいい感じ!

出典: タム6000さんの口コミ

ラーメン二郎 亀戸店

3.66

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

直系二郎の中でもあっさりした一杯を提供するお店でしたが、2013年に店主さんが交代。
新店主さんは関内などで修行した藤沢二郎の店主のご兄弟。
ということで、こちらでも関内風の汁なしが食べられるようになったようです。

※未食のためレビュー紹介はありません。食べたら追加更新します。

ラーメン二郎 環七一之江店

3.67

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2003年オープンの中堅二郎。
店内の雰囲気が穏やかで盛りも適度なため、二郎初心者のデビュー戦にオススメ。

汁なしラーメン・ヤサイニンニクカラメ魚粉(600円)+生卵(50円)

こちらの汁なしは、「魚粉」をコールできるのが特徴。
鰹の香りが加わることで和風な雰囲気になります。
麺の半分くらいまではスープが入っており、上にはヤサイ、麓に豚にニンニク、そして魚粉。

バランスがよく万人受けする味わい

では、麺を引き出しつついただきます。
・・ウマッ!
カラメにしたからか、カネシがビシッと効いたスープが旨い!

出典: タム6000さんの口コミ

豚肉の旨味はしっかリベースを支えていますが、ド濃厚という感じはないです。
液体油も多くなく乳化も弱いので、口当たりは意外にライトな感じ。しかし全体的には非常にバランスがよく、これは直系初心者にもオススメできる感じかも。

出典: タム6000さんの口コミ

麺は中太平打ち縮れタイプ。
仕上がりはかなり柔らかめで、ムニッとした食感が特徴的。
しかし麺味がしっかりしているのと、スープをグングン吸うので「これぞ直系!」というB級な雰囲気。

生玉子と魚粉でまろやか汁なしに

生玉子は現金50円でオーダー可能。

途中で玉子を投入〜。
黄身だけ入れようと思ったのですが、勢い余って白身までwまぁでもカラメなので問題なし!
ちょっとずつ麺に混ぜこんで食べると、グッとまろやかになりますね。カネシの尖りがかなり弱くなり、甘ジョッパイ不思議な感じに。

出典: タム6000さんの口コミ

ラーメン二郎 めじろ台法政大学前店

3.59

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2002年オープンの中堅二郎。
大学の近くのお店なので客層は学生さんが主体。常に行列が絶えないお店ですが、学生の長期休暇期間が狙い目。

※未食のためレビュー紹介はありません。食べたら追加更新します。

ラーメン二郎 西台駅前店

3.68

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2010年オープンの新しめな二郎。
限定メニューの開発にも熱心で、夏季にはつけ麺、冬季は油そばが提供されます。
提供時期は、店舗メルマガを参考にしましょう。

【冬季限定】油そば・ニンニク(750円)

油そばといってもかなりタレが多く、麺はほぼタレの中に沈んでいる感じ。
また、混ぜやすいようにとの配慮からか、載せ物は少なめ。豚、ヤサイ少々、うずらの卵に青ネギ。

豚骨スープは少なめで、タレの風味で勝負するタイプ

関内や一之江の汁なしとは異なり、こちらはスープはほとんどなくほぼタレ。
さらにタレにゴマ油が効いているのが特徴的。

出典: タム6000さんの口コミ

郎らしさの中心はやっぱり豚の旨味詰まったスープだと思うので、タレだけになってしまうと若干「らしさ」は薄まってしまうかも?
でもこれはこれで、賄いっぽいジャンクな旨さはあると思います。

出典: タム6000さんの口コミ

麺はムニモチの柔らかめの中太平打麺。ここにカネシ(今はFZか)が絡みつき、これを口いっぱいに頬ばったら、もう脳内麻薬放出開始w

ヤサイはお替わり自由

コールタイムにヤサイコールはできませんが、足りなくなったら申告すればお替わりがもらえます。
かなり味が濃いので、中和するためにヤサイお替わりは必須。

※本記事は、2015/01/05に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ