【京都】いま行くべき美味しいうどんのお店

出典: そんじょそこらさん

【京都】いま行くべき美味しいうどんのお店

京都人にとって麺類といえば、うどんのこと。 細めで柔らかく出汁が主役のお店から、讃岐風のもっちり麺まで。 美味しいうどんのお店をまとめました。 ちなみに「うどんが主食」とまでは言えませんが、けっこううどんは食べてます(笑)

キーワード
ご当地グルメ
名物

記事作成日:2018/07/21

883view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

けんどん屋

Clear

世界的に有名になってしまった伏見稲荷周辺。
こちらはそのエリアにある老舗です。
圧力釜を使用された、もっちりとした麺は讃岐風。
もちろん手打ちの自家製麺ですよ。

自家製うどん さんたく

釜茹で→圧力釜の二段茹で。
香川産小麦100%の自家製麺です。
茹で時間は当然長めですが、他所では味わえないもっちりと食感が味わえますよ。

六条新町 招福亭

こちらは京都風の麺と出汁のお店。
お店で鰹を削っておられ、出汁の良い匂いがします。
麺類だけでなく丼物も美味しいですよ~

辨慶 東山店

Clear

おそらく京都市民なら一度は行ったことがあるお店。
きんぴらが入ったうどんが名物ですが、まさに出汁が主役のうどんです。
営業時間も長めで利用しやすい。

松太郎

全国の食通の方が新幹線に乗る前に購入される、あの「ばら寿司」で有名な網野のとり松さんが経営されています。
とり松さんの創業はうどん屋さんだったらしいですが、意外にも太めの麺はもっちり。
コシがしっかりありますが、美味しくてビックリ。
ばら寿司も食べることが出来ますよ。

たなか家

京都の南部地域に展開されてるこちら。
こちらの店舗はセルフ式で、讃岐のお店の雰囲気にいちばん近いのではないでしょうか。
もっちりしこしこ麺は、いちど食べるとやみつきです。

天狗食堂

まさに出汁が主役のご当地グルメ。
ほとんどの方がカレーうどんを注文。
相席当然で、独特のシステムですがお昼時は大混雑。
京都のカレーうどんと言えばこちらです。

いかがですか?麺が主役のお店から、出汁が主役のお店まで。好みに応じで訪問してくださいね。

※本記事は、2018/07/21に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ