【東京&埼玉】『武蔵野うどん(肉汁うどん)』めぐり

出典: Breadenさん

【東京&埼玉】『武蔵野うどん(肉汁うどん)』めぐり

「日本3大うどん」は『讃岐うどん』『稲庭うどん』と『水沢うどん』or『氷見うどん』or『五島うどん』だそうですが、関東近辺では『武蔵野うどん』や『吉田うどん』という結構有名で美味しいうどんがあります。「日本3大」や「5大」には入らないけどごっつくて美味しい『武蔵野うどん』をピックアップしました。

キーワード
ランチ
駐車場あり

記事作成日:2018/07/16

2486view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京多摩北部と埼玉県が中心です。

『武蔵野うどん』は、地粉を使った色が濃くて太目のうどんを、かつおだしベースに豚肉を入れたつけ汁に付けて頂く「肉汁うどん」が主流です。うどん自体はごっつくてメチャクチャコシが強い「噛み締めるうどん」です。(コシの強さは讃岐うどんの比ではなく、太い+ごっつくてツルツルしていないので噛み締めるしかありませんが、これが美味しいんです!)またうどんのボリュームが多めで、(並)や(小)でも麺の量が400g、大盛だと700gだったりします。
店によってうどんやつけ汁にも個性があり、訪問した店の中では、
・コシの強さNo.1=高円寺「とこ井」
・具の多さNo.1=さいたま市「藤店」
・つけ汁の個人的No.1=川越市「伊佐沼庵」
です。
『武蔵野うどん』が食べられる店は、主に東京都の多摩北部(埼玉県に隣接している地域)、埼玉県南部、西部、北部に点在していますが、23区内でも食べられる店はあります。
『武蔵野うどん』が食べられる店は、100件以上あると思いますが少しづつ制覇していきたいです。

【川島町】手打うどん庄司

Clear

埼玉県川島町にあり、R.254を西側に入った道沿いで、圏央道の川島I.Cの近くです。
営業時間は10:30~14:30の間だけです=ランチのみ。
『肉汁うどん』700円をオーダーしましたが、麺の量は、「小盛」=400g、「中盛」=550g&100円増、「大盛」=700g&200円増、「特盛」=900g&300円増、「特々盛」=1,200g&400円増というスペックです。
『肉汁うどん』は少し色がついてランダムに切られたうどんでしっかりしたコシがあり美味。また肉汁は醤油べースで甘辛くはないタイプで美味しいですが肉の量は少な目です。
機会があれば季節メニューも食べたいです。

【川越市】伊佐沼庵

Clear

川越の中心部から北東方向に数km行ったところに伊佐沼という沼があり、その北側に農産物直売所と一緒にあるのがこちらの伊佐沼庵で、古民家でいただくうどんです。
メニューは暖かいうどん、冷たいうどん、などのバリエーションがあり、つけ汁系は麺の冷・温が選べます。
『肉汁つけうどん』はアツアツのつけ汁に豚肉、ネギなど入っており、つけ汁は甘じょっぱい味付け。うどんは地粉ベースで少し色があるものです。味は麺とつけ汁の一体感がありとても美味しいうどんです。
古民家の雰囲気ある中で美味しいうどんが頂けます。

【高円寺】とこ井

Clear

高円寺駅南口から徒歩数分の路地にある武蔵野うどんの店です。店内はカウンター席のみで、入って左側の自動券売機で食券を買うスタイルです。
ベーシックな『肉汁うどん』800円は、並でも400gです。食券の提出と同時に、「麺の種類は極太麺と細麺のどちらにしますか?」「うどんは冷たいのと温かいのどちらにしますか?」という質問が飛んで来ます。
うどんは色がかなり濃く、今まで食べた武蔵野うどんの中では一番黒いイメージです。また固さも強烈でしっかり噛みながら食べるうどんです。肉汁の味は標準的なもので肉があまり見えませんでしたが器の中に沈んでいました。
細麺でも普通の武蔵野うどんくらいのごっつさがあります。また限定で「ひもかわ」もあり、極太麺との合盛でオーダーできます。

【入間市】がむしゃら

Clear

大きな通りからは一本裏側にある店でクルマは店の前に3台駐車可能です。
『肉汁うどん』の肉汁は正直なところ肉は少な目でナスなどが入っています。味は少し薄めであっさりした醤油系。うどんは色があり手作り感が強く美味しいです。
『かき揚げ』は立体感があり、想像以上の大きさで、他の天ぷら系メニューも量は多めのようです。

【さいたま市】藤店うどん

Clear

新大宮バイパスの「三橋5丁目」交差点を少し西に行ったところで大きな看板があります。
駅からの徒歩アクセスは無理でバスかクルマになります。
週末ランチタイムは店外で待つことになります。
『肉汁うどん(並)』680円は、つけ汁に豚肉、ネギ、油揚げなど具がゴロゴロたくさん入っているのが特徴です。味は普通の醤油ベース。うどんは武蔵野うどんとしては白い方でしっかりしたコシとあわせて美味しいです。

【新座市】大将うどん

Clear

新座市内の R.254「榎木ガード」を少し南下したところにあり、駐車場はファミレス並みのスペースがあります。
店は新しいようで綺麗。入口の外に自動券売機で食券を購入してから店内に入ります。
登場した『肉汁うどん(小)冷もり』は太くてごっつい麺で色も茶色がかっており、いかにも地粉という雰囲気。肉汁は肉が見えませんが器の下に沈んでいました。うどんはじっくり1本づつ噛み締めていただきます。肉汁はあまり特徴はありませんが、家庭的な味で安心できる美味しい味です。
(小)でも普通の食事としては十分な量でコストパフォーマンスも良いです。

※本記事は、2018/07/16に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ