【大阪・上本町】庶民派中華の名店7選

【大阪・上本町】庶民派中華の名店7選

近鉄電車のターミナル・大阪上本町駅周辺には、庶民的な値段のお店から超高級店まで、中華料理の店が集中しています。今回は、庶民派の名店を厳選し、ここに紹介します。

更新日:2022/03/27 (2018/05/21作成)

7746view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる681の口コミを参考にまとめました。

中華料理店が集中する上本町

 大阪・鶴橋駅周辺に多くの韓国料理店が集中しているのは有名ですが、その隣の大阪上本町駅周辺には、庶民的な値段のお店から超高級店まで、なぜか中華料理の店が集中し、それぞれ切磋琢磨されています。
 そのなかから今回は、庶民派の名店を厳選し、ここに紹介します。

大鳳閣 ハイハイタウン店

3.46

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

大鳳閣 ハイハイタウン店

 うえほんまちハイハイタウンの地下にある長崎中華のお店です。店の前はサンプルやら看板やらでいささか度を越した賑やかさ。
 店内は4人がけのテーブルが7卓でカウンターは無し。昼時は相席が常態化していて、お店のホール担当が巧い具合にお客を誘導して捌いています。

長崎中華の名店

大鳳閣 ハイハイタウン店

 ここはなんといってもチャンポンと皿うどんが名物。ここのチャンポンは、小エビやゲソもさることながら、野菜類がたっぷり入っている。トップに生玉子が落としてあって、この玉子を潰してサッとかき混ぜてスープを啜ると、実にクリーミーで重厚な味わい。
 麺は長崎から直送の太めの多加水麺。重厚なスープに負けない存在感を示しています。野菜がたっぷりなのもいいですね。

大鳳閣 ハイハイタウン店

 ここの皿うどんもちゃんぽんと同様、野菜や魚介がたっぷり入っています。チャンポンよりしっかり味付けされていて、砂糖たっぷりのいかにも長崎風。ピンク色の蒲鉾は長崎でしかに入らないものとのこと。かなりのボリュームで、お皿の直径は30cm以上になるかも。
 麺は極細で長崎直送のとのこと。パリパリした食感と香ばしい風味がなんともクセになります。エビ、イカ、豚肉、きくらげなどを惜し気もなく投入しているので、値ごろ感は充分です。

杯杯天山閣

3.46

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

杯杯天山閣

 上本町ハイハイタウンにある大箱の中華料理店で、ここ上本町界隈に古くから食堂や麻雀・パチンコなど幅広く展開している「天山閣」系列の代表的なお店です。
 テーブル席や半個室席の並ぶ店内はざっと100席ぐらいだが、さらに150名まで対応できる大宴会場や、会議室もある全部で280席の大箱店です。

上本町の老舗中華

杯杯天山閣

 ランチタイムには多種類の中華の小品をワンプレートに盛り合わせたランチがお得です。実にオーソドックスながら、さすが老舗料理店、手堅く高位に安定しています。
 やや面白みに欠けるが、万人の好みに合わせていかないといけない大箱では仕方のないこと。質の高い料理をリーズナブルに提供してくれる、こんなお店が上本町にあるのはありがたいですね。

杯杯天山閣

 このお店は麺料理も得意です。酸辣湯麺はすこしとろみのあるテクスチャーで、コクのある中華スープに程よい酢の酸味、辣油の辛さが相俟って上質な仕上がり。
 麺は中華料理店でよくある中細麺で、歯切れのいいタイプ。
 具は鶏肉や小松菜、筍、キクラゲ、豆腐です。サイコロ状の豆腐がふんわり優しい口当たりで、刺激的なスープの味を緩和させる実にいい仕事をしています。

蘭亭

中国料理WEST百名店2021選出店

3.49

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

蘭亭

 地下鉄・谷町九丁目駅の5番出口を出て上本町方向にすぐのところ、近鉄・大阪上本町駅からは千日前通りを西へ5分ほど歩いたところにある中華料理、それも台湾料理を標榜するお店です。
 店内はテーブル席が主で30席ほど、加えてカウンター席も6席ばかりある中規模のお店、広さの割にはキャパが控えめなので広々としています。

名物は酢豚

蘭亭

 蘭亭特製酢豚定食(1,000円)では、トレイの手前側にに見慣れぬ姿の酢豚がデン!と横たわっている…奥には大盛りのサラダとお漬物、スープ。小鉢は何故か和風なおでんです。
 ふつう、酢豚っていうは片栗粉で揚げた豚肉と、炒めたニンジンや玉ねぎなどの野菜にドロッとした甘酸っぱい餡を絡めるものなんだが、ここの酢豚は一般的なそれとは似ても似つかぬ形状。大振りの揚げた豚バラ肉の上に、刻みネギ、ニンニク、唐辛子がどっさり盛られ、その上からサラサラの甘酸っぱいタレがたっぷり掛っています。

蘭亭

 豚肉は表面こそカリカリに揚がっているが、噛むと脂の甘みがジュワっと広がる。とは言うもののサラサラでやや酸っぱい甘酢のおかげで脂っこくなくさっぱりとしています。さらにネギの食感と唐辛子のパンチ力が織りなすハーモニーが実にいい。
 添えられてる大盛りのサラダもうれしいが、ピクルスみたいにさっぱりしたお漬物もいいですね。

友福

3.20

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

友福

 近鉄・大阪上本町駅のすぐ近く、地下鉄・谷町九丁目駅からも徒歩圏内。上本町ユフラの南側の通り沿いにある中華料理店です。
 店内は手前にテーブル席、奥が厨房に面したカウンター席になっていて全30席ぐらい。スタッフは皆さん中国人のようです。

味もボリウムも満足の青椒肉絲定食

友福

 「青椒肉絲定食」(850円)は、青椒肉絲のお皿に加え、唐揚げの小皿、冷菜の小鉢、スープ、ご飯が並びます。スープはとろみのある卵とわかめのスープです。
 唐揚げは揚げたてで熱々です。噛むと肉汁がほとばしる…下味がしっかりついていて、これはご飯が進む味です。

友福

 青椒肉絲は彩りも照りもよくて見るからに美味しそう。紹興酒の風味を感じさせる大人の味わい。ピーマンのシャキシャキ感が残っているのがいいですね。

百楽 上本町店

3.23

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

百楽 上本町店

 近鉄・大阪上本町駅に直結、地下鉄・谷町九丁目駅からも直近。シェラトン都ホテル大阪の地下1階レストラン街にある中国料理店(北京料理)です。
 店内は8席ほどのカウンター席のほか、テーブル席や掘りごたつ席、ソファー席、テーブル個室など、実に多彩な構成で、全60席とのこと。

場所を移して再オープンの名物中華料理店

百楽 上本町店

「サービスランチ」(1,100円)は、ワンプレートの手前に酢豚と麻婆豆腐が。奥に海老天、鶏唐揚が盛られ、ご飯とスープ、搾菜がつきます。このボリウムとバラエティー、これは大人のお子様ランチ!

百楽 上本町店

 酢豚はオーソドックスだが程よい甘み、酸味が口一杯に広がる。豚肉はからっと揚がっていて食感も良好。
 麻婆豆腐はピリピリとした辛さはマイルドだが花椒の風味は感じられます。

百楽 上本町店

 海老天は熱々でサックサク。そのままで美味しい上品な塩気です。鶏唐揚も同じく熱々で、肉厚でジューシー。下味の漬け方が絶妙なのか、味わい深い一品です。
 スープはあっさり優しい薄味ながら、胡麻油の風味が立っています。搾菜が実に美味しくてご飯が進みます。

豊満園

3.24

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

豊満園

 近鉄・大阪上本町駅の直近、うえほんまちハイハイタウンの1階にある中華料理店です。
 店内は意外に広く、テーブル席がずらっと並ぶほか、厨房に面したカウンター席と、向かって右側の半個室のテーブル席からなる、全部で50席ぐらいです。

八宝菜の定食でお腹いっぱい

豊満園

 「八宝菜定食」(750円)は、+100円でライスを炒飯に変更できます。トレイの上にメインの八宝菜とともにフルサイズの炒飯、スープ、漬物、杏仁豆腐が並びます。

豊満園

 八宝菜の具材は豚肉、イカ、エビ、白菜、葱、人参、木耳、筍といったごく一般的なスタイル。餡は片栗粉の利いたぼってりしたテクスチャーです。
 基本的な塩味で、淡泊な色合いではあるが意外にしっかりとした味付け。しかし素材の旨みもよく引き出されていて美味しくいただけます。

豊満園

 炒飯はラードの香りが立つパワフルな仕上がり。具材は玉子、ニンジン、タマネギ、ハムといったシンプルな構成。パラパラ感は弱く、やや粘りのあるどっしりとした仕上がりです。

南海飯店 ハイハイ店

3.49

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

南海飯店 ハイハイ店

 うえほんまちハイハイタウンの中地階にある中華料理店です。
 店内は厨房に面してまっすぐ伸びたカウンター席が20席程度。ホールには大きめの円卓が4卓ほどと、そこそこの収容力。メインは円卓なので相席が常態化しています。

大衆中華の超名店がここ!

南海飯店 ハイハイ店

 ここの餃子は関西では少数派の大ぶりでなもの。一人前は4個で200円だが、モチモチな皮にジューシーな餡がむっちり詰まっているので結構なボリュームです。
 白菜の食感がシャキシャキしている荒挽きの餡には、大蒜の風味がしない。なので意外にあっさりとしていて、一般的な大衆中華の餃子とは趣の異なる、箸が止まらない一品です。

南海飯店 ハイハイ店

 このお店の名物は堅い焼きそばです。酒塩の利いたしっかりとした味付けで、野菜や魚介などの具材もたっぷり。カリカリの中華そばがしんなりしていく過程も楽しいですね。

※本記事は、2022/03/27に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ