福岡【宗像・福津の世界遺産】と周辺グルメをまるっと網羅!

福岡【宗像・福津の世界遺産】と周辺グルメをまるっと網羅!

ユネスコ第41回世界遺産委員会は2017年7月9日「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を世界遺産に登録しました。福岡市と北九州市の間に位置するこのスポットは世界から注目を浴びることになりました。山海の幸に恵まれたこの地を改めて世界遺産目線でご紹介します。(写真/大島の宗像大社中津宮)

キーワード
ランチ
隠れ家
駐車場あり

記事作成日:2017/12/17

1572view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「神宿る島」宗像・沖ノ島関連遺産群とは。

神宿る島を崇拝する伝統が、古代アジアにおける活発な対外交流が進んだ時期に発展し今日まで継承されてきたことを物語る稀有な物証、「神宿る島」宗像・沖ノ島関連遺産群。
宗像・福津の九州本土にある2つのスポット「宗像大社辺津宮(むなかたたいしゃへつみや)」と「新原(しんばる)・奴山古墳群(ぬやまこふんぐん)」、海上の3つのスポット、大島の「宗像大社中津宮(むなかたたいしゃなかつみや)・宗像大社沖津宮遥拝所(ようはいじょ)、大島から玄界灘沖に49kmの位置にある宗像大社沖津宮「沖ノ島」(むなかたたいしゃおきつみや・おきのしま)で構成されています。
登録された遺産群を巡るルートと、周辺の人気飲食店やスポットをご紹介します。
(写真/大島の宗像大社沖津宮遥拝所からの景観)

Dca0c03266dfd956f59aa987cccfd1d7

La Casa

Clear

~「宗像大社辺津宮」周辺グルメ~
【La Casa】
宗像大社の参拝時、近くで食事できるお店が無かったのですが、徒歩2分の場所に、無垢材の魅力的な内装の個人洋食店がオープンしました。
ランチは1500円(プチコース・税別)。11:00~17:00(L.O.16:00)とランチの時間が長いのが嬉しい。夜は予約のみ。
宗像の食材を主に全てが手作り。
参拝と合わせて、宗像を感じられる店。

構成遺産・宗像大社辺津宮。
九州本土の宗像市に位地。最寄駅JR東郷駅。
辺津宮は、宗像大社を構成する三つの宮の一つで、宗像三女神の一柱である市杵島姫神(いちきしまひめがみ)が祀られている。天正6年(1578年)に大宮司宗像氏貞が本殿を、天正18年(1590年)に小早川隆景が拝殿を再建し、共に国の重要文化財に指定されています。
写真の左側が拝殿、右側が本殿。
構成遺産の中ではアクセス上、一番訪れやすい。

道の駅むなかた

Clear

~「宗像大社辺津宮」周辺グルメ~
【道の駅むなかた】
宗像大社辺津宮から国道495号線に出たところにある道の駅。宗像の土産物を買うならここ。
宗像市にある農水産物や加工品等の販売をしている。 2008年(平成20年)4月12日に開業。物産直売所の98%が地産地消商品。
玄界灘が近く提供される魚介はのは超新鮮。漁師さん達の努力もあり午前中に鮮魚はほぼ売り切れ!


【道の駅むなかた】の横を流れる釣川を河口へ500m。
「北斗の水くみ海浜公園」がある。宗像を代表する絶景公園で、秋を彩る壮大な天体ショーを楽しめる。北斗七星が海水を汲むように見える現象が見られる。9月下旬の22時頃と10月下旬の20時頃に観察できる。
公園の右手に地島、左手に大島。昼間の眺望も素晴らしい。

アラペイザンヌ 福津店

Clear

~「新原・奴山古墳群」周辺グルメ~
【アラペイザンヌ 福津店】
店のそばは、西日本の湘南との呼び声も高い福津市の海岸。ウミガメが来る海岸でもあり福津市役所には、ウミガメ課がある。
こちらの本店は福岡県遠賀郡のアラペイザンヌ遠賀店。二代目が福津で店を営む。種類が多いバウムクーヘンと焼き菓子に定評あり。
こちらの店から内陸側、見える場所に、新原・奴山古墳群エリア。

構成資産・新原 奴山古墳群。
九州本土の福津市に位地。最寄駅JR東郷駅。
海を越えた大陸からの交流に従事し、沖ノ島祭祀を担った古代豪族の宗像氏が5世紀から6世紀にかけて築いた墳墓群。台地上に前方後円墳5基、円墳35基、方墳1基の計41基が良好な状態で残っています。
古墳群の一番高い場所には、新原・奴山古墳群展望所駐車場があり、ガイドの説明が受けられ、古墳群と沖ノ島へ続く海を一望できます。
写真は22号墳。全長80メートルの帆立貝式前方後円墳。5世紀前半に築造された、この古墳群では一番古い古墳。周囲には幅約10mほどの周溝が巡っている。

ナカマル醤油醸造元

Clear

~大島へ渡る神湊の渡船ターミナル付近~
【ナカマル醤油醸造元】
創業1850年(嘉永三年)の江戸時代末期から続く、宗像・神湊(こうのみなと)の醤油屋。
玄界灘に面した神湊周辺は美味しい魚介類の宝庫。九州らしい魚によく合う「あまくち」の醤油をこだわって造り続けている。
店内の売場で醤油の販売のみ。

店内は資料館の見学が可。駐車場は店の道路向かい。定休、月曜。

オテルグレージュ

Clear

~大島へ渡る神湊の渡船ターミナル付近~
【オテルグレージュ】
世界遺産を結ぶ位置にある、神湊の丘に建つ白亜のホテル。玄界灘を望むロケーションにあり、全室オーシャンビューの客室は6部屋のみ。ラグジュアリーな時間が提供される。
世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の観光拠点としても良い位置。
JR東郷駅から車で15分。
神湊の渡船ターミナルまで徒歩7分。

さぁ、大島へと渡りましょう!
写真は神湊(こうのみなと)の渡船ターミナルの風景。
神湊と大島を結ぶ「フェリーおおしま」が5便と「旅客船しおかぜ」が2便。毎日運航しています。
一日で九州本土と大島の世界遺産のスポットを周ってしまえますが、ゆっくり観光したい方は、一泊二日で、神湊(こうのみなと)や大島に宿泊されると内容が充実されると思います。
大島は現在ホテルはなく昔から民宿が主。漁師の島のローカル感を楽しんでください。

民宿 ふじ島

Clear

~「大島」グルメ~
【民宿 ふじ島】
構成遺産の宗像大社沖津宮遥拝所と宗像大社中津宮へは渡船を使って大島へ。
こちらは、大島にある漁師の宿。その日水揚げされたばかりの魚を利用した漁師ならではの懐石料理が堪能出来る。ランチあり。
宿泊は2名からで一泊二食付。
送迎ありで、ターミナル・中津宮・交流館・遙拝所など観光スポットでの待ち合わせをして貰えるのが有難い。

構成遺産・宗像大社沖津宮遥拝所。
海上・大島の北部に位地。
沖ノ島を遥拝(遙か遠くから拝む)する場所です。
沖ノ島は島そのものが御神体であり厳格な禁忌により通常渡島が禁止されているためこちらから遥拝するのみ。
晴れて空気の澄みきった日には、水平線のはるか先に沖ノ島を望むことが出来ます。
大島の絶景スポットです。
大島観光バス「グランシマール」のバス停「沖津宮遥拝所」利用が便利。

構成遺産・宗像大社中津宮。
海上・大島の渡船ターミナル付近に位地。
宗像大社の三宮の一つ。宗像三女神の一柱である瑞津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られている。
大島で最も高い御岳山の山頂では、沖ノ島と同じ祭祀が7~9世紀にかけて行われていました。
実はここ中津宮には天の川伝説の文献が残されており、七夕発祥の地とされています。
境内には「天の川」が流れており、牽牛神社(彦星宮)と織女神社(七夕宮)があります。
参拝時に見つけてみましょう。
鎌倉時代から約700年続く中津宮の七夕祭は毎年8月7日(旧暦の7月7日)に行われ、夜遅くまでにぎわうのだとか。
写真手前は中津宮の拝殿、奥が本殿。

Milky Way Cafe

Clear

~「大島」グルメ~
【Milky Way Cafe】
大島フェリーターミナル2階。港のターミナル内カフェ。軽食と喫茶、アルコールとおつまみ。メニューには大島特産品を利用したものもあり。フェリー出航までのひと時、青い空と海を楽しみながら過ごせる。
展望デッキ隣接。

大島観光。構成遺産だけでなく島ですから潮風と絶景が楽しめます。
大島フェリーターミナルから、のんびりとお散歩。
こちらは、かんす海水浴場そばです。誰もが安心して遊べるよう整備された人工の海水浴場。
木製ベンチやボードウォーク、シャワー設備などが整っていて驚き。海水浴の穴場と言えそう。
写真は「夢の小夜島(さよしま)」と呼ばれる天然の磯場。
干潮時は陸続きになるそうで、タイミングが合えばそれも楽しめそうです。
大島は、磯や防波堤など釣り場にも恵まれているため、週末には多くの釣りファンも集まっています。

ロルキデ ブランシュ

Clear

↓ここから先は、宗像グルメ。
「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群から近い順に人気スポットを紹介。

【L'Orchidée Blanche】
(ロルキデ・ブランシュ)
HOTEL GREGES(オテルグレージュ)内のレストラン。三ツ星レストラン出身のシェフがプロデュース。DINNERは完全予約制。子供の利用は13歳以上。ドレスコードあり、男性はジャケット着用。
JR東郷駅より車で15分。

munakata cuisine ishida

Clear

【munakata cuisine ishida】
(ムナカタ キュイジーヌ イシダ)
宗像の食材を中心に使ったコースを提供する、 一軒家の隠れ家レストラン。
料理はコースのみ。完全予約制。
西鉄バス神湊入口バス停徒歩1分。
道の駅むなかたより車で2分。

三日月庵

Clear

【三日月庵】
古民家の隠れ家的人気海鮮うどん店。
天丼あり、甘味処でもあり。
大盛りで人気。
昼間のみの営業。
予約は開店直後の早めの時間のみ。
交通は車が最適。駐車場あり。

バンビーノカフェ

Clear

【ばんび~の】
西鉄バスの中央公民館前バス停に位置。
JR赤間駅北口から福岡方面に徒歩10分。
お店の雰囲気もカフェメニューも 大井寛子オーナーの手作り。女性オーナーの優しさがコンセプトとして伝わってくる。対応はお一人で。オーダーから作られるので時間はかかります。
ゆっくり過ごすのに向く店。

かつ亭

Clear

【かつ亭】
JR教育大前駅の真横にある、創業30年を越える老舗洋食店。定食が充実。
学生さんに美味しいご飯を、お腹いっぱい食べて欲しいという店主の心意気が伝わってくるお店。
メニューと量の選択幅が広く楽しい。

そばの丘

Clear

【そばの丘】
熊本産・北海道産の蕎麦粉を使用した、手打ち蕎麦の店。山葵にも長野県農家直送の安曇野本山葵を使う拘り。宗像の隠れ家で十割そばを楽しめる。
古い住宅街の中の奥での営業。
JR教育大前駅徒歩25分。

※本記事は、2017/12/17に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ