涙腺が緩む!2014年指折りの和食割烹店

涙腺が緩む!2014年指折りの和食割烹店

イタリアンやフレンチも大変結構だけれども、いただいて涙腺にくるのは、和食と鮨ではなかろうか...涙腺にくる和食割烹のまとめです。

更新日:2014/12/31 (2014/12/20作成)

2930view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旨いだけでない!そこのお料理たちに触れると涙が溢れてくるのだ!

涙腺にくる和食店という基準で選んでいます。和食好きなひとにお薦めしたい!

松川

限りなく瀟洒で繊細な...「松川」、冬の松川の味わいを堪能しよう!耳を澄まし、聞き耳を立てるように味わいのひと粒ひと粒を味蕾で受け止めれば、松川は間違いなく優しく微笑んでくれる

自然薯をのせた自家製そば、酢橘を絞って

越前蟹(オス)の七輪網焼き

ご飯のお供、いくら、からすみ、海苔、濡れ箸が添えられているのが嬉しい!

フグ刺、湯引き皮、白子と和えて

からすみ餅、大根の出汁とともに

間人(たいざ)香箱蟹(メス)松葉に敷かれて

晴山

料理の息遣いに耳を澄ませば、そこに脈打つのは調子高き"出汁"の調(しらべ)である...「晴山」、ここのお椀を一口いただいてみれば自分が途轍もない和食の名店にいることを認めざるをえない

じゃがいも饅頭、淡路島産の穴子と小松菜を添えて

春菊、ホタテ、まいたけの胡桃和え

鰆の茸焼きと里芋のおかき揚げ

グランデ三田地下1階に浮かび上がる「晴山」の揮毫

日本料理 太月

秋の味覚に酔いしれる...「日本料理 太月(タゲツ)」、昆布と鰹出汁のマリアージュにしばし陶然としよう!

お造り:千葉県勝浦のマグロ、明石の鯛、ほうれん草、かぼちゃの月、大根のうさぎ、本山葵で

お椀:銀杏、小豆の真薯と翡翠茄子としいたけのお椀

進肴:イクラを載せた茶碗蒸し...卵と卵

ふじ原

偶然を宿命化する呆気なさについて...「ふじ原」、閑静な街並みに居を構える和食割烹で過ごす贅沢な数時間についての報告

鯛の兜煮

白子、名古屋コーチンの手羽、牡蠣、タコのマリネ、マグロと長ネギの焼き物

鯛ごはん

蛤のお吸い物

蓬左茶寮

卓上に横溢する恍惚感について...「蓬左茶寮」、たおやかに流れる時間に深々と身を預け贅沢に過ごす、雪の舞い散る昼下がりについての報告

とんぶりと蛤の和物に、フルーツトマトとあおいいかの胡麻和えをあしらえたお凌ぎ

向付

豆乳の寒天と無添加雲丹、山葵を添えて(先付)

豚しゃぶ

ちりめん山椒のご飯(つやひめ)

※本記事は、2014/12/31に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ