【都内&近郊】フォトジェニックな「グルメバーガー」

【都内&近郊】フォトジェニックな「グルメバーガー」

いろいろな食事メニューの中でも『グルメバーガー(=比較的価格帯の高いハンバーガー)』は絵になる代表格。 フォトジェニックな都内の『グルメバーガー』を集めました。

キーワード
肉料理

記事作成日:2017/04/08

2969view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『グルメバーガー』の構造にセオリーはあるのか?

『グルメバーガー』の構成要素は、バンズ(=パン)でクラウン(上部)とヒール(底部)に分かれ、その間にパティ(肉)、トマト。レタス、チーズなどが挟まっているのがオーソドックスなスタイルです。
店によって素材や構造が異なり、例えばレタスは結球型の普通のレタスが使われていることは多いですが、傾向として大手資本系の店はヒラヒラしたリーフレタスが多いです。チーズも店によっては個性的。パティも和牛ありオージービーフあり、バンズにこだわりあり、など素材だけでもかなりのバリエーションです。また構造もヒール側にレタスが敷いてあるのが多いですがクラウン側にのっているものもあります。
そんな観察しながら、パティのこげ茶色、レタスの緑、トマトの赤、チーズの黄色の彩りを楽しみ、それぞれ食感の異なるの素材を一体のものとして感じながら食べるグルメバーガーは、間違えなく美味しい食べ物ですね。

【人形町】ブラザーズ

Clear

外観が赤くアメリカンンなイメージのお店です。ハンバーガーだけでもかなりのバリエーションがあり、他にもサンドイッチやホットドッグもあります。
ハンバーガーにはフライドポテト以外にオニオンリングが付いてくるのがうれしいです。
写真は、『ダブルチーズバーガー』。

【新宿御苑前】CHATTY CHATTY

Clear

こちらの特徴は”白いバンズ”と”超粗挽肉のパティ”の組み合わせでパティにはクレピネット(豚の網脂)もついてくるというこだわりのグルメバーガー。写真は『マッケンチーズバーガー』で2016年のマンスリーバーガーNo.1。

【駒沢大学】エーエス クラシックス ダイナー

Clear

アメリカン・ダイニングなのでハンバーガー以外のメニューもあります。
『ダブルチーズバーガー』は140gのビーフパティが2枚で重量感たっぷり、見た目の迫力も十分です。

【新宿】J.S. BURGERS CAFE

Clear

ジャーナルスタンダードのハンバーガーショップ。バランスよいハンバーガーです。
写真は、『五穀チーズバーガー』。

【大泉学園】ブッチャーズテーブル

Clear

西武池袋線の大泉学園駅からは少しありますが、OZというショッピングモールからはすぐの距離です。
バーガー系以外にサンドイッチなどもありますがほとんどの人がバーガー系オーダー。シーズナルバーガーのメニューもあり楽しめます。手作り感あるケチャップが美味。

【代々木公園】アームズ PARK SIDE BURGER SHOP

Clear

代々木公園の西側にあるアーリーアメリカン調のハンバーガー店です。
『アボカドバーガー』はパティの厚みはありますが、レタスとアボカド+タルタルソースがヘルシーな印象で美味しいです。

【参宮橋】アップルビー

Clear

小田急線参宮橋駅から徒歩1分ほどにあるお店です。
100%ビーフとバンズにこだわったハンバーガー。重量感たっぷりで美味しいハンバーガーです。
写真は、『チーズバーガー』。

【上板橋】ハングリー ヘブン

Clear

今年(2017年)の年初から移転して東武東上線上板橋駅北口からすぐになりました。
こちらはメニューがメチャクチャ豊富で選択に悩みます。『ハングリーヘブンバーガー/チーズ』はこげ茶色のカラメル仕様のバンズに赤いトマトや黄色いチーズ、緑のレタスが鮮やかで「レリッシュ」がアクセントになっててとても美味です。

【原宿】サン フランシスコ ピークス

Clear

原宿駅から徒歩5~6分の場所にあります。
『モッツアレラバーガー』。肉は粗引きのものを手作りしている感じで見た目もゴツゴツで不均一な形状です。肉汁は意外と少なめでギトギト感のないパティ、モッツアレラも塩味控えめで上品な味わいで美味です。

【芝公園】マンチズ バーガー シャック

Clear

移動販売からスタートしたハンバーガー専門店で、自家製パテはUSビーフを使用、3部位をオリジナルのブレンドで配合するというこだわり。
写真は、『自家製ベーコンチーズバーガー』。

【渋谷】レッグオンダイナー

Clear

渋谷と恵比寿の中間くらいにあるアメリカンな雰囲気の店です。
『ベーコンチーズバーガー』はルックスも良く、BBQソースが滴っています。パティは1cmくらいあり結構なボリュームでペッパーが効いています。

【両国】シェイクツリー

Clear

一番人気は『ベーコンチーズ』。パティは120gで見た目1cmくらいの厚みがあります。BBQソースとの相性が抜群です。他にもメニュー名では何かわからないメニューがいくつもあります。

【新宿三丁目】キャッスル ロック

Clear

新宿三丁目駅のC5出口を出たところのビルの2階です。パティは、120g、180g、240gの3サイズから選択が可能です。
写真は『ブルーチーズバーガー』(120g)。

【千駄ヶ谷】モスクラシック

Clear

モスバーガーのハイエンド店舗でファストフードではありません。こちらのバーガーはレタスが下ですが、一般的な結球レタス(クリスピーヘッド)ではなく非結球のヒラヒラしたリーフレタスを使用。色は鮮やかですが、パリシャキ感はありません。
写真は、『チリバーガー』。

【福生】デモデダイナー

Clear

横田基地そばの16号線沿いにあるアメリカンなお店です。
写真の『ナイアガラ・チーズバーガー』はチーズがナイアガラの滝のように流れ出る演出です。

【松戸】R,s

Clear

新京成の常盤平駅が最寄駅。ノスタルジックな雰囲気の街並みと店内です。
ハンバーガーは、「RS Burger」「Original」「Popular」に分類されていますが、和牛100%のパティ170gを使った「RS Burger」が牛肉の旨味を味わえるのでお勧めです。

※本記事は、2017/04/08に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ