すっぴんの下田でいただく、味な朝ごはん

すっぴんの下田でいただく、味な朝ごはん

伊豆の南端にある個性豊かなお店の「朝ごはん」。それらは観光客と地元とを繋ぐかけがえのない場所となっています。 春らしい鳴き声をさえずるようになった磯ヒヨドリの声を聴きながら「すっぴんの下田」で、モーニングはいかがですか?

キーワード
モーニング・朝食

記事作成日:2017/03/04

1330view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グッドモーニング・シモダ、ではどうぞ。

静けさの中の朝の下田。コーヒーとトースト、焼きたての干物と白ゴハン・・・今日はどこに行こう?の計画を巡らせながらゆっくり。ホテルのモーニングとはひと味違った個性の中に、とっておきの観光情報をも発見できるかも♪

つぼや

つぼや

朝6時台から提供しているモーニングはフルーツ付きサラダ・スープ・ジャム付きバタートーストと、ボリウムたっぷり。セット価格は無いのでコーヒーは別注で・・・それでも内容からすればかなりお得です。

大きな窓から眺める、鏡のように穏やかな鍋田海岸を見ながら、ゆったりした時間が流れてゆきます。

カウンターの奥には外国産の個性的な煙草がたくさん、パイプを愛する愛煙家さんも多く通います。
日常のせわしなさと喧騒を忘れる、海辺の非日常的空間です。

油画茶屋

油画茶屋

下田の町中、花に囲まれた一軒家の古民家。
早朝モーニングは日替わりです。
基本は卵料理・サラダ・スープ・パン・コーヒーといったきちんとモーニングが650円というCPの良さ。

レトロな店内はカメラや写真機がたくさん。
実は下田は日本最初の職業写真の祖、「下岡蓮杖」縁の地。
地元の風景を切り取った写真が店内にはたくさん・・・これを元に観光地巡りの計画も立てられます。

irori

irori

観光スポットペリーロード沿いで味わうことができるのは「天空の城ラピュタ」でパズーとシータが食べていた、目玉焼きのっけトースト。これを中心にしたプレートにハンドドリップのコーヒーがついて600円という価格も〇。
開店が10:00~とちょっぴりゆっくりですので休日のモーニングにお勧めです♪


デッキ席から眺める風景には昔の花街の名残。
ゆらゆら揺れる柳の下でゆったり過ごせます。

らんぷはうす

らんぷはうす

焼きたての干物を中心にした600円の朝ごはんは文句なしにご飯が進みます。
ランプの下がったカウンター越しにお母さんのような女将さん。
卵は生か焼くかを聞いてくれますのでお好みでどうぞ。

「らんぷはうす」なので
カウンターの上にはランプが幾つも下がっています。

さて、今日はどこを巡りますか?

※本記事は、2017/03/04に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ