【2017年版】荻窪のおすすめランチ12選

【2017年版】荻窪のおすすめランチ12選

複数路線が乗り入れるターミナル駅として利用者が多く、いわゆる「中央線文化」の中心地でもある荻窪。そんな荻窪で、毎日通いたくなる気軽なお店から、特別な時間を過ごしたい名店まで、食べログのレビュアーがおすすめする名店をご紹介します。行列が絶えないあの有名店から完全予約制・昼夜一組限定の絶品ランチも♪

キーワード
ランチ
ご当地グルメ
坦々麺
個室
おすすめ
カキ氷
行列
テラス
食べログまとめ編集部
ケーキ

更新日:2017/09/05 (2017/01/06作成)

3046view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しくて個性的!通いたくなる荻窪のランチ☆

交通の要所でショッピングエリアがあり、駅前に昔からの飲み屋街が残り、高級住宅地を抱える荻窪エリア。いろんな顔を持つ街、荻窪は高級店から庶民的な店、独特なカルチャーを感じる店までグルメも多彩です。そんな荻窪だからこそ、ランチ店もバラエティー豊か!通いたくなるようなお気に入りのお店がきっとありますよ。

0e8bb97fca400d171c6f66e0d2211e25

トマト

トマト

「トマト」は、チキンカレー(1,780円)、和牛ビーフシチュー(4,300円)などカレーとしてはお高めの価格設定にもかかわらず、ランチから行列のできる超人気店。

売り切れ次第終了のため、ランチタイムでも早めに並ぶのがおすすめです。

荻窪から徒歩5分、15席のみのこじんまりした店内に入ると、すぐ目に入るのが大量のハーブとスパイス!

カウンターの斜め前には使用される36種類のハーブ&スパイスがずらりと並んでいる。

出典: こもねこさんの口コミ

これらのスパイスを贅沢に使ったカレーが「トマト」の特徴です。外食でカレーはめったに食べないというレビュアーさんからも、インド系カレーの方が好きというカレーマニアさんからも幅広く評価されているようです。

たっぷりの香味野菜にフォンドボー、グラスドビアン(フォンドボーを漉しながら煮詰めたもの)、さらにホールスパイス34種含む36種のスパイスをふんだんに使い1週間かけて作ったとか。様々な旨味が溶け込んでいます。

出典: ビルバオさんの口コミ

さっそくルウを口にすると、思わず「おっ!」と声が漏れてしまった。スパイスをやや荒く挽いていて、スパイスの粒子が舌に感じられる。スパイスの存在感がハンパない。荒く挽いてるがゆえに、噛みしめるごと、いろんなスパイスの味が感じられ、これは何とも楽しい。ルウに溶け込んだ野菜の甘みと、スパイスの苦みや辛みが、複雑な味わいを生み出している。恐らく、子どもウケは悪いだろう。苦みの主張がやや強いから。でも、この苦みや、辛みが通り過ぎた後の、得も言われぬ「口福感(こうふくかん)」、これはオトナの特権だと思う。

出典: Yggdrasilさんの口コミ

トッピングも各種揃っています。中でも彩りもきれいでヘルシーな野菜のトッピングが人気。

久々にいきましたが、やはり旨い!会社の同僚に紹介しました。和牛ビーフジャワカレーに野菜トッピング。ゴーヤとか夏野菜がたくさん入っていて、美味しかったです。

出典: ポッキー2010さんの口コミ

カレーのおいしさに加えて、店主さんご夫妻の接客に触れる口コミも多く集まりました。

【きっと、誰しも、心が温まる店】
品の良い美しいマダムと、お会計の時に少しお話しする。感じのよい、凛とした方だ。厨房奥からは笑顔のご主人。素敵なご夫婦がつくる店・味だから、他店にはない独特の美味しさがあるんだろうな。店内滞在時間は35分、あれだけ冷えていた身体も、そして心も温まりました。美味しかったです。☆ごちそうさまでした☆

出典: こもねこさんの口コミ

高はし

高はし

荻窪で、ランチにそばをいただくならイチオシのお店が「高はし」。荻窪駅から徒歩11分程度歩くものの、歩く価値があると蕎麦好きが訪れる店です。

店内は間接照明が印象的な落ち着いた空間。

今一番評価が高いのが高はし、東京都でもベスト10に入る名店である。

出典: サプレマシーさんの口コミ

人気はせいろそば(900円)や鴨せいろ(1,600円)。

細く固めの蕎麦、薄めの灰色で、蕎麦の薫りが漂う。こういう細くてエッジのある蕎麦、好み。鴨肉は薄く刻まれており、ツユにしっかりと鴨の旨味が溶け込んでいるせいかこの汁がまたうまい。ネギと一緒に、そして細い蕎麦を手繰って食べる。存在感のあるツユと繊細な蕎麦のマッチング、うーんイイ。

出典: さとう かずまささんの口コミ

お酒のおつまみも充実し、純米吟醸酒や芋焼酎、自家製梅酒など酒類も。

画像は見た目にも涼やかなそばの刺身。

最初に蕎麦の刺身、そのまま食べると、蕎麦の香りがして美味しいです。次にわさびと醤油をつけて食べると、わさびの風味と醤油が合い、さらに美味しさが増します。

出典: Chocottoさんの口コミ

洋食 ツバキ亭

JR荻窪駅北口からすぐの場所にある「洋食 ツバキ亭」。ランチタイムには、ハンバーグや各種フライなどの定番洋食メニューがお得に頂けます。

画像は、スペシャルミックスフライ1,100円。4種類のフライの盛り合わせです。揚げたてが提供され、サクサクとしていて、とても美味しいのだそう。

こちらの画像は、「ハンバーグステーキ・温玉のせ」。ランチメニューのハンバーグステーキにプラス100円で温玉を追加しています。ご飯と味噌汁が付いています。

肉々しいハンバーグは意外にもあっさりとした味わい。甘めの軽いデミソースはワインの香りがしてなかなかの美味だそうですよ。

ランチメニュー以外にも、洋食メニューがいろいろと揃っています。

画像はオムライス。とても丁寧に作られていて、「過去のオムライスでナンバー1」という意見もあるほどだそう。ハンバーグとは異なるデミソースが添えられているそうです。

ランチは、ハンバーグ、生姜焼き、白身魚フライが950円、エビフライが990円。これが定番メニューのようですが、この日は、本日の日替わりとして、スペシャルミックスフライ1,100円というのがあり、それを注文。注文があってから、きちんと作っているようで、少々時間がかかっていました。そして、ほどなく、アツアツに揚げたてのフライが登場。アジ、海老、白身魚、北海道産帆立をレアに揚げたもの、の4種類。サクサクに揚がっていて、美味。きれいに千切りにされたキャベツとスパゲティ、タルタルソースがついています。

出典: ガレットブルトンヌさんの口コミ

ボリュームたっぷりの洋食ランチが1,000円以下!これは、ランチのローテーションに入れたくなりますね。

駅から実質2分も歩いてないと思います。そんな場末の飲み屋街の2階にある洋食屋さんです。このお店はとてもきれいでしかもそこそこの広さがあるにも関わらず席間が比較的ゆったり取ってあって、居心地はなかなか。洋食居酒屋みたいだっていう書き込みが多く見られるのですが、どちらかというと洋食屋とカフェの間に居酒屋のエッセンスを2-3滴垂らしたような、そんな感じを受けました。なかなかの人気店で、13時を回ってもまだまだお客さんが次から次へとやってきます。男女比ほぼ半々かやや女性が多い印象。

出典: ゴンからの手紙さんの口コミ

えだおね

荻窪の自家製酵母を使用した手作りパンとサンドイッチのベーカリー&カフェ「えだおね」。
テイクアウトはもちろん、ゆったりとしたスペースでランチでもイートインが可能です。

テラス席はペット可、スロープが用意されて車椅子やベビーカーも入りやすそうです。

ウッディなテラス席が素敵なファサードです。店内もナチュラルな雰囲気でいいですね。

出典: ピンクサファイア♪さんの口コミ

ランチの一番人気は、野菜たっぷりで目にも体にも優しいベトナムのサンドイッチ「バインミー」。

バインミーは元フランス植民地であるベトナムで生まれたバゲットサンド。ガチなベトナムの現地屋台風だと、米粉を用いた柔らかいバゲットを用いることが多いのですが、こちらのバゲットはハード系。表面はパリッパリッとした噛み応えながら、中は気泡多めでフワフワしています。具材はバインミー定番の、ニンジン&大根のナマス、パクチー、肉厚贅沢な自家製パテ。このパテが結構美味くて、買って帰りたいほどでしたよ。

出典: ropefishさんの口コミ

他にも京都の定番、オムレツサンドや酸味が食欲をそそる鯖サンドなど、ブームをうまく取り入れた人気メニューも。イートインならドリンクとセットで。

画像は鯖サンド。ランチにいかがでしょう?

サバは酸味のあるマリネ風。南蛮漬け風とも言えるかな。人参のシャキシャキのサラダも爽やかな酸味。そして、白胡麻がまぶされたパンはもっちりしっとりで、これまた美味しい。

出典: しゃぼんだまさんの口コミ

もちろん、ハード系のパンも種類豊富に揃っています。かわいらしくパッケージしてもらえるのでお土産にも良さそう♪

ヴァリノール

ヴァリノール

荻窪のランチで本格フレンチラならこのお店!とレビュアーさんが激賞する「ヴァリノール」。

老舗フレンチレストラン「銀座レカン」でスー・シェフ(副料理長)を務めた相原シェフのセンスと技を楽しみに通う常連さんが少なくないようです。

荻窪から3分の好立地で、フレンチレストランとしてはカジュアルで入りやすい雰囲気とのこと。

場所は荻窪駅から線路沿い直ぐで迷いません。店内の雰囲気は落ち着いてフレンチ然とした空間ながら、家族連れ、小さなお子さんも入れる良い雰囲気です。

出典: ごいんちゅさんの口コミ

まずはランチでチェック。2,800円のコースでしたが、アミューズ、前菜、魚、肉、デセール、食後の小菓子までつき、CP抜群です。しかし、それよりも、ひとつひとつのお皿に創意工夫が凝らされていて、驚きと感動をもたらしてくれます。

出典: ガレットブルトンヌさんの口コミ

ランチ平日3,000円程度〜。このクオリティなら納得のお値段というレビューが目立ちます。値の張るディナーに伺う前に、ランチで雰囲気を確かめに行くレビュアーさんも。

画像は、「すじあら 烏賊墨入りブイヤベースソース 」。

【魚介の火入れに見どころ】
最近流行りのスジアラはウロコがパリパリで身がブリブリとして火入れが秀逸と感じる。カレー風味が上品な身を高みに持ち上げるし、色彩も美しく目でも味わえる作品。

出典: あかやぎさんの口コミ

魚メインの4,500円コースから、アジを使った一皿。

3品目はアジ。赤タマネギのピューレとダークチェリーのシャーベット、トッピングはセロリ、底には酸味あるトマト。深紅の甘みに酸味が効いて素敵な逸品でした。日本各地の鮮魚を、ベースを守りつつフレンチの技法を施し、爽やかに供する名店。フレンチ激選区の荻窪で、地元の人に愛されるのが納得の良いお店でした。また季節を変えてお伺いしたいです。

出典: ごいんちゅさんの口コミ

昼間からワインやシャンパンと一緒に優雅なランチも♪

人についつい勧めたくなる気持ちが大いに分かるお店です。価格も料理の内容やボリュームからして安いくらいです。ドリンクの値段は少々高めでしたが、ドリンクにも拘りを感じました。近々また行きたいお店の一つです。

出典: ハプニングバークロスシーズン2さんの口コミ

ねいろ屋

ねいろ屋

続けて、煮干しょうゆのらーめん、しおつけめんに加えて、かき氷が大人気というユニークなお店が、「ねいろ屋」です。

サクッとランチをしたい時にラーメンは手軽でいいですね。

ラーメンは滋味深く優しいお味で、女性レビュアーさんにも人気です。

すすると、実は見栄えのイエロー鶏油系香味油よりも先に、煮干し系の風合いがふわっと香るのがいい。煮干しと言ってもニボっとした腸系ではなく、香ばしい軽やかさなタイプ。イリコとニボシの味と意味の違いは曖昧だけど、伝えたいのは魚介の優しさです。これいいわー。

出典: TOMASSOONさんの口コミ

酸味が爽やかなレモンラーメンも好評です。

さっぱりとしたレモンが効いてて美味しい。鶏チャーシューもしっとりしてて美味しい。

出典: ryokuさんの口コミ

かき氷は厳選したフルーツをふんだんに使ったものをはじめ、バターミルク・りんごカスタードなどのユニークなフレーバーも。

ラーメンとのセットが基本で、時間帯によっては、かき氷のみの注文もOK。せっかくならランチの食後にゆっくり味わってみたいですね。

氷イチゴミルクが秀逸でしたね。なめらかな氷に酸っぱめの良質なフルーツは爽やかでラーメンの後に良いバランスだと思いましたね。

出典: norikitaさんの口コミ

不定期営業ということなので、営業日は公式Twitterで確認してくださいね。

安斎

「安斎」は荻窪駅から歩くこと約5分、古くから地元で愛される老舗のうなぎ屋さんです。

先代から息子さんへ店主交代されたとのことで、食べログを通して応援メッセージを寄せる古くからの常連さんも。

【地域密着の庶民派人気ウナギ店の美味しいうな丼】
一階が焼き場で二階が座敷席。座敷と言っても二人用のテーブルが3つだけの小さな店。持ち帰りや出前もやっていて、地元に根付き地元に愛されてきた店だという事は一目瞭然。とても良いアットホーム感に溢れたお店だった。

出典: asakusa777さんの口コミ

出ました!こちらがランチのうな丼です。食感は「ふっくら」「ねっとり」系、しつこくなく「あっさり」した旨みというレビューが目立ちます。

鰻はトロットロに蒸され、香ばしく焼かれていて、脂のノリも丁度良く、しつこくない甘いタレとの相性も完璧!加えて、ごはんの炊き具合、山椒の痺れも良かった。「父親にはまだ至らない」と謙遜していたが、大変クオリティの高い"うな丼"だった。

出典: 初代タタカエラーメンマンさんの口コミ

うなぎの名店が多い都内でも、ここの白焼きが最高の物の一つと絶賛する口コミも。

仕事の丁寧さが伺える端正で綺麗な見た目。皮目のうっすらとだけ付いた焼き色も綺麗だった。戴いてみると臭みは完璧に消され、非常にふんわりとして柔らかい白焼きだ。甘みもある。蒸しの時間が長いためなのか脂は微量。この微量な脂が何とも良い。口内で気持ちよく蕩ける。

出典: part2さんの口コミ

肝焼き、ひれ巻など、うなぎ専門店らしいメニューも。

お酒のお供にもぴったり。

5分ほど待っていると“肝焼き”が一本だけ焼けてきた。見てすぐに二本頼まなかった事を後悔する。一串に5個の肝が刺されていて、肝のこりこりが残っている肝焼きをあてにビールを飲む。

出典: バオバブさんの口コミ

吉田カレー

吉田カレー

カレーの名店が集う荻窪で、2011年オープン以降、一気に人気店に躍り出た「吉田カレー 」。

動物性脂肪分を通常の半分以下に控えて、フルーツや野菜をたっぷり使ったというカレーは、フルーティーで深みのあるお味。

身体全体に染み渡る栄養価と料理の旨味を噛みしめながら一口、また一口と、料理を口に運ぶ手が止まらず、これが俗に言う、止められない止まらない美味しさなのかと心の奥底で感じながら美味しい料理を堪能させていただきました。

出典: 朝野 悟飯さんの口コミ

この欧風カレーというか、フルーティーでじーんとするコクと滋味のあるルーは唯一独自のもので、この系統のルーでは最も発展形かつ抑えめの値段。ひとえに店主の努力にかかるところが大きいかなあと。

出典: Chocottoさんの口コミ

豊富にそろったトッピングから選ぶのも楽しそう!ランチが一層盛り上がりそうですね。

例:豚250円、中華アチャール150円、青ネギ150円、焼きチーズ100円、鰹節50円、フライドオニオン50円などなど。

カレー用のちょっと変わったスプーン。こまかな所にもこだわりが見えます。

スプーンを手に取ると、なんと口に入る部分が斜めになっているスプーン。初めて見ました。

出典: T-TYMYKさんの口コミ

このお店のもう一つのお楽しみは、遊び心あふれる案内の数々。独特のユーモアセンスがレビュアーさんをぎょっとさせ、ニヤリとさせています。

一見オソロシイ張り紙とは裏腹に、店主さんはとっても優しい雰囲気とのこと。後からユーモアと分かった!なんてレビュアーさんも。

帰り際、お手洗いをお借りしようとしたら、社長室に案内されました。おそるおそる入ると、お〜お手洗いでした。笑。いろいろ楽しませていただきありがとうございます。また是非行きたい店ですね。ごちそうさまでした。

出典: Chocottoさんの口コミ

カレーを食べるのに、こんなに困ったのは初めてだ。とってもユニークなカレー屋さん♡

出典: chaory'sさんの口コミ

お会計をすまし店を出ると緊張が一気にほどかれた。階段の上を見てみると入るまでの注意書きの厳しさとうってかわって「足元をお気をつけて」などと優しい貼り紙が貼ってあった。「美味しかったね」「緊張したね」「罰金とか出禁とか言われるんじゃないとビクビクした」「意外と店主優しそうだったね」などと語り合う帰り道はとても楽しかったです。最早、吉田カレーはただのカレー屋ではなく、吉田カレーというアトラクションにも似た何かなのかも。

出典: まりあてぃーたいむさんの口コミ

坊千代

「坊千代」はイタリア料理・日本料理というジャンルを横断した経歴を持つオーナーシェフが営む、完全予約制でランチ・ディナー各一組限定の創作料理店。

場所は荻窪駅から4分、住宅街の中にある一軒家タイプのレストランです。画像はレビュアーさんも目を見張る美しい屏風!店主さんの工夫が凝らされています。

そこはまさに異空間。店内のいたるところに、100年以上前のアンティークが飾られています。圧巻は、テーブル席をL字に囲む屏風。なんと、1600年代、狩野派のものとのこと。赤いクロスが敷かれたテーブルと調和し、安土桃山時代のような設えです。

出典: ガレットブルトンヌさんの口コミ

器と料理の組み合わせの妙を堪能できるのは、経験豊富なシェフならでは。

1品1品がとっても凝っていて驚かされます。そして、料理が盛られている器にもめっちゃこだわりが。。。

出典: 飲みニスト0430さんの口コミ

美しいお料理の数々。画像は、「かますの棒寿司」。

玉蜀黍のハンバーグ

草花ぷりん

坊千代ピッツァ

一筋縄ではいかない料理がボーダーレス日本料理という感じです。食器やグラスも骨董品を使用してちょっと鈴木清順の世界を思い浮かべます。

出典: Meeeeechanさんの口コミ

店はワンルームで店全体が個室みたいになっていました。テーブルクロスや壁の装飾品をみても独特のムードをもっています。料理は創造性、独創性があり独自の世界が広がります。食材の組み合わせ、味の乗せ方、魅せ方も計算されています。季節ごとに食べたい料理となりました。この先ブレイク間違いないでしょう。

出典: gourmefighterさんの口コミ

CAFE STRADA

CAFE STRADA

荻窪駅から徒歩4分程度、杉並区立中央図書館へ向かう道沿いにある「CAFE STRADA」。ランチでも活用できる料理メニューが充実したカフェです。

柔らかい光で照らされたあたたかみのある店内も、優しい雰囲気の店主さんの接客も、居心地が良くてつい長居してしまうというレビュアーさんが目立ちます。

お店の雰囲気は最近流行りのカフェというよりは、地元の方に愛されそうな喫茶店というイメージ。BGMはスローなジャズが多くてゆったりできそう。

出典: pandAmourさんの口コミ

ランチメニューで人気だったのは、カレーやキッシュ。

カフェとは思えないようなレベルの食事と絶賛するレビューが多数集まりました。

ご飯とは別に鍋に入って出てきたスープカレーを一口食べて、ビックリ!なかなか美味しいですよ、これ。15種類のスパイスを使っているらしく、結構なスパイシーさで香り高いです。ちゃんと野菜とスパイスから作ってるようです。これはカフェで出てくるカレーのレベルではありません。明らかに洋食の心得がある人が携わっていますね。

出典: imosaさんの口コミ

このお店のおすすめは、シアトルのディアルテを使用したエスプレッソや、エスプレッソベースの各種ドリンク。もちろんかわいいラテアートも楽しめます♪

エスプレッソはダブルの量があり、淹れ方はシアトル系のエスプレッソ。豆も十分な深煎りで美味しい。

出典: バオバブさんの口コミ

手作りケーキはエスプレッソとの相性もバツグン。

オリジナルケーキは日によって変わるとのことで、小さなコルクボードにピンでさした可愛いケーキのイラストメニューから選びます。

出典: ムックさんの口コミ

私がお願いしたのはパンプキンケーキ。素材感もしっかりとしていて、とても美味しかったです。

出典: ひこ蔵さんの口コミ

ビンギリ

ビンギリ

「ビンギリ」は荻窪から徒歩10分、カウンター6席、テーブル2席のこじんまりしたお店。

人気メニューは千葉県勝浦のご当地坦坦麺「勝浦タンタン麺」や「汁なし坦坦麺」。

2017年1月現在、しばらくランチ営業のみとのことなのでご注意ください。

具だくさんのタンタン麺。

見た目はとても辛そうですが、全然思ったほどではなくすいすいと食べられるし、スパイス感が食欲をそそり150gくらいの麺もあっという間に完食です。

出典: damian666さんの口コミ

具が余ったらライスにのせると四川風の丼に!

食べ進めていくとどうしてもひき肉、タマネギ、ニラなどの具達が大量にスープに残ってしまう。これらの哀れな具達をすくって無料の小ライスの上に載せればほぉら、四川風勝浦丼のできあがり!

出典: タケリタケルさんの口コミ

辛いもの好きなら試したい、エビ辛味。

こちらは、タンタン麺が人気を集めるかたわら「実はかなり力入れてます」とお店が推す「ビンギリラーメン」。試した方はぜひ口コミを投稿してくださいね!

おにぎりのさんかく山

おにぎりのさんかく山

「おにぎりのさんかく山」はにぎりたてのおにぎりをメインに、野菜たっぷりの和定食ランチが食べられるお店です。

11席のみのこじんまりした店内は女性の姿も多く、どこかほっとする雰囲気。

土曜日のランチに訪問、細長いカウンターが並ぶお店なんですね。2名と告げて着席。メニューは唐揚げ定食や焼き魚定食などの他に、おすすめ定食があります。
本日のおすすすめ定食は
・はさみ揚げと唐揚げ
・豚しゃぶ
・アジフライと唐揚げ
そこから好きな具のおにぎりを2つ選びます

出典: ばびでぶ~♪さんの口コミ

おにぎりのふわっとした握り具合が好評で、「お袋さんのおにぎり」をイメージするレビュアーさんも。

おにぎりは思った以上に大きくボリューム満点ですが、とてもふわっとしているのであっという間になくなりました。お米一粒一粒が潰れていないので口の中でほろほろと広がり、暖かでとても美味しいおにぎりでした。塩味が適度に利いて、ご飯と具材の量のバランスも良くて申し分ありません。

出典: kanzanさんの口コミ

ランチ定食は4種、おにぎりは10種類以上から2種選べて、他に小鉢・味噌汁・甘味付き。

日替わり定食は4-5種類ある中から選べ、しかもおにぎりも2種類選べちゃうんです。しかも、「デザートはアイスがつきます」と。私は、アジフライと唐揚げ定食、おむすびは海老ちりめんと辛子明太子にしました。サヤエンドウのお皿に三種のプチおかず、漬物、味噌汁も付いてました。コスパが!すごいです。

出典: sweets freakさんの口コミ

ご紹介したお店の選定方法について

「荻窪のランチ」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

※本記事は、2017/09/05に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ