夏こそ麻辣。赤くて辛旨な神楽坂中華ランチ6選

夏こそ麻辣。赤くて辛旨な神楽坂中華ランチ6選

6月も後半に入り東京では30℃超えの日も増えてきました。暑いときこそ辛い物。神楽坂で赤くて辛い中華ランチを食べられる6店をご紹介します

キーワード
うまい
ランチ
辛い

記事作成日:2016/06/20

2105view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国菜 膳楽房

中国菜 膳楽房

出典: Schnitzelさん

神楽坂を登りかけてすぐ左に折れた先の路地にある中華料理屋さんです。ミシェラン東京2016で新たにビブグルマンを獲得。

カフェのような小綺麗な店内の一階はテーブル席が9席、二階にも席があるようです。厨房の中には二人の男性料理人。一人は中国、もう一人は日本の方です。

路地裏とは思えない驚きのクォリティのお店です。

出典: Schnitzelさん

麻辣麻婆豆腐と春巻きの定食950円
麻婆豆腐の見た目は赤系ではなくて褐色系。見かけどおり唐辛子の辣よりも山椒の麻の方がやや勝っている感じです。

辛さはほどほどですが旨味十分で山椒の風味が絶妙。優しい味の美味しい麻婆豆腐です。

中国菜 膳楽房 (飯田橋/中華料理)

3.64

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

住所:東京都 新宿区 神楽坂 1-11-8

TEL:03-3235-1260

中国四川料理 梅香

中国四川料理 梅香

出典: Schnitzelさん

神楽坂上交差点から大久保通りを西に200mくらい、牛込神楽坂駅近くにある四川料理のお店です。銀座の名店趙揚出身の女性シェフとその妹さんで運営しています。ミシェラン東京2016で新たにビブグルマンを獲得

四川というと豪快な料理を思い浮かべますが、こちらも優しい系。野菜の旨味が出たスープや杏仁豆腐、ジャスミンティーも含めてクォリティは高いと思います。

出典: Schnitzelさん

麻婆豆腐定食1000円
しっかり辛さが感じられますが、麻の痺れはあまり感じなくて辣にウェイトが置かれています。

中国四川料理 梅香 (牛込神楽坂/四川料理、中国鍋・火鍋)

3.63

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

住所:東京都 新宿区 横寺町 37-39 中島第一ビル 1F

TEL:03-3260-2658

紅龍

紅龍

出典: Schnitzelさん

神楽坂仲通りにある中華料理屋さんです。毛沢東、劉少奇、胡耀邦など、中国共産党首脳を輩出した湖南省の料理がウリ。

湖南料理のランチメニューは鷹の爪と玉子炒め、十里香牛肉、湖南炒飯、麻辣鍋、よだれ鶏など。

出典: Schnitzelさん

十里香牛肉定食880円
唐辛子の中に牛肉が埋もれている感じの料理です。唐辛子の中に揚げた鳥が埋もれた辣子鶏は肉も唐辛子も表面が乾いた感じですが、これは両方とも油でウェットなだけにより辛さが牛肉に転写された感じ。でも辛さの奥にしっかり旨みが感じられる逸品です。

紅龍 (飯田橋/中華料理、四川料理、飲茶・点心)

3.51

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

住所:東京都 新宿区 神楽坂 3-3 野本ハイツ 2F

TEL:03-3235-0137

リトル成都

リトル成都

出典: Schnitzelさん

飯田橋交差点から少し入った所に2016年3月中旬に新規オープンした四川料理屋で上野の高評価店、晴晴飯店の姉妹店。四川省の省都の成都そのままのレシピというリアルシリーズのメニューがウリです。

リアルシリーズは麻婆豆腐、青椒肉絲、回鍋肉、海老チリの四種類。他によだれ鶏や成都炒飯もあります。

出典: Schnitzelさん

リアル麻婆豆腐定食880円
麻婆豆腐は茶色系では無くて赤色系です。食べてみるとしっかり辛いけれど辛すぎない。麻と辣と旨味のバランスが取れた旨い麻婆豆腐です。

テーブルに置かれた青花椒を投入するとふわーと爽やかな香りが立ち上ります。

リトル成都 (飯田橋/中華料理、四川料理、居酒屋)

3.07

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

住所:東京都 新宿区 揚場町 2-27 MIT飯田橋ビル 1F

TEL:050-5592-7942

神楽坂芝蘭

神楽坂芝蘭

出典: Schnitzelさん

かくれんぼ横丁にある四川料理店です。三代のオーナーシェフによって受け継がれてきたお店ということですがここでの開業は2008年。店内は天井の配管剥き出しの今時のスタイルですがそれなりの高級感はあります。

ランチのメニューは基本1030円でライス、ザーサイの漬物、フルーツはビュッフェ形式。ランチの芝蘭麻婆豆腐定食は+200円で本場陳麻婆豆腐に変更ができます。

出典: Schnitzelさん

汁無し担々麺
白めの麺の回りに赤いタレ、上には粗びき肉と輪切りのネギ、チンゲン菜が載っています。食べてみるとまず感じるのは酸味。でも、しばらくすると辛味が上書きされる感じで酸味は感じなくなるから不思議です。そして累積的に効いてくる麻の味。酸も辣、麻もそんなに強くはないですがバランスがいい。高級感ある美味しい担々麺です。

神楽坂芝蘭 (飯田橋/四川料理、中国鍋・火鍋、中華料理)

3.58

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

住所:東京都 新宿区 神楽坂 3-1 クレール神楽坂2 2F

TEL:050-5890-7252

縁香園

縁香園

出典: Schnitzelさん

神楽坂上交差点の手前、PAULと同じビルの二階にある中華料理屋さんです。通りを見おろせるテラス席があったりするお洒落なお店。女性のお客さんの比率が高めです。

四川系のランチメニューは縁香麻婆豆腐定食980円、四川坦々麺1080円、冷やし坦々麺1080円、麻婆湯麺950円、麻婆炒飯1050円など。

出典: Schnitzelさん

四川担々麺1080円
オレンジ色のスープに少し透明感のある麺が浮かび、中央に肉味噌、脇に絹さやが載っています。

スープは芝麻醤少な目で酸味はありません。麻と辣はそこそこ利いてバランスがいい。麺は中華としてはスタンダードな中細麺。肉味噌がたっぷりなのは好印象です。

縁香園 (牛込神楽坂/四川料理、上海料理、飲茶・点心)

3.16

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

住所:東京都 新宿区 神楽坂 5-1 神楽坂テラスビル 2F

TEL:050-5571-4184

※本記事は、2016/06/20に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ