名古屋の超ディープ・スポット!怪し愉し伏見地下街のまとめ。

名古屋の超ディープ・スポット!怪し愉し伏見地下街のまとめ。

名古屋は地下街が発達している町。最も古い地下街サンロードは1957年に開業。その8か月後にオープンした伏見地下街は今も尚その当時のままの雰囲気を色濃く残しています。怪しんだけど愉しノスタルジック!その中にある飲食店の全店をまとめてみました。追加版。

キーワード
ランチ
おしゃれ
モーニング・朝食
ビュッフェ
ケーキ
肉料理

更新日:2017/02/01 (2015/07/04作成)

12022view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~トリックアート~

”あいちトリエンナーレ2013”ではこの地下街に
トリック・アートが出現。壁と床に貼られた
ブルーのシートは写真撮影をすると立体感に
映り不思議な世界が体感できます。

5f7a9dd3a107a6c79452b2531d1d697d

伏見駅東口から直結され真っ直ぐ歩くとまずは【伏見珈琲館】に。

開店当初からあるという伏見珈琲館です。モーニング、ランチ、カフェタイムと7時半~17時までの営業です。席数は10席のみ。意外や女性客が多かったです。

←昭和してる~

ランチは11時~14時まで。メニューはトーストサンドセット(550円)とサンドイッチセット(580円)の2種類。

←ミックスサンドはドリンクが付いて580円(@_@。

←アイスコーヒー
グラスもピッチャーも昭和でしょ?

←左にはワンコの姿も

丁度、中心地。次に出合う飲食店は【びーんず】。

伏見駅東改札口から歩きながら横目にするのはチケットショップ、床屋さん、画廊、靴の修理屋さんなど。どこもかしこもノスタルジック。次に出合うのは、びーんずです。

店内のTVモニターには♬アイラブユーOK~♬時代の永ちゃん!エレキギターの後ろにはレノンさま♥love&peace♥

←イタリアンas鉄板スパ

東日本地区ではナポリタン、西日本地区ではイタリアンと呼ばれ名古屋では独自に進化をなしアツアツ鉄板にうす高く盛られたスパ。底には溶き卵が流し込まれ名古屋めしの1品。サラダが付いて600円(@_@。

←天井にもトリックアート

東改札口から直ぐに【ハンサム バーガー】。

2015年12月3日にオープンしたサンフランシスコ発のハンバーガー屋さん。オーナーは本場シスコで修行しこんなディープな地下街で始められました。

一番西端の突当りにある【ゴルド カフェ】。

全長240mと短い伏見地下街の一番西端の突当りにあるゴルドカフェです。ママさんらしき方はこの雰囲気とは似つかない程のヘアースタイルが個性的なお綺麗な方です。

モーニング、ランチ、デザートと7時半~18時までの営業で常連さんを多く持ち親しまれています。

←ゆず茶
デザートタイム14時~17時半までに伺うとケーキとコーヒーゼリーが付き350(@_@。

階段を上がると真っ青な出入口になっていました。階段の下の天井が低い!”頭上に注意!”と貼り紙もされて

色々な催しも開催されているようです。

伏見地下街のセーターに【伏見立呑 おお島】。

伏見地下街に行くには2通りあります。まず1つのルートは錦通りに面したこんなブルーの入口を潜ること。

2つめのルートは地下鉄伏見駅東改札口を出て徒歩0分。

こんな外観で。

日本酒の揃いはナイス!お洒落にワイングラスに注がれて…。

和チーズ。山葵チーズとからすみチーズ☆

女性ひとりで切り盛り。お会計はバケツに入れて(笑)【立呑 やまみー】。

2016年3月にオープンした女性ひとりで切り盛りするおでんとおばんざいの立ち呑み屋やまみー。

お酒代だけでオツマミは無料【呑み処 千】。

真っ青の外観は元は染物屋さんだったところ。お昼にはランチでローストビーフ丼がいただけ
夜はお酒代だけでバイキング方式のオツマミはナント無料!

伏見駅東改札口よりすぐ近くの【ちろり家】。

伏見駅東改札口よりすぐ。雨にも濡れずに辿り着ける「ちろり家」。

椅子があります(笑)【ふつふつや】。

2016年6月にオープンしたばかりの「ふつふつや」。ここには椅子がありますよ(笑)。

お茶漬けは10種類。昆布出汁が効いたお出汁でサラサラとお腹を満たして〆‼

稀少な日本酒も揃っています。
3種類飲み比べ。

地下街初の洋酒立ち飲み【ワイン立呑 oshima】

伏見立呑おお島より徒歩60歩!姉妹店の立呑ワインおお島です。地下街初の洋酒部門。ワインにあうオツマミが揃っています。

女性オーナーお二人で切り盛り【和酒立呑 明後日】。

今のところ一番新しいお店「明後日」。日本酒好きが高じて利酒師の資格を取得される女性オーナーお二人で切り盛りされています。

立ち飲みの割にはオツマミもハイレベルで何といっても愛想が良いです。

ウィスキーがウリ?【チカバル】。

伏見地下街の一番奥に位置するウィスキーとカクテルを中心にしたスタンディングバー「チカバル」。

モーニングにテイクアウトと【ベトナムサンドイッチ専門店アオサンズ】。

7時半~14時までの営業です。夜はおお島。

アッと言う間に「立ち飲み」のメッカになった伏見地下街!駅から直結で雨にも濡れず。移動は楽にハシゴ酒が楽しめます!伏見という街はビジネスだけでなく怪し愉しディープさも混在した大人の街♪

※本記事は、2017/02/01に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ