北九州発祥の角打ち。文化圏の酒屋で愉しむ。

北九州発祥の角打ち。文化圏の酒屋で愉しむ。

角打ち(カクウチ)とは飲み屋ではなく酒屋で立ち飲みすること。鉄と共に栄えた北九州の街には、角打ち出来る酒屋が全国に類を見ないほど出来ました。今でも150店舗ほどの酒屋でその文化を体験出来ます。(写真/魚住酒店カウンター)

キーワード
宴会
おしゃれ
飲み会
名物

更新日:2015/06/07 (2015/05/12作成)

8817view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和時代の心地良い残像。酒屋と時代…

高度経済成長期の最中。
時代を支えた交代勤務の職工さん達が、仕事からの開放されたのは夕刻ではなく、午前中や午後の早い時間でもありました。
家に帰る前に、気持ちのスイッチを切る場所として、その時間に開いている酒屋で酒を買い、軒先で一杯。
それが許される酒販店で、角打ちが始まります。
昭和の時代そのままに。
今も店舗はその頃のままのお店に遭遇すると、当時の残像が残っています。
良き時代は店自体が語り、話好きの店主が語り、常連が語る。
庶民的な日常と情が交わされる店先。酒販店の営業時間でのやり取り。夜まで開いているのは稀。
懐かしい方も、初めての方も、現在の角打ち店をのぞいて見られては如何でしょう。
(写真/北九州市八幡西区 高橋酒店店内)

04d70f2e8aee7cee343b3047a5c40ee6

高橋酒店

高橋酒店 - 外観

北九州市八幡西区の酒屋。
JR折尾駅から300m。
駅並びの堀川沿いに位置する。

創業大正7年創業。
老舗角打ち店の中でも代表格。
一見客が多いことで入り易い。
運営は家族で。
堀川沿いの情緒とともに楽しみたい。

折尾駅周辺の再開発で、10年内の立ち退きを余儀なくされており、店を守りたい客も多い。

北九州では「酒屋の店頭で酒を飲むこと」を「角打ち」と言う。もともと秤り売り用の酒を、升を借りて縁に乗せた塩をアテに、その場で立ち飲みしていたものであろう。

出典:http://kakubunken.jp/untiku/

高橋酒店 - 店内

角打ちには、飲食店のサービスは基本ありません。そのサービスなくして飲むのが角打ちです。酒販店の売価で安価にお酒を飲めるのが魅力。簡単なツマミを買い、量り売りの酒を煽るのです。
あくまで文化。サービス向上を求める場所ではございませんので悪しからず。ワンコインで楽しんでください。

はらぐち酒店

はらぐち酒店 - 酒店入口

北九州市戸畑区の酒屋。
戸畑駅から戸畑駅から327m。
大通りに面し酒屋としての規模も大きい。

酒屋とは入口を別とした角打ち店。
店主の先代(母)が女将として切り盛り。
角打ち歴は10数年ですが、飲食店の許可を取ってあり、料理が美味しくいただけるのが魅力。
角打ち店では中々見られない高級日本酒が飲めるのも嬉しい。

7月11日が「角打ちの日」に決まったとか。
なぜ7月11日なのか…
角打ちという文字がこの数字にすべて含まれるからとか、言ったもん勝ちとかなんとか。
北九州角打ち文化研究会や、こちらのお店の、はらぐち会も関わっておられるようです…

出典:http://koubekaku.exblog.jp/18003777/

はらぐち酒店

カクウチの日のポスター。
「角」
の字にご注目ください。


北九州の酒屋で貼ってありました。
左下に並ぶ会。
地元の会が頭から2つ(^^

赤壁酒店

赤壁酒店 - 外観

北九州市小倉北区の酒屋。
都市モノレール旦過駅から44m。
旦過市場内に位置する。

北九州の台所とも呼ばれる旦過市場にも角打ち店はあります。
現在4代目の女将さんが守る店。
市場には、こちらの酒屋も含め、鮮魚、青果、精肉、惣菜などを扱う店が200店舗以上が軒を連ねます。
アテに小倉名物の、ぬか炊きもあります。

魚住酒店

魚住酒店 - 外観

北九州市門司区の酒屋。
JR門司港駅から徒歩7分。
港町らしい住宅街に位置する老舗。

女将と息子さんが持て成してくれる。
黙って出てくるアテが嬉しい。
旬を感じる季節の料理が常時数種。
自宅と繋がる店がアットホームな感じ。
かつ程よい放置感あり。

住吉酒販

住吉酒販 博多駅店 - 外観

福岡市博多区の酒屋。
博多駅隣接の博多デイトス 1Fに位置。

老舗系の角打ち派は、同じカテゴリーにしたくないほど現代版角打ちは、拘りがありお洒落。
「美味しい九州の酒と食」に特化した店舗で、店内全てが九州産。
角打ち(立ち飲み)コーナーで提供の酒・食・器は、全て販売されているもの。
土産や贈答の購入もおススメなアイテムが揃います。

角打ちに、個人酒屋の明日が見えるかもしれない。

※本記事は、2015/06/07に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ