【会津若松】名物グルメ おすすめ人気店ランキング (ソースカツ丼、馬刺し、わっぱ飯)

出典:或 真宗さん

【会津若松】名物グルメ おすすめ人気店ランキング (ソースカツ丼、馬刺し、わっぱ飯)

歴史的観光地 福島県 会津若松市には、おいしい食べ物もたくさん!中でも、ソースカツ丼、馬刺し、わっぱ飯が有名で人気です。そんな会津グルメの人気店を地元民が紹介します!

記事作成日:2020/07/29

2704view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる779の口コミを参考にまとめました。

会津名物 ソースカツ丼 がおいしいお店3選

3.会津とんかつの店 とん八

3.22

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

創業50年。会津の老舗とんかつ屋さん 『とん八』。会津若松駅や飯盛山から車で5分ほど。

大人気「ソースかつ丼」は、かつにしっかり染みたソースは甘辛でキャベツとごはんがよく進みます。意外とあっさりしていて、重くなく、ぺろりと完食できちゃいます。

会津とんかつの店 とん八 - とん八名物「みそとんかつ」

会津名物ソースカツ丼も食べれますが、とん八の名物は「会津みそとんかつ」。
一年以上、自然熟成させコクと風味を最大限引き出した会津産みそ。それを肉の中に挟み込んで揚げた「会津みそとんかつ」が一番人気だそうです。

会津とんかつの店 とん八 - アツアツとろとろの「チーズとんかつ」

他にも「チーズとんかつ」や「梅とんかつ」、「かつ餃子」といった珍しいものもあります。それが理由か他店と比べて女性やお子さんも多い印象。みんなでシェアして食べるのも楽しいですね。

会津とんかつの店 とん八 - 会津名物 馬刺し

会津名物 馬刺し、にしんの山椒漬け、会津地酒もメニューにあるので、会津の様々な味を堪能したい方にはおススメです。

会津とんかつの店 とん八 公式Twitter

公式ツイッターでは、大林素子さんなどの有名人の方もフォローしている、知る人ぞ知る名店。

2.とん亭

3.56

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

東山温泉から車で5分ほどの近さにさにあるのが、ソースカツ丼専門店「とん亭」です。

イチオシは 会津産の肉、キャベツ、米をつかった「会津こだわり丼」。
脂がのった肉を揚げたかつは分厚く、ボリューミー。コッテリたくさん食べたい男性におすすめです。
長年つぎ足して作られたソースは、かつの油と肉汁でまろやか。

とん亭

会津が舞台であるNHK大河ドラマ「八重の桜」にちなんでつくられた「八重うまっ ソースカツ丼」。このソースカツ丼は、なんと馬肉を使っているんです。
見た目はなかなかのボリュームですが、豚肉にくらべてあっさりと食べられますよ。

城下町らしい、瓦屋根の店構えもオシャレです。ぜひ記念撮影を。

1.お食事処 むらい

3.55

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

会津若松の中心地や、観光スポットから少し離れていますが、それでも多くの人が訪れる 名店「お食事処 むらい」。

むらいのソースカツ丼の特徴はなんといってもその大きさ!分厚く、長いロースカツはごはんの上に大きくそびえ立っています。まさに肉塊。ガッツり食べたい男性にピッタリです。
分厚くても、肉は柔らかく、濃いソースにバッチリあいます。

むらい - 超ジャンボ海老フライ&ヒレかつ丼(ソースかつ丼)

ロース以外にも、ヒレカツやエビフライも食べれます。こちらの大きさも丼からはみ出るほど大きい!サクサクの衣にプリプリの海老は絶品です。

むらい - 外観

バイクでツーリングがてらに来られる方がとても多いです。ライダーの間ではかなり知名度が高いようです。

会津名物 馬刺し(馬肉) がおいしいお店3選

3.馬力本願

3.41

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

レトロな雰囲気を楽しめる七日町通りにある馬肉ラーメンのお店「馬力本願」。
馬刺しはもちろん、様々な馬肉料理を楽しめるお店です。馬肉選びには大変なこだわりがあり、会津ブランド認定馬のみ使用をしています。

馬力本願

メインは会津馬味噌馬力ラーメン。会津でも馬肉を使ったラーメンは大変珍しく、食べられるのはここだけ。
なんとスープは馬骨から出汁をとっています。
馬肉チャーシューは柔らかく、あっさり食べられる味わいです。

馬力本願 - さくらユッケ 600円(これ美味しかったのでお薦め!)

独自のユッケダレをかけ、卵黄で食べる「さくらユッケ」も絶品。

2.桜鍋 吉し多

3.50

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

鶴ヶ城から徒歩10分ほど、会津若松市役所の隣にある桜鍋(馬肉鍋)のお店「吉し多」。


ちなみに会津若松市役所の本庁舎は1937年に建てられたものを補修しながら状態を保存して使い続けています。とてもカッコいい外観なのでぜひ、ご覧ください。

桜鍋 吉し多 - 桜鍋のアップ

馬刺しはもちろんですが、吉し多のメインは「桜鍋(馬肉鍋)」。
一般的に馬肉は火を通すと硬くなるので、加熱しないことが多いです。しかし、ここの馬肉鍋は加熱しても、硬くならず歯切れよく食べることができます。あっさりした肉とスープで箸が進みます。

桜鍋 吉し多 - 桜すし

馬肉を酢飯にのせた桜寿司も絶品ですよ。
とろけるように滑らかな馬肉とごはんの相性は抜群です。

1.さくら鍋 鶴我

3.56

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

馬刺しをはじめ、会津の郷土料理が楽しめる「鶴我」。会津を本店を置き、福島県内だけでなく、東京赤坂にもお店を構える高級店です。しかし、ランチはとてもお得に楽しめます。

さくら鍋 鶴我 - 全種8品盛り

馬肉と一言でいっても部位は様々。鶴我では、そんな馬肉を部位ごとに楽しめます。ぜひ、その違いを確かめてください。

さくら鍋 鶴我

馬刺しだけでなく、田楽、こづゆ、にしん山椒漬け、天ぷら饅頭、干し柿など、会津の郷土料理を堪能できるコースもあります。
会津の地酒も豊富に種類をそろえてあります。

会津名物 わっぱ飯 がおいしいお店3選

3.料理旅館 田事

3.58

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

七日町駅から徒歩7分ほどにある「料理旅館 田事」。
タイムスリップしたように非日常を味わえるような外観です。喧騒から離れて癒されますね。

料理旅館 田事

会津では「わっぱ」のことを「めっぱ」というそです。なので、田事のメインは「めっぱめし」。食材と一緒に炊かれたごはんは、炊き立てで、、もちもち。素材の味と香りがしみ込んで、とっても美味。
セットで、こづゆと、みそ田楽がついてきます。

料理旅館 田事

田事では、春・夏・秋・冬の季節ごとに旬の素材をつかった「めっぱめし」がメニューに並びます。四季すべての味を食べに通いたくなっちゃいます。

料理旅館 田事

「料理旅館」の名の通り、宿泊もできちゃいます!お腹いっぱい食べて、飲んで、すぐに床につけますね。

2.籠太

3.66

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: -

会津の郷土料理が楽しめる居酒屋「籠太」。居酒屋さんなので夜のみの営業です。

籠太自慢のわっぱ飯は、鶏スープをベースにしているそうです。 会津の有機栽培された米と、会津地鶏の照り焼き、そして季節の野菜がのせられて蒸し上げられたわっぱ飯は絶品です。

会津郷土料理も種類が豊富です。こづゆはゴロゴロ具だくさん。
季節に合わせて旬の料理をおすすめしてくれます。

籠太

居酒屋さんですので、お酒の種類も豊富。米どころ会津の日本酒をはじめ、同じく米どころお隣新潟の日本酒も飲むことができます。酒に合う料理がたくさんあるので、マリアージュを楽しめますね。

1.田季野

3.60

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

鶴ヶ城から徒歩15分ほどに店を構え「元祖わっぱ飯」を称する「田季野」。
その店内には、参勤交代の時代にも使われ、戊辰戦争の傷跡を残す大黒柱と太い梁と大きないろりが残っています。

田季野

田季野は地産地消にこだわっています。会津のお米をはじめ、会津の味を堪能できます。
炊き立てのわっぱ飯は、ふたを開けた瞬間、蒸気が沸き上がり、素材とわっぱ(木)の香りが広がります。

田季野

セットで、会津地そばも一緒に楽しめます。長ネギを箸替わりに、そばをすすります。もちろん、薬味としてネギをかじって食べるのも楽しみのひとつ。

※本記事は、2020/07/29に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ