美味しいのはもちろんのこと、フォトジェニックなスパイスカレーのお店(新宿周辺編)

出典: 辣油は飲み物さん

美味しいのはもちろんのこと、フォトジェニックなスパイスカレーのお店(新宿周辺編)

おそらく嫌いな人はいないであろう、日本の国民食と言える「カレーライス」。私も『毎日食べても飽きない』ほど大好きで、最近はスパイスを組み合わせた「スパイスカレー」にハマっています! そんな私が是非オススメしたいフォトジェニックなスパイスカレーのお店を新宿周辺に絞って選びましたので、ご紹介いたします。

キーワード
ランチ
おしゃれ
食べ歩き
新店
駅前・駅近
インスタ映え

更新日:2019/07/16 (2019/07/10作成)

469view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイスカレーの波がやってきています

スパイスをふんだんに使用した独自性溢れる「スパイスカレー」が今、カレー界の中で注目を集めています。発祥地である大阪を飛び出して、東京でも至るところに新店がオープンしています。

SPICY CURRY 魯珈

Clear

メディアでもひっぱりだこの『カレーの女神様』こと「齋藤 絵理」さんが「鬍鬚張魯肉飯」、「エリックサウス」でカレー作りから店の運営など色々と勉強、修業されたのち、2016年12月にオープンされたお店です。

【食べログカレー 3.95 2019年7月現在】

写真は魯肉飯とカレーの両方が楽しめる看板メニューである「ろかプレート」です。
魯肉飯とチキンカレーを混ぜて食べると甘辛さとカレーのスパイシーがお互いに混ざり合い通常のカレーでは味わえない未体験の味を楽しむことができます。

食べログ「カレー」全国4位、東京2位で【食べログ カレーTOKYO 百名店 2019】を受賞

お店の最寄駅はJR中央線「大久保駅」で南口から徒歩2分、JR山手線「新大久保駅」から徒歩7分。
もしくは少し歩きますが、JR各線「新宿駅」の西口から徒歩12分の北新宿百人町交差点の近くとなっています。

これ以外にも限定カレーがあり、そちらは黒板にかかれているので、要チェックです。

キュマン

Clear

スパイスの「クミン」のフランス語の発音が店名の由来というお店の店主「コーサカ・トモ」さんは幼いころから、カレーが大好きだったそう。、

現在はこちらのお店以外に代々木駅と北参道駅の中間ほどに位置する「Salut(サリュー)」を、2018年7月にオープンされています。

お店は月2日ほどの不定期営業となっているので、来店の際は必ず、インスタやフェイスブックなどSNSをご覧になってから伺ってください!

【食べログカレー 3.35 2019年月現在】

写真は「キュマンプレート(バターチキン×キーマ)」です。
二種類のカレーを混ぜ合わせると、バターのまろやかさとキーマのスパイシーさがお互いに相乗して美味しさが増しますよ!

お店は小田急小田原線「参宮橋駅」から狙って、10分弱歩いた、閑静な住宅街の中にあります。

また、看板が見ての通り、かなり小さいので目を凝らして見つけないといけないですよ!

ランチタイムのメニューはこちらで、プレートランチ形式となっています。

半月

Clear

こちらは近隣の「オイスターバー桔梗」や「つけ麺 桔梗」の姉妹店で、以前は「桔梗はなれ」という名前で営業していた創作スパイスカレーのお店です。

【食べログカレー 3.55 2019年7月現在】

写真は「2種盛りカレー(チキン×ほうれん草とダルのキーマ)」です。
ほうれん草やレンズ豆のまろやかな野菜の旨みが主体のキーマと、チキンカレーの方がスパイシーさのコンビネーションが最高でした!

お店はJR各線、小田急小田原線、京王線「新宿駅」西口から職安通りのガードを歌舞伎町側から小滝橋通り側にくぐった先の路地を入ったところにあります。

伺った日のメニューです。
Aの「チキンカレー」はレギュラーメニューで、Bが限定カレーで「キーマ(ほうれん草とダル)」でした。

限定カレーはインスタグラムで知ることができます。(割とすぐに切り替わるので、食べたいものがあれば、すぐに伺うのがオススメですよ)

パリーカリー

Clear

「ロクネコ」というバーの店舗を間借りして月曜〜木曜日と土曜日の12:00から15:00のお昼のみ営業されています。

【食べログカレー 3.06 2019年7月現在】

写真は「肉式ランチプレート(チキン×羊肉キーマ)」です。
ラムとマトンのあらびき肉を使った羊肉はホロリとした食感であって羊の独特の味わいが感じられ、無水で炒めてることからお肉にカレーのスパイスの旨さがよく染み込んでいました。

小田急小田原線「梅ヶ丘駅」の南口を出て、すぐの梅ヶ丘駅前ビルの地下一階にお店があります。

店内はカウンター席が数席とテーブル席が2席ぐらいで、バーらしい暗めの落ち着いた雰囲気です。

定番メニューはこちらで、さらに限定カレーもあります。
スパイスと野菜たっぷり、濃厚鶏ポタージュスープの小麦粉不使用のチキンカレーがメインとなっています。

限定カレーはインスタを見てくださいね!

カリ~ アンド スパイスバル カリ~ビト

Clear

店主である「安川」さんは元々、サラリーマンで500以上のカレーを食べ歩き、その中で【東京カリ〜番長】に強い影響を受けカレーにのめり込み『独学』でスパイスノウハウを習得されました。
その後、竹ノ塚での間借り営業を経て実店舗オープンに向けて準備を進め、2015年9月11日にこちらのお店をオープン。

【食べログカレー 3.79 2019年7月現在】

写真はメニューである「「GW限定3種カリ~」です。(GW限定なので、こちらは現在食べれません)
サフランライスを中央に手前には「香ばしチキンカリ~」、奥の左手のカップには「海老香るベジタブルココナッツカリ~」、右手のカップには「チリペッパーマトンカリ~(辛口)」、ライスの上にはサラダそして、「ビアローストポーク(ベジョータ)」がトッピングされていて、見た目も美しくフォトジェニックですね。

どの素材も良さが活かされて、別々で食べても良し、混ぜても良しといろいろな食べ方でいただける大満足のカレーでした。

食べログ「カレー」全国43位で【食べログ カレーTOKYO 百名店 2019】を受賞

お店はJR総武線「飯田橋駅」の東口を出て、徒歩約5分の「ホテルメトロポリタンエドモンド」の近くで、昼はカレーのみの提供で、夜はカレーとスパイス料理が楽しめるスパイスバルという営業スタイルです。

店内は9席のカウンター席のみで、バーらしいオシャレな雰囲気で、厨房の様子がどこからでも見えるのもイイです。

定番メニューが大通りからお店へと向かう道に立てかけられているので、これを目印にするのがよいと思います。

スパイスカレー屋さんを新宿周辺に絞って、いくつかご紹介しましたが、いかがでしたか?それぞれにお店のこだわりや特徴があって、どれも魅力的でしたね!お気に入りの一軒を見つけて、ぜひ美味しいカレーを堪能してくださいね。

※本記事は、2019/07/16に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ