違いの分かる蝙蝠男の寿司屋講座

違いの分かる蝙蝠男の寿司屋講座

TGS(立ち食いそば)レビュアーとして有名な蝙蝠男さん 能ある鷹は爪を隠すで実はとってもグルメ。 そんな蝙蝠男さんのお寿司レビューを一気に公開!

キーワード
ランチ

更新日:2017/09/23 (2017/09/22作成)

1197view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる529の口コミを参考にまとめました。

逸喜優

3.69

夜の金額: ¥15,000~¥19,999

昼の金額: -

通りがかりにちらっと覗くと、高級そうな雰囲気だった。

大将1人と給仕の男性1人で7~8人座れるカウンターのみ。いかにも高級そうな雰囲気をかもしだしていて、凛とした空気が張り詰めてました。

にぎりを頼むと、カウンターにはガラスケースなどなく、タネは後ろの冷蔵庫の木箱から出てきました。

にぎり1人前¥2000とビール1本、燗酒1合で計4600円でした。

ひさびさにちゃんとした鮨食べられて美味しかったです。

菊寿し

3.54

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

日本海にあがる新鮮な高級タネを本当にリーズナブルな価格で食べさせてくれます。

ご主人も気さくに寿司ダネの説明をしてくれて、やりとりの中で緊張感は感じさせず、初めての訪問でもリラックスできます。

ただ、店内入ってすぐの勘定場の照明が暗く、陰気に感じました。

銀寿司

3.06

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

コースで金額を伝えてお任せで予約するのが一番いいみたいです。

まずは春の訪れ「しろうおの踊り喰い」ピチピチと良い食感です。
続いて、富山の生ほたる烏賊をさっと湯掻いたもの。ほんのり暖かく良い感じ。
その次は刺身盛り合わせ。馬刺し、たてがみ、馬のタン、和歌山の生本マグロ、蝦夷ばふんうに、烏賊、つぶ貝、こはだ、たこ、赤貝等々食べきれないほど出されます。
シェル牡蠣は生か焼きか選択できます。
箸休めのお漬物もちゃんと鰹節その場で削ってかけてくれます。

北海道のオスししゃもも焼き立てで供されます。

活け車海老も生は焼くか聞いてくれます。生って答えたら給仕の方が殻をむいてくれますので
手も汚れません。

活ずわい蟹は3人で1.5ハイ。その場で茹で上げて殻むいてくれます。

最後に握り鮨とデザート。「うこんの力」で締めくくり。
これで松竹梅の竹価格で諭吉さんでお釣りがくるのは信じられない。

とっても充実の3時間でした。

寿司割烹・難波

3.52

夜の金額: ¥15,000~¥19,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

ご主人いわく関西・関東の両方で修行経験ありとのこと。
出身は広島(岡山だっけ?)で、奥さんと結婚されてこの地で開店されたそうです。
地元の新鮮なタネをきれいに握って出されます。
富山の水は美味しいので有名ですが(北アルプス扇状地)その地で育った米、取れたさかな、醸したお酒の取り合わせは絶妙です。
海水浴で採ったサザエをその場で壷焼きにして潮風に吹かれて食べたら最高ですが、それを持って帰って家で食べれば生臭く感じるけど、それと同じで
富山の酒(立山、銀盤)は甘いけども、地元の米を湧水で炊いたシャリで作った
主人の握る地元魚の寿司と合わせれば最高だった。

鮨長おおさわ

3.59

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

休日の楽しみな嫁さん歩。
今日は溝の口の散策・・・

ランチは高津駅から徒歩5分の「鮨長おおさわ」

モダンな造りのきれいな店内。

にぎり手はあの大沢親分さんのご子息。
銀座久兵衛で修行なさったそうです。

ちょうどカウンターの真ん中で、大沢さんが目の前と言うラッキーなポジション。

平目、鮪赤身、鯵、中とろ、烏賊(3000円コース)、海老(2000円コース)、
甘エビ(3000円コース)、雲丹、ホタテ(2000円コース)、アワビ(3000円コース)、
鰯、浅蜊味噌汁、穴子(3000円コース)、鉄火とカッパ(3000円コース)、
かんぴょう巻きとカッパ(2000円コース)、バナナのデザート、

酢飯はほんのり暖かく、酸っぱさより塩味が少しだけ勝ってます。
タネもにぎりも申し分ないし、なによりランチにぎりが@1000円から
あるってのが信じられません!

気づいたことを2番手に注意するときも、
カウンターの奥の厨房まで行って我々の目につかないように叱ってました。

ちょうど1時間、まったり美味しい時間をふたりで過ごせてこの価格!
御馳走様でした!

まんてん鮨 日本橋

3.71

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

全く気を使う必要がない気さくなお店、
常連さんとの差別化もありません。

頭を丸刈りにした職人さんがにぎってくれます。酢飯は赤酢を使用してます。
技術の稚拙如何もありますが、この価格でこの内容なら文句ないです。

なんも緊張しない寿司、しかも素材がいいから旨いです。

菊寿し

3.54

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥3,000~¥3,999

こんな山の中で新鮮なタネの寿司が・・
日本海(新潟)であがる新鮮な高級タネを本当にリーズナブルな価格で食べさせてくれます。ご主人も気さくに寿司ダネの説明をしてくれて、やりとりの中で緊張感は感じさせず、初めての訪問でもリラックスできます。
ただ、店内入ってすぐの勘定場の照明が暗く、陰気に感じました。

鮨まさ

3.22

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

皆さん新入りに気を使っていただき、シャイで内気なこうもりもすぐに打ち解けられて、
ひとり呑みがこんなに楽しいとは!

甚六鮨

3.37

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

鮨ではないけどこの品質で良心的な価格の安心寿司

きれいな店内、奥には座敷もあります。
年配の大将と奥さん、愛想のいい息子さんとで
やってられる家族経営のお店です。

まずは刺身盛り合わせ、新鮮で食べ応えあります。
アラ煮を頼んだら、鯛の兜煮が来ました。
味付けは完全に関西風、甘さ控えめ、色合いは薄口醤油の色です。

特別にぎり@2000円、一口で食べられないくらいの切り身の大トロが
入ってます。

箱鮨 澤藤

3.36

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

鯖街道の終点は篠山だった?
そうなんですよね。
鯖の時期は最高の箱寿司
食べられますよね。
兄が京都から「いづう」の鯖寿司を持って帰ってくれましたが、こっちの方が比べもんにならないほど、繊細で美味しい!
基本的に持ちかえり不可。
騒がしい子供の入店も不可。

寿司割烹・難波

3.52

夜の金額: ¥15,000~¥19,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

ご主人いわく関西・関東の両方で修行経験ありとのこと。
出身は広島(岡山だっけ?)で、奥さんと結婚されてこの地で開店されたそうです。
地元の新鮮なタネをきれいに握って出されます。
富山の水は美味しいので有名ですが(北アルプス扇状地)その地で育った米、取れたさかな、醸したお酒の取り合わせは絶妙です。
海水浴で採ったサザエをその場で壷焼きにして潮風に吹かれて食べたら最高ですが、それを持って帰って家で食べれば生臭く感じるけど、それと同じで
富山の酒(立山、銀盤)は甘いけども、地元の米を湧水で炊いたシャリで作った
主人の握る地元魚の寿司と合わせれば最高だった。

みき寿司

3.03

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

田舎は過疎化がすすみ、人口減に見舞われています。
昔あった料理店、割烹店、寿司屋さんが跡取りを都会に出してしまい
1店1店と店をたたんでいく中、この「みき寿司」は跡取りの婿養子さんを
むかえ頑張っている数少ない貴重なお寿司屋さん。

夜はネットに接続なんてしない年齢のおじさんたちでにぎわっています。
お昼は@1000円くらいからにぎりのランチを提供してます。

寿し満

3.11

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

威勢のいい大将のにぎりは意外と繊細
とにかく気風の良い大将が仕切る店。
寿司自体には江戸前仕事はされてないが、新鮮なタネを豪快に握ってくれます。
価格も思ったほどに高くは無く、昼のランチのにぎりはホントにこのタネで
こんなに安くていいの?って思うほどお得です。

ひょうたん寿司

3.13

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: -

気前のいいマスターの魅力に惹かれて

大将(マスターって呼んでます)の気風の良さはぴか一。
新鮮なタネ、そう言えば他の寿司屋さんでまだ珍しかった生のとり貝のにぎり初めて食べたのはこの店だったと思う。
生寿司食べるなら、安くて新鮮なこの店はお勧めです。
禁煙ではないのが、残念です。

冬になったら、鍋もしてもらえます。
一度、てっちりの後に、ずわい蟹入れてカニすきにして
そのあと食べた雑炊が最高でした(笑)
そんな訳のわからん料理も平気でやってくれる大将です。

すし 森山

3.50

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: -

奥様は別嬪?(古!)

高松のワシントンホテルがある交差点から
アーケード沿いに駅に向かって歩いて
右側にこぎれいなお店があります。
「すし 森山」まだ若いはにかんだような笑顔が素敵なご主人と
奥様の二人が店に出て、奥の洗い場にはお母さんでしょうか
人の気配がしています。

ご主人の人柄がにじみ出るような誠実なお寿司と清潔な店内。
地物の魚と貝類。新鮮です。お酒は地元の金稜の他、美味しいのがあります。
価格は安くはないけど、一人で行っても地元のサラリーマンに囲まれても
ほっと落ち着ける雰囲気があります。

※本記事は、2017/09/23に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ