両国で日本文化を満喫できるランチ10選

両国で日本文化を満喫できるランチ10選

ちゃんこ!とんかつ!蕎麦!うなぎ!あぁ、なんて素敵な日本食!! 両国国技館に江戸東京博物館、大名庭園と日本情緒あふれる観光スポットが集まる両国で、日本文化を堪能できる絶品ランチを集めました。

キーワード
ランチ
食べログまとめ編集部

記事作成日:2017/03/10

379view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸蕎麦ほそ川

蕎麦好きが遠方からも訪れるという、両国でランチをする時には欠かせない有名店です。

産地の異なる2種の手打ち蕎麦がメイン。せいろのお代わりを注文すると、もうひとつの産地の蕎麦を出してくれるという嬉しい心遣いにも、蕎麦愛を感じます。

せいろや天ぷらだけでなく、かけそばがおいしいという口コミが多いのもこのお店の特徴です。

冷かけそば 1,180円

前回、ちら見した冷掛けそば1,180円が忘れられず、すぐに再訪しました。あいかわらずの行列で、待っている間にも期待は高まる一方です。結果、梅干しのさわやかさと掛けそばののど越しはせいろ以上の出来栄えでお店を代表する逸品と言えるでしょう。繰り返しの感想になりますが、純粋に蕎麦そのものの味わいで比肩できる店は都内ではおそらく中野坂上や東村山などの数軒しかないかと思われます。はっきりいって病み付きになりました。両国にいる間に何度も訪れたい気持ちです。

出典: thisiisthegameさんの口コミ

出典: 驢馬人さん

あなご天せいろ 2,550円
ちょっと贅沢なランチを楽しみたいときにおすすめです。

上に反ったザルに盛られた蕎麦は十割。硬めの茹で具合で喉越しが良い。蕎麦つゆは辛めで旨みがあり好み。薬味は刻み葱とワサビ。天ぷらは大きな穴子。ふっくらしてカリッと美味しい。それに福耳唐辛子、茄子、舞茸。どれも驚くほどジューシー。塩と天つゆどちらでもいただけます。蕎麦湯は濃厚タイプで好み。十割蕎麦のお店はこれがうれしい。

出典: 驢馬人さんの口コミ

天ぷらは衣の厚いしっとりとした上品な揚げ具合。野菜は素材の旨味がしっかりと引き出されています。穴子はふんわりしていて超淡白。他でもありそうと思わせつつ、いや実際にこの味わいは他では食べられないのではないかと思わせられます。はっきりとした特徴があるわけではないですが、個性を感じる穴子天でした。

出典: ジオモルさんの口コミ

出典: ジオモルさん

お店は両国駅から徒歩6分ほど。店内の和テイストも、見所の一つです。海外からのお客様をお連れするにもぴったりのお店です。

江戸蕎麦ほそ川 (両国/そば、天ぷら)

3.64

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

住所:東京都 墨田区 亀沢 1-6-5

TEL:03-3626-1125

桔梗家

創業80年を迎えた両国の老舗どじょう・うなぎ料理店。

ランチはうなぎ丼(1,300円)や柳川丼(1,200円)など。お店はJR両国駅から徒歩5分ほどのところにあります。

ランチタイムの定食
柳川丼(丸) 1,100円

■柳川丼(丸)
玉子の白身と見間違いそうだが、ドジョウに薄い膜がはっている。これが良い。つるりとした食感の正体である。テーブルには、山椒、七味があるので、お好みで。

出典: マル*サトシさんの口コミ

抜きの柳川丼と、わかめのおみそ汁、大根の浅漬け、ひじき。柳川は開いた大きめのどじょうが5匹とたっぷりささがきごぼう。甘さ控えめのあたりで、結構好みです。

出典: jonahさんの口コミ

柳川丼。井戸水で活けられた泥鰌を使った贅沢な一盛り。一般的には骨抜きのほうが食べやすいが、私は「丸」と呼ばれる骨が残った状態のほうが好み。当然、この店もどちらかを選ぶことができる。軟らかく煮てあるので、骨ごとでも食べやすく、ホクホクとして程よい噛み応え。苦味もほとんど感じられなかった。ご飯と卵との絡み具合が良きここちで満足。さすがに老舗、丁寧な仕事をする店だと思う。

出典: 哲坊さんの口コミ

ランチタイムのうなぎ丼 1,300円。

蒲焼きは、わりとしっかり味がつけられた蒲焼だった。お昼のこのメニューは、お得だと思う。

出典: Légumeさんの口コミ

出典: 岸 朝男さん

店頭には活きの良いどじょうが。初めて見たお子様にも喜ばれそうです。

桔梗家 (両国/どじょう、うなぎ)

3.56

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

住所:東京都 墨田区 両国 1-13-15

TEL:03-3631-1091

ちゃんこ巴潟

ちゃんこ巴潟

出典: kazu092344さん

両国と言えばちゃんこ鍋!ここからちゃんこ鍋をランチから楽しめるお店を3店連続でご紹介します!

1軒目は、ランチからちゃんこ鍋をお手頃価格で楽しめる「ちゃんこ巴潟」です。おひとり様でも入りやすい雰囲気なので、ふらっとランチに立ち寄ってみてはいかがでしょう。お店はJR両国駅から徒歩3分ほどのところにあります。

出典: hatti886さん

ランチタイムの盛りだくさんな定食メニュー、「ちゃんこ昼定食 (小結) 1,940円」。

定食には、ちゃんこ、マグロの刺身、コロッケ、切干大根、ほうれん草のおひたし、お新香、ご飯、シャーベットが付いており。かなりのボリューム。メインのちゃんこは、しょうゆ味のスープ。鶏のつみれと白菜など野菜がたっぷり入ってます。スープは出汁の旨みがよく効いており、醤油味がそれほど濃くなくても野菜や団子を美味しく食べれます。つみれは生姜が少し効いており、いいバランスです。ちゃんこは初めてですが、塩分控えめで、優しい味付けでした。

出典: アビー1998さんの口コミ

小結セットの内容は、ちゃんこの他に、コロッケ、お浸し、切干大根、お漬物…これだけ揃えば、取り敢えずビールをお代わりですね(^-^)/ 熱々のちゃんこを小皿に移して、まずはスープをずずいと…おっふ~!コリャいけますね♪良いお出汁が出ています(^-^)/あっさりとした感じではありますが、ほのかに甘みをたたえ、豚、鳥、そして魚介を、そこはかとなく感じます♪具材は豚バラがメインとなり、白菜、春菊、コンニャク、おあげさん…と、バランスもグッドですね~(≧∇≦)

出典: ミトミえもんさんの口コミ

こちらはランチタイムのお手頃定食メニュー「ちゃんこ昼定食(十両)860円」。

みそ味の鍋の中には豚バラがたっぷり、豆腐・あぶらげのほかには水菜・ごぼう・青ネギ・えのき、そして白菜がたっぷり。具だくさんです、うん、ちゃんこ鍋はこうでないと。スープ、いいですね、味が深い。豚バラさんとみその相性が悪いわけない。野菜もほどよい火の通り。あぶらげ、これはちゃんこに外せないと思うんだ…うん、うまい!当初の心配はどこへやら、額に汗しながら夢中でガツガツ、ハフハフ。しっかり完食、ごっつぁんでした。でも、1皿少ない十両でも十分ですよ、この量なら。

出典: たかぞう☆さんの口コミ

入り口には、お相撲さんグッズがたくさん。人気の湯のみやとっくり、お菓子も。ランチ後の太っ腹気分でついつい買い込んでしまいそうですね。

ちゃんこ巴潟 (両国/ちゃんこ鍋、懐石・会席料理)

3.58

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

住所:東京都 墨田区 両国 2-17-6

TEL:03-3632-5600

相撲茶屋 寺尾

相撲茶屋 寺尾

出典: taityo2009さん

両国のちゃんこ屋2軒目は、JR両国駅から徒歩3分、元大相撲力士の寺尾3兄弟のご長男が営むちゃんこ屋です。

ランチタイム限定のサービスちゃんこは1,200円~なので、気軽にランチにちゃんこ鍋を食べられます!

出典: eattooさん

ランチタイム限定のサービスちゃんこ Aセット 1,200円
鍋の味付けは醤油、味噌、塩、カレーから選択できます。

ちゃんこは、けっこう大きな鍋で提供されます。なんか本格的な鍋だなー。具は鶏肉、つみれがメインに、白菜、人参、椎茸、えのき、ニラ。グツグツと煮え、白菜がシンナリしてきたら頂きましょう。これがちゃんこなのかどうかは判りませんが、やや甘めの醤油スープは、なかなか美味しい。鶏肉と野菜は、結構なボリュームでしたが、サッと頂いてしまいました。締めの雑炊も、やはり醤油スープが美味いので、旨かったです。

出典: eattooさんの口コミ

出典: SG Yummyさん

ちゃんこ鍋 醤油味

ランチセットがコスパが高いのでちゃんこを食べたいならこのランチがおススメです。ちゃんこはスープの味(しょうゆ、塩、味噌、カレー)を選んでから、締めに雑炊、中華麺、うどんの中から好きなモノを選ぶことができます。スープはグループで同じ味しか選べませんが締めはそれぞれ選べます。大きな鍋に鶏肉、ニンニクがしっかりときいた鶏団子がみっちり入り、キャベツ、白菜、えのき、人参、油揚げ、椎茸、韮が入っています。

出典: SG Yummyさんの口コミ

ちゃんこ鍋の味を塩、醤油、味噌、カレーから選べます。塩にしました。あっさりしていて食べやすく美味しいです。くどくないので旨みの出たスープもおいしかったです。麺は、うどんor中華麺or雑炊から選べます。塩ちゃんこには中華麺が合うとのことでしたのでそれに。本当にその通りで、凄く合いました。

出典: n0099napさんの口コミ

出典: やぱ~んさん

店内にはもちろん寺尾席の写真が。この前で写真を撮る方も多いようです。

相撲茶屋 寺尾 (両国/居酒屋、ちゃんこ鍋)

3.37

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

住所:東京都 墨田区 両国 2-16-5 アズマビル 1F

TEL:03-5600-1466

安美 両国総本店

両国のちゃんこ屋3軒目は、JR両国駅から徒歩1分というアクセスの良い「安美 両国総本店」。

平日は1,000円以下でランチちゃんこができるコスパの良さが魅力!野菜がたくさん食べられるちゃんこはヘルシーで女性にも人気です。日替わりちゃんこも人気を集めているようです。

入り口にはお相撲さんの手形がど~~~ん!
この他にも、店内の至るところに相撲グッズが飾られています。

両国駅東口を出てすぐそばにあるこちらのお店はなんとランチ1,000円以下でちゃんこ鍋が楽しめます!ちゃんこ鍋は高い!と前から彼氏が言っていたので安いちゃんこ鍋はないかと食べログで調べまくって見つけたのがこちらのお店。多分、両国でランチに1番安くちゃんこ鍋が食べれる店ではないでしょうか?

出典: まりあてぃーたいむさんの口コミ

出典: mtmhysさん

ランチタイムには「定番ちゃんこ定食 」5種類がなんと880円!

・海鮮ちゃんこ
・肉ちゃんこ
・二色つみれちゃんこ
・三色つみれちゃんこ
・本日の日替りちゃんこ

写真は二色つみれちゃんこ。

今回は、二色つくねちゃんこ鍋の塩をチョイス。提供されたのはこれ。一人前サイズの鍋とは言え、なかなかのボリューム。スープはやや濃いめの味付け。つくね(鳥×3、いわし×3)は6個入りでキャベツ、もやし、ニラ、豆腐に椎茸にえのきが入っている。

出典: luminoさんの口コミ

そしてメインの3色つみれ。これは旨かったですね~ (^w^)大きめサイズで、イワシつみれ3個、鶏つみれ3個、海老つみれ2個が乗ってます。イワシつみれは既製品っぽくない、混ぜモノの少なそうなちゃんとしたつみれ。鶏つみれも肉々しくてジューシー。軟骨みたいのが混ざってて、コリッという食感も良いですね。そして1番旨かったのが海老つみれ。市販品の海老団子って、海老より魚肉の比率が多いでしょ?でもこの店のは海老率がすごく高くて、海老のプリっとした食感と味。

出典: 踊る埴輪さんの口コミ

ちゃんこ鍋には鮭や鱈、ホタテ、もやし、豆腐、白菜、ゴボウ、椎茸、長ネギなどの具材がたっぷり入っています。味付けは濃すぎず優しい感じです。塩と味噌どちらも汁を飲みましたが塩の方が美味しいです♪野菜の量が多いのでヘルシーで健康的にお腹いっぱいになれます(*^^*)

出典: まりあてぃーたいむさんの口コミ

安美 (両国/ちゃんこ鍋、郷土料理(その他)、居酒屋)

3.52

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ~¥999

住所:東京都 墨田区 両国 3-26-6 伸和ビル2F

TEL:03-5669-1570

ステーキしま

ステーキしま

出典: tabelog.com

両国駅から300m弱のステーキ・鉄板焼きやさん。カウンター席では目の前の鉄板でステーキを焼いてもらえます。
ランチはステーキランチ 140g(1,482円)/ 200g(1,991円)、ステーキ重(1,482円)などがあり、がっつりお肉を食べたいときにおすすめです。
贅沢ランチの時には国産牛ランチ(4,500円~)をどうぞ!

ステーキ重(1,482円)。
※サラダ、お新香、味噌汁、コーヒー付

very good…(^o^)
脂身が少なく、柔らかい肉質で、とても 食べやすい。タレはバターが効いて、軽い甘口で、マイルドな口当たり。とても美味しくいただけた。

出典: マサレオ suZukiさんの口コミ

出典: 無芸小食さん

・ランチメニューA
ステーキランチ 140g (1,600円)

そして、30年のキャリアを持つシェフが目の前の鉄板で野菜とステーキを仕上げていきます。仕上げに「ニンニク大丈夫ですか?」と聞かれて「はい」というと、お皿にニンニクスライスを乗せてくれます。出来上がったステーキは、食べやすいサイズにカットされ、カウンター越しに提供されます。タイミングを見計らって、ご飯、みそ汁、漬物がでてきます。ステーキは味付けが絶妙で、しかも柔らかい♪二色のタレがまた美味しいんです。

出典: 無芸小食さんの口コミ

出典: 無芸小食さん

ランチのステーキについてくる2色のタレが美味しいと評判です!ごはんおかわり自由なのもうれしいですね。

すでに、塩、胡椒、バターの味付けがされているお肉につけタレもご用意されています。左側はしょうゆ、しょうが、りんごの入ったフルーツタレ。右はゴマ、ピーナツ、マスタードのはいったタレ。あっという間にテーブルの上がいっぱいになりました。おいしいお肉を銘柄にこだわらず吟味して選んでいらっしゃるそうです。ランチのお肉はオーストラリアビーフでした。ランチからステーキをいただけて、しあわせ~。お米も国産にこだわっているとか。ご飯はお代わり自由です。

出典: なこちゃんさんの口コミ

・ランチメニュー B
ステーキランチ 200g(2,150円)

ジョッキもほぼ空になったところでライスとしじみの味噌汁、そしてカットされ盛られたお肉が運ばれてきました。見た目にもおいしそうです。ソースは2種類あってさっそくお箸でいただきます。一口サイズのステーキはちょうどいい大きさで、口の中で肉が広がります。柔らかくパクパク食べられちゃうお肉です。ご飯も含め食べ終わればお腹いっぱいに。味噌汁も優しく満足なランチとなりました。

出典: ギョーザマンさんの口コミ

こちらはランチのセットのお漬物。日本ならではのステーキランチを楽しめるお店です。

ステーキしま (両国/ステーキ、鉄板焼き、洋食・欧風料理(その他))

3.37

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

住所:東京都 墨田区 両国 2-11-9 三共ビル 2F

TEL:03-5638-4129

はせ川

「最高」「極上」「恐るべし」と絶賛の口コミが集まっているとんかつ屋さん。

栃木県産「平牧バーク三元豚」を使用し、ランチは1,000円~。極上ロースカツ(2,800円)や、はせ川とんかつ(2,300円)も人気です。お店はJR両国駅から徒歩2分ほどのところにあります。

極上ロース 2,800円

ちょっと贅沢なランチを楽しみたいときにおすすめです!

極上ロースはリブロースを使っており、脂身の量が他の部位に比べて多いのですが、極厚にカットされたその脂の甘みは格別です。なんでこんなに甘いのでしょうか・・・・脇に添えられた山葵、辛し、そして塩、おろしポン酢でいただくと脂の甘みが引き立ち、格別美味い。脂だけではなくその肉自体の味わいもさすが三元豚です。うっすらとピンク色の残る肉は噛んだ瞬間の香りもその後の味も何ともいえない味わいです。とんかつの有名店は他にもあります。それぞれいろんな味わいがありますがここまで脂のうまみを堪能できるのはすごいです。

出典: うどんが主食さんの口コミ

出典: Yukino Naraさん

はせ川とんかつ 2,300円

にんにく、しそ、チーズがサンドされた、香りの良いとんかつです。

ここのカツは、とんかつソースではなく、わさびで食べるのがオススメ これがね~すごく合います。わさびって脂と相性抜群なんですね。悶絶ものの美味しさです。過去最高に美味しいとんかつかもっ!

出典: Yukino Naraさんの口コミ

まずはソースでカツをいただきます。お肉当然ながらやわらかいです。端に脂身がありますが、これが全然脂っぽくなく、胃にもたれる感じもしません。そしてもう一口食べると、にんにくの味わいとそこにしそ、チーズと次々に異なりながら主張の強い味わいが。確かに、チェーン店で食べる物との違いがわかります。次の一切れはおろしポン酢でいただきます。うん、これはさっぱりといただけます。パン粉の脂身も含めて、ソースで味わうのとは違った味わいです。

出典: antora0101さんの口コミ

盛り合わせヒレカツ (コロッケ・イカ) 1,000円

ランチタイムの定番人気メニューです。

コロッケ以外全て一口大にカットされています。お味噌汁は赤だしのなめこ。とんかつ屋さんはしじみのお店が多いですが、なめこもいいですね!ひれかつは、よくある一口ひれかつサイズでしたが厚さ三センチくらいで、食べごたえ十分。イカフライもやわらかい!コロッケはしっかりと味の付いたポテトコロッケで、これもいい!やっぱりご飯にはクリームよりポテトでしょ!ご飯は少し固めの炊き方でした。それにしても、これで1000円って、安いです。

出典: 逗子からこんにちはさんの口コミ

出典: 焼肉姉妹さん

もちろん「かつ重」や「かつカレー」に「カツサンド」、他にしょうが焼き定食も。日本の人気肉メニューが勢揃いです。

はせ川 (両国/とんかつ)

3.72

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

住所:東京都 墨田区 両国 3-24-1 両国尾崎ビル 103

TEL:03-5625-2929

いちかつ

続いては両国駅から徒歩1分という便利な場所にある「いちかつ」。

ランチはロースカツ定食(690円)、ミックス定食(800円)などのびっくり価格で提供。味は美味しいとコスパの良さに高評価が集まっています。

ランチタイムのミックス定食(800円)
串かつ + アジフライ + イカフライ

ミックスフライの内容は、串かつ + アジフライ + イカフライ。写真の左側2つがアジフライ。イカフライは串かつの下に隠れている。鯵の旬ではないと思うが、アジフライがなかなか良い。イカフライのイカも柔らかくて良い感じ。串かつは予想より大きく、中の玉葱の存在感が強い。ただ、肉は柔らかくて美味い。

出典: 必殺いっぱちさんの口コミ

ロースかつ定食 690円
カツのサイズは160gとボリューム満点!

ロースかつはオーダーを受けてから目の前のカウンターで豚ロースに粉をまぶし、卵黄をつけ、パン粉をつけて揚げていきます。ロースかつが上がると網に上げて十分な時間をかけて油きりをします。白いお皿に千切りキャベツをのせ6辺に切ったロースかつ160gをのせからしを添えて提供されます。ソースは卓上に用意されています。今回のロースかつは断面から脂が滴り落ちる程ジューシで柔らかく美味しいです。

出典: コネリーさんの口コミ

サクッとした食感の衣に包まれたロース肉は厚切りながら、噛み切れる丁度いい具合の硬さ(=柔らかさ)で、肉の端にちょこっと付いた脂身も甘く、690円の定食のトンカツとは思えないほどの美味しさ・ボリュームに、とってもびっくらこん!

出典: 自転車乗りのやっちゃんさんの口コミ

ロースかつ定食690円也!都内で信じられない、チェーン店でも舌を巻くとんかつ価格です。

出典: parkparkさんの口コミ

出典: 蝶々さん

店内はカウンターのみ。ランチタイムは特に混雑必須のようです。相撲関係者もいるという活気ある両国の人気店。両国の雰囲気を満喫できそうです。

【はせ川と比肩する両国のとんかつ二大人気店】
丁度大相撲初場所が開催中で「紀文」のはかまを履いた土俵の呼び出しくんたちも食べていて、両国感がビシバシ感じますね。店を出るころには店内は立って待つ客もいて、こりゃ12時台とかどうなっちゃうんでしょう、という勢いのあるお店でした。

出典: JW-JMAPさんの口コミ

いちかつ (両国/とんかつ、串揚げ・串かつ)

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:東京都 墨田区 横網 1-3-4

TEL:03-5625-4615

まる玉 両国本店

まる玉 両国本店

出典: Kohpmさん

続いてご紹介するのはJR両国駅から徒歩4分ほどのところにある「まる玉 両国本店」。
メニューはラーメンの新境地をめざしたという濃厚鶏白湯ラーメン1本に絞り、トッピングでバリエーションをつけるというスタイル。トッピングはスープの味わいを引き立てる「あおさ」が人気を集めているようです。

出典: 無芸小食さん

まる玉らーめん 680円

濃厚な鶏白湯スープに、細ちぢれ麺。青ネギ、あおさ、ロールチャーシューがトッピングされてます。パツパツの麺と鶏白湯スープとの絡みが絶妙。伊勢湾産あおさのりのイイ仕事してますねぇ~安定した美味しさです。

出典: 無芸小食さんの口コミ

鶏白湯独特のとろみのあるスープ、しかし丁寧な仕事で癖や臭みはありません。まろやかながらしつこさを残さずしっかりと旨味が立っています。麺は博多系の極細にややウェーブが掛かったもので、スッキリめのスープとよく絡み相性がいいです。替え玉をお願いしたのですが、その際の専用のトッピングがあったのは驚きました。フライドガーリックやフライドオニオン、鶏油などが入れられます。基本となるラーメンは1種類で勝負していて、バリエーションはトッピングのみというのも納得の一杯でした。

出典: masso406さんの口コミ

四万十川は大変透明度の高い清流なので、こんなにも美味しい『青さのり』が育つのだそうです。これをラーメンに使うとは!!!素晴らし発想力ですね★

出典: miniロイさんの口コミ

角煮あおさ玉子入り 1,380円

さて、大好きな角煮を食べてみます。ちゃーんと下処理されていますので肉の臭みは一切ありません。味付けも絶妙でとろっとろの食感がたまりません。

出典: whoiskawakamiさんの口コミ

まる玉 (両国/ラーメン)

3.59

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:東京都 墨田区 両国 2-11-1

TEL:070-5201-5690

シマシマトム

続いては、両国らしからぬと形容されるスタイリッシュな外観が印象的なラーメン屋さん。手作り感のある店名の看板が可愛らしい「シマシマトム」です。

メインメニューは牛コツベースの醤油・塩らーめんにつけめん。牛すじ丼や牛すじカレーもあり。お店はJR両国駅から徒歩6分ほどのところにあります。

出典: シチーさん

店内も、白い壁が基調のカフェのような雰囲気。女性のお客さんも入りやすそうですね!

居心地の良さに、いつしかリピーターになったというお客さんもいるようです。

R14京葉道路沿いにあるお江戸両国亭の横にちょっと入った所、両国らしからぬオサレな店構え。全体は白と木目でなんとなく気分的に落ち着いて過ごせる。錦糸町・両国界隈には珍しく女性でも気軽に1人で入れるお店。店内のインテリアもラーメン屋とは思えない清潔感とお洒落な造り。カフェと言われても疑わなさそうな店舗で、本当に両国らしからぬオサレ感!?

出典: Reraさんの口コミ

牛骨ラーメン(醤油・塩・つけ麺)
単品は700円

まずはスープを啜ってみますと、あっさりながらも旨味たっぷりで、更にトッピングの牛すじのエキスでコクもたっぷり。牛すじから移ったのでしょう、ほんのり生姜の味もするので、しつこくはならない。

出典: ロウパオさんの口コミ

味はGOOD♪典型的な牛コツとんこつの味。、、にちょい甘みを足したような感じでしょうか。やっぱそこかしこで食べられるわけではないので、牛コツは惹かれますね。中央にもりっと載っている牛筋も柔らかく、味もあり、美味しい。

出典: taishoneさんの口コミ

ランチタイム限定のお得なセットメニューも!

日本の国民食といっても過言ではないカレーにも牛すじがたっぷり。量もたっぷりあるそうなので、大食漢の方にはセットがおすすめです!

オリジナリティの高い牛骨ラーメンに気前良すぎるサービスカレー!これが100円ってありえないな。ホントのホンキのサービスメニューだと思います。

出典: 亜喜丸さんの口コミ

シマシマトム (両国/ラーメン、つけ麺)

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

住所:東京都 墨田区 両国 4-30-1

TEL:非公開

ご紹介したお店の選定方法について

「両国のランチ」に関する口コミとランキングを基に選定されたお店について、食べログまとめ編集部がまとめ記事を作成しています。お店の選定には、食べログでの広告サービスご利用の有無などの口コミとランキング以外の事情は、一切考慮いたしません。

※本記事は、2017/03/10に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ