岡山ご当地グルメ『おかやまデミカツ丼』厳選7店舗

岡山ご当地グルメ『おかやまデミカツ丼』厳選7店舗

 カツ丼と言えば一般的には卵とじカツどんであったり、ソースカツ丼が一般的です。しかし、岡山では、ソースカツ丼の中でもデミグラスソースのカツ丼が一般的です。その中から現在、7店舗紹介中。随時追加予定。

キーワード
ランチ
ご当地グルメ
おしゃれ
ケーキ
担々麺

更新日:2017/10/16 (2016/12/23作成)

39334view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる969の口コミを参考にまとめました。

おかやまデミカツ丼@厳選7店舗

 実は、デミグラスソースのカツ丼に似たかつ丼は、岡山だけではなく、他県にも存在する様ですが、浸透具合であったり、県を上げてアピールしているのが、岡山県の様です。更に、デミグラスソースという単語だけではなく、岡山県人でも混乱する独自の表現のソースの名前のデミカツ丼を提供しています。それは決して、誤植ではなく、それだけ拘りがあるという事であり、複雑怪奇かつ奥が深いグルメだったりします。機会があれば、是非食べ比べてみて欲しいです。ちなみに順番は、お勧め順です。

やまと

3.62

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

 オランダ通りに聳え立つ何代も続く老舗の洋食屋。デミグラスソースのカツ丼は、勿論、多彩なラーメンであったり、デミ系の料理を提供しています。行列ができる岡山の誇る人気店。

 画像は、カツ丼(小)。ラーメンのお供の鉄板。一般のサイズと(大)もあるので、単品でも行けます。そして、このカツ丼は、超濃厚なしっかり熟成されたデミグラスソースで、とても美味。また、デミグラスソースが美味しいので、このソースをベースにした料理は、どれも絶品であるを確信するに十分なぐらい、ハヤシライスも濃厚で、びっくりするぐらい美味しいです。
機会があれば、是非そちらや他のデミグラス系の料理もお勧めでので、食して頂けたらと思います。

洋食屋 キッチン ふくま

3.07

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

 近年にオープンした綺麗でお洒落な元祖ドヴィカツ丼が食べれる洋食屋さんで、店主の曽祖父が大正時代に完成させた秘伝のレシピである「ドヴィーソース」を使ったカツ丼(豚ロースor若鶏のササミ)を提供されています。
 夜だけのメニューがあったり、ケーキがあったり、洋食屋さんとして人気の店舗です。

 画像は、元祖ドヴィカツ丼(味噌汁・香の物付き)≪豚ロース≫。デミグラス系ソースの1種の様で、非常に濃厚で、力強いドヴィカツ丼。ドヴィーソースとデミグラスソースの違いはなんだろうというぐらい類似したカツ丼です。ドヴィーソースは、非常に濃厚で熟成されている。ランチではお手頃価額で、食べれる事できるので、お勧め。

味司 野村

3.60

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

 デミグラスソースのカツ丼を考案し、岡山に広めた「おかやまデミカツ丼」発祥の老舗で、昭和6年に開業した。以降、味は受け継がれ今では、岡山のご当地グルメとなった。標準的なデミカツ丼を食べるならここが一番お勧め。

 画像は、ドミグラスソースカツ丼と玉子とじカツ丼。なんと贅沢にも両方食べて比べる事が出来るメニューもあり、量も値段もお手頃。単品も可能であり、ロースかヒレかも選べるが、ヒレの方が100円高い。自慢のドミグラスソースの完成度は高く、非常に食べ易い味にまとまっている。カツ丼に特化したお店で、デミカツ丼発祥のお店とした味は確かで、お勧め。

だてそば

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 デミカツ丼とラーメンの2枚看板を武器にする岡山の老舗で、世代を超えて引き継がれてきた伝統の味のデミカツ丼を提供している。支那ラーメンの他にカツラーメンもあり、そちらも人気メニュー。支那ラーメンとデミカツ丼の定食があり、「半々」か「どちらかがメイン」の中から選べますので、どちらも食べたい方も安心。

 画像は、かつ丼と独眼竜スープ。独眼竜スープは、カッコいい名前ではあるが、簡単に言ってしまえばラーメンのスープ。・・・なのですが、中に肉の塊が入っているというサプライズ演出。なるほどそれで、独眼竜スープ。
 そして、カツ丼は、生卵を乗せて食べる形になります。デミグラスソースとの相性も良く、濃厚な味わいで美味しかったです。伝統の味ここにありでした。

なるほどや

3.28

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

 多彩なラーメンとデミカツ丼が食べれる岡山市南区の老舗。ラーメンは、醤油をメインに、塩・みそがあります。
 がっつり系の大食いセットや鉄人セットなどを主軸にレディースセットやお子様セットも存在するという多様性も持っている人気店。

 画像は、鉄人セット。2枚看板であるラーメンとカツ丼のガッツリ系セット。実は、漬物の下には生卵があるので、ご注意下さい。小鉢のメニューも付いてきて1000円弱で食べれるという超お得メニューだったりします。
 デミグラスソースは、ソースが立つ味わいで、「だてそば」に近い。
 デミカツ丼とラーメンを食べれるお店という事で、近くに用事があったら選択肢としてはありだと思います。

備前汁なし担担麺 虎ぼるた 大安寺店

3.23

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

 岡山県では、珍しい汁なし担々麺の2号店。人気の店舗で、昼時には、多くのお客さんが並んでいます。珍しい汁なし担々麺だけではなく、サイドメニューも充実しています。デミバーコー丼やチキンデミカツ丼の様にお肉にも拘りがある人気店です。

 こちらが、チキンデミカツ丼。控えめな御飯にチキンカツが堂々の佇んでいます。適量のデミグラスソースにグリーンピースが彩り鮮やかです。
 デミグラスソースは甘目で、濃厚な深い味わいです。しっかり熟成されていて一定の味に仕上げられています。
 汁なし担々麺と一緒に食べるのがお勧めです。何故なら単品だと500円ですが、担々麺とのセットだと50円安くなり、担々麺の料金+450円で食べる事ができるからです。

讃岐の男うどん

3.47

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

 岡山を屈指の人気を誇るうどん屋さん。その圧倒的なボリュームを誇るうどんは、大食いの方には、必食の一品と言えるでしょう。実はそんなお店の1つのメニューのデミカツ丼があり、今回紹介させて頂くという経緯に至りました。

 さて、このデミカツ丼なのですが、可もなく不可もなくという非常に王道のデミカツ丼でした。辛い様な甘い様な独特の濃さを備えており、確かに岡山のデミカツ丼なのです。生卵という抑えるべきところもしっかり抑えており、抜かりは、ありません。
 そして、うどんの方もデミカツ丼の容器より大きい事が分かると思いますが、これでも並盛なのです。大盛は、食べても食べても減らない感じなので、お勧めはあまり出来ません。この組み合わせは、かなりの大食いでないと食べれなので、胃袋に自慢がある方以外は、素直にどちらか片方かつ並盛のうどんを頂きましょう。大盛を食べたいと思うかもしれませんが、まずは、その中間の中盛に挑戦すると良いでしょう。本当に凄まじいボリュームなので、注意してください。ちなみに同時に注文すると「+α」扱いという事で、多少安くなるようです。

※本記事は、2017/10/16に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ