山鹿栗フェス おいしい栗のお店

山鹿栗フェス おいしい栗のお店

西日本一の栗フェスティバルと言われる、山鹿の和栗を食べに行こう!

キーワード
ランチ
美味しい
ビュッフェ
ケーキ
肉料理

記事作成日:2016/10/01

1960view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今までも、出店されたお店で、私が行った、ブログとともにご紹介。
栗スイーツのおすすめ順でなく、栗スイーツに出店したお店を、私の好きな順に並べました!
あんずの丘で開催される山鹿和栗祭りでは、試食もできたり、くりスイーツ弁当とか売ってますよ!
フェスティバルに参加していないところは、今年はやってない!とかもありえるかも。
どこもとても美味しいお店なので、栗がなくても食べに行ってくださいね。
https://www.umaka-yamaga.com/portal/event/3150.html

山鹿和栗洋菓子店An

山鹿和栗洋菓子店An

まるごとマロンパイの他、プリン、栗ロールに栗ジャム・・・Anだけで栗祭りが開催できます。
この栗パイは本当に人気で、土日はよく売り切れてました。
食べたことありませんが、ドーム型のチーズケーキも人気みたい。どのお菓子もとてもおいしい。飲食ブースもありますよ。

あんずの丘は、車で入れなさそうで、イベント時以外は、車で坂を上っていけます。時速だけ気を付けてください。
Anさんのあたりは、広場になってるので、店舗横に駐車可能です。

やまが門前美術館

栗パイ、栗ぜんざい。
栗善哉というより、普通に善哉がおいしい。秋の肌寒い日にぴったり。

八千代座前、豊前街道にあるお店。
八千代座より、気持ち南側。
繭灯籠が有名なお店で、店内に並んだはがきや紙風船も、ノスタルジックな素敵な空間を作り上げている。
レアチーズが絶品!他に、ガトーショコラや、スパゲッティ、サンドイッチもある。飲み物は珈琲数種類と、ミルクティー、そして葛湯。
個人的には、ミルクティーと夏にでてくるマンゴー善哉が一押し。

自家焙煎 タオ珈琲

自家焙煎 タオ珈琲

栗のミルフィーユだったり、ぱるふぇだったり、毎年2品だされてるみたいです。毎年の楽しみ。

去年からノミネートされていませんが、毎年栗のデザートを出されてます。
八千代座前にある、おいしい珈琲屋さん。外観もすごくかわいい。
もともと、パイがすごく有名で、一押しは、サクサクのパイ生地にどどーんと乗ったアイスの「オアシスパイ」!!そのほかのパイは持ち帰り可能!
毎月変わる、甘い珈琲もおすすめです。

ツルバラ

ピッツエリア ダ ツルバラ

栗のデザートピザ、ピザカスターニャ!!オススメ!!
2013年栗フェスの中では、私の中で1番でした!とても美味しい!!

八千代座から、豊前街道を北に少しあるいたところにあるピザやさん。
木のぬくもりを感じる、カントリーで優しいお店。
石窯で焼かれるピザは、とてもおいしい。
ランチは1080円なんだけど、+100円か200円で、好きなピザに変更可能。
ただ、デザートピザも、普通のピザも・・・と思ったら、さすがに一人では厳しいかも。
普通のピザも美味しかったけど、この季節限定のピザカスターニョは絶品でした!

華北飯店

栗羊羹。
350円と、お高いけど、なかなかの量の多さ、栗がゴロゴロ入っているところも魅力。

山鹿ど真ん中。プラザ5という、ちょっとさびれた商業施設にある中華屋さん。
普通に中華がおいしい。というか、本当にここの中華はおいしい。
美馬女料理という、山鹿の馬肉を使った料理一覧にも名前を連ねてます。
高菜飯、たいぴーえん、馬スジ煮込みがセットになった、熊本セットがおすすめ!

茶房さくらさくら

茶房さくらさくら

栗団子の善哉。
善哉の中に、すっごい大きな栗団子!!あんこが甘すぎず、あっさりしていて、本当に食べやすい。

卑弥呼醤院内 と書いてあるように、味噌と醤油のお店。最近は塩麹も人気です。
2Fの茶房は、古着物や骨董品であふれており、それもまた楽しい。
おにぎりプレートは、30種類もある味噌汁から、好きなものをチョイスして食べるので、何度来ても楽しいですよ。

ピアンタ

ピアンタ

山鹿和栗のタルト(1ホール)オススメ!!
2014年の出店のなかでは、ここがびっくりするほど、群を抜いて美味しかった。
ただし、小ぶりだけど1ホール


水辺プラザ1Fのフードコートにある、ソフトクリームとケーキ、そしてドリンクのお店。
ドリンクは、こんな田舎で、なんと酵素ドリンク!!当時は150円と、非常に良心的な価格でした、いまはどうだろうか。

ロースターズカフェ 琥珀の刻

ロースターズカフェ 琥珀の刻

山鹿和栗のガレット、栗パイ
しっとりしたガレットのなかにある、丸々入った栗が珈琲にあう!

山鹿から、かなり北にある鹿北の3号線脇にたたずみ、コンテナをかわいくした感じ。
レストランオアシスとよく間違えられる。
ドライブイン○○みたいな、入りにくい印象もあるものの、オーナーさんはすごく若く、ほっこり雰囲気。一度行くと、通いたくなる。
珈琲やお菓子だけでなく、ピザやパニーニといった軽食もあるし、オリジナルだというかわいいマグカップや、ちょっと変わった雑貨が置いてあります。

阿部永和堂

阿部永和堂

栗水ー津!栗の実
土用の正午には売り切れてることもあるという、あっさりしてすごくおいしい。

山鹿に昔からある山鹿灯篭最中のお店。
種類も少なく、2~3人立つのがやっとのこじんまりとした店舗ですが、全体的にあっさりした優しい和菓子屋さんです。
桜湯の真ん前にあるので、是非よってください!

ジョバンナ

ジョバンナ

栗のティラミス
栗の甘さを、ココアパウダーの苦みがひきたててくれ・・・ってティラミスの説明のままですね。エスプレッソによくあいます。

桜湯となりのプラザ5 1Fにある、イタリア料理の店 ジョバンナさん。非常に若いオーナーさんとシェフさんです。
ハンバーグなんかもおいしいのですが、いつもコジャレたスイーツが目当てですみません。
このお店のすごいところは、なんでか店内にトイレがあること!不思議!!

お栗茶屋

お栗茶屋

栗善哉、栗マフィン、栗ごはん・・・そしてソフト栗ーム
ソフト栗ームは、名前に負けず。すっごくおいしいです!七城の生ソフトを連想します!

鹿北にある道の駅のフードコート、食券を買う部分が、小栗茶屋。
社員食堂みたいな感じで、好きな惣菜をとって、支払う形態もあるし、バイキングをやってる時間帯もある。
一度バイキングに行ってみたい。

道の駅鹿北 小栗館

道の駅鹿北 小栗館

小栗館「ひろぎ会」の栗団子
ほくほくの栗がはいってるけど、皮は、普通の団子皮。味付けはないと思う。

小栗茶屋も含めて、小栗館だと思うの・・・
小栗茶屋だけでなく、少しはなれたところに、飲食ブースがあり、こちらに「ひろぎ会」も出店している。
「ふなやき」という昭和のおかーちゃんの味が出ている。実家の人は誰も知らなかった。この地域の昔のお菓子らしい。ホットケーキに黒糖をつけたような食べ物。100円だし、お子様のおやつにはグッド。
ただし、衛生面にこだわっちゃいけない。

栗山

津山栗山
くりきんとんみたいな和菓子。しっとりしてないので、くりきんとんじゃないと母が言い張る。

山鹿 豊前街道をプラザ5から、半分くらいのぼったところ。
門前美術館さんの少し下になるけれども、蓑屋さんと合体してて、正直すごく入りにくい。
300円の一服セットは、町の探索のあいまにどうぞ。価格が安いので、本当にいっぷくできて、ありがたいです。
ワタシジモトミンデスケド

相良茶屋

相良茶屋

くりだんご、くりまんじゅう。
栗団子は、栗の粒がゴロっとのこったくりきんとんを、団子で包んだ感じ。

相良観音にある、2件ならぶだんごやさんの、相良観音にちかいほう。
くりまんじゅうは、普通のまんじゅうだった・・・実はクリが入ってるのかな?わからない。ニッキはほんのりで、ニッキ苦手な私でも、食べれる。

泉水園

くりだけだんご、くりまんじゅう。
くりだけだんごは、砂糖すら入れてない感じ、ほんとうに栗。素材の味はいかしまくってる。

相良観音にある、2件ならぶだんごやさんの、したというか、相良観音から遠い方。
刺身こんにゃくがおいしい。
普通の饅頭は、ニッキが強くて、私は難しかった。ニッキにがてなので・・・
ちなみに、買って帰ったくりまんじゅうは、全て普通の饅頭でした。いや、本当は栗がはいってるのか??わからない。。。

地麦・天然酵母のパン工房 かんぱーにゅ

山鹿和栗あんぱん
くりあんがギッチリ入ってるのもすごいのですが、真ん中にどとーんと渋皮煮がささってるのが衝撃的でした。


水辺プラザ1F飲食ブースにある、パン屋さん
看板に焼き上がり時間がかいてあるのが嬉しい。お風呂に入る前に、お目当てのチェックをして、合わせて出てこれるね。
ただ拘り素材の為か、ちょっと値段が高い気がする。
人気の八十八夜パンは米粉を使っているのですが、小ぶりで500円以上するので、なかなか手が出ない。
ラスクはおいしいです。

山桜

くりのパウンドケーキ
・・・・・・・

実はまだ食べてない。でもこの施設は温泉とジムがあって、しかもバイキングがめちゃめちゃ美味しいので、毎週土曜日は、1日いてもいい感じでした。
実際は平日の休みの日に、ジム、山桜、温泉、ジム、温泉と、すばらしい時間を提供してもらってました。
非常にお勧めの施設。
そして、本当に美味しい。プラスチックのお弁当箱をかって、バイキングのものを好きなだけ詰め込むプランもありましたが、いまもやってるのかなぁ。

秋も冬も春も夏も!山鹿へどーぞー

※本記事は、2016/10/01に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ