【もし名古屋に来てくださることがあれば…】普通編

【もし名古屋に来てくださることがあれば…】普通編

もし名古屋に来てくださったとしたら こんな案内をさせていただくでしょう。 まずはノーマルに…。

キーワード
ランチ
ご当地グルメ

更新日:2014/12/23 (2014/12/15作成)

5960view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蘇山荘

名古屋に到着したらまずは一服です。
ここは徳川御三家筆頭の尾張藩2代藩主の
光友が1695年に移り住んだところ。

その中に汎太平洋博覧会の迎賓館を移築した歴史建築物があります。それがこちら。

草庵的な日本庭園を眺めながらお昼はカフェ、夜はバーとしても楽しめます。

凛とした雰囲気の中でひと休み。

芳光

名古屋の和菓子でお土産といえば外郎のイメージですがこちらのわらび餅がお奨めです。

店主は京都の塩芳軒で修業された方。

プルプルの生地は繊細ながらも弾力さもあります。中には瑞々しいこし餡が入っていますがこれがまたわらび餅と良く合う。

夏の和菓子のイメージなわらび餅ですが
ここでは7月~9月は製造はしていません。

日持ちはしませんがお土産に。

まるや本店 天白本店

名古屋に来たならやはりランチから名古屋めしで。

お櫃まぶしと言っても様々なお店がありますがここは比較的リーズナブルにいただけ
美味しいお店です。

名古屋駅周辺でしたら名鉄百貨店の9階に
支店もありますし新栄店、日進店と市内に
計4店舗。


リーズナブルにお櫃まぶしがいただけます。

風来坊 センチュリー豊田ビル店

名古屋めしの夜はここかな。
ご当地グルメ風来坊の手羽先です。

40年程受け継げられてきた秘伝のタレは
香美の世界。

ジューシーさを残し表面はパリッと2度
揚げ。胡椒が効いてビールには良く
合います。

これは名古屋駅のセンチュリー豊田ビル
店の紹介となりましたがあちらこちらに
店舗があるので便利なお店で。

手羽先はやっぱり風来坊で。

Kreis

夜の〆はバーで。

かつての名古屋のカリスマバーテンダーが
2年前にオープンしたバーです。

オーナーバーテンダーの田原さんの作る
カクテルはチップが均一され溶けにくい
技あるカクテル。

心地良い空間が過ごせます。

名古屋の夜の〆はバーで。

名古屋めしシリーズをザクッと紹介させていただきました。お味が濃くボリューム感は必須です。その土地に訪れたなら郷土料理を(^^)

※本記事は、2014/12/23に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ