北新地 大阪一口餃子ならココ

北新地 大阪一口餃子ならココ

ラーメン屋の副食ではなく一口餃子専門を名乗り、他のメニューより圧倒的におすすめの品目であること。またチェーン店はあえて外し、単一店舗で頑張っているところを抜き出してみました。北新地という場所柄、店舗以外でもお土産として利用される店も注目です。

キーワード
隠れ家
おすすめ
お土産

更新日:2015/07/20 (2014/12/14作成)

15551view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11点

北新地は最も美味しい一口餃子屋と言いたいが、残念ながら現在は餃子専門店ではなく居酒屋形式になっている。それも餃子のレベルの高さに変わりが無い。薄めの皮に、中のあんは多め。ぱりぱりと焼き上げた皮にぴりりと辛いあんで、たれなしでも美味しい。

包屯

上通りにある餃子専門店。皮は薄く少しのショックで破れてしまそうな感じ。この店の特徴は、皮どうしをまとめず春巻きのような状態で7個をひとまとめで焼くこと。一枚の餃子のようになって出てくるので食べやすいが、一個づつ食べるときは少し残念。

天平

いわずと知れた北新地の有名一口餃子専門店。売り物は、写真に出ている餃子と漬け物のみ。ビールをついで一気にほおばる。
少々油がきつく皮が厚めなので沢山はたべれられない。2人前(20個)が標準サイズかな。場所がわかりにくいため、隠れ家的な雰囲気のお店になっている。

餃子・おでん かげん

餃子とおでん。船大工通りに面した居酒屋の王道で勝負するお店。
外から店内が見にくくカウンターとテーブルのお店の全貌はまずは重めのガラス扉をあけるところから。おじさんワールドはそこから出発。価格は安めで財布を気にせず呑める点は評価できる。

兄ちゃん

普通に見つからない場所にある究極の隠れ家店。ぎょうざも専門調理具ではなくフライパンで作成するため、しゃしんのような状況となる。兄ちゃんと言いながらいい歳のおっさんが1人で切り盛りしている店内。ディープな店を狙うならココは外せない。

一口餃子探求の道は続く。

※本記事は、2015/07/20に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ