4月28日は、「ハピリン」さんの誕生日です。

4月28日は、「ハピリン」さんの誕生日です。

 JR福井駅西口再開発ビル「ハピリン」さんが4月28日に開業1周年を迎えられました。そこで14軒のお店を御紹介させていただきます。ハッピー(幸せ)+リング(輪)の略で、皆さんが仲良く繋がって幸せになる事を願っておられるようで、苦手なお肉など未訪問店は他の方の写真を投稿させていただきました。

キーワード
ランチ
塩ラーメン
モーニング・朝食
ビュッフェ
肉料理
駅前・駅近

更新日:2017/04/28 (2016/05/19作成)

1912view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『初心忘るべからず』の精神で・・・・・

 JR福井駅西口に再開発ビル「ハピリン」さんが連休前にオープンし、そのタイミングの良さと、新らしもん好きの福井県人の精神?が、見事に合体して、連休中の福井駅周辺はとんでもない活気にあふれました。この状況がずっと続いて欲しいという願いを込めまして、今回は『初心忘るべからず』について、戯言を書かせていただく事にしました。

 『初心忘るべからず』が、世阿弥さん(父は観阿弥さん)の言葉である事を御存知の方は少ないのではないでしょうか?世阿弥さんは、今から約600年ほど前の室町時代に、猿楽(現在の能)を大成された猿楽師さんなのですが、実は、数多くの謡曲の他に、さまざまな伝書も執筆されておられ、その中の『花鏡(かきょう)』という能学論書の奥段(おくのだん)に次のように記しておられます。
 
 『しかれば当流に万能一徳(まんのういっとく)の一句あり。 初心忘るべからず。この句、三箇条の口伝(くでん)あり。是非とも初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず。この三、能能(よくよく)口伝すべし』

 このように「初心忘るべからず」は、この中の一節なのですが、その前後を熟読しますと、我々が日頃から理解している「最初の志」、つまり「初めの志を忘れてはならない(初志貫徹)」と言う雰囲気とはちょっと違うという事が御理解いただけると思います。そこで、無学浅識な私で恐縮ですが、少し判り易く解釈させていただこうと思います。
 まず前段ですが、『万能一徳』とは、あらゆる技芸の源となるひとつひとつの徳目の事でして、その徳で己の芸が磨かれると教えてくださっています。未熟さ故に失敗(逆境・試練)したとしても、それを己の鍛錬で克服した事で徳とすれば、そのプロセスは大きな学びとなり、その結果、己の芸が向上していく事になります。つまり、判りやすく言えば、「失敗を肥やしにする」てな意味でしょうかね。
 次に、中段では、その徳目となるべく「初心」は、最初だけでなく人生の中でちょくちょく現れ、その時期は大きく次の三箇条だと説いておられます。(右側の説明は私の勝手な解釈です。)
①是非の初心・・・若かりし頃(芸を習い始めた頃)の、善も(成功)悪も(失敗)全て初心
②時々の初心・・・時々現れる予期せぬ初心
③老後の初心・・・歳を重ねてからも(死ぬまで)現れる初心
 ここでの「初心」は、本来、能楽に限定されたものなのかも知れませんが、我々一人一人のそれぞれの人生劇場にも当てはまる事なのです。この中で、死ぬまで「初心」は日々現れると仰っておられる気がします。言い換えれば、人は死ぬまで限りなく未熟なんだと、教えてくださっているのかもわかりません。そして、これは、宮沢賢治さんが「農民芸術概論綱要」の中で書いておられる『永久の未完成これ完成で ある。』の求道の精神にも通ずるものだと思います。
 最後の後段では、『能能口伝すべし』と書かれてます。でも、他の方にお伝えする前に、私自身が「慢心」することなく、ちょくちょく現れるであろう「初心」を、逃げることなく身体全体で受け止め、そのひとつひとつを己の徳目としながら、人生を歩んで行こうと自分に言い聞かせている今日この頃です。

~~~~~~~~~~~~~~~
 
 実は、私の親友が平成28年4月末に、突然、泉下の客となられました。彼の人生の志が何だったのか?結局きちんと聞けずじまいでしたが、少なくともその生き様の中に、時々、偉大なる「初心」を同時に感じさせていただいたのは、私ひとりだけではなかったと思います。その一緒に歩いた素晴らしい道中を感謝させていただきながら、随所に現れていた事象を私のこれからの人生の学びとさせていただき、「後心」正しく歩くよう心がけたいと思います。それが今の私に出来る親友への最大の御恩返しのような気がしてなりません。
 
 合掌

「あみだそば 福の井」さん

 あの有名な「遊歩庵」さんの姉妹店です。本店同様、福井県産そば粉を100%使用の中太平麺【十割そば】です。

 blacckさんの「越前おろしそば」の写真が素敵でしたので、ちょっとお借りしました。

「福福茶屋」さん

「福井市観光物産館 福福館(御土産処&御食事処)」の中にある「福福茶屋」さんです。写真は「お初の海鮮ちらし寿司」です。

「お造り定食 竹」です。

 「郷土料理お好み皿」です。地元の新鮮な食材を使用した郷土料理のバイキングです。マイレビュアー「千絵」さんが投稿されました。

 sweetstabehoudaiさんの「勝家の豪華海鮮丼」が名の通り超豪華でしたの、ちょっとお借りしました。

「いちろくらーめん 福井駅前店」さん

 お店が独自で開発したという「まくり塩」を使った「白もやしらーめん」を注文しました。

 「ゆんのん」さんの投稿された「全部のせまくり塩ラーメン」です。

「ジェラートトリノ ハピリン店」さん

 ジェラートの全国優勝作品「里山の秋」のカップを注文しました。

 腹ぺこパー子さんが投稿された「れもんシャーベット」です。

 ゆんのんさんが投稿された「ミルクソフトクリーム」です。

「くずし割烹 ぼんた ハピリン店」さん

 私はまだ未訪問ですが、マイレビュアー「腹ぺこパー子」さんが投稿されました。

 「イクラの比叡山くみあげ湯葉」「牛ミノ湯引き」「お漬物盛り合わせ」「ズワイガニ炙りポテトサラダ」のようです。

「カフェ&バー プロント」さん

「ビタミンサラダとチーズオムレツセット」のモーニングを注文しました。

 マイレビュアー「B級アウトロー」さんが「鉄板イタリアン」を投稿されました。

「味処 おたん」さん

 仕事帰りの電車待ちには丁度良い一杯飲み屋さんですね。「お刺身盛り合わせ」&「しめさば」です。

「おでん」の美味しいお店だけあって品数は多いです。車麩は、味がしみていて美味しかったです。

「がブリチキン。 福井駅前店」さん

がブリチキン。 福井駅前店

 これぞ、がブリチキンの代名詞!「骨付鳥」です。
 お肉と遠距離恋愛中なので、訪問しておりません。お店の写真でお許しください。

 いろんなチキンが有るようです。

「ゆんのん」さんが投稿されました。
左上がもも肉、左下がささみ、右側が砂ずりだそうです。

「越前がに・旬のお料理 らでん」さん

越前がに・旬のお料理 らでん

 未訪問ですので、LEさんの写真をお借りしました。ランチのようです。

こちらも素敵な写真です。高級感満載ですね。

「三丹本店 福井駅前店」さん

 沢山のお弁当が並んでます。その中から「越前五目寿司」&「イクラちらしと三種の押し寿司」です。
 反対側にある「オレボキッチン&これがうまいんじゃ大津屋」さんも、いろんな弁当やお惣菜を売っておられます。
 でも、個人的には、こちらのお弁当のほうが好みです。

 「若狭牛のすき焼き重」&「海老天弁当」です。

「バーガーキング ハピリン福井店」さん

 福井県人が待ちに待ったバーガーキングさんです。私はハンバーガーは好んで食べないので、マイレビュアー「タケシ」さんの写真をお借りしました。
「チリチーズワッパーセット」です。

「チリチーズ」です。ボリュームもあって美味しそうです。

「オレボキッチン&これがうまいんじゃ大津屋 ハピリン店」さん

オレボキッチン&これがうまいんじゃ大津屋 ハピリン店

 福井県ではあまりにも有名な御弁当屋さんです。いろんなお弁当に混じって、こんなに豪華な海鮮丼も売っております。

「ぱんてす堂」さん

ぱんてす堂

 福井県のパンのチェーン店です。私は未訪問です。生あんパンがお薦めだそうです。

※本記事は、2017/04/28に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ