【かき氷】イチオシポイントのあるオススメ店

【かき氷】イチオシポイントのあるオススメ店

単なる平凡なかき氷を出してる店ではなく、雰囲気が良かったり、提供の仕方が面白かったり、単純に美味しかったり、何かイチオシポイントのあるお店をまとめてみました。

キーワード
おしゃれ
カキ氷
パンケーキ
ケーキ
駐車場あり

更新日:2015/07/21 (2015/07/18作成)

3100view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒダマリ カキゴオリ スタンド (香川)

ヒダマリ カキゴオリ スタンド - 柑橘3種とソーテルヌ (850円) '15 7月中旬

高松・琴電花園駅付近にあるお店。
ひだまり不動産がやってる夏季限定(日曜のみ)のかき氷屋。

近隣のパティスリー3店(『川東菓子店』、『スリール』、『ルタンデスリーズ』)がそれぞれ凝ったシロップ (ソース) を提供しており、
旬のフルーツを使用していたりしてスイーツとしてのクォリティは高め。


★イチオシポイント★
営業日が夏季の日曜だけというレア感と、近隣パティスリー3軒が担当する凝ったシロップ。

ヒダマリ カキゴオリ スタンド - 柑橘3種とソーテルヌ '15 7月中旬

【柑橘3種とソーテルヌ】 (850円)

しその花みたいなものが散らされてるので可愛らしいルックス。
柑橘3種のソースは、だいだい、甘夏、レモンを使用してるそう。ミルクもかかってる。
フワフワ氷で口溶けなめらか。物理的に溶けていくスピードは早めな氷。中心部付近にもちゃんとソースが入ってました。
底付近にジュレが。ソーテルヌ(貴腐ワイン)の風味がわりとしっかり。アルコール感があるので大人向け。寒天に近いテクスチャ。もう少しゼラチンのグニグニ感があってもよさげ。
柑橘の苦味は優しいので食べやすい。ミルクもかかってるので、より優しくなってる。
練乳じゃないので、甘さやネットリ感も少なく高ポイント。
全体的に甘さは程よく、シロップというよりソース的な感じなので食べやすい。

ヒダマリ カキゴオリ スタンド - '15 7月中旬

ちょっと入り組んだ場所にあるので進入ルートが分かりづらいのが難点。一応立て看板や "氷" の目印は点々と置かれてるので、かき氷屋が近くにあるんだなというのは分かる感じ。

ヒダマリ カキゴオリ スタンド - '15 7月中旬

内外装は "ひだまり不動産" が担当してるのでわりとオシャレ。ユーズド的な家具を使用されてたりしてて、DIY風な若者向けオシャレ感。

ワド オモテナシ カフェ (大阪)

ワド オモテナシ カフェ - 氷盛り ほうじ茶蜜 (700円) '15 5月中旬

大阪・四ツ橋にある日本茶専門カフェ。

お茶は京都・和束町『今西製茶』のものらしい。
かぶせ茶などは、茶葉の出がらしをお浸しにして食べる事ができる様子。
スタッフさんの接客もわりと丁寧。


★イチオシポイント★
今風なオシャレカフェだけど、本格的な日本茶と器を楽しめる。

ワド オモテナシ カフェ - 氷盛り ほうじ茶蜜 '15 5月中旬

【氷盛り ほうじ茶蜜】 (700円)

かき氷の蜜は、黒蜜・白蜜・宇治・ほうじ茶蜜の4つ。
蜜をかけると氷がドンドン溶けていくので、自分で少しづつかけながら食べ進める感じ。
氷はフワフワサラサラで優しい口溶け。
ほうじ茶蜜は白蜜ベースで毎日作ってるらしい。
ほうじ茶の風味もほどよく、甘みも強すぎず食べやすい。
わりとたっぷりめな量。
食べていくうちに身体が冷えてくけど、温かいお茶も頂けるのでGood。

ワド オモテナシ カフェ - お抹茶+和菓子セット (600+280円) '15 5月中旬

【お抹茶 + 和菓子セット】 (600+280円)

キッチン上部の棚に並んでる器の中から気に入ったデザインのものをチョイスでき、
カウンターでお点前を拝見できるので面白い。
緑が鮮やか。そんなに強すぎない苦味でわりと飲みやすかったです。
和菓子は『餅匠 しづく 新町店』のもの。

ワド オモテナシ カフェ - '15 5月中旬

カウンターで抹茶のお点前を拝見できるのが面白い。

ワド オモテナシ カフェ - '15 5月中旬

土間にある陶器類は手にとって拝見できます。

水辺のカフェ 三宅商店 酒津 (岡山)

水辺のカフェ 三宅商店 酒津 - かき氷 パッションフルーツ (550円) '14 7月下旬

倉敷駅から北西に少し走った所にあるカフェ。
美観地区内にある町家カフェ「三宅商店」の2号店。

川沿いにある民家的な店舗。
庭や川の流れを眺めながら、まったりお茶できそうな雰囲気。
靴を脱いで上がる座敷が大半で、靴のまま利用できそうなカウンター席も少し有り。

★イチオシポイント★
田舎のおばあちゃん家に来たかのような、とても落ち着ける雰囲気。

水辺のカフェ 三宅商店 酒津 - かき氷 パッションフルーツ (550円) '14 7月下旬

【かき氷 パッションフルーツ】 (550円)

さとうきびの自然な甘味を使用してるというモナンシロップがかかったかき氷。
ボリボリ系な粗い氷ではなく、口どけ滑らかなので食べやすい。
パッションフルーツのシロップも甘さが強すぎず、酸味もきつくないので食べやすい。
上には角切り桃が。ねっとりジューシーで甘く美味しい。

水辺のカフェ 三宅商店 酒津 - '14 7月下旬

時間を忘れて座敷でまったりしたくなるような、良い意味で放ったらかし系カフェ。

水辺のカフェ 三宅商店 酒津 - '14 7月下旬

川の流れをボーっと見ながら過ごせる席が面白い。

登泉堂 (愛媛)

登泉堂 - かき氷:いちごミルク金時 (790円) '15 7月上旬

愛媛・今治にある甘味処。
かき氷で有名な店だけど、一応和菓子が本業みたい。
田舎の庶民的食堂風な雰囲気。
旬のフルーツを使用した自家製シロップがウリのお店。
いちごが一番人気なので売り切れるのが早め。今年(2015年)は7/15ごろ売り切れたらしい。

2016年4月末に、『さいさいきて屋』近くへ移転予定。

★イチオシポイント★
旬のフルーツで作った自家製シロップ。
有名店なので話のネタになる。

登泉堂 - かき氷:いちごミルク金時の中 '15 7月上旬

【かき氷:いちごミルク金時】 (790円)

旬の生いちごから作ったコンフィと、全国から取り寄せ吟味したミルクの練乳を掛けられており、中には自家製の粒あんが。
ミルクだと、しばらくするとドンドン氷の中に浸透していくので、凍らせた牛乳を削ったようなミルキー感に。
苺の風味も良く、酸味も強すぎず、甘すぎないシロップで食べやすい。
白蜜も添えられてるので、甘〜いのが好きな人はかけて食べると良いかも。

登泉堂 - かき氷:ブルーベリー (650円) '15 7月上旬

【かき氷:ブルーベリー】 (650円)

愛媛県産旬のブルーベリーで作ったコンフィはドロドロ系ではなく、形が残る感じで酸味がある。甘さはくどくないので食べやすいし風味も良い。
ちなみに、他フレーバーは縦長に成形された氷だけど、ブルーベリーはなだらかな盛り方。

登泉堂 - '15 7月上旬

今治の観光スポットになっており、行列がすごい。駐車場は店の裏の他に、第二、臨時などもあるので、ドライブがてら行っても大丈夫。

登泉堂 - メニュー '15 7月上旬

氷のバリエーションは豊富。お店のwebサイトには写真付きでメニューが記載されてるので、事前にチェックしてるとオーダーがスムースかも。

雪ノ下工房 (大阪)

雪ノ下工房 - 山梨南アルプス 桃氷 (900円) '14 7月中旬

パンケーキとかき氷で有名なお店。

堂山にある本店(予約のみ)よりは入りやすい雰囲気w こちらは予約不可で飛び込みのみ。
牛丼チェーン店のようなコの字型カウンターが特徴的な店内。

★イチオシポイント★
熟れたフルーツを裏ごしして冷凍し、ミキサーでソルベ風に仕上げてるリッチテイスト。

雪ノ下工房 - 山梨南アルプス 桃氷 (900円) '14 7月中旬

【山梨南アルプス 桃氷】 (900円)

単なる氷を削って上からシロップをかけたかき氷ではなく、ピーチネクターのような濃厚桃ジュースを凍らせてシャーベットにしたようなかき氷。
非常に滑らかな舌触り。ガリガリ粒感は全然ないので、シャーベットジェラートのよう。
白桃の風味がふわっと広がり、甘さ控えめでクドくなくとても食べやすい。
所々桃ピューレが入ってる感じ。
ちょっと小さめサイズで900円というのは高く感じるけど、美味しいのは美味しい。

雪ノ下工房 - '14 7月中旬

コインパーキングの奥部分が店舗入口なので、初見の人は「ん??」と戸惑うかもw

雪ノ下工房 - '14 7月中旬

旬の熟れたフルーツを使用されてるので、甘さと風味が良い。

ページワン (京都)

ページワン - 宇治金時 (1000円)と生搾り 苺 (950円)  '14 9月上旬

八坂神社から少し南下したところにあるカフェ。

わりと暗めで落ち着いた雰囲気。
丸窓が印象的。手前の席はわりと普通。
奥のソファ席からは中庭が見えたり。
カウンター席もあるので1人で利用しやすいかも。


★イチオシポイント★
デカさと氷の器のインパクト。

ページワン - 生搾り 苺には苺スライスが。 '14 9月上旬

【生搾り 苺】 (950円)

苺シロップ自体は普通のシロップのような味だけど、上部にコンフィっぽい苺と、リアル苺のスライスが飾りつけてある。
コンフィのようなものは、さほど甘くないので食べやすいけど、真っ赤なシロップは普通に甘め。
氷は少しシャリシャリする程度。ガリガリ荒くはないけど、とても滑らかって感じでもない。
中までキチンとシロップがかかってるのは良いけど、ちょい多めかな。
苺スライスがわりと沢山ついてるので高ポイント。
別添で練乳付き。

ページワン - 宇治金時 (1000円) '14 9月上旬

【宇治金時】 (1000円)

かなり渋い濃い抹茶。中までキチンとシロップ(というか抹茶)がかかってる。甘さはかなり控えめ。
黒蜜をかけて食べると甘くなるけど、黒蜜のコクというかクセが強いので、かけ過ぎるとチョイくどくなるかも。
白玉とあんこのおかげで満足度高め。
別添で練乳付き。

ページワン - 氷の器 '14 9月上旬

氷の器がインパクト大。

ページワン - 奥のソファ席 '14 9月上旬

一番奥のソファ席だと中庭も見えるのでオススメ。

仏生山温泉 (香川)

仏生山温泉 - かき氷 '15 7月中旬

高松・仏生山付近にある『仏生山温泉』内の食堂。
食堂というか、メニュー的にはカフェ系。

すべての浴槽がかけ流しのナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉なので、ヌルヌルなお湯が特徴的な温泉。

氷自体は、さほどフワフワでもないしスグ溶けやすいのでわりと普通だけど、生フルーツすりおろしソースが結構高ポイント。
シロップじゃなくソースといった感じ。
シンプルだけど、フルーツ自体が美味しい。

★イチオシポイント★
生フルーツのソース&温泉

仏生山温泉 - かき氷 パイン (500円) '15 7月中旬

【かき氷 パイン】 (500円)

生のパインを使用したソースがかけられてる。シロップというよりフルーツソース。
ゴールデンパインみたいな甘々感で風味も良く、尖った酸味もなく食べやすい。
ドロッとしたすりおろしパイン。カットフルーツが添えられてる。
氷はガリガリ粒系じゃないから舌触りは滑らか。

仏生山温泉 - かき氷 キウイ (500円)  '15 7月中旬

【かき氷 キウイ】 (500円) ★3.7

生のキウイを使用したソースがかけられてる。
かなりフルーティで甘く、食べやすい味。
酸っぱくないし風味も良く、熟れ過ぎ感もなく美味しい。
コンフィチュールじゃなく、生フルーツすりおろしといった感じ。甘さが結構しっかりなので、砂糖かシロップを足してるのかも。

仏生山温泉 -  '15 7月中旬

清潔感のある白い壁と、窓枠と板張り床のブラウンがオシャレな内装。
木材を多用したインテリアで温かみがある。

ロビーの物販スペースでは香川のお菓子なども売られてたり。
古本も売られてるので、買ってお風呂に持ち込んで読んでもOKみたい。

おちゃのこ (奈良)

おちゃのこ - 擂茶(れいちゃ)氷とスムージー

近鉄奈良駅付近の商店街 "小西さくら通り" にある、大和茶・台湾茶のお店。

【擂茶氷】 (360円)

20種類以上の豆や穀物を焙煎し、粉末にした
擂茶(れいちゃ)のシロップをかけて頂く氷。
氷がやわらかくふわふわ。
シロップはそんなに甘くなく渋めで、きな粉系の風味がしました。

★イチオシポイント★
香ばしい穀物系の風味が面白い。

※本記事は、2015/07/21に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ