ハマ呑みするなら知っておきたい横浜三大市民酒場のススメ

ハマ呑みするなら知っておきたい横浜三大市民酒場のススメ

「市民酒場」 戦時中、酒を闇値で横流しや個人消費をする酒場を防止するため、県は大衆酒場を整理統合させる「市民市場」構想を立ちあげた・・・

キーワード
お酒
大衆
一人飲み

更新日:2015/01/22 (2014/11/19作成)

18904view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今では3軒、当時は200軒もあった市民酒場

市民酒場 > > >県は、大衆酒場を整理統合させるための「市民市場」の構想を立てた。第二次世界大戦の最中、闇市などが横行した配給制度の時代の中、大衆酒場が問屋から配給される2リットル程度の酒での売上げでは商売にならないため、闇値で横流ししたり自己消費しようとする現状があった。県は大衆酒場を整理統合させ市民に公平に酒の販売を行えるよう、市内に700店あった店を200店に統合させ、大衆酒場を市民酒場とし、売上げや来客に合わせ一部、二部、三部とクラス分けをし、そのクラスに合わせた酒の配給を行った。

6377ea15d69c0bff736178aa8246d02d

みのかん

Clear

歴史と時代を存分に満喫できる渋すぎる店内。

店内で荒らげる客もおらず、一人飲みのお客も少なくない。

営業時間は
〔月~土〕
10:00~20:00
定休日 水曜日、日曜日
と、明るいうちから飲み始められる。



300円台で飲める酎ハイは、ほぼ焼酎。
添えられた炭酸ボトルを恐る恐るグラスに足しながら飲み干していく。

常盤木

Clear

ふぐ鍋やふぐ刺しを食べさせてくれる珍しい酒場。
創業当時、先代が当時から高価だったふぐ料理を、市民にも安く、手軽に食べてもらえるように出し始めたのがキッカケだったとこのと。

1人前2000円ほどから頂けるふぐ豆腐鍋からはじまり、自家製シューマイや格安で頂ける穴子天ぷら、海苔を巻いて食べるねぎチャーシュウなどと、定番&オリジナルメニューが多すぎて1度や2度の訪問では満足できない楽しさがある。

店主いわく、身はもちろん美味いが、骨の周りの身が最も美味いのだとか。

穴子天ぷら 一本 250円と抜群のコスパ(2014年11月現在)

市民酒蔵諸星

Clear

店構えからして老舗の風格が漂う「諸星」。
風格が漂えどそこは酒場。
市場が近くにあるゆえいつでも鮮度の良い刺身を頂ける。
鮮魚以外にもメニューは豊富で、古さは感じるがとてもキレイに掃除が行き届いている店内に好感が持てる。

向かい合わせで座れる5m超えのロングカウンターと向かいにはテーブル席といった、酒場の雰囲気抜群の店内。
メニューも豊富

有形文化財並に貴重なお店へ行ってみてください。

20代そこそこの頃であれば、気付かず、気にせず、興味も持たず。歳追うごとに、こんなお店達に癒やされ続けています。
あと何年もつかなどは考えたくありませんが、これからも末永く営まれていただきたい市民酒場の最後の砦。

※本記事は、2015/01/22に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ