ホテル椿山荘東京のランチ7選!庭園を堪能できるお店を紹介

出典:カフェモカ男さん

ホテル椿山荘東京のランチ7選!庭園を堪能できるお店を紹介

東京都文京区にある、都会のオアシスと人気の、自然豊かな「ホテル椿山荘東京」。桜や椿、紅葉など、季節ごとに美しい景色を楽しめます。今回は、その「ホテル椿山荘東京」の館内や庭園内にある、庭園を眺めながらランチを堪能できるお店をまとめました。

記事作成日:2024/03/13

616view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1557の口コミを参考にまとめました。

ホテル椿山荘東京の館内でのランチにおすすめのお店

イル・テアトロ

イル・テアトロ

「ホテル椿山荘東京」の3階にある、イタリア語で「劇場」という意味のお店。ベネツィアングラスのシャンデリアやクラシックなインテリアの中で、本格的なイタリアンを味わえると評判です。

料理はもちろん、店内の窓から森のような庭園を一望できる店も人気です。

イル・テアトロ

美しい盛り付けや香りまで堪能できるという、「国産牛フィレ肉のグリリアータ季節の野菜添え」。

季節を感じる彩り豊かな野菜や、やわらかな食感と美味しさを味わえる国産牛フィレ肉に感動する人が多いそうです。

イル・テアトロ

ソースとの相性がよい、平たい生地のタリアテッレというパスタで作られた「タリアテッレ玉蜀黍うずら卵黒胡椒カルボナーラ」。

とうもろこしやうずらの卵がアクセントになり、さまざまな食感を楽しめるのだとか。

数年ぶりにランチに伺いました。フォーシーズンのころと変わらず、窓から明るい陽の光が入り、お花が生けられた店内でゆっくりコースを頂きました。初めにリエットが供され、烏賊と帆立が柑橘系ゼリーシートで被われた前菜、トマトと雲丹のパスタ、生に見えるほどの絶妙な鱒と続きました。

出典: 海産物万歳さんの口コミ

ランチで、友人の結婚式後に。とりあえず、最初か最後まで美味しかったです。ウニとトマトのパスタは、トマトが食べられないと伝えたらトマト無しでウニ多めできました。ありがたすぎます。全てが繊細なお味で、見た目でも楽しめます。そして、料理が到着した時には香りがふわっとします。

出典: だだんだんだだんさんの口コミ

日本料理 みゆき

日本料理 みゆき

「ホテル椿山荘東京」の2階にある、「日本料理みゆき」。日本の風雅を再現した店内で、ゆったりとランチをしたい人におすすめです。

大きな窓から景色を眺めながら、伝統的な手法を取り入れた日本料理を味わえるのだとか。

旬や仕入れごとに、美味しいお刺身を味わえる「造り」。

ランチでも味わえる人気メニューだそう。洗練された盛り付けで、見た目も美しいですね。日本酒との相性も良いそうです。

お写真のメニューはランチコースの一品。季節に合った旬の食材を使って作られているそうです。

彩り豊かで上品な味付けがポイント。椿山荘を眺めながら、白ワインと一緒にたしなむ方もいるそうです。

和食のコース。遅めの昼食。前菜からメイン、スイーツまで、きれいな盛り付けも楽しめる。全て美味しくいただきました。食後はライトアップされた椿山荘の庭園散策。30分ごとの雲海。行事でのにはとてもよい。満足の1日

出典: 両国会社員さんの口コミ

和え物に菊花が添えてあったり、秋刀魚のつみれ汁や銀鱈柴焼、しめじ御飯など、秋らしい美味しいご馳走をいただきました。お庭もとても素敵で、マイナスイオンたっぷり癒されました。都会の中にもこんなに緑があるなんて。もう少し経つと紅葉も綺麗だろうなぁ。

出典: ぶどうジュース0908さんの口コミ

ル・ジャルダン

ル・ジャルダン

「ホテル椿山荘東京」のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」。ヨーロピアンエレガンスのインテリアの中で、庭園を一望できるのが特徴です。

時間ごとにメニューが異なり、お昼はランチやアフタヌーンティーを味わえると評判です。

ル・ジャルダン

「ローストビーフとスチームエッグの彩りサラダ、ハーブマヨネーズとフレンチドレッシング」は、野菜の上にエディブルフラワーが散りばめられ、見た目も美しいと評判です。

お花の形に飾られているローストビーフの下には、スチームエッグが隠れているそう。

ル・ジャルダン

季節ごとに変わる「ル・ジャルダンのサンドイッチセレクション」。写真奥が「テリーヌサンド」、左手前が「チキントルティーヤロール」です。

右手前の「フルーツのサンドイッチ」はもちもちした生地で、たっぷりの生クリームやメロンが入っているのだとか。

・フルーツのサンドイッチ
メロンと生クリームがたっぷり入った、ロールケーキみたいなサンドイッチ。白いパンがもっちもちで、でもパンだからスポンジケーキみたいな甘さが無くて、非常に美味しかったです。コーヒーは、都度おかわりを注いでくれます。しっかり苦味と深みがあるタイプのコーヒー。

出典: え85さんの口コミ

お庭素敵だったー。庭園になる前の道標がそのまま残ってたり。歴史を感じます。アフタヌーンティーは予約しかダメということで、サンドイッチとサラダを。アイスコーヒー、氷もコーヒーで薄くならず良かったです。カボチャスープも美味しかった。

出典: narak387さんの口コミ

ザ・ビストロ

「ホテル椿山荘東京」の3階にある、カジュアルダイニング「ザ・ビストロ」。

豪華なベネチアングラスのシャンデリアがあしらわれた店内では、フレンチを中心としたランチコースのほか、店名を冠した「ザ・ビストロバーガー」なども提供。

ザ・ビストロ

トリュフの香りと極上の味を堪能できる「ザ・ビストロバーガー」。

お肉の旨味を味わえるパテは、100%国産牛。その上には、オランデーズソースとトリュフオイルがかかっています。仕上げにバーナーで炙って芳醇な旨味を引き出しているそうです。

こちらの写真はランチコースの一品です。彩り野菜が添えられており見た目も華やか。

フランスの星付きレストランでの経験を活かし、シェフが腕によりをかけて作っているそう。

雲海のイベントをやっているという事でランチ方々訪れました。久しぶりの椿山荘はやはり落ち着ける場所です。ザ・ビストロは雰囲気も良く、お味も良くのんびりとランチすることができました。そのあと庭園を散策して、話題の雲海も体験しました。

出典: fumi,nさんの口コミ

バーガーの食べ方を店員さんに聞いたところ、手でもナイフフォークでも大丈夫とのことだったので、手で持っていただきました。パテはとても肉厚で、肉汁がジュッと出てきます。スパゲッティもクリームソースが美味しかったー。デザートと飲み物が付いてくるセットにしたところ、この日のデザートはプリンでした。

出典: のん子さんの口コミ

ホテル椿山荘東京の庭園内でのランチにおすすめのお店

錦水

庭園内、雲錦池(うんきんち)の畔には「錦水」(きんすい)があります。四季折々の景色を楽しむことができるそう。

素材の美味しさを活かした、彩り豊かな日本料理のランチやアフタヌーンティーを味わえるのだとか。

ランチ会席で前菜や吸い物の後に出てくる、本日の三種盛りです。

季節や仕入れによって刺身の内容が変わります。出汁の旨味がきいた土佐醤油と、白凝り酢を付けて食べるのがポイントだそうです。

お昼の会席の一品。椿山荘の庭園や雲海を眺めながら、上品に味付けされた料理を味わえるとのこと。

季節の野菜やお肉など、さまざまな種類の会席料理が提供されるため、量や質共に満足感を得られるそう。

お庭が美しく見える空間で。お料理も一品一品 とてもお上品な味付けで ゆっくり過ごすことができました。お昼の懐石 食事の量は 少し多めですが お昼から大満足。雲海を眺めながら 最高の空間での食事は 癒されました。東京なのでなかなかうかがえませんが また 伺いたい空間です。

出典: ロゼリーノさんの口コミ

席間がゆったりしていて、綺麗なお花を見ながらの席で久保田を堪能致しました。お料理やデザートにもふんだんに久保田が使用されているそうで、帰りには顔もピンクでほろ酔いでした。庭園の雲海もちょうど眺めることができました。

出典: rs8jn2さんの口コミ

石焼料理 木春堂

石焼料理 木春堂

椿山荘の庭園の奥に佇む「石焼料理 木晴堂」(もくしゅんどう)。

和モダンのインテリアの中で、四季ごとに移ろう景色を眺めながら、富士山の溶岩を使った溶岩会席のランチを味わえます。

石焼料理 木春堂

スタッフが魚介類やお肉、野菜などの旬の食材を焼いてくれるという溶岩会席ランチ。溶岩の遠赤外線でじっくりと焼き上げるため、ふっくらとした味わいを堪能できるそう。

溶岩の細かな気泡が余分な脂を吸収してくれるので、ヘルシーに食べられるのだとか。

季節の素材を使った、石焼き会席ランチの前菜。

料理長は、フランスで修行をしたり、イタリア人シェフと共に料理の腕を磨いてきたそうです。そのため、和洋の垣根を超えた美味しい味付けを味わえるそうですよ。

店員さんが丁寧に焼いてくれる鉄板焼きです。座席に鉄板が付いているのが特徴的だと思います。ホテル椿山荘の敷地内にあるので、お店に入るまでの雰囲気、お店からの景色も抜群です。味ももちろん美味しいです。

出典: Kaz1758kaさんの口コミ

石焼ランチを頂きました。椿山荘のお庭を散策して木春堂まで行く道筋もよく着いてからの店員さんの対応も丁寧でした。予約して行った為かわかりませんが、着いたときには石焼の石が温められていて直ぐに料理が食べられました。

出典: とも0417さんの口コミ

菊水楼 うな菊 ホテル椿山荘東京店

菊水楼 うな菊 ホテル椿山荘東京店

明治時代創業となる菊水楼の、ホテル椿山荘東京店「うな菊」。庭園内を神田川方面へ横断すること約10分でたどり着けます。

美しい庭園を眺めながら、日本の伝統食とされる「鰻料理」を味わえるお店です。

季節の一品や甘味などがついた「庚申御前」。たれと白焼き、それぞれのうなぎの旨味を味わえるそうですよ。

ふっくらとやわらかなうなぎは、明治時代から受け継がれてきた技法で調理されているとのこと。

菊水楼 うな菊 ホテル椿山荘東京店

「あいのせ重」には、お吸い物と香の物が付いてきます。

好みでかけて食べられるように、だし醤油と薬味が添えられてますよ。薬味の内容は季節ごとに変わることがあるそうです。

・椿御膳
鰻が2種類の味付けで提供されますが、どちらもクセなく非常に美味しいです!今まで食べた鰻で一番美味しいかも。白焼の方は軽く味をつけているようですが、醤油、山葵、ネギを合わせてタレにして味変ができるようになってました。これも合います。蒲焼の方も普通に美味しく、ペロリといけます。

出典: macalon27さんの口コミ

とにかく、お庭がきれいなので、その分が味をワンランク上に感じさせてくれます。大変美味しゅうございました。ご馳走様でした

出典: masaaki7849さんの口コミ

※本記事は、2024/03/13に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ