【名古屋】お庭が眺められる癒しの和おしゃれカフェ厳選5店

【名古屋】お庭が眺められる癒しの和おしゃれカフェ厳選5店

ひと口でカフェと言っても様々な形態があります。今回ご紹介させていただくのはお庭を眺めながら過ごせる和カフェです。名古屋市内でもこんな癒される和カフェがあるのです。

キーワード
おしゃれ

更新日:2015/04/07 (2015/04/06作成)

12956view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桂寿庵

赤塚の交差点を南へ1本。少し入り組んだ位置にある元は菊本という料亭を活かした和カフェの桂寿庵です。
棟門を抜けて奥へ進むと右に母屋、左に離れがありその間は落ち着く日本庭園となって癒されます。

←季節の和菓子が付いた抹茶セット

日頃の喧騒を忘れて過ごせます。
茶室も設らえているのでお茶会にも利用が出来ます。

【赤塚】で癒しの和おしゃれカフェ。

蘇山荘

徳川園内にある蘇山荘です。昭和12年に開催された汎太平洋博覧会の迎賓館を移築した歴史的建造物です。

←蓮茶と羊羹

春には枝垂れ桜、紅葉狩りの時期には最高なロケーションで癒されます。

【徳川】で癒しの和おしゃれカフェ。

数寄屋カフェ

ヘラルドグループの創立者古川為三郎。池下駅から徒歩数分の位置にある古川為三郎記念館内に日本庭園を目の前にしお茶がいただけるスペースで癒されます。

←夏には冷抹茶

昭和9年に創建されたこの建物は茶事を目的に建てられた数寄屋建築。茶室から成り立ち光が差し込むように南西向きに少しずつ斜めに配置され工夫がこらしてあります。

【池下】で癒しの和おしゃれカフェ。

いち倫

覚王山の日泰寺の西側に位置する和カフェのいち倫です。この辺りは戦前までは地元の名士達の別荘地区だったこともあり黒塀の邸宅が並んでいます。

←抹茶セット
オーナーが三重県出身という由縁から草餅、お抹茶、お水までもが三重県産

昭和14年に建築された大正モダン造り。200坪の緑溢れる日本庭園は手入れが行き届き癒されます。

【覚王山】で癒しの和おしゃれカフェ。

河文

名古屋最古の料亭河文ですが時代も変わり現在は東京の結婚式場に経営権を譲渡して建築の改装をして昼は和カフェ夜はバーとして営業されています。明治時代には伊藤博文などが訪れたと伝えられる老舗でした。

←桃のコンポートと煎茶

窓際からは苔庭が眺められ歴史ある静かな空間で癒されます。

【丸の内】で癒しの和おしゃれカフェ。

日頃は忙しさに追われた生活を送っていますが真に求めているのはこんな静かな空間ではないでしょうか。都会の喧騷を忘れて癒しの時を楽しまれてはいかがでしょう。名古屋でもこんな和おしゃれカフェがあります。

※本記事は、2015/04/07に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ