桜スイーツを巡ってみた~イートイン限定~

桜スイーツを巡ってみた~イートイン限定~

2018年から毎年春に桜スイーツを何件か巡っていて、そろそろまとめにしてみようと思いました。 2018年~2020年までの訪問先を紹介してるので、最新の情報でないことはご承知おきください。 すでに閉店してしまったお店も記憶に残したいので、あえて載せておきます。

記事作成日:2021/03/03

164view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる994の口コミを参考にまとめました。

訪問したお店

なるべく偏らないように洋菓子から和菓子、チェーン店から個人店まで幅広く巡って見ました。お取り寄せやテイクアウトだと、さらに選択肢は広がるのですが、綺麗な状態で、尚且つ鮮度の良い状態で、お店の雰囲気も楽しみたいという自分のこだわりから、イートイン限定にしてお店選びをしています。

スターバックス コーヒー イオンスタイル品川シーサイド店

3.04

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

海外からのコーヒーチェーン店でありながら、
毎年桜を楽しんだメニュウが出ます。
店舗数が多いので行きやすいのも嬉しいですね。

さくらのシフォンケーキと
さくらさくらんぼフラペチーノをいただきました。
スタバの桜スイーツは
パステルカラーが綺麗なイメージです。

CAFE&BAKERY MIYABI 神保町店

3.56

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

こちらも毎年桜にちなんだハニトーが出ますね。
かなりのボリュームで食べ応えがあります。

こちらは桜苺フローズン。
桜自体は風味がほのかなので、
桜スイーツと言ってもイチゴと合わせるお店が多い気がします。

カフェ・ド・クリエ 九段下店

3.07

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

こちらも桜スイーツが出ます。
桜といちごの組み合わせはよくありますが
こちらは桃を使ったタルトが
桜の淡い色合いを出してますね。

アフタヌーンティー・ティールーム 京王百貨店新宿店

3.07

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: -

こちらは抹茶と桜あんのソースを合わせた
珍しいパフェになります。
抹茶といちご、桜あんのバランスは斬新でしたが
なかなか美味しかったです。

ペストリーショップ

3.66

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

忘れもしない桜スイーツを巡った、
一番最初のお店。
見た目も味も感動でした。
ロールケーキのスポンジは密度があって
しっとりしてます。

チーズケーキはサックリしたタルト生地に
チーズケーキの上品な酸味。
見た目も可愛いですね。

茶庭 然花抄院 渋谷ヒカリエ ShinQs店

3.60

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

こちらの桜ノ膳は、枯山水を思わせる
見事な桜スイーツでした。
桜の炭酸水は桜風味のシロップを炭酸で割ったもので、ピンクのグラデーションが綺麗です。

ニューヨークラウンジ by インターコンチネンタル 東京ベイ

3.54

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥6,000~¥7,999

ホテルの広々としたラウンジで頂いたのは、
スリジェフロマージュ
トップには桜の花びらを模したチョコレートが乘っていて、これがまた素敵です。
クオリティの高いスイーツです。

&all 上野店

3.08

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

ベビーカステラのお店の桜スイーツは
桜の花びらフレークをトッピングした
可愛らしいパフェです。
水を一切使わずに、たっぷりの豆乳と卵で
1時間かけて練り上げるというベビーカステラの生地は、キメが細かくしっとりしてます。

福島家

3.27

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

慶応元年創業の老舗甘味処のこちら。
ソメイヨシノの桜にちなんだ
染井さくらあんみつをいただきました。
期間限定ではなく通常メニュウなので
いつでも桜気分に浸れるのが嬉しいですね。

上生菓子は「ひとひら」
桜の花びらが舞う様子を再現したものだそう。
こちらも綺麗です。

トラヤ トウキョウ

3.67

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

有名な老舗和菓子店のカフェでいただいたのは、
桜羊羹プレート。
「雲井の桜」
「桜の里」
という、2種類とも桜をモチーフにした羊羹です。
見た目もお味も、羊羹の概念を変えるような
素晴らしい仕事、繊細な仕事を感じました。


宝来屋本店

3.61

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

靖国神社にほど近いこちらは
1階が販売、
2階がカフェスペースになってるのですが、
桜の開花が始まるとカフェスペースはお休みになるそう。
夜桜と早咲きという
2種類の上生菓子をいただきました。


御菓子司 寿々木

3.26

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

九段下にある、明治から続く小さな和菓子屋さん。
桜の開花時期に合わせて出される
さくらしるこを食べる為に、2回フライングして3度目の正直で食べることができました(笑)
上品な甘さの桜餡に浮かぶ、もっちりな白玉。
有名店ではないけれど、こういうお店は大好きです。

BAR 保志 Segreto

3.08

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: -

スイーツ店ではないのですが、
桜ものなので一応(笑)。
銀座のBAR 保志さんの系列であるこちらでいただいたのは、
保志雄一氏が、2001年に世界大会で優勝したカクテル「さくらさくら」

限られたオーセンティックBARでしか味わえない、BAR専用チョコレートを作る、
ショコラティエ須藤氏のチョコもいただきました。
こちらはカクテル、「さくらさくら」
をイメージしたチョコです。

アルプス洋菓子店 駒込店

3.58

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

テレビで取り上げられた、
期間限定の桜のチーズケーキを食べたくも、
ものすごい行列と、休みのタイミングが合わず
やっと行けたのが閉店のニュースを知ってから。
本物の桜の塩漬けを使った
シンプルながらコク深い味わいと淡い色合いは、
本物の桜のケーキってこれだ!と思えるほど。
カフェスペースはすでに閉めてしまっていたので
テイクアウトでいただきました。
このケーキが2度と食べられないのは
ただただ残念でなりません。

※本記事は、2021/03/03に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ