【堺東】中華のランチで満腹

出典:kurodaさん

【堺東】中華のランチで満腹

堺市の中心部・堺東周辺で、日本独自で進化した中華料理や、本格的な中国料理のお店をピックアップしました。美味しくてリーズナブルな中華料理を味わってみませんか?

記事作成日:2021/03/02

183view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる201の口コミを参考にまとめました。

ランチだと意外にリーズナブル

 世界三大料理のひとつ、中華料理は近世以降、移民として世界中に散らばった華僑たちにより、移民先の国に中華料理を持ち込んだため。日本をはじめ世界各国の食文化に影響をもたらし、日本を含め世界的に広く普及し、また現地化も進んでいます。
 この中には、持ち込んだ国の料理と融合したり、中国大陸に存在しない食材を利用したり、現地人の料理人が考案したりした、中国本土にも見られない進化を遂げた「中華風」とも言うべき中華料理が生み出されました。
 堺市の中心部・堺東周辺で、日本独自で進化した中華料理や、本格的な中国料理のお店をピックアップしました。美味しくてリーズナブルな中華料理を味わってみませんか?

551蓬莱 堺高島屋店

3.07

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

 南海高野線・堺東駅から直結している商業施設、堺タカシマヤの1階食品売り場にあるお店です。
 関西の百貨店にはほぼ出店されているこの「551蓬莱」、テイクアウトとイートインとが並んでいるほは他のデパ地下ショップと同様です。

551蓬莱の「ええとこ」を詰め合わせた定食

551蓬莱 堺高島屋店

 海鮮焼きそば定食(1,000円)は、ご飯か豚まんがチョイスとのこと。さらに海鮮焼きそばは片面焼き、両面焼き、フライ麺からのチョイスです。
 ここの焼きそばは中華そばをお鍋でカリカリになるまで焼いた上から、具材のあんを掛けるタイプ。中華の王道です。そばは最初がカリカリで、あんを吸って次第にしんなりしてくる。この形而変化が好物の所以です。

551蓬莱 堺高島屋店

 具材の海鮮や野菜は大振りで、ホタテの旨みも引き出されている。やはり旨いわ。この焼きそばにお酢を回し掛けると味が引き締まってさらに美味しくなります。

551蓬莱 堺高島屋店

 点心はエビ焼売2個と焼売1個。蒸したてのホカホカで実にジューシー。豚まんは「551蓬莱」の真骨頂。ここでは蒸したてがいただけます。これは値打ちものです。

花梨 麻婆酒家

3.47

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

 南海高野線・堺東駅の西口を出て、横断歩道を渡った正面にある堺銀座商店街に入り、次の角を左に折れてすぐのところにあるお店です。
 店内は厨房を囲うL字型のカウンター席のみの全9席。いささか狭いが新しいだけあって中華店でありがちな油のベタベタ感は皆無です。

灼熱の麻婆豆腐

花梨 麻婆酒家

 「四川麻婆定食(880円)は、強火にかけてちんちんに熱せられた土鍋で出されます。スタッフが土鍋の蓋を取ると煮えたぎった四川麻婆豆腐が現れました。まさに灼熱地獄。その恐ろしい様相とともに、刺激的な香りが立ち上がってきました。
 恐る恐るひと匙を口に運ぶと、熱くてハフハフしてしまうが、辛さや痺れは思ったほどではなく、濃密な旨さを感じます。豆腐はプルプルの絹ごしで、油分を含んで艶々した質感となっています。

花梨 麻婆酒家

 当然ながらご飯との相性は抜群で、熱いながらも次々と匙が進んでいきます。カウンター前には辣油、生唐辛子、一味唐辛子、花椒が置かれており、花椒を追加で掛けると、香りと痺れが増してさらに美味しくなりました。

楓林閣 堺店

3.34

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 南海高野線・堺東駅の駅前、みずほ銀行ビル8階にある中国料理店です。エレベーターを出るとすぐお店。大きなレセプションデスクのある、昔ながらの大箱中華といった雰囲気です。
 席数は300席とのこと。中華料理店らしい大きな丸テーブルに回転台、椅子には結婚式場のようにカバーが掛っています。

昔ながらの大箱・中国料理のリーズナブルなランチ

楓林閣 堺店

 選べるメイン料理と本日の一品が付いた「ニューランチセット」はすべてザーサイ、スープ、ライスのお替りがフリーとのこと。
 注文したのは八宝菜(1,080円)。長方形のトレイに八宝菜と本日のお薦め、春雨の肉炒め、サラダ、ライス、デザート、そして蓋つきの器を開けると中にはスープが…ありゃ!スープが被ってしまった!

楓林閣 堺店

 八宝菜は野菜たっぷりで大ぶりのエビとホタテ、豚バラの薄切りも入っています。基本は塩味だが軽めな 仕上がりでさっぱりといただけます。

楓林閣 堺店

 春雨は逆に濃いめの味付けで、しっかりした風味。ご飯が進む味付けです。
 デザートの杏仁豆腐は少しもっちりした口当たりの本格派。最後にお茶でほっこりとできるのは、こういった大箱中華のいいところです。

広東酒家結

3.18

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

 南海高野線・堺東駅から堺銀座商店街を進み、そのひと筋南側の街路のところにある中華料理店です。
 店内は長いカウンター席と4人掛けのテーブル席が2つの全24席です。

お腹いっぱい食べれる麺セット

広東酒家結

 ランチメニューの麺セット(920円税別)は、麺を「五目」でお願いしました。トレイの上にぎゅうぎゅうに詰まったご飯とともに五目汁そばと唐揚げ、搾菜、杏仁豆腐が並んでいます。

広東酒家結

 五目汁そばはあっさりとした塩スープ仕立てで、玉子とじなのが特徴的です。具材は豚肉、白菜、モヤシ、ニンジン、玉ねぎ、木耳など。実に多彩で、各具材のカットも大きく、食べ応えがあります。
 麺は細めの、少しかんすい臭を感じる中華麺です。柔らかい口当たりの優しい風合いです。スープと具材、麺とのバランスの良さを感じます。

広東酒家結

 唐揚げは大ぶりのものが3切れ。揚げたてで熱々ジューシーです。最後は杏仁豆腐。程よい甘みでさっぱりいただけます。

帝塚山グランパ

3.17

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

 堺東ネタの連続3本目。南海高野線・堺東駅との共同ビル、堺タカシマヤの地下1階にある中国料理のお店です。
 店内は厨房を囲むようなL字型のフロアーに、喫茶店のようなやや小さめのテーブルが並んでいます。

帝塚山グランパ

 本日のサービスセット、揚げそばのセット(980円)は、トレイの上にメインの揚げそばと、小皿3品、スープ、ご飯、そしてデザートが並んでいます。
 揚げそばは皿うどんとは全然違う、中国料理店では一般的な揚げ麺で、野菜と海鮮の餡がたっぷり掛かっています。海鮮は一般的なエビ、イカ、ホタテ。野菜は人参、白菜、きくらげ、シメジなど。色は濃い目だが味はあっさりしています。

帝塚山グランパ

 小皿3種は、エビとブロッコリーのオーロラソース、鶏唐揚げ、豆腐麺とナスです。唐揚げのソースがレモン風味でさっぱり。スープは玉子スープです。卵がたっぷりでトロトロ。
 デザートは杏仁豆腐で、プルプルトロトロ、アーモンドの香り豊かな本格的なタイプ。これはおいしいですね。

ミスター天津飯

3.33

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

 南海高野線・堺東駅から南西方向に6~7分ほど歩いたところの翁橋地区。新しい文化の拠点「フェニーチェ堺」の近くにある中華料理店です。
 店内は厨房に面したL字型のカウンター6席に5卓ほどのテーブル席の全36席。やや雑然とした街中華らしい雰囲気です。

具だくさんの天津飯

ミスター天津飯

 天津飯は、関西風の「しょうゆあん」、関東風の「甘酢あん」、そして「しおあん」が選べます。
 「しょうゆあん」のレギュラーは、たっぷりの餡が掛かっていてボリウム感があります。玉子には木耳、にんじん、椎茸、たけのこ、ネギが含まれていてかなりの具だくさん。ふんわりとした仕上りになっています。

ミスター天津飯

 餡は旨みを強調した仕上りで上品な味わい。ご飯との相性も良いですね。さすが天津飯を店名にしているだけのことはあります。

中国料理 丹甫

中国料理WEST百名店2021選出店

3.64

夜の金額: ¥8,000~¥9,999

昼の金額: ¥5,000~¥5,999

 南海高野線・堺東駅から西方向に歩いて10分ほどのところ、阪堺電車の宿院電停からは東へ少しのところ。フェニックス通りに面したところにある中国料理のお店です。
 店内は奥に4人掛けのテーブルが2つ、手前に2人掛けのテーブルで8人分ほどで、小ぢんまりとしていますね。

上品で洗練された中華ランチ

中国料理 丹甫

 ランチコース(2,500円)では先ず前菜。中国風のピクルスは甘めでフルーティー、ソラマメはXO醤仕立てでピリ辛です。
 スープは南瓜のスープです、一見ポタージュのようだが、一匙口に入れると魚介の風味が広がる、紛れもない重厚な中国料理です。

中国料理 丹甫

 次に所謂「エビマヨ」。しかし並みのエビマヨではない。大ぶりな車エビがやや甘めのマヨネーズでたっぷり覆われている。外はサクサク、中はプリプリの食感に、ナッツの風味が華を添えています。

中国料理 丹甫

 メインは鯛の醤油煮です。しっかりと醤油風味を出していて香味が立っている反面、芽キャベツが爽やかさを添えている。肉厚の鯛の身は実にジューシーですね。
 ご飯は蓮の葉で蒸したチャーハンです。蓮の葉の爽やかな風味が乗ったモチモチした食感が楽しいですね。

※本記事は、2021/03/02に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ