【大阪・お初天神】50年以上続く古色薫る3軒。お一人様でもタイムトラベル

【大阪・お初天神】50年以上続く古色薫る3軒。お一人様でもタイムトラベル

大阪東梅田の「お初天神」に隣接する横丁は、タイムワープ感たっぷりのレトロゾーン。 古色豊かな老舗や個性派店など、濃いお店が密集する景観は、少し飛騨高山の一番街を思い出します。 中から創業50年以上の3軒を。

キーワード
お一人様
老舗

更新日:2015/02/20 (2015/02/19作成)

13542view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エリア全体に懐かしい風情が漂っています。

8cec13f89185eea10d9a1f04b2de3d18

昭和21年創業。ほのぼのと郷愁漂う「北サンボア」。

北サンボア

出典: アルボスさん

ドアを開けると、映画に登場しそうな画になる佇まい。音楽はなく、ゆるやかなタイム感。梅田の喧騒から離れ、ほのぼのとしたノスタルジーと温もりを感じさせてくれます。

北サンボアのカウンターの左半分は、大正14年に北浜に移った元祖サンボアのバーカウンターとのこと。こちらの由緒を感じますね。
いつも入口側に座られる2代目のベテランマスターが教えてくれました。

出典: アルボスさん

サンボアと言えばハイボール。北サンボアでは、氷なしの角ハイボール(900円)。チャームはピーナッツ(150円)です。

出典: アルボスさん

3代目さんが季節折々のフルーツをプロセッサーにかけ作られます。
画像は桃のカクテル(1400円)。
2月は苺のカクテルが揃っていました。

出典: アルボスさん

昭和風情漂うお初天神の路地裏。ステンドグラスが目を引きます。

50余年続く佳き居酒屋「北龍」。新しく日本酒と料理が充実。

北龍

出典: アルボスさん

江戸時代、「角打ち」や「煮売り屋」から発展し大衆文化として花開いたという古来の居酒屋。
そんな古きよき酒場情緒や温もりを感じさせてくれるのがこちら「北龍」。
この地で40余年、前の場所を含め50余年となる古典的な居酒屋であり、日本酒と和食が充実する本格派の居酒屋でもあります。

ご高齢のお母さんお二人で回されてましたが、昨年途中から息子さんの代になり魅力度アップ。画像のように以前はなかった日本酒の木札がシブいです。

出典: アルボスさん

古きよき居酒屋らしい空気を感じる店内。お客さんは、ご高齢で紳士な方が多いです。
大阪のガヤ系大衆酒場というより、「神馬」など京都の古典居酒屋にも通じる感覚でしょうか。
状況によっては、おっさんドヤっ的な側面もありますが、古来の居酒屋をイメージさせてくれます。

出典: アルボスさん

大阪屈指の日本酒専門店の飲食におられた息子さんが加わり、日本酒(20種前後)と和食のバリエーションが拡充。
年配のお母さんお二人はほのぼの、息子さんは寡黙な対応ですが、日本酒について聞くと丁寧に説明してくれます。

出典: アルボスさん

■□ハマチのトロロ蒸し(900円)。

新しくなったメニューは値段表記がされ、一品料理からコースまでのラインナップ。炭火で焼かれる魚介など、3代目の息子さん中心に手間をかけて調理されます。

昭和27年創業。古色蒼然とした蕎麦処「瓢亭」

瓢亭

出典: アルボスさん

暖簾をくぐると、60余年磨かれた古色蒼然とした佇まい。古きよき風情が広がり、蕎麦や料理の味だけでは語れない昭和レトロな心地良さがポイント。
お一人様から居酒屋的に利用するグループまで幅広く親しまれています。

出典: アルボスさん

■□名物の夕霧そば。

江戸時代に主流の蕎麦から派生した「かわりそば」タイプ。傑出した風味を求める蕎麦ではないですが、練り込まれた柚子の風味が楽しめます。
他にも、シソ酢と梅肉を練り込んだ「お初そば」、ざるそば、温そば類、一品料理、酒類etcが充実しています。

出典: アルボスさん

情緒たっぷりの店内は、結構広めでゆったりとしています。昼3時までは禁煙です。

出典: アルボスさん

趣のある外観。気軽に立ち寄れます。

古色の趣とタイム感。気兼ねなく利用できる3軒です。

※本記事は、2015/02/20に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ