【これでなにとぞ】ジャッジを買収できる銘菓【中四国ブロック】

【これでなにとぞ】ジャッジを買収できる銘菓【中四国ブロック】

朝目覚めた瞬間、「あ~あ、あのジャッジ買収しておけばよかった!」と思ったことはありませんか? もみじ饅頭が余りにも有名な中四国ブロック、しかしそれだけではありません! 果物や海産を活かした銘菓がお待ちしています。

キーワード
ケーキ
名物
お土産

記事作成日:2019/02/17

196view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

疑惑のフィギュア界 賄賂の甘い誘惑…

自分の大好きな選手には、いつでも笑顔でいて欲しいですよね! 選手を笑顔にするものと言えば……そう、試合での高得点が一番です!! でも肝心の試合で、練習では何度も跳べているはずのクワドジャンプがどーしても決まらなかったら……? これはもう自然に高得点をもらうのは不可能、「ジャッジを銘菓で買収する」以外に道は有りません。おいしい銘菓を食べてもらって、好きな選手に高得点を付けてもらうのです!

【嘆きの声】
記者A「私も取材を始めた時は、まさかこんなにもジャッジの買収が横行しているとは思いませんでした……公平さを約束しておきながら、裏ではこんなにおいしいおやつを受け取っていたなんて、フィギュアスケート界の今後が心配です。」
ファン「まさかあの温厚な選手のファンが、こんな汚い賄賂をしていたなんてショックです! 選手達にはしっかり前を向いて、こんなあからさまな不正の餌食にならないでほしいですね!」

一体どんな銘菓が賄賂に使われたのか?? その実態が今、次々と明らかに……

(編集者注:こちらは私がTwitterで書いたジョークタグ #私はジャッジをこの銘菓で買収する に集まったツイートを元に作られています。全てご紹介したかったですが、探しきれない・載せきれないものもあるのをご容赦ください)

【広島県】メロンパンのメロンパン

Clear

商品名が店名になっているのはヒットの証です。推薦者曰く、パンというよりおまんじゅうに近くて、中にずっしりしたレモンクリームが詰まっているんだそう。メロンクリームじゃないんだな……って思いましたね。腹もちも良さそうです!

【愛媛県】母恵夢本舗のきさいや

Clear

「きさいや」とは愛媛県南予地方の方言で、「来てください」という意味なんだとか。アイスショーに推し選手を呼びたい人におすすめです!
名物であるじゃこ天をお煎餅にしたもので、グレーの見た目が買収にピッタリでもあります。

【広島県】長崎堂のバターケーキ

Clear

広島なのに長崎堂ですが、このバターケーキのルーツが長崎のカステラなんだそうです。シフォンケーキのように具が入ってないシンプルな断面はふっくらフワフワ。
珈琲も合いますが 牛乳と相性ばつぐんなんだそう。お店には行列ができてるみたいですね!

【広島県】合歓のバターケーキ

Clear

合歓と書いて「ねむ」と読むんだそう。バターケーキは広島の名物なんですね!
見た目はそっくりですが、こちらのほうが長崎堂よりやや甘さ控えめで、表面にサクサクした部分があるというネット調べ。お店はバターケーキ1本でやっているようです。

【香川県】白栄堂の観音寺饅頭

Clear

しっとりとした黄味あんと洋風生地を合わせた、和洋折衷なお菓子です。見た目カステラっぽいですが、餡が入ってます。
結構この記事を書いてると、和洋折衷銘菓が各地で愛されてるんだなと思いますね。銭形印が目印。

【広島県】やまだ屋の桐葉菓

もみじ饅頭で有名なやまだ屋さんの、もみじ饅頭ではないほうのお菓子です。
冷凍庫で冷やしても固くならないので冷やして良し、オーブンで軽く焼いてく表面をカリッとさせて良し、色んな楽しみ方ができるようです。

【広島県】天光堂のほろ酔いもみじ饅頭

出ました、もみじ饅頭の亜種です。「もみじ饅頭、さっきやまだ屋のお菓子って言ったなかった?」ってとこなんですが、実は高津堂というところが元祖でありつつ、今では色々なところが作っているんだそう。
こちらの「ほろ酔いもみじ饅頭」はなんと、こしあんいりもみじまんじゅうにミルクチョコレートをコーティングした上、ブランデー入りシロップにつけこみました。オプション特盛の大人の味です!

【香川県】菓子工房 ルーヴの和三盆手巻

こっちの和洋折衷は、和風ロールケーキです。昔TVチャンピオンで2連覇したパティシエさんが作っているというタレコミ。
讃岐に古くから伝わる「和三盆糖」と香川県産米「おいでまい」の2つの県産品を使ってます。生地には米粉が使われていて、さっぱりしてそうですね!

【香川県】汐沢製菓のやきもち

Clear

基本的に餅焼いたものは美味いんですけど、この焦げ目がいかにも香ばしくて美味しそうです。他の選手からヤキモチ妬かれるくらいの加点を期待したいですね!

【山口県】豆子郎の生絹豆子郎

「生絹豆子郎」で「すずしとうしろう」と読むそうで、なんか限りなく刀剣男子のようですが、外郎(ういろう)です。山口県は米粉ではなくわらび粉の外郎が有名ですね! 米粉よりもプルプルの食感でおすすめなのです。

【高知県】はりま家の四万十の焼えびせんべい

Clear

最近定番のお土産ですが、とりあえず筆者は1箱買って誰にも配らず1人で食いました。香ばしい焼えびをフレークにしてギュッと固めたような、小さなお煎餅です。甘くないので無限に食えます。

【岡山県】白十字のオペラレーズンサンド

写真の関係で広島の店舗を紹介していますが、岡山のお菓子です。
ほろ苦くしっとりしたココアクッキーに、ラムレーズン入りのホワイトチョコクリームが入っているとのことで、つまりよくあるレーズンバターサンドのココア版……個人的にすぐにでも食べたい度が高いです。
ネーミングの由来はオペラ座の怪人だそうで、特定の選手に関する賄賂に力を発揮してきたことが伺えます。

【高知県】桂の吟醸カステラ蔵出し

こちらは吟醸酒をしっとりと含ませたカステラに餡子を挟んだお菓子だそう。洋酒を含ませることは多いですが、日本酒は珍しいですね!
カステラ生地は卵白のみを使用していて真っ白です。用途が真っ黒なのが不憫でなりません。

【岡山県】源吉兆庵の陸の宝珠

Clear

どう考えても食ってみたい、岡山のマスカットを求肥に丸ごと入れた和菓子です。筆者の住む埼玉も「彩果の宝石」とか出してますけど、別段果物が採れませんのでね、こういうのを出されてしまうと太刀打ちできません。もう賄賂と言うか接待です。

【広島県】はっさく屋のはっさく大福

Clear

これも食べたいもんですね~! みずみずしいはっさくを白餡と包んでいるそうです。期間限定なうえ売り切れちゃうので、ジャッジの分と自分の分を確保しないとですね! ただし因島なのでそこまで行く必要はあり、なかなかのネックです。

【広島県】三上貫栄堂の洋酒ケーキ

Clear

ブランデーとラム酒をたっぷり染ませた大人のケーキ。パッケージが雰囲気醸し出してるからそっちを載せたかった系のです。鈴屋のデラックスケーキと同じパターンですね。
結構残り香があるので車の運転にはご注意を、とのこと……酒気帯びダメ、ゼッタイ……

【広島県】和泉光和堂の乳団子

ふんにゃりモチモチのミルク餅です。もう見た目からしてふんにゃりを固く約束してくれてます。個包装で食べやすく、競技中にさりげなく頬張り、ふんにゃり採点することも可能でしょう。

なかなか広島にバリバリ力の有った中四国でした。生のフルーツ銘菓が2つあったのは羨ましい限り! 特に「陸の宝珠」は支持率が高く、氷上での活躍が期待できます。バターケーキも2か所出てて、次行く機会には買いたいものですね!

※本記事は、2019/02/17に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ