【あべの・天王寺】餃子の旨い店・厳選9店【鍋貼】

出典:kurodaさん

【あべの・天王寺】餃子の旨い店・厳選9店【鍋貼】

中国発祥ではあるものの、今や日本の人気メニューのひとつになっている餃子。あべの・天王寺界隈で、日本で独自に進化を遂げた餃子の旨いお店を厳選、ここにご紹介します。

更新日:2021/11/21 (2018/12/22作成)

5555view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる239の口コミを参考にまとめました。

日本の餃子は焼き餃子が主流

 小麦粉からなる皮で肉、エビ、野菜などを混ぜ合わせた餡を包み、茹でたり、焼いたりした料理、餃子。中国発祥ではあるものの、今や日本の人気メニューのひとつになっています。
 餃子は旧満州の中国東北部でよく食べられていたため、戦後、関東軍や満州開拓団などの引揚者によって、日本国内に広く普及されました。
 しかし、米飯が主食の日本では、ご飯のおかずとして食べられるよう、水餃子ではなく薄目の皮を使用した焼き餃子が主流となるなど、独特の日本化した餃子に変貌しています。
 あべの・天王寺界隈で、日本で独自に進化を遂げた餃子の旨いお店を厳選、ここにご紹介します。

千番

3.39

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: -

千番

 JR大阪環状線寺田町駅のすぐ近く、国道25号線のひとすじ南側を東西に渡る道路沿いにある、餃子が名物のお店です。
 店内は鰻の寝床のように細長く、入口側にカウンター席が並び、奥にテーブル席。2階にも席があるようです。

カリカリ・サクサクの薄皮餃子

千番

 餃子は5個・180円で、注文は10個以上からとのこと。
 餃子は5個が一列で、餃子は薄皮でかなり小さいタイプ。卓上の合わせ酢、辣油、薬味だれを合わせていただきます。薬味だれはネギがベースです。

千番

 焼き目がいい色に焼けてカリカリでサクサクな食感。餡は牛筋ペーストなど、24の素材とスパイスが混ぜ込まれたのだそうで、野菜はキャベツが主体かな?あっさりとした風合いです。
 このお店では、餃子70個を平らげると店内に名前が掲示してもらえます。

アベノ珉珉

3.49

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

アベノ珉珉

 「あべのキューズモール」の北側一角を占めるViaあべのWalkの地下1階にある中華のお店です。
 このお店は阿倍野再開発前には「あべの銀座」の路地裏にあったお店。当時の怪しげな雰囲気からは程遠い、劇的な変化を遂げています。

あべの銀座のDNAを残すお店の人気餃子

アベノ珉珉

 ここはなんといっても餃子(320円)。やや小ぶりの餃子7個が1人前です。「あべの銀座」に有ったころからの人気商品です。
 薄目の皮でカリッと焼かれています。

アベノ珉珉

 包みは中央部を合わせて両側から寄せてくるタイプ。餡はねっとりと練られて肉の旨味がありますね。ニンニクは控えめであっさりいただけます。
 客層は「おっちゃん」が多数。お店は新しくなってもこれは変わらないですね。お店にもDNAみたいなものがあるのかもしれません。

さか市

3.38

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

さか市

 近鉄の商業ビル「あべの&」の東側の筋を南に下り、一つ目の辻を東に入ってすぐ。この住宅街にひっそり沈む中華料理店です。
 中はかなり年季が入ってる様子で、テーブル席とカウンター席合せて20数席。年配のご夫婦で営業されている様子です。

昭和が香る中華料理店の焼餃子

さか市

 餃子はやや小ぶりなのが7つ並んでいます。皮がしんなりしていて餡はふわっとしている柔らかい餃子。餡は野菜がメインで刻みが細かい。
 ややニンニクが強目ながら、全体にあっさりしていて食べやすいですね。ただ、包みが緩いので、注意して箸で運ばないと崩れてしまいます。

さか市

 天津飯(550円)は、ふんわりした玉子にコクのある餡がたっぷり掛かっています。玉子にはプリプリした海老が入っていて、値段以上の高級感があります。刻みたてのネギの香りもいいですね。

北神ぎょうざ

3.46

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

北神ぎょうざ

 地下鉄谷町線・天王寺駅の直上、またJR天王寺駅の直下にある地下街「あべちか」にある餃子専門店です。
 お店はテイクアウトとイートインの並立になっていて、最近よく見かける「デパチカ」のイートインのようになっています。カウンターは7席程、買い物ついでに気軽に寄れるような造りになっています。

もう少し食べたいぐらいがちょうどいい

北神ぎょうざ

 ランチの餃子定食(500円)は、トレイにご飯、お味噌汁、小鉢の切り干し大根、冷奴、そして餃子が並んでいます。

北神ぎょうざ

 やや小ぶりな餃子は野菜が多めであっさり目、ニラの風味が効いているとともにお肉の甘みも感じられていい感じ。味噌だれのマッチングも良好です。

永楽

3.19

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

永楽

 JR阪和線・美章園駅から高架に沿って北方向のガード下にある中華料理店です。
 中はカウンター席が8席程並び、右側に1組だけのテーブル席、奥に厨房といった小ちんまりした造りだが、2階席もあるようです。

何個でも食べれるあっさり餃子

永楽

 餃子(焼きめしとセット価格で700円)は、やや小ぶりながら羽根のある7個入り。にんにくは控え目であっさり系の仕上がりです。こういった何個でも食べれるような餃子はいいですね。

永楽

 焼飯はパラパラと仕上がっているが、コントラストの効いたしっかりした味付け。こういった中華料理店では平均的な味です。

中国料理 紅龍

3.31

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

中国料理 紅龍

 JR大阪環状線・寺田町駅の北口から国道25号線を東へ5分くらい歩いたところ、生野本通商店街の入口近くにある中華料理店です。
 店内は1階が厨房に面したカウンター席のみの10席程度、2階は20席ほどのテーブル席が並ぶ全30席ほどです。

野菜の食感が良好の餃子

中国料理 紅龍

 餃子(300円税別)は6個入りでやや小ぶりなタイプ。餡が粗く刻まれ、野菜の食感が残っているのがいい具合。ニンニクが控え目なのいいですね。
 餃子のタレは醤油・酢・辣油を自分で配合します。自分好みの味が作れるのでこのほうがありがたい。

中国料理 紅龍

 このお店では関西では珍しいタンメン(汁そば)があるのも特徴のひとつです。淡白なタンメンと餃子と相性は抜群です。

悦来閣

3.42

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

悦来閣

 JR・天王寺駅の北口から、まるでここだけ昭和のまま取り残されたかのようなレトロなアーケード街「天王寺駅前阪和商店街」を抜けて、明るい場所に出たところにある中華料理店です。
 店内はカウンター6席。テーブル席は20人ぐらい。庶民派の中華料理店といった雰囲気です。

立派な羽根を持つあっさり餃子

悦来閣

 焼き餃子(250円)は、見事な羽根つき。羽根のパリパリした食感と、餡のジューシーさが相まって、実に上質の仕上がり。大蒜が入っていないので、何個ででも食べられます。

悦来閣

 このお店では水餃子(500円)も用意されています。もっちりジューシーな味わいが楽しめます。

餃子の王様 龍吟

3.05

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

餃子の王様 龍吟

 あべのハルカスの12階にある中国料理店です。
 店内はテーブル席が主体ながら、中国料理店には珍しいカウンター席も10席設けられた全62席。全体に明るくリデザインされています。

大きさに圧倒される

餃子の王様 龍吟

 「焼き大餃子」(3個429円)は、名前の通り実に大きな餃子です。当然ながら重く、しかも皮が滑るので箸で摘まみ上げにくい。
 酢醤油に浸して口に運ぶと、皮がプルプルで上質の口当たりです。

餃子の王様 龍吟

 やや厚めの皮に包まれた餡は野菜の食感が残っていて、肉の旨味と野菜の甘みが混然となって実に美味しいですね。

餃子のしんちゃん あべの橋

3.09

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

餃子のしんちゃん あべの橋

 近鉄・大阪阿部野橋駅の南側、あべのハルカスとあべのHoopの間の道を東方向に少し進んだところにある、餃子とレモンサワーを主役にしたお店です。
 店内は厨房を囲うカウンター席と、その背後のテーブル席からなる全80席と意外に大箱です。

肉汁溢れる焼き餃子

餃子のしんちゃん あべの橋

 「肉汁餃子」(5個・438円)は、お店でひとつずつ手包みしているとのこと。
 整然と襞の整った餃子はふっくらと焼きあがっています。裏返すと焦げ目もいい具合。なかなか美しい姿です。

餃子のしんちゃん あべの橋

 熱さと汁垂れに注意しながら少しかじってみると、餃子の中からスープが溢れ出てくる…小籠包のようです。
 卓上に餃子のタレが用意されているが、スープに味が付いてるのでこれを使うまでもありません。

餃子のしんちゃん あべの橋

 飲み物の主力はレモンサワー。「しんちゃんレモンサワー」(209円)は、キンキンに冷えた金属のカップに注がれ、輪切りの国産レモンが3枚。シンプルで飲みやすいサワーです。
 レモンの香りがさわやかで、餃子とレモンサワーのマリアージュが楽しめます。

※本記事は、2021/11/21に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ