フォーリンデブはっしーさんが投稿した岸田屋(東京/月島)の口コミ詳細

イエス!フォーリンデブ★

メッセージを送る

フォーリンデブはっしー (30代後半・男性・東京都) 認証済

この口コミは、フォーリンデブはっしーさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。

最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら

岸田屋勝どき、月島、築地/居酒屋

1

  • 夜の点数:4.5

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス3.7
    • | 雰囲気4.5
    • | CP4.8
    • | 酒・ドリンク3.8
  • 使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999
1回目

2010/12訪問

  • dinner:4.5

    • [ 料理・味4.5
    • | サービス3.7
    • | 雰囲気4.5
    • | CP4.8
    • | 酒・ドリンク3.8
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999

身も心も癒されて元気になれる、第二の実家

★2011年まとめ★

マイベストオブ居酒屋であり、心のふるさと(癒しの場所)なのが、月島にある「岸田屋」。
このお店の素晴らしさは、今までの記事で何度も力説しているほど、大好きなお店です。

2010年は、1年間お世話になった御礼も込めて、癒し系ママに花束をお贈りしましたが、
2011年も、しっかり太らせてもらったので、気持ち程度ですが花束をお渡ししてきました。

最近は、数年前にはなかった刺身系メニューができたり、肉豆腐がより美味しくなったりと、
老舗有名店ながら、老舗にあぐらをかかず、イノベーションを惜しまないところは、さすが!
なので今回は、ここ岸田屋で、2011年の1年間に感激したものを、部門別に発表します!

【瓶ビール 大びん (630円)】
まず、お酒部門ですが、じつはここには、プレミアムな名酒などは、置いてありません。
なぜなら、岸田屋は、あくまで「大衆居酒屋」だから! お店の雰囲気にピッタリすぎる、
キリンラガービールは、生もありますが、やはりここは瓶で、注ぎつ注がれつつすべし!

【ウーロン割り (420円) / ハイボール (450円)】
寒い冬場は、まずは瓶ビールで始めつつ、途中から熱燗にチェンジするのが、自分流。
熱燗は、王道の、菊正宗と松竹梅の2種類のみ。 そしてたまには、ハイボールなども。

【牛にこみ (480円)】
マストアイテム部門は、ここ、岸田屋に来たら、マストで注文すべき、ツマミ料理の部門。
もはや言わずもがなですが、牛にこみは、世界文化遺産にも登録していいほどの、逸品!
牛モツのいろいろな部位が、とろっとろに煮込まれ、もはや、シチューとも言える口当たり♪
まずはそのまま、そして刻みネギと合わせ、さいごに七味をかけて、と3段階で味わえます。

【肉どうふ (650円)】
牛にこみと双璧をなす名物が、こちら、肉どうふ。 牛肉・ネギ・豆腐が、しっかり煮込まれ・・・
味が存分に浸みた、まさに癒しの料理。 5年前くらいまでは牛肉がぼそぼそぎみでしたが、
旨味と脂身のあるものに改善され、マストアイテム入り。 からーい練りカラシも、必見モノ!

【ぬた (450円)】
続いては、前菜部門。 マストの、牛にこみと肉どうふは手配しつつも、サイドを飾る前菜。
シンプルながら好きでいつも頼んでしまうぬたは、シャキシャキした食感が、口直しに良し♪

【シラスおろし (250円) / トマト (300円)】
いきなりヘルシー系が続いてしまいますが、ユズ皮をのせたサッパリなシラスおろしや・・・

【煮干しピーナッツ和え (?円) / 焼はま (600円)】
砕いたピーナッツの食感が楽しい煮干し、日本酒にピッタリな焼ハマグリなどもあります。

【鮭ハラス焼 (350円)】
さてここからは、メインのツマミである、魚料理部門! じつは岸田屋には、肉系メニューは、
肉どうふぐらいしかなく、ほとんどが魚系。 それだと痩せてまうやないかー!という時に・・・
DEBUの味方となってくれるのが、鮭ハラス焼! 2本で350円という、破格の安さながら、
あまーい脂が超ノリノリで、岸田屋にしてはめずらしい攻撃的な一品。 むぅ、、、おかわり!

【寒ぶり刺し (650円)】
そして近年メニューに加わった刺身系では、アジ・サンマ・赤貝・ウニ・白子といった生モノを、
以前の記事で紹介しましたが、2010年で最高に美味しかった刺身と言えば、寒ぶり刺し!
ブリが豊漁ということで、安くて美味しいブリが入荷できたのかと思いますが、これが絶品!
人によっては、脂が多すぎと言うかもしれませんが、DEBUにはたまらない、とろけっぷり♪

【さば味噌煮 (?円)】
煮魚では、さば味噌がダントツでした! 定番メニューではないので、ない日もありますが・・・
あったら、迷わず頼むべし! サバはもちろん、白味噌をたっぷり吸いこんだ大根も、秀逸♪

【子持カレイ煮付 (450円)】
定番の煮魚は、子持カレイ・銀ダラ・きんめ、そして魚じゃないけどアナゴ、といったところ。

【銀だら煮付 (650円) / きんめ煮付 (600円)】
味付けは、肉どうふと近いですが、きんめも真っ黒になるほどの煮付けっぷりは、さすが!

【ねぎま煮 (500円) / カジキ柏漬 (600円)】
ちなみに、美味しい美味しいと言っていますが、時にはそこまでのものも、あるものの・・・

【シシャモ (500円)】
卵がたっぷり入ったシシャモのようなツマミにあたれば、もうお酒が手から離せなくなります。

【牛にこみ(480円)+いわしつみれ吸物(300円)+白米(?円)】
ステキなツマミとお酒でワッショイしたあとは、いよいよ、〆炭水化物部門で、フィニッシュ!
DEBUのおきまりセットとしては、しっかりとダシが浸み出た、癒し系のイワシつみれ汁と・・・
最初に食べた絶品の牛にこみを、再度手配して、オンザライスするという、究極の定食!
牛にこみ(お店の愛情)を、ふっくら炊かれた白米(DEBUの原点)でキャッチし、もう幸せ☆

【なめこ汁(350円)+白米+肉どうふで残った煮汁】
しかし! 神は残酷なもので、牛にこみが売り切れという緊急事態に陥ってしまったときは・・・
日々の修行で疲れた胃と肝臓を、芯から癒してくれるなめこ汁で、心を落ち着かせながら・・・
肉どうふで残った煮汁を、白米の上からチャ~とかけて食べるという、、、禁断の定食で!
まさに貧乏喰いとも言えるような食べ方ですが、これがDEBU的には、ウマイのなんの!!

いつも、お腹と心を満たしてくれる岸田屋は、東京砂漠のオアシスとも言えるべきスポット!

ちなみに、今日の「アド街ック天国」が月島特集で、岸田屋や在市が登場したので、
ますます行列ができてしまいそうですが、オススメとしては、開店直後か閉店直前が狙い目。
とブログで言ったら、穴場の時間がバレちゃいますが、多くの人に愛さるのは嬉しいところ♪

ご年配の癒し系ママの健康を気遣うばかりですが、2012年も、愛し愛されたいお店です☆


■ブログ詳細記事
 イエス!フォーリンデブ★ ⇒ http://fallindebu.net/archives/4083284.html


======================================

★2010年まとめ★

2011年最初の記事は、My Best Of Heaetful Izakaya(直訳:癒し居酒屋)の、「岸田屋」。

美味しんぼにも登場する有名店ながら、けっして気取っていない、誰もが心休まる場所!
味・値段はもちろんのこと、まるで温泉のように、疲れを癒してくれる空間がそこにあります。

地元ということもあり、前々から定期的に通っていますが、昨年も大変お世話になりました♪

以前の記事を見ていただければ、このお店の素晴らしさが分かってもらえると思いますが、
今回は昨年一年間の"癒し"も兼ねて、未公開厳選写真もアップし、ダイジェストでお送りします!

【キリンラガービール】 (ラガーのCMに出てきてもいいぐらいピッタリの雰囲気)

【ぬた】 (甘い味噌は味が濃いので、ちょっとずつ付けるのがオススメ)

【アジ刺しタタキ】 (最近は、刺身系のメニューも追加されました)

【サンマ刺し】 (秋の味覚・サンマは、生でも、焼いても、脂たっぷり)

【赤貝刺し】 (鮮度の良さが大切な貝類も、新鮮そのもの)

【ウニトロ巻き】 (かねますの生ウニ牛肉巻きに対抗してか、こんなメニューも)

【白子ポン酢】 (酒飲みなら、キライな人はいないでしょう!)

【熱燗6合】 (白子ポン酢と、合わせない人はいないでしょう!)

【本シシャモ】 (たぶんメニューにないメニューだけど、身がプリップリ~)

【アナゴ煮付】 (アナゴは、煮付だけじゃなくて、白焼もGOOD)

【ブリ大根】 (小鉢でサイズは小さいけど、味はバッチリ)

【肉豆腐】 (定番の肉豆腐は、近年になって肉がより美味しくなった)

【牛煮込み×2】 (名物のモツ煮込みは、最初と最後に頼むべし)

【牛煮込み丼(オリジナル)】 (だって、〆にオンザライスしたいんだもの♪)

【イワシつみれ汁】 (必食の1杯は、これだけで疲れが癒される)

【おにぎり】 (たしか、シャケ・おかか・明太子から具を選べたはず)

【カキ豆腐】 (これまた新しくできたメニューは、この店では高価格帯の800円)

【カキ豆腐⇒雑炊】 (でも、食べたあとは、米と卵と野菜を入れて雑炊にしてくれる♪)
            (〆は、牛煮込み丼か、カキ雑炊かで悩むけど、どちらにしろ至福の時!)

温かみのある料理はもちろんのこと、ママさんのかわいらしさ、娘さんのチャキチャキさ、
カウンター越しのお客さんたちの笑顔、これら全てが、ゆったりとした空気を作っています。

2011年も、疲れた時には岸田屋で癒されながら、また元気に明るく太りたいと思います!

■ブログ詳細記事 ⇒ http://fallindebu.net/archives/3223602.html


=======================

★2009年12月再訪★

マイベストオブ居酒屋を再訪しました。
やっぱりいつ来てもこのお店は、サイコーです!

http://blog.livedoor.jp/fallindebu/archives/2358336.html


=======================
★2009年10月再訪★

お気に入りのお店を再訪しました。
詳細はブログに書きましたので、よろしければご参考までに!

http://blog.livedoor.jp/fallindebu/archives/2083057.html


=======================
★2009年10月訪問★

東京3大モツ煮込みのひとつ、月島の「岸田屋」。美味しんぼに出てきたことでも有名なお店です。
幸いにも住まいから近いこともあり、定期的に通っている、大好きなお店のひとつです!

「牛にこみ(450円)」。
これが最高に美味しいモツ煮込み! いつ食べても、さすが!と唸ってしまうほどの奥深さです。
いろいろな部位がトロットロになるまで煮込まれていて、いうなればこれは和風のシチューです♪

部位は、ショウチョウ、フワ(肺)、レバー、ナンコツ、あたりでしょうか。
黄金聖肉(ゴールドモツ)たちの小宇宙(コスモ)が爆発です!(出典:聖闘士星矢)

「ぬた(450円)」。
一見なんてことのなさそうですが、これがまた酒のツマミにいいんです!
ぬたのシャキシャキ感と味噌の甘さ加減がちょうどいいので、いつも頼んでしまいます♪

「肉豆腐(600円)」。
そしてこの肉豆腐もマストな逸品!
全体の味つけ、豆腐の煮込まれ具合、肉のうまみ、ネギの甘み、全てがパーフェクトです。

しかも、以前は肉が薄かったり、パサつきぎみの時がありましたが、今回は肉もベストな状態です♪ 

「鮭ハラス焼き(350円)」。
小ぶりではあるものの、ジューシーなハラスがこの価格で食べられるのはうれしいかぎり!

「いわしのつみれ汁(280円)」。
いろいろと飲んで食べて満足したので、そろそろ〆に入ります〜。
〆はいつもの、つみれ汁+おにぎり、のゴールデンコンビが登場です!
このつみれ汁もホント好きな味です!一滴も残さず飲み干すと、至福の時が訪れます♪

「明太子おにぎり+おかかおにぎり(値段不明)」。
ちゃんと最後のごはんものも用意してくれているのが、ありがたいですね。
ふわっと握られたおにぎりは、なんだかホッとさせてくれるような一品です。

やっぱり、ここ「岸田屋」は、自分にとってのベストオブ居酒屋です!
ひとつひとつ丁寧に作られた料理の美味しさはもちろんのこと、
お店のおばちゃんやおねえさんの接客も、たいへん心が温まります。
(特に、おばちゃんは優しいオーラが漂っていて、話しかけられると疲れが癒されます)

しかも、このお店には3年ぐらい前から来ていますが、どんどんレベルアップしている気がします。
これは、老舗なのに日々成長し続けているのか、それとも自分が店に合うようになっているのか。

これからもこんないいお店が、ずっと続いてくれるよう、通い続けたいと思います(^o^)

■ブログ詳細記事 ⇒  http://blog.livedoor.jp/fallindebu/archives/1732120.html

  • 煮こみ

  • 煮こみ

  • ぬた

  • 肉豆腐

  • 肉豆腐

  • ハラス焼き

  • つみれ汁

  • おにぎり

  • 肉豆腐

  • 牛煮込み

  • サンマ刺し

  • キリンラガービール

  • アジ刺し

  • 煮込み丼(オリジナル)

  • おにぎり&つみれ汁

  • 牛煮込み×2

  • ぬた

  • ウニトロ巻き

  • アナゴ煮付

  • ウニトロ巻き

  • ブリ大根

  • 熱燗6合

  • 赤貝刺し

  • イワシつみれ汁

  • カキ豆腐

  • カキ豆腐

  • カキ豆腐⇒雑炊

  • 白子ポン酢

  • 白子ポン酢

  • 本シシャモ

2016/01/04 更新

利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する

エリアから探す

すべて

開く

北海道・東北
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
中部
愛知 三重 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 石川 福井 富山
関西
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国・四国
広島 岡山 山口 島根 鳥取 徳島 香川 愛媛 高知
九州・沖縄
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
アジア
中国 香港 マカオ 韓国 台湾 シンガポール タイ インドネシア ベトナム マレーシア フィリピン スリランカ
北米
アメリカ
ハワイ
ハワイ
グアム
グアム
オセアニア
オーストラリア
ヨーロッパ
イギリス アイルランド フランス ドイツ イタリア スペイン ポルトガル スイス オーストリア オランダ ベルギー ルクセンブルグ デンマーク スウェーデン
中南米
メキシコ ブラジル ペルー
アフリカ
南アフリカ

閉じる

予算

営業時間

ページの先頭へ