個人的に相模原市内ではとりあえず行ってみて欲しいらーめんの評判店。

出典: 岡崎宏一郎さん

個人的に相模原市内ではとりあえず行ってみて欲しいらーめんの評判店。

2016年のゴールデンウィーク以降、つまりはここ2年の間にオープンした比較的新しいらーめん店に限定してみました。まとめにしたくて、最近5軒とも食べ直してみましたよ。

記事作成日:2018/05/03

2071view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープン日が新しい順に紹介して行きます。

麺屋 歩夢

2018年4月15日オープン。かなりの人気店らしい豚星。を任されていた歩夢さんのお店。女子高校生風のcalifさんが二郎系ではNo.1と言うように、ガッツリ野郎ラーメンとしては相模原No.1かも知れませんね。オープン2週間ほどにして食べログでも点数が付き、現在3.37。余程のことがない限り、じき3.50の大台に乗るでしょう。Pは7台分で淵野辺駅からは離れている。上に見える通称・黒アブラはヤサイに良く合う甘辛の美味しいものなので、ぜひトッピングしてもらって下さい。半分量でもお願い出来るはず。

Sagamihara 欅

2017年9月19日オープン。個人的には醤油or味噌らーめんがおすすめ!いろんな素材でとる清湯スープながら、少し前に、豚骨出汁を濁らない範囲で強めたそうで、変わらずに評判店でいるために変わろうとしている良店のひとつ。カウンター席のみの狭い店内ながら、シンプルに洒落ているので、らーめんは食べ慣れていないような方にもおすすめですね。現在食べログの点数は3.58。Pは少し離れた場所に2台分。

元祖一条流 がんこ総本家 分店

オープンは2017年5月1日で、一昨日でちょうど1年が経ちました。昨日食べた「青唐辛痛麺」(写真)の青唐辛子エキス10辛はやたらめったら美味しく、辛党な個人的にこの一杯に関してはマチサガ(町田市と相模原市)のらーめんでNo.1だと思いました。現在3.54。Pは600台分以上。

煮干し豚骨らーめん専門店 六郷

リニュアルオープンは2017年2月1日。相模原界隈では有名な六角堂が煮干しに特化したらーめん店を始めました。ガツンと濃厚煮干し豚骨らーめんもじんわりあっさり煮干し100%らーめんもどちらもおすすめ。11月には町田店もオープンしました。どちらでもご都合に合う方へどうぞ。現在3.57。お店の向かいの巨大立体Pにとめたら30分100円分の駐車割券を貰えます(但し、最初の30分は駐車代無料のよう)。

中村麺三郎商店

2016年5月2日オープンしていきなり人気が出た相模原市内ではとても有名ならーめん店。意識高い系と揶揄する人や塩と醤油らぁ麺で使われるにゅうめんみたいな自家製麺は柔らかくていまいちなんてことを言う人もまあまあいますが(現在だと白湯らぁ麺と酸辣湯麺で使われるのは別の低加水麺)、僕は塩らーめん(写真)のスープの余りの美味しさに神を見たことがあります。昨日のオープン2年ちょうどの日には定休日だったけどレギュラーメニューで昼営業だけやり、予定だと7月頃に2周年の何か旨い一杯をやるとのこと。現在3.65点は貝ガラ屋に次いで市内飲食店第2位。Pは4台分。

特には新しい情報は持っていないので入れませんでしたが、らーめん店ならやたらある相模原市にいらっしゃる方は、この中からどこかに行かれたら、楽しんでもらえるかも知れません。

いつも見てくれる方、時々の方、初めて見に来られた方、みなに感謝します。有難うございます。

※本記事は、2018/05/03に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ