埼玉県さいたま市 #岩槻 区の美味しいお店Part1 26店

出典:takafumiaoki000さん

埼玉県さいたま市 #岩槻 区の美味しいお店Part1 26店

埼玉県さいたま市岩槻区は岩槻城の城下町で人形の街です。「岩槻には過ぎたるものが2つある。児玉南柯に時の鐘」という言葉もあります。 鉄道は東武アーバンパークライン岩槻駅と東岩槻駅があります。 岩槻の美味しいお店を紹介します。

更新日:2019/02/15 (2018/02/24作成)

11345view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる651の口コミを参考にまとめました。

岩槻の美味しいお店のまとめ Part1

中華の永楽、とうふらぁめん蘭蘭、niwasaki cafe いわさ喜、オランダ軒、大勝軒 東岩槻、お食事処山吹 岩槻店、めんくみ、台湾料理 雅致、とわそりーぬ、つき路 本店、一作、丸亀製麺 岩槻店、オーブンフレッシュカフェ 東岩槻、からやま 岩槻インター店、ジョナサン 岩槻店、デニーズ 岩槻インター店、サイゼリヤ 岩槻駅東口ワッツ店、日本海庄や 岩槻店、喜多方ラーメン 小法師岩槻店、ドトールコーヒーショップ 岩槻駅前店、たつのこ、フフフ、焼肉 やっちゃん 城北店、ショクドウカフェ ラパン、砂場 加倉店、CoCo壱番屋 東武岩槻駅東口店の26店を紹介します。
【番外編】セブンイレブン 岩槻駅東口店、セブンイレブン さいたま加倉店
【閉店】菜の香 岩槻駅前店、幸楽苑 岩槻インター店

中華の永楽

3.48

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2017年3月20日(月)に初めて中華の永楽を訪れた。
お店の造りはテーブル席のみであるが、店内は広い。
AM11時から明け方のAM5時まで営業をしている。
ラストオーダーは、AM4時であるそうだ。
客層は老若男女幅広い。
店内には洋楽が流れていた。

豚角煮丼を食した。
豚角煮丼は、税抜933円で税込1007円であった。
メニュー表は税抜と税込の両方が表示されている。
豚角煮丼は、豚角煮が三枚に青梗菜が添えられていて、中華スープがつく。
豚角煮は、トロトロで旨味があり、肉厚で肉を食べた満足感がある。
口の中に入れるとほどける感触がある。
甘じょっぱいタレも旨い。
青梗菜のシャキシャキとした食感も良い。
中華スープも熱々で出されて、旨味があり味つけがしっかりとしていて美味しかった。

とうふらぁめん蘭蘭

3.33

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2016年11月6日(日)に久しぶりにとうふらぁめん蘭蘭を訪れた。
昔からある老舗の名店だ。
秋晴れの日であった。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
駐車場はない。
客層は老若男女幅広い。
席に着くと冷たい水が出された。

とうふらぁめんと餃子を食した。
とうふらぁめんは税込700円で餃子は税込390円である。
学生は学生証を提示するととうふらぁめんが50円引であるそうだ。
とうふらぁめんの具は、豆腐、ほうれん草、ねぎ、ひき肉のシンプルなものだ。
スープはアツアツで醤油味であり、少しピリッとする。
スープが熱いのもとうふらぁめんの特徴である。
寒い日はその熱いとうふらぁめんが食べたくなる。
麺はツルツルとしていてのどごしが良い。
豆腐は平行四辺形の形に切られていて身が締まっている。
餃子は、6個で、こんがりと焼かれていて餡がしっとりとしている。

niwasaki cafe いわさ喜

3.08

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2017年3月12日(日)に初めてniwasaki cafe いわさ喜を訪れた。
岩槻愛宕神社で大ひな壇飾りが催されていて、岩槻愛宕神社の境内の石段に300体以上の雛人形が飾られていた。
次回は来年であるそうだ。
その大ひな壇飾りを見た後に近くにあるniwasaki cafe いわさ喜を訪れた。
お店は住宅街の奥まったところにある。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は女性が多い。
店内には洋楽が流れていた。
隠れ家のようで少しオシャレなカフェだ。
席に着くと冷たい水が出された。

チーズケーキとドリップコーヒーを食した。
チーズケーキは単品で税込450円でドリップコーヒーも単品で税込450円である。
セットで合計で税込750円であった。
チーズケーキには生クリームと冷たいベリーとベリーのジャムがつく。
チーズケーキはチーズの風味が濃厚で、程よい甘さがある。
ドリップコーヒーは、少し酸味があり苦味があって風味が良いものだ。

オランダ軒

ラーメンEAST百名店2020選出店

3.75

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2017年2月12日(日)に初めてオランダ軒を訪れた。
風が強い日であった。
JR大宮駅から遠く、周りには飲食店が点在しているが決して良い立地ではない。
しかし、訪れた日にはお店の前に長い行列ができていて1時間以上並んだ。
店内に食券機がある。
お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
客層は老若男女幅広い。
店内には洋楽が流れていた。
水はセルフサービスだ。

しょうゆチャーシューメンを食した。
しょうゆチャーシューメンは、税込1000円である。
麺は中太麺でちぢれがあり、ツルツルと喉越しが良い。
具材はチャーシュー、メンマ、ナルト、ほうれん草、ネギである。
チャーシューは、脂身がある部分や肉本来の味わいを楽しめる部分などさまざまな味わいを楽しむことができる。
タレもよく染み込んでいる。
スープも生姜の刺々しい辛さがなく、マイルドでさわやかな生姜の風味がする。
ラーメンを食べた後も重たさはなく、胃の具合が良かった。
東岩槻駅南口にラーメンの名店がある。

大勝軒 東岩槻

3.51

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

2017年3月12日(日)に久しぶりに訪れた。
かなりの老舗で私が大学生であった20年前にはすでにお店があった。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は老若男女幅広い。
大変に繁盛している。
店内にはラジオが流れていた。
カウンター席に座るとすぐに冷たい水が出された。
お店の人の元気な声が響く。
メニューを見ると中華そばが税込800円でチャーシュウ麺が税込1000円である。
大盛は200円増しである。

中華そばを食した。
具材はチャーシュー、支那竹、ナルトに薬味が柚子の皮と長ネギが入れられている。
支那竹はコリコリとした良い食感がする。
チャーシューは脂身が少なく、肉本来の味を楽しめるものだ。
柚子の皮の香りも良い。
スープは煮干しの出汁の風味が効いている。
麺はツルツルとしていて喉越しが良い。
並盛でもけっこうな量があるので、最初に麺を少なめで注文している人もいた。

お食事処山吹 岩槻店

3.28

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2017年3月29日(水)に初めて山吹を訪れた。
駐車場も完備されている。
お店の隣では弁当も販売している。
山吹の看板には庄司グループと書かれていた。
お店の造りはテーブル席、カウンター席、お座敷があり、店内は広めである。
客層は、老若男女幅広い。
カウンター席に座ると冷たい水が出された。
食券機はなく直接注文するスタイルだ。
メニューを見るとうどんだけでなく、様々な定食がある。
店内にはテレビがつけられていた。

肉汁うどんの並盛を食した。
肉汁うどんの並盛は、税込650円である。
小盛は50円引きで300gであり、中盛は100円増しで550gで大盛りは200円増しで700gで特盛は300円増しで900gである。
うどんは少しブラウン色がかっていて、もちもちっとした食感である。
つけ汁には豚肉と長ねぎが入っていて旨味がある。
薬味は輪切りされた長ねぎと生姜がつく。
山吹は接客も丁寧で好感を持てるお店である。

2018年12月28日(金)に久しぶりにお食事処山吹 岩槻店を訪れた。
お店の前にかなり広めの駐車場があり、トラックやバスなどが停められるくらいのスペースがある。
お店の造りはカウンター席、テーブル席、小上がりがあり、広めである。
年末なので客は私一人であった。
店内ではテレビがつけられていた。
テーブル席に着くと冷たい水とお手拭きが出された。
メニューを見るとうどんは普通盛で400gであり、小盛で300gである。

カツ丼を食した。
税込500円であった。
味噌汁と小松菜、きんぴらごぼう、和え物の3種類の小鉢、沢庵漬けがついた。
カツは玉ねぎとともにあっさりとした出汁と玉子でとじられている。
玉子は、少しトロトロとしてふんわりとした食感もある。
とんかつの衣はサクサクとして出汁がしみた部分はしなっとしている。
豚肉は脂身がつき旨味がありながらも肉の味わいを楽しむことができる。
ご飯はかために炊かれている。
味噌汁は、豆腐とわかめのシンプルなものであるが、出汁が効いている。
美味し。

めんくみ

3.30

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2017年3月26日(日)に久しぶりにめんくみを訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は老若男女幅広い。
店内には洋楽が流れていた。
席に着くと冷たい水が出された。

Aセットを食した。
豚骨醤油めんくみらーめんと肉餃子3ケのセットである。
税込772円であった。
豚骨醤油めんくみらーめんには豚骨鶏ガラで出汁を取り背脂が入っていてこってりしているが、後味はすっきりとしている。
具材はチャーシュー、青ネギ、半熟煮玉子、メンマ、海苔である。
メンマはコリコリとした食感でチャーシューはトロトロである。
麺も茹で加減がよくツルツルとしていて喉越しが良い。
肉餃子は肉の旨みがあるものだ。

2019年2月15日(金)に久しぶりにめんくみを訪れた。
お店の造りはカウンター席とテーブル席があり、けっこう広めである。
客層は老若男女幅広い。
店内ではオールドな洋楽が流れていた。
カウンター席に着くと冷たい水が出された。

しょうゆめんくみ。ラーメンのAセットを食した。
Aセットはラーメンに餃子3個がつく。
しょうゆめんくみ。ラーメンは税込648円でAセットはプラス税込124円であり、合計で税込772円であった。

しょうゆめんくみ。ラーメンの具材はチャーシュー、半熟煮玉子、メンマ、海苔、青葱などである。
チャーシューはトロトロで旨味があり、半熟煮玉子は黄身に味つけがされている。
メンマはコリコリとした食感で支那竹の風味が活かされていて、青葱は細かく刻まれてシャキシャキとしている。
麺は縮れがあり表面が滑らかで喉越しが良い。
醤油スープには背脂が入れられ、あっさりとしながらも味わいと旨味がある。
餃子は一口サイズで餡がしっとりとして風味が良い。
旨し。

台湾料理 雅致

3.15

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2017年3月31日(金)に初めて台湾料理 雅致を訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
それなりの広さがあるお店だ。
客は私一人であった。
店内にはテレビがつけられ、BGMでJ-POPが流れている。
テーブル席に座った。
席につくと冷たいジャスミン茶が出された。

台湾ルーロウファンを食した。
台湾ルーロウファンは、玉子スープがついて税込598円であった。
台湾ルーロウファンはご飯の上に豚の角煮と玉ねぎを旨味のあるタレでからめて、半熟煮玉子、青梗菜が添えられている。
豚の角煮は肉本来の味わいも楽しめて、脂身の部分がトロトロである。
半熟煮玉子にも味つけがされている。
豚の角煮と玉ねぎをからめているタレも旨かった。

とわそりーぬ

3.07

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2016年7月23日(土)に初めて訪れた。
お店に入るとパンやケーキなどが並べてあり、レジカウンターがある。
店内で食べることもできるしテイクアウトすることもできる。
その奥にテーブル席がある。
テーブル席はけっこう広めで喫煙席と禁煙席にわかれている。
メニュー表の価格表示は税込と税抜の両方でされている。

アイスコーヒーとミックスサンドを食した。
アイスコーヒーは税抜380円で税込410円であり、ミックスサンドは税抜400円で税込432円である。
合計で税込842円であった。
ミックスサンドはお店の入り口に並べられていたものだ。
アイスコーヒーは酸味がなく苦みがあり香りが良い。
後味がすっきりとしていて口に残らない。
ミックスサンドはきゅうりとれたすとトマトのサンド、タマゴサンド、きゅうりとハムのサンドの三種類である。
きゅうりのシャキシャキとした食感が良い。
タマゴサンドは玉子の風味がよく、後味がさっぱりとしている。

つき路 本店

3.03

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

岩槻駅は大宮駅から急行で一駅か各駅停車で大宮駅、北大宮駅、大宮公園駅、大和田駅、七里駅、岩槻駅の5駅目である。
バス停で降りて,、つき路 本店まで行く道のりはけっこうな田舎道である。
しかし、田舎道を歩くのもけっこうおもしろい。
何度か犬に吠えられた。
2015年11月28日(土)に初めて訪れた。
天ざるそばともつ煮込みを食した。

天ざるそばは税込1000円で、もつ煮込みは税込450円である,
天ざるそばのそばは量が多めで、コシがあり風味が良い。
そばの色が白めであるのでそばの実の殻はほとんど入れていないようだ。
天ぷらも油が良く、衣が白く揚がっていて、食後がさっぱりとする。
素材も良く活きている。
もつ煮込みはもつの風味がしながらもさっぱりとして柔らかい。
豆腐が入り、味噌風味の出汁である。
全体的に普通に料理をしたら重くなりそうな料理をさっぱりと料理していて美味しく、食後の気分も晴れやかになる。
今後ともつき路の繁盛を願う。

一作

3.08

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2016年6月12日(日)に久しぶりに昼食のため訪れた。
特製ラーメンとミニチャーシューご飯を食した。
特製ラーメンは税抜580円で、ミニチャーシューご飯はプラス250円である。
合計で税込896円であった。
特製ラーメンは一作の看板メニューだ。
天下一品のような濃厚なスープであるが、天下一品とはまた味わいが違う。
言葉で表す事はむずかしく、深い味わいだ。
麺は濃厚なスープがまとわりついてツルツルとすする。
具材はチャーシュー、メンマ、青ネギ、赤い揚げネギ、のりである。
チャーシューは脂身が多いもので旨味がある。
赤い揚げネギは、香ばしく、昔に比べて辛味が増した印象を受けた。
ミニチャーシューご飯はチャーシューに特製のタレがかかっている。

2018年11月16日(金)に久しぶりに一作を訪れた。
お店の造りはテーブル席が中心で焼肉エリアと中華料理エリアに分かれている。
客層は老若男女幅広い。
店内では中国の楽曲が流れていて、テレビもつけられている。
店内はWi-Fiがフリーである。
テーブル席に着くと冷たい水が出された。

特製ラーメンと一作カルビ焼肉丼を食しました。
特製ラーメンは単品で税抜580円で一作カルビ焼肉丼も単品で税抜580円である。
セットで税抜999円であり、税込1079円であった。

特製ラーメンの具材は、チャーシュー、メンマ、海苔、揚げネギ、輪切りの葱などである。
チャーシューは脂身がつき旨味があり、揚げネギは香ばしく、輪切りの葱はシャキシャキとして辛味がある。
スープはとろみがあって旨味が凝縮されて濃厚である。
麺はストレートに近く、もちもちとした食感があり、表面は滑らかでツルツルと喉越しが良い。
一作カルビ焼肉丼は、カルビのほかにキムチ、ナムル、小松菜が添えられている。
キムチはほのかな甘みがあり酸味は少なく、ピリッとした辛さがある。
カルビには長葱、白ゴマがかけられていて甘いタレで味つけされている。
肉は食べ応えがあって旨味がある。
美味し。

丸亀製麺 岩槻店

3.05

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2016年9月24日(土)に初めて訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
カウンター席が広めにとられている。
客層は老若男女幅広い。
子どもの姿もよく見かける。
子どもにはレジカウンターで飴を配るサービスもしている。
冷たいぶっかけうどんの並と野菜かき揚げを食した。
ぶっかけうどんは冷たいものと温かいものを選ぶことができる。
冷たいぶっかけうどんの並は、税込290円で、野菜かき揚げは、税込130円である。
合計で税込420円であった。
ぶっかけうどんの大は税込390円で100円増しである。
セルフでネギと天かすをかけ放題だ。
冷たいぶっかけうどんは、コシがあり、少しもっちりとしている。
のどごしも良い。
野菜かき揚げは、大変に大きくボリュームがあり、玉ねぎの甘味がよく効いている。

オーブンフレッシュカフェ 東岩槻

3.21

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2017年3月12日(日)に初めてオーブンフレッシュカフェ 東岩槻を訪れた。
お店の隣にはお店の専用駐車場がある。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は老若男女幅広い。
店内には洋楽が流れていた。
Wi-Fiがフリーである。
テイクアウトもできるが、店内で食事をした。
ベイクドポテトとプレミアムコーヒーのホットを食した。
ベイクドポテトは、税込170円で、プレミアムコーヒーは、ホットでもアイスでも税込280円である。
プレミアムコーヒーは、酸味はなく苦味が強いものだ。
ベイクドポテトは、じゃがいもの上にマヨネーズをのせてかたいパンで包んだものだ。
マヨネーズが効いていてパンがカリッとしている。

からやま 岩槻インター店

3.04

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2016年9月23日(金)に初めて訪れた。
小雨が降っている日であった。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は男性が多い。
テンポの良いBGMが流れている。
スーパーマーケットや飲食店は、回転率をあげたい時にはテンポの良い曲を流すといわれる。

からやま定食を食した。
からやま定食は税抜590円で税込637円である。
無料でご飯を大盛りにすることができる。
注文してからすぐに出てきた。
唐揚げが4つにご飯、味噌汁、キャベツの千切りがつく。
唐揚げは大きめでアツアツである。
ソースが二種類出された。
片方のソースにはニンニクが入っている。
その他にもマヨネーズやゴマなどが卓上にある。
お味噌汁には、とろろ昆布とネギが入っている。
ご飯もお味噌汁もアツアツである。
唐揚げは、お弁当としてテイクアウトすることもできる。

ジョナサン 岩槻店

3.01

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2017年9月23日(土)に久しぶりに訪れた。
朝は涼しかったが日中から暑くなった日の夕方であった。
お店の造りはテーブル席が中心である。
テイクアウトのお弁当もあるようだ。
客層は老若男女幅広い。
リズミカルなBGMが流れている。
テーブル席に座ると冷たい水が出された。
さっぱりとしたものを食べたかったので本格!盛岡冷麺を食した。
税抜899円で税込971円である。
スープはブイヨンベースのスッキリした白とキムチベースの大辛の赤から選ぶことができるので白を選んだ。
具はキムチ、ナムル、わかめ、玉子、おくら、トマトのスライス、鶏肉の7種類であった。
鶏肉がしっとりとしている。
白スープはそれだけでは全く辛くない。
添えられているキムチのタレを入れると程よい辛さになる。
麺は白く、冷麺らしくコシがあり、ツルツルと喉越しが良い。
美味し。

デニーズ 岩槻インター店

3.03

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

2016年9月9日(金)に久しぶりに訪れた。
客層は若干年齢層が高い。
お店の造りはテーブル席のみだ。
お店のデザインを一新してグレーと赤を基調にしたものになっている。
昔、カウンター席であったところはドリンクバーにしたようだ。
昔はこのあたりのファミリーレストランでもデニーズだけはドリンクバーを設けていなかったが、ドリンクバーを設けている。
喫煙席と禁煙席に分かれている。
店内にはゆったりとした音楽が流れている。
桃のゼリー仕立てとドリンクバーセットを食した。
桃のデザート2016と銘打ってある。
桃のゼリー仕立ては税込430円(税抜399円)で、ドリンクバーセットは税込235円(税抜218円)である。
ドリンクバーは単品だと税込329円(税抜305円)だ。
メニュー表は税込と税抜の両方が表示されている。
ドリンクバーはコカコーラ社のものだが、アイスコーヒーだけは違うようだ。
酸味があり、苦味が強く香りが良いものだ。
桃のゼリー仕立ては、中央に桃のシャーベットがあり、ホワイトチョコレートがかけられて、周りに桃の果肉が添えられ、その下にゼリーとパンナコッタがある。

サイゼリヤ 岩槻駅東口ワッツ店

3.01

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2016年6月12日(日)に初めて訪れた。
トリフアイスクリームとセットドリンクバーにした。
トリフアイスクリームは税込369円で、セットドリンクバーは税込190円で合計で税込559円であった。
ドリンクバーはいつもアイスコーヒーかアイスティーが好みである。
ガムシロップやミルクを入れないのが好みである。
トリフアイスクリームはチョコレートアイスクリームにヘーゼルナッツが入り、中心部はミルクアイスクリームになっている。
サイゼリヤの創業者は東京理科大学出身の理系で徹底的に合理化を進めて、安い値段で料理を出している。
調理場には包丁や刃物がないのが特徴的だ。
メニュー表を見ると一の位に9の数字が並んでいる。
サイゼリヤ岩槻駅東口ワッツ店は、訪れた日が日曜日で同じWATSUにある岩槻区役所が開いていないためか広い店内に比較的お客さんが少なく、静かだ。
読書をするのに良い。

日本海庄や 岩槻店

3.01

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2017年3月17日(金)に久しぶりに日本海庄や 岩槻店を訪れた。
お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
客層は老若男女幅広い。
店内にはJ-POPが流れていた。
カウンター席につくと熱いお茶が出された。
ランチのカキフライ定食を食した。
カキフライ定食は、税込900円であった。
カキフライにサラダ、サーモンの刺身、ひじきの煮物、ご飯、味噌汁、お漬物がつく。
カキフライは5個でほどよい温かさのものだ。
サラダはレタスにフレンチドレッシングがかけられている。
サーモンの刺身は2切れつき身に弾力があり歯ごたえのある。
ひじきの煮物は、ひじき、にんじん、油揚げで濃すぎもせず薄すぎもせず、ちょうど良い味つけである。
味噌汁にはわかめ、油揚げ、長ネギが入っていて熱々のものである。
漬物は沢庵漬けであった。
全体的にボリュームがあり、味つけもしっかりとしていた。

喜多方ラーメン 小法師岩槻店

3.28

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

お店には駐車場も完備している。
客層は老若男女幅広い。
ねぎ焼豚ラーメンと餃子を注文した。
葱は大盛でチャーシューこれでもかというくらいに多量に入っている。
トロトロのチャーシューや肉本来の味を楽しめるチャーシューなど一つのどんぶりの中に様々な味わいのチャーシューが入っている。
気前が良いお店だ。
麺は喜多方ラーメンらしく不均等に縮れていてモチモチとしている。
スープは少し塩気が強く感じたがあっさりとした懐かしい味である。
たっぷりのチャーシューともちもちの麺のラーメンを味わいたいときは訪れたいお店だ。
巷では新作ラーメンが数多く流行っているが、喜多方ラーメン 小法師岩槻店は時々食べたくなる昔ながらの味である。
餃子も焼き加減が良く旨かった。

2018年8月7日(火)に久しぶりに喜多方ラーメン 小法師岩槻店を訪れた。
店舗の横に広めの駐車場があり、車で来店するお客さんが多い。
お店の造りはテーブル席とカウンター席があり、外観から思うよりも中は広めに感じる。
客層は老若男女幅広い。
店内ではリズミカルなBGMが流れていた。
テーブル席に着くと冷たいお茶が出された。

炙り焼豚ご飯セットを食した。
炙り焼豚ご飯に喜多方ラーメンと味玉がつくセットで税込940円であった。

喜多方ラーメンの具材は焼豚が5枚にメンマ、葱のシンプルなものである。
焼豚は脂身がつき、トロトロで旨味がある。
メンマは歯応えがあり、風味がよく、葱はシャキシャキとしている。
スープはあっさりとして味わいが良い。
麺はちぢれがある平打ち麺で風味がよく軽やかな食感である。
味玉は半熟であっさりとしている。
炙り焼豚ご飯は、ご飯の上に炙り焼豚が3枚のり、甘めのタレがかけられて葱がのせられている。
ラーメンの焼豚と同じく脂身がついたトロトロの焼豚で、炙られた部分が香ばしい。
旨し。

2018年11月25日(日)に久しぶりに喜多方ラーメン 小法師岩槻店を訪れた。
店舗の横と後ろ側に広めの駐車場がある。
お店の造りはコの字形のカウンター席とテーブル席があり、広めに感じる。
客層は老若男女幅広い。
ランチ時間を過ぎてもけっこうお客さんが入っている。
店内ではリズミカルなBGMが流れていた。
カウンター席に着くと冷たい麦茶が出された。

喜多方わんたんラーメンの普通盛を食した。
税込840円であった。
大盛は税込990円である。
具材はわんたん、焼豚が5枚、メンマ、輪切りの葱などである。
わんたんは皮がつるりとしていて餡は豚肉の旨味と生姜が効いている。
焼豚は脂身がつき、肉の味わいと脂の旨味を楽しむことができる。
メンマはコリコリシャキシャキとした食感であっさりとしていて、葱はシャキシャキとしている。
麺は平打ちでちぢれがあり、表面がつるつると滑らかで喉越しが良い。
食感はやわらかめである。
スープはやさしい味わいで良い塩梅である。
旨し。

ドトールコーヒーショップ 岩槻駅前店

3.01

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2016年7月17日(日)に初めて訪れた。
大宮駅や都心に行くと週末は混雑するので東武アーバンパークラインの岩槻駅や春日部駅周辺が穴場かもしれない。
東武アーバンパークラインの大宮駅から急行が出ているのも便利である。
岩槻駅近くの喫茶店のとわそりーぬに行こうとしたが、日曜日は休みであるようだ。
ドトールコーヒーショップ岩槻駅前店のお店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
カウンター席には白いラインが引かれていて席が分けられている。
完全分煙で喫煙席はガラス張りのエリアに区分けされている。
客層は年配の方が多い。
宇治抹茶ラテのアイスのLサイズを飲んだ。
宇治抹茶ラテはLサイズが税込440円で、Mサイズが税込390円で、Sサイズが税込340円である。
50円刻みであるようだ。
抹茶の苦みがある風味とミルクの味がして甘みがある。

2018年6月23日(土)に2度目にドトールコーヒーショップ 岩槻駅前店を訪れた。
雨がしとしとと降っている日であり、さいたま市立岩槻図書館に立ち寄った後に訪れた。
お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
客層は老若男女幅広い。
店内ではリズミカルなBGMや洋楽が流れている。
ドトールコーヒーショップではTポイントカードを使うことができる。

黒糖ラテのアイスのSサイズを飲んだ。
税込340円であったが、食べログで溜まっているTポイントカードの40ptを使って300円で会計をした。
Mサイズはプラス50円でLサイズはプラス100円である。
黒糖ラテはコーヒーの芳ばしさとともに黒糖の甘みと香ばしい風味が良い。
上にはクリームがのせられている。
ライトブラウンの色合いも良い。
美味し。

たつのこ

3.06

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2018年3月25日(日)に武州岩槻総鎮守久伊豆神社を参拝した後に初めてたつのこを訪れた。
お店の造りはテーブル席が中心で掘りごたつ式のお座敷もある。
コンパクトであるがけっこう広めに感じ、清潔感がある。
客は私一人であった。
店内ではテレビがつけられNHKの春の甲子園が流れていた。
テーブル席につくと温かいお茶とおしぼりが出された。
お茶が美味しい。

チャーシュー麺を食した。
税込800円であった。
具材はチャーシューが4枚、わかめ、メンマ、ナルト、ネギであった。
チャーシューは、肉厚であり、脂身がついた部分とつかない部分がある。
脂身がつかない部分は歯ごたえがあり肉の味わいを楽しむことができる。
脂身がついた部分はやわらかく、旨味がある。
メンマは口に入れるとほんのりと甘さを感じ、その後に少しピリッとした辛さを感じる。
ナルトも味わいがあるものである。
スープは琥珀色で味わいがあってあっさりとしている。
麺は中華麺でちぢれがあり、ツルツルとのどごしが良い。
美味し。

フフフ

3.06

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2018年3月26日(月)に岩槻久伊豆神社を参拝した後に初めてフフフ(Fu・Fu・Fu)を訪れた。
お店の造りはソファ席、テーブル席、カウンター席、テラス席などがある。
コンパクトであるが少しお洒落なカフェである。
棚には文庫本や東野圭吾の単行本などが置かれている。
客層は老若男女幅広い。
店内では軽やかな音楽が控えめに流れている。
ソファ席に座ると温かいお茶が出された。
穏やかな味わいのお茶であった。

オーガニックコーヒーのアイスと手作りCAKEを食した。
合計で税込1000円であった。
オーガニックコーヒーのアイスは、酸味が少なく、少し苦味があり、香ばしさと清々しい風味がする。
ポットと氷が出され、二杯目はグラスに氷を入れて注ぐ。
手作りCAKEは、柑橘系のゼリーとバニラアイスクリームが添えられている。
スポンジケーキはふんわりとしていて、片方にはオレンジのジャムとホイップクリームがのせられ、もう片方にはイチゴジャムとホイップクリームがのせられている。
オレンジのジャムはほどよい甘さがあり、皮のほろ苦さも味わうことができる。
イチゴジャムは甘めで苺の風味が濃厚である。
美味し。

焼肉 やっちゃん 城北店

3.38

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2018年3月27日(火)に初めて焼肉 やっちゃん 城北店を訪れた。
お店の造りはカウンター席、テーブル席、お座敷がある。
ランチは15時までである。
客は私一人であった。
店内ではJ-POPが流れていた。
カウンター席につくとおしぼりが出された。

和牛カルビランチを食した。
ドリンク、サラダ、ライス、スープ、お新香がついて税込999円であった。
ドリンクはアイスコーヒーにした。
酸味と苦味が少なく、香ばしさがあって風味が良いものだ。
サラダはレタス、トマト、キュウリの千切りにシーザードレッシングがかけられている。
スープは、ニラ、ネギ、白胡麻が入り、塩胡椒が効いて旨味がある。
和牛カルビは脂身がつき、肉質は脂がのってやわらかく旨味がある。
ライスの炊き具合も良く美味しかった。
会計の時にはハングル語が書かれた薄荷のキャンディーを渡された。
美味し。

ショクドウカフェ ラパン

3.18

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2018年3月27日(火)に岩槻久伊豆神社を参拝した後に初めて食堂カフェ ラパン(食堂cafe Lapin)を訪れた。
少し暖かい日であった。
お店の造りはテーブル席とカウンター席があり、コンパクトであるがお洒落である。
客層は女性が多い。
テーブル席に着くと冷たい水とおしぼりが出された。
店内ではゆったりとした洋楽やJ-POPが流れていた。

アイスコーヒーと桜とあんこのスコーン(生クリームと黒みつ)を食した。
アイスコーヒーは税込400円で桜とあんこのスコーン(生クリームと黒みつ)も税込400円である。
セットで合計税込750円であった。
アイスコーヒーは酸味と強めの苦みがあり、香ばしく風味が良いものだ。
桜とあんこのスコーン(生クリームと黒みつ)は、スコーンの上に桜の花びらが一枚のせられて焼かれている。
外側がサクサクとした食感で香ばしい風味がする。
黒みつは濃厚な風味がして甘く、生クリームは甘さが控えめでミルクの風味が濃厚である。
美味し。

砂場 加倉店

3.13

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

岩槻駅からも七里駅からもかなり遠いので、自動車を運転できる人は自動車で来店したほうが良いだろう。
お店の造りは年季が入っていて、そばの盛られたせいろも古そうだ。
店内はテーブル席と座敷席のみで家族連れが多い。
昼時は入れ替わり立ち替わりお客さんが入ってきて店員さんはいそがしそうだ。
しかし、食事中にもお水がきれていないか小まめにチェックしてくれていてついでくれる。
メニューは天ぷらからうなぎまであり、サイドメニューも充実している。
初めての来店であったのでシンプルに天ざるそばを注文した。
そばは白く、そば粉にそばの実の殻が入らないようにしているのだろう。
いわゆる更科である。
程よいコシがある。
そばつゆは比較的大きなお椀に入っていて、薬味には、ねぎ、おろし大根、わさびなどがたっぷり付いてくる。
天ぷらは、茄子、かぼちゃ、ピーマン、大海老などである。
大海老は弾力感があり食べ応えがある。
最後にそば湯を入れるが、そばつゆのお椀が大きなためたっぷりとそそげる。

2018年11月28日(水)に久しぶりに砂場 加倉店を訪れた。
寒い日が続いていたなかで少し暖かい日であった。
お店の前には駐車場がある。
トラックやバスは止められないが、普通乗用車ならば止められる広さである。
お店の造りはテーブル席とお座敷があり、コンパクトである。
客層は年配の方が多い。
店内ではほどよいテンポのBGMが流れていた。
テーブル席に着くと冷たい水とお手拭き、メニューが出された。

天ぷらそばを食した。
税込1200円であった。
大きな器に蕎麦が盛られていて迫力がある。
汁は節の風味が効いていて味わいがあり、後味がすっきりとしている。
具材は大海老二本に大きく青々とした三つ葉であり、薬味に輪切りの葱がつく。
大海老の衣は白くカラッと揚げられていてサクサクとし、汁を吸ってふやけた部分も美味しい。
衣だけでも味わいがある。
大海老は、ぷりっとして肉厚であり、噛み締めると味わいが出てくる。
三つ葉の清涼感がある風味や葱のシャキシャキとした食感と辛味も良い。
蕎麦はライトブラウン色でやわらかく表面が滑らかで風味が良いものである。
美味し。

CoCo壱番屋 東武岩槻駅東口店

3.02

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2018年4月20日(金)に初めてCoCo壱番屋 東武岩槻駅東口店を訪れた。
駐車場はないが、近くに共用駐車場が多くある。
お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
間口から思ったよりも広めに感じる。
客は私一人であった。
店内では洋楽が流れていた。
Wi-Fiがフリーである。
テーブル席に着くと冷たい水が出された。

大人のスパイスカレーTHEポークを食した。
税抜825円で税込890円であった。
2018年は5月末までの期間限定のメニューである。
卓上には福神漬けや「とび辛スパイス」、ハチミツとフルーツが入っている「とろ〜り甘くなるソース」が置かれている。
具材は厚く大きめにカットされた豚肉とキャベツであり、5つのスパイスが入っている。
豚肉は脂身がつき旨みがある部位と脂身がつかず、肉の味わいを楽しめる部位がある。
辛さは普通にしたがスパイスが効いてスパイシーでけっこう辛さが効いている。
美味し。

セブンイレブン 岩槻駅東口店

3.05

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

岩槻駅には大宮駅から急行が出ていて、急行だと一駅である。
東武アーバンパークラインの各駅停車であると大宮駅、北大宮駅、大宮公園駅、大和田駅、七里駅、岩槻駅の5駅目である。
セブンイレブン岩槻駅東口店は岩槻駅東口近くの唯一のコンビニエンスストアである。
客層は老若男女幅広い。
アイスクリームのクーラーボックスのすぐ横に冷凍食品が並べてある。
雑誌のコーナーには田中角栄の書籍もあった。
最近は田中角栄を見かけることが多い。
2016年7月23日(土)に久しぶりに訪れた。
アイスコーヒーを購入した。
アイスコーヒーは税込180円である。
缶コーヒーと比べると少し高いが、カフェや喫茶店と比べると安い。
ドリンクコーナーの横の冷凍庫から氷が入ったプラスチックのコップをレジカウンターに持って行き、会計をしてからドリップマシーンでコーヒーを注ぐ。
セブンイレブンのアイスコーヒーは酸味と苦みがあり、香りが良いものだ。
缶コーヒーよりも良いものだ。

セブンイレブン さいたま加倉店

3.03

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2016年12月20日(火)に久しぶりに訪れた。
セブンイレブン さいたま加倉店には大きめの駐車場が完備されている。
駐輪場もある。
以前よりも駐車場が広くなっている。
しかし車の区画から大型トラックを停めるスペースはないようだ。
店内の照明は少し暗めで落ち着いた感じだ。
雑誌コーナーを見ると季節柄、年賀状に関する書籍が多い。
野菜も売っている。
冷凍食品のクーラーボックスはアイスクリームのクーラーボックスのとなりにある。
サントリーの胡麻麦茶を購入した。
胡麻麦茶は、税抜161円で税込173円である。
商品はすべて税抜表示と税込表示がされている。
セブンイレブンのポイントカードはnanacoでファミリーマートはTポイントカード、ローソンはポンタカードである。
この中ではTポイントカードが一番汎用性が高いかもしれない。

菜の香 岩槻駅前店

3.05

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

2016年6月19日(日)に初めて訪れた。
お店の造りはテーブル席のみである。
喫煙席と禁煙席に分かれている。
客層は若者から年配の方まで幅広い。
特に年配の女性が多いようだ。
メニューには蕎麦やうどん、天ぷら、パスタ、ラーメン、カレーライス、デザート、ドリンクバーなどがある。
ゆったりとしたBGMが流れている。
かき氷宇治金時とセットドリンクバーを注文した。
かき氷宇治金時は税込390円で、セットドリンクバーは税込200円である。
かき氷宇治金時にはアイスクリームと小豆が添えられていて、抹茶とともに練乳がかけられている。
アイスクリームはさっぱりとしている。
抹茶もすっきりとした味わいで、練乳の甘さが良い。
氷はジャリジャリとした食感で、猛暑の中でその冷たさがうれしい。
アイスコーヒーは、酸味が少なく苦味が大変強いものだ。
苦味で目が冴える。

幸楽苑 岩槻インター店

3.03

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

2017年8月20日(日)に幸楽苑 岩槻インター店を訪れた。
お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
客層は、老若男女幅広い。
店内ではリズミカルなジャズが流れている。
カウンター席に座ると冷たい水が出された。

和風盛り中華ギョーザセットを食した。
税抜670円で、税込723円であった。
和風盛り中華は、麺と汁が共にキンキンに冷えている。
夏にぴったりだ。
麺は少し太めでツルツルとしていてのどごしがよい。
具材はチャーシューが2枚にナルト、小松菜である。
チャーシューは脂がよくのっている。
薬味はおろし生姜、揚げ玉、葱である。
ギョーザは、絶妙な具合に焼かれていて、きつね色に焼かれた皮が食欲をそそる。
外側の皮はパリパリであり、中の餡がしっとりとしていて旨味がある。
幸楽苑独特の風味もする。
美味し。

※本記事は、2019/02/15に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ