神奈川県川崎市の #ラゾーナ川崎プラザ の美味しい20店

出典: takafumiaoki000さん

神奈川県川崎市の #ラゾーナ川崎プラザ の美味しい20店

神奈川県川崎市のラゾーナ川崎プラザはJR川崎駅西口のすぐそばにあります。 御祭神は出雲神社です。 映画館から書店、レストラン、家電、カフェなどが入った超大型商業施設です。 そこだけで休日の一日を過ごせます。 その中のレストランとカフェの20店を紹介します。

キーワード
Wi-Fiあり
名物
テイクアウト
担々麺

更新日:2018/02/03 (2017/12/01作成)

12089view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラゾーナ川崎プラザの美味しいお店。

丸善 M&C Cafe ラゾーナ川崎店、金子半之助 川崎ラゾーナ店、やまや食堂 ラゾーナ川崎プラザ店、米沢 琥珀堂 ラゾーナ川崎店、越後 叶家 ラゾーナ川崎店、めてだし茶漬け えん ラゾーナ川崎プラザ店、海鮮処 寿し常 ラゾーナ川崎プラザ店、波照間 ラゾーナ川崎店、南国酒家 川崎LAZONA、スープストックトーキョーカフェ ラゾーナ川崎店、京はやしや ラゾーナ川崎店、Japanese Natural ICE EN ラゾーナ川崎プラザ店、マザー牧場 ラゾーナ川崎プラザ店、BLUE SEAL 109シネマズ 川崎店、109シネマズ川崎 コンセッション、メゾンカイザー ラゾーナ川崎店、うまげな ラゾーナ川崎店、カリフォルニア・ピザ・キッチン ラゾーナ川崎店、ぴょんぴょん舎オンマーキッチン ラゾーナ川崎店、スターバックス・コーヒー ラゾーナ川崎店の20店を紹介します。
【閉店】麺や 庄の ラゾーナ川崎店、サイアムヘイテイジキッチン ラゾーナ川崎プラザ店(SIAM HERITAGE KITCHEN)、あんぷく

B5d5bf2ba34ec69f9afb8e737fc8d4a6

M&C Cafe 川崎店

2017年10月15日(日)に初めて丸善 M&C Cafe ラゾーナ川崎店を訪れた。
お店の造りはテーブル席のみである。
店内は結構広めに感じる。
客層は老若男女幅広い。
控えめのBGMが流れている。
テーブル席に着くと冷たい檸檬水が出された。
爽やかな風味が良い。

丸善 M&C Cafeの名物は早矢仕ライスである。
ハヤシライスを生み出したのは丸善の創業者の早矢仕有的(はやしゆうてき)であるそうだ。
ポーク早矢仕ライスを食した。
税込1050円であった。
具材は豚肉の他に玉ねぎやマッシュルームなどがあるが、その他にも様々な食材が溶け込んでいるようだ。
ルーには甘みがあり、旨みとコクもある。
ライスも美味しい。
食が進む。
美味し。

金子半之助 川崎ラゾーナ店

2017年10月8日(日)に初めて金子半之助 川崎ラゾーナ店を訪れた。
客層は老若男女幅広い。
お客さんで混み合っていてフードコートの席を確保するのも大変である。

江戸前天丼を食した。
江戸前天丼が税込1050円で味噌汁が税込100円であり、合計で税込1150円であった。
天丼ができるまで約10分かかるのでブザーをもらって待った。
江戸前天丼には海老天が2本、穴子天、卵、ししとう、のり、いかと小柱のかき揚げがつく。
沢庵漬けがセルフサービスの無料でつく。
沢庵漬けはほのかな甘みがする。
海老天は噛みしめれば噛みしめるほどうまみが出てくる。
天ぷらの油に香ばしさと良い風味を感じた。
海苔はサクサクに揚げられていて磯の風味を感じる。
穴子天には柑橘類のような爽やかな風味を感じた。
卵は黄身が半熟で、口に入れるとトロリとする。
ご飯も美味しかった。
けっこうボリュームがある天丼であった。
味噌汁はネギとアオサのシンプルな具材で、出汁がよく効いている。
美味し。

やまや食堂 ラゾーナ川崎プラザ店

2017年10月9日(月)の体育の日に初めてやまや食堂 ラゾーナ川崎プラザ店を訪れた。
客層は老若男女幅広い。
休日のお昼にはお客さんで混み合っていてフードコートの席を確保するのも大変である。
訪れた体育の日の朝は比較的空いていた。

博多めんたい定食セットを食した。
税込740円であった。
博多めんたい定食は、明太子、ご飯、豚汁のセットである。
豚汁は大きな鍋に入ったものを熱々の状態で出してくれる。
豚汁の具材は豚肉、油揚げ、人参、牛蒡、大根、蒟蒻、里芋、ねぎなどで具沢山である。
好みで七味唐辛子をかけることもできる。
具がたっぷりと入り、それだけで汁物というよりもおかずになる。
明太子はピリッと辛く、柑橘類のような爽やかな風味がする。
ご飯も美味しく、明太子を食べながらご飯が進む。
美味し。
ラゾーナ川崎プラザでは各レストランのアクセス順位をホームページにのせているが、やまや食堂 ラゾーナ川崎プラザ店は上位に入っている。

米沢 琥珀堂 ラゾーナ川崎店

2017年10月22日(日)に初めて米沢 琥珀堂 ラゾーナ川崎店を訪れた。
フードコートの造りはカウンター席とテーブル席があるが、米沢 琥珀堂 ラゾーナ川崎店の周りの席はテーブル席が中心である。
フードコートでは控えめにゆったりとしたBGMが流れている。
米沢 琥珀堂 ラゾーナ川崎店の客層は男性が多い。

ローストビーフ丼を食した。
税抜980円で税込1058円であった。
レジカウンターで先に会計をしてブザーがなるのを待つ。
ローストビーフが囲うようにして真ん中に半熟の玉子がある。
上にネギがかけられていて、レタスが添えられている。
ローストビーフは食べ応えがあり、香ばしい風味がする。
ご飯は固めに炊かれていて甘く旨みがあるタレがかけられている。
美味し。

越後 叶家 ラゾーナ川崎店

2017年10月21日(土)に初めて越後 叶家 ラゾーナ川崎店を訪れた。
お店の造りはテーブル席が中心である。
客層は老若男女幅広い。
店内では控えめにJAZZが流れている。
Wi-Fiがフリーだ。
席に着くと冷たい水が出された。

ぶっかけ大根そばを食した。
税込1008円である。
そばの上に大根おろし、鰹節、青紫蘇、しらす、海苔がのり、汁をかけて食べる。
青紫蘇の風味が良く、鰹節の香ばしさとしらすのほどよい塩気が良い。
そばはコシと歯ごたえがあり、ツルツルと喉越しが良い。
食後には蕎麦茶が出された。
香ばしく清々しい風味である。
美味し。

だし茶漬け えん ラゾーナ川崎プラザ店

2017年10月15日(日)に初めてだし茶漬け えん ラゾーナ川崎プラザ店を訪れた。
お店の造りはカウンター席のみでコンパクトだ。
客層は老若男女幅広い。
店内では控えめにジャズが流れている。
カウンター席に着くと冷たい水が出された。

冷汁(宮崎郷土料理)の小盛を食した。
税込700円であった。
蓮根と鶏肉の煮物の小鉢、味噌ダレがかけられた冷奴、漬物がつく。
蓮根と鶏肉の煮物はしっかりとした味つけで、冷奴はふんわりとした食感で味噌ダレの甘みがある。
漬物は塩気がありながらもほんのりと甘い。
冷汁は、焼き魚が入り、いりこや胡麻などが味噌だしに加えられている。
ナッツも入っているようでアレルギーはないか尋ねられた。
具材には胡瓜、茄子、茗荷、梅干しなどの野菜がのり、焼き魚の香ばしさがある。
サラサラと食べ、食後も気分がすっきりとする。
美味し。

海鮮処 寿し常 ラゾーナ川崎プラザ店

2017年11月4日(土)に初めて海鮮処 寿し常 ラゾーナ川崎プラザ店を訪れた。
お店の造りは座席がある中心の店内と別に立喰処がある。
立喰処で食事をした。
カウンターに立つとお寿司屋さんらしい熱い緑茶が出された。

店長おすすめセットを食した。
税込940円であった。
ネタはまぐろ赤身、いくら、穴子、白身、玉子、あじ、サーモンの他にかっぱ、かんぴょう、おしんこの中から手巻を一本選ぶことができる。
穴子はふんわりと柔らかい食感がある。
あじはコリッコリッとした食感がある。かんぴょうの手巻は甘い味つけがされている。
まぐろ赤身はしっとりとして美味しい。
美味し。

波照間 ラゾーナ川崎店

2017年12月3日(日)の夕方に初めて波照間 ラゾーナ川崎店を訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席があり、内装は沖縄民家のようである。
客層は老若男女幅広い。
店内では沖縄民謡が流れている。

カウンター席に着くと冷たい水とお通しが出された。
お通しは大根と豚の軟骨の煮物であった。
お通しは税抜315円である。
軟骨ソーキそばを食した。
税抜780円で合計で税込1182円であった。
軟骨ソーキそばは、軟骨ソーキの他に練り物、葱がつく。
軟骨ソーキは、軟骨の部分がねっとりとして少しコリっとし、肉の部分は柔らかく肉の繊維の食感がして旨みがある。
スープは動物系の他にも魚介系の風味がしてあっさりとしながらも旨みがある。
麺は歯応えがありながら歯を入れるとブツリと切れる食感がおもしろい。
美味し。

南国酒家 川崎LAZONA

2017年12月17日(日)に初めて南国酒家 川崎LAZONAを訪れた。
お店の造りは高い天井にテーブル席が並んで結構広めである。
客層は老若男女幅広い。
店内では控えめにBGMが流れている。
テーブル席に着くと温かい烏龍茶がポットとともに出された。
温かいが熱すぎず後味がすっきりとしたものである。

四川風辛味つゆそば(タンタンメン)を食した。
税抜1200円で税込1296円であった。
底が深い器によそられている。
具材はひき肉、青梗菜、ねぎのシンプルなもので、ひき肉は甘く味付けがされている。
麺はちぢれがあり柔らかめである。
胡麻味噌のスープはふんわりとした食感がしてクリーミーであり、胡麻の香ばしさと辣油のピリッとした辛さがあるが、辛さは控えめである。
美味し。

スープストックトーキョーカフェ ラゾーナ川崎店

2017年10月21日(土)に初めてスープストックトーキョーカフェ ラゾーナ川崎店を訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は女性が多い。
テイクアウトや冷凍されたスープを購入することもできる。
店内では控えめにBGMが流れている。

東京ボルシチを食した。
単品のレギュラーサイズは税込630円であった。
皮つきのジャガイモ、ニンジン、牛肉、玉ねぎなどが入れられている。
レモンのスライスが添えられている。
牛肉は脂身がつきトロトロに煮込まれている。
スープは、旨み、コク、甘み、酸味がする。
美味し。

京はやしや ラゾーナ川崎店

2017年10月21日(土)に初めて京はやしや ラゾーナ川崎店を訪れた。
お店の造りは立ち食いのカウンター席があり、テイクアウトが中心である。
入口には券売機がある。
客層は老若男女幅広い。
京はやしやの店舗では高級路線のところもあるが、価格を抑えた店舗である。

かぼちゃのぷりんぷりんソフトを食した。
税込560円である。
かぼちゃのプリンの上に抹茶のソフトアイスクリームがのせられている。
抹茶のソフトアイスクリームは、抹茶の風味とともにミルクの風味が効いている。
かぼちゃのプリンは、ねっとりとしていてほどよいかぼちゃの風味が良い。
美味し。

Japanese Natural ICE EN ラゾーナ川崎プラザ店

2017年10月15日(日)に初めてJapanese Natural ICE EN ラゾーナ川崎プラザ店を訪れた。
テイクアウトが中心のアイスクリーム店である。
客層は老若男女幅広く、家族連れも多い。
和の素材を使ったメニューが並ぶ。

アイスクリームはシングルが税込330円でダブルが税込490円である。
カップかコーンかを選ぶこともできる。
木苺とザクロのシングルカップと濃厚ほうじ茶のシングルカップを食した。
濃厚ほうじ茶のアイスクリームはほどよい甘さがあり、ほうじ茶の香ばしさがほんのりとする。
木苺とザクロのアイスクリームは、シャキシャキとした食感でさっぱりとした酸味があり、ザクロの実のプチプチとした食感がある。
美味し。

マザー牧場 ラゾーナ川崎プラザ店

2017年10月22日(日)にマザー牧場 ラゾーナ川崎プラザ店を初めて訪れた。
お店の造りはテーブル席のみでコンパクトである。
テイクアウトが中心であるようだ。
客層は老若男女幅広い。
家族連れも多い。

ワッフルボウル モンブランを食した。
税込540円であった。
モンブランのクリームはふんわりとしていて栗が入れられている。
ソフトアイスクリームが真ん中にあり、しっとりとしていて美味しい。
ワッフルボウルは厚めで、カリカリとしていて香ばしい風味がする。
美味し。

ブルーシール 109シネマズ 川崎店

2017年10月9日(月)の体育の日に109シネマズ川崎で『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を観賞した。
良い映画であった。
BLUE SEALではティラミスのアイスクリームを購入した。
客層は老若男女幅広い。

アイスクリームはシングルが税込310円でダブルが税込520円であり、コーンをつけるとプラス50円である。
シングルのカップにした。
ティラミスのアイスクリームはチーズアイスクリームにコーヒーソースとココアクッキーが入れられている。
食感はねっとりとしている。
ひんやりとしながら芳醇な風味がする。
美味し。

109シネマズ川崎 コンセッション

2017年10月9日(月)に109シネマズ川崎を訪れた。
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を観賞した。
一般の入場料は、税込1800円であった。
売店の109シネマズ川崎 コンセッションではホットドッグセットを購入した。

ホットドッグセットは、ドリンクがついて税込700円であった。
ドリンクはペプシコーラにした。
ホットドッグは、パンがフランスパンのようで歯ごたえがありでカリカリとしていた。
ソーセージはぷりっとした食感があり、歯を入れると肉汁が出てくる。
美味し。

メゾンカイザー ラゾーナ川崎店

2017年12月30日(土)に初めてメゾンカイザー ラゾーナ川崎店を訪れた。
テイクアウトだけでなくイートインもできる。
客層は老若男女幅広い。
店内ではテンポが早いリズミカルな曲が流れている。

パン ヴォルカニク、スパイシーサラミのフーガス、アメリカーノのホットコーヒーを食した。
パン ヴォルカニクが税抜370円でスパイシーサラミのフーガスが税抜390円でアメリカーノが税抜350円で合計で税込1199円であった。
パン ヴォルカニクは、エメンタール、グリュイエール、ゴルゴンゾーラ、レッドチェダーの4種類のチーズを使ったパンである。
パンは歯ごたえがあり、チーズは塩気が効いて芳醇な風味がする。
スパイシーサラミのフーガスはパンがカリカリとして硬めであり、サラミの香辛料がよく効いている。
アメリカーノは、酸味が少なく苦みが少しあり、後味がすっきりとしたものである。
美味し。

うまげな ラゾーナ川崎店

うまげな ラゾーナ川崎店は、ラゾーナ川崎プラザの1階のフードコートにある。
2017年12月30日(土)の夕方に初めてうまげな ラゾーナ川崎店を訪れた。

ぶっかけ(並)の冷とヘルシーかき揚げ、鶏の唐揚げを食した。
ぶっかけ(並)の冷が税込390円でヘルシーかき揚げが税込140円であり、鶏の唐揚げは税込100円であった。
ぶっかけ(並)の冷はおろし大根と檸檬がつき、青葱、揚げ玉、おろし生姜が入れ放題である。
うどんはよく締まっていてコシがあり、ツルツルと喉越しが良い。
サイドメニューがなくても揚げ玉だけでもいける。
ヘルシーかき揚げは、玉ねぎ、人参、とうもろこしなどが入り、玉ねぎの甘みが良い。
鶏の唐揚げは塩が効いていて、脂がのり、旨みがある。
美味し。

カリフォルニア・ピザ・キッチン ラゾーナ川崎店

2018年1月27日(土)に初めてカルフォルニア・ピザ・キッチン ラゾーナ川崎店を訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は老若男女幅広い。
外国人も見かける。
カウンター席に座るとオーブンの熱気を感じる。
店内では洋楽が流れている。

ロースト ガーリックチキンのピザとアイスコーヒーを食した。
ロースト ガーリックチキンのピザは税抜1780円でアイスコーヒーは税抜480円である。
合計で税込2440円であった。
アイスコーヒーは大きなグラスに入れられ、酸味と強い苦味があり、風味が良いものだ。
ロースト ガーリックチキンのピザの具材はチキン、大きく刻まれたガーリック、ネギ、オニオン、モッツァレラチーズなどである。
チキンは肉本来の味わいを楽しむことができ、ガーリックが効いて旨みがある。
生地は外側がカリカリとしていて中がもっちりとしている。
美味し。

ぴょんぴょん舎オンマーキッチン ラゾーナ川崎店

2018年1月27日(土)に初めてぴょんぴょん舎オンマーキッチン ラゾーナ川崎店を訪れた。
訪れた日は比較的フードコートは空いていた。
フードコートの客層は家族連れが多い。
レジカウンターで会計をしてから呼び出しブザーをもらう。

盛岡冷麺を食した。
税抜820円で税込885円であった。
辛さを選ぶことができるので中辛にした。
具材は大根と白菜のキムチ、牛肉、梨、胡瓜、ネギ、胡麻などである。
牛肉は噛みしめるほどに味わいが出てくる。
大根のキムチはシャキシャキとして、胡瓜もまたシャキシャキとしてさっぱりとしている。
梨の風味も爽やかだ。
スープは出汁が効いてほんのりと甘く旨味があるが、コチジャンが溶け込むとピリ辛になる。
麺は中太麺で白く、コシが大変に強くて跳ね返るようであり、ツルツルと喉越しが良い。
美味し。

スターバックス・コーヒー ラゾーナ川崎店

2018年1月4日(木)の夕方に初めてスターバックス・コーヒー ラゾーナ川崎店を訪れた。
お店の造りはテーブル席と大きなテーブルをカウンター席のように使っている。
客層は若者が多い。
店内では洋楽が流れている。
レジカウンターの前には行列ができていた。

ダーク モカ チップ フラペチーノのTallサイズを飲んだ。
税抜490円で税込529円であった。
妹家族からプレゼントされたスターバックスカードで会計をした。
残高が減ればチャージもできるようだ。
ダーク モカ チップ フラペチーノは、冷んやりとして、氷のシャキシャキとした食感と濃厚なチョコレートの風味がする。
程よい甘さも良い。
美味し。

麺や 庄の ラゾーナ川崎

2017年10月9日(月)の体育の日に初めて麺や 庄の ラゾーナ川崎店を訪れた。
客層は男性が多い。
フードコートは席を確保するのが大変であるが、この日は比較的空きがあった。
しかしお店の前には行列ができていた。

濃厚つけ麺を食した。
税込850円である。
注文をしてからブザーをもらい料理ができるのを待つ。
濃厚つけ麺の麺は中太麺で風味がよく、もちもちとしてツルツルと喉越しが良い。
上には香草とメンマがのせられていて海苔が添えられている。
メンマはさっぱりとしたものである。
つけ汁にはチャーシュー、ナルト、ネギなどが入れられている。
チャーシューは脂身がのりトロトロである。
つけ汁はとろとろとして大変に濃厚であり、豚骨魚介のスープで、特に魚介の風味が強い。
麺を入れると濃厚なスープがまとわりつく。
また、スープには柑橘類のような爽やかな風味もした。
旨し。

サイアムヘリテイジキッチン ラゾーナ川崎プラザ店

2017年12月9日(土)に初めてサイアムヘイテイジキッチン ラゾーナ川崎プラザ店(SIAM HERITAGE KITCHEN)を訪れた。
お店の造りはテーブル席のみである。
客層は老若男女幅広い。
家族連れも多いようだ。
店内ではピアノ曲が流れている。
テーブル席に着くと冷たい水が出された。

タイスキ春雨湯麺(スキ・ナーム)を食した。
税込1130円であった。
具材は春雨の他にパクチー、人参、木耳、青梗菜、白菜、ほうれん草、葱、海老、烏賊、溶き玉子、魚の練物などが入っている。
パクチーは新鮮で強い風味を感じる。
烏賊は柔らかく、海老は弾力があって噛みしめると旨みがある。
魚の練物は魚の風味を強く感じる。
スープは爽やかな甘さと強烈な辛味がある。
美味し。

あんぷく

2018年1月4日(木)に初めてあんぷくを訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
客層は若者が多い。
店内ではJ-POPが流れている。
カウンター席に着くと冷たい水が出された。

サラダ明太子うどんのCOLDを食した。
税込900円であった。
具材は刻み海苔、貝割れ大根、レタス、水菜、茗荷などで、たっぷりの明太子にマヨネーズ風味のソースがかけられている。
うどんはコシがあり食べ応えがある。
明太子はピリッと辛く、マヨネーズ風味のソースとよく合う。
レタスはシャキシャキとしていて、茗荷の清々しい風味が良い。
美味し。

※本記事は、2018/02/03に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ