宮城県本吉郡南三陸町にある南三陸さんさん商店街のお店9店‼︎

宮城県本吉郡南三陸町にある南三陸さんさん商店街のお店9店‼︎

宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街は2011年3月11日の東日本大震災で被災したお店が集まった仮設の商店街です。 驚くほど美味しく良質なお店が集まっています。 南三陸さんさん商店街のそばには大規模な駐車場も用意されています。 大型バスで訪れる方も多く、平日から休日も大変にぎやかです。

キーワード
ランチ
とんこつラーメン
ケーキ
駐車場あり

更新日:2017/12/12 (2014/12/22作成)

15180view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南三陸さんさん商店街にある飲食店9店を紹介します。
2014年12月20日(土)には、新たにカレーとコーヒーの専門店「月と昴」がオープンしています。

4833f2034f52647b08eb23c30a1c55aa

弁慶鮨

Clear

南三陸の新鮮な鮨を食べられるお店‼︎弁慶鮨。

弁慶鮨は宮城県本吉郡南三陸町にある南三陸さんさん商店街にある。
南三陸さんさん商店街は仮設のお店が集まり営業をしている。
大きな駐車場があり、訪れる人も多く活気がある。
2014年7月には天皇皇后両陛下が訪れられたようだ。
訪れる際には工事をしている道路が多く、マップに道路があっても通れないところが多いことに注意が必要である。
南三陸町のお店では2014年度の春、夏、秋、冬に海鮮丼のテーマを決めて、それぞれのお店が創意工夫をして提供している。
2014年11月からの冬のテーマはキラキラいくら丼である。
弁慶鮨のキラキラいくら丼は大盛のいくらの他に赤身のマグロ、中トロ、サーモン、白身、タコなどがのせられている。
キラキラいくら丼の中でも具材が多様なのが特徴である。
ネタは新鮮でどれも美味しい。
主役のいくらが特に新鮮で塩梅が良く美味しい。
キラキラいくら丼の器は平たくご飯は少なめである。
味噌汁は大きな油揚げ、海老の頭、アオサ、ネギなどの具材が入る。
その他に二種類の箸休めがつく。
弁慶鮨のキラキラいくら丼は税込2000円である。

にぎり寿司(松)。
税込2000円。
アワビのネタも入っている。

宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街の弁慶鮨の海鮮丼(月)。
税込2200円。

2015年5月からの宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街の弁慶鮨の南三陸キラキラうに丼。
税込3000円。
生ウニの粒が立ち、他にも美味いネタの数々。
美味し。

宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街の弁慶鮨の海神丼(ポセイどん)
贅沢な一杯。
美味し。

志のや

Clear

ボリュームのある天婦羅が美味しいお店‼︎志のや。

志のやは宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街の一角にある。
南三陸さんさん商店街とは南三陸町の仮設の商店街である。
2014年11月9日(日)に南三陸さんさん商店街を訪れたが、大型観光バスがとまり大変活況であった。
志のやのお店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
店内は清掃が行き届き清潔感がある。
食事は店外の共同仮設テントのテーブル席に持ち出すこともできるようだ。
注文がひっきりなしにあり、大変繁盛をしていた。
お昼に訪問して穴子天丼を食した。
穴子天丼は税込1000円である。
大ぶりの厚めの穴子天とシソの天ぷらが丼のご飯にのっている。
穴子は食べ応えがあり、口に入れるとその厚みをよく感じることができる。
天ぷらの衣はサクッと上がり、中の穴子はしっとりとしている。
その他に白身魚の小鉢とお味噌汁と浅漬けがつく。
お味噌汁の中には豆腐と魚のつみれが入っている。
お味噌汁や小鉢を味わうだけでも細かいところまで手の行き届いていることがわかる。

志のやの南三陸キラキラ春つげ丼。
税込2000円。

宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街の志のやのキラキラ秋旨丼。
サーモンにウニにカツオにとろろ。
旨し。
税込2000円。

はしもと

Clear

カキフライが大きくて美味しいお店‼︎はしもと。

はしもとは宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街の中にある。
南三陸さんさん商店街は南三陸町の本吉街道沿いにある。
南三陸町で大きな商店街といえば南三陸さんさん商店街で、南三陸さんさん商店街の近くまで東日本大震災の被害が大きくいまだに造成工事をしている。
はしもとのお店の造りはカウンター席とテーブル席があり、客層は若い人からお年寄り、家族連れなど幅広い。
お店の中はしっかりと清掃がされていて清潔感がある。
2014年11月15日の昼間に訪れた時は風が強く寒い日であったが、訪問客は多かった。
はしもとでは煮穴子重を食した。
煮穴子重は税込1280円である。
席につくと温かいお茶を出してくれた。
寒い日にはありがたい。
ふっくらとした穴子に甘いタレがかかり、ご飯にはいくらを忍ばせている。
煮穴子がおどろくほどふっくらとしていてやわらかく舌触りが良い。
お味噌汁にはとろろ昆布が入っていた。
お味噌汁は少し熱めであった。
その他にめかぶの小鉢もついた。
はじめて訪れたお店だが大満足であった。

海宝丼は税込2000円。

2015年、創菜旬魚はしもとのキラキラ春つげ丼。
税込1620円。

ウニ付き海鮮丼。
ウニにあわびにほたてに魚介がたくさん。
特にほたてが美味しいです。
たまに贅沢をしてみませんか。(^^)
税込3000円。

松原食堂

南三陸さんさん商店街の定食屋!松原食堂。

松原食堂は宮城県本吉郡南三陸町のさんさん商店街の中にある。
南三陸さんさん商店街の飲食店は8店舗あり、すべて訪れた。
松原食堂の客層は家族連れからお年寄り夫婦まで幅広い。
お店の造りはカウンター席とお座敷がある。
となりにフードコートが設けられているので、店外に持ち出してそこで食事をする人も多いようだ。
2014年11月30日(日)の午後に昼食のため訪れた。
キラキラいくら丼を食した。
松原食堂のキラキラいくら丼は税込1800円である。
キラキラいくら丼は南三陸町の2014年度冬限定の海鮮丼のメニューである。
南三陸町の飲食店では町内のホテル観洋の女将さんが音頭をとり、春、夏、秋、冬のそれぞれに限定の海鮮丼を提供する取り組みをしている。
松原食堂のキラキラいくら丼は味のついた大盛りのいくら、ホタテ、タコ、焼き鮭がのせられている。
ホタテはホタテの貝殻にのせられていて見映えが良い。
いくらは味がついているので醤油をかけずとも味わうことができる。
その他に味噌汁、お漬物とウニとめかぶを和えた小鉢がつく。
うにめかぶの小鉢も味がついているため醤油をかける必要はない。
他のメニューも充実していて、海老フライ定食やとんこつラーメンなどもある。

松原食堂のとんこつラーメン。
税込730円。

豊楽食堂

焼きそばが美味しいお店!豊楽食堂。

豊楽食堂は宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街の中にある。
お店の造りはカウンター席と座敷がある。
2014年11月24日(月)の勤労感謝の日の振替休日に訪れた。
メニューは焼ソバの他にラーメン、2014年の冬だとキラキラいくら丼を出しているが、メインは焼ソバである。
焼ソバ 並盛とジンジャエールを頼んだ。
焼ソバ 並盛は税込500円で大盛は税込700円である。
焼ソバの具材はシンプルでキャベツとのり、紅ショウガがつき、その上に目玉焼きがのるだけである。
しかし、具材がシンプルなので麺をしっかりと味わうことができる。
焼ソバの麺は普通の焼きそばのようにソースで味付けしているのではなく、出汁で味つけをしている。
そのため焼ソバはさっぱりとしていて味わい深い。
ドリンクで税込200円のジンジャエールを頼んだ。
ジンジャエールはメニューに表記はないが、辛口と甘口がある。
辛口のジンジャエールを頼んだ。
税込合計700円で大変満足な食事をすることができた。

豊楽食堂のキラキラいくら丼。

京極食堂

蕎麦とキスや海老の天丼が食べられるお店!京極食堂。

さんさん商店街の中にある。
お店の造りはテーブル席と座敷席がある。
客層は年配の方々から家族連れまで幅広い。
2014年11月16日(日)にお店を訪れた。
散髪のために南三陸さんさん商店街にあるBARBER MIYAKAWAを訪れようとしたが、第三日曜日は定休日であった。
南三陸さんさん商店街のとなりにあるコメリでスウェット2着を買い、その後にそば処京極で食事をした。
ミックス天丼半かけそばセットを食した。
ミックス天丼はキスとエビの天丼である。
かけそばは少し黒みがあるため、そば粉にそばの実の殻を少し入れているのだろう。
そばは少しやわらかめであった。
汁は甘口で少しばかりのとろみがある。
天丼のキスとエビの天ぷらの衣も甘口であり、ご飯はたっぷりと盛られていた。
衣はふわりとしていた。
全体的に料理は甘口の味つけである。
店内は清掃が行き届いていて清潔感があった。

京極のざるそば。
税込700円。

天南そば。
税込800円。

自然卵のクレープ モアイ店

濃厚なクレープとコーヒーが合うお店‼︎

沿いの南三陸さんさん商店街の中にある。
お店の造りはテーブル席があり、クレープを持ち帰るかお店で食べるかを選択することができる。
客層は若い人から家族連れまで幅広い。
2014年11月16日(日)に訪れてキャラメルのクリーム&カスタードのクレープとホットコーヒーを頼んだ。
キャラメルのクリーム&カスタードは税込340円で、ホットコーヒーは税込250円だが、クレープと一緒に頼むとホットコーヒーは税込100円にしてくれる。
合計税込440円であった。
クレープの卵は宮城県本吉郡南三陸町の田束山麓の地鶏の自然卵である卵皇(らおう)を使っている。
http://sizentamago.jimdo.com
クリームは甘さが控えめで濃厚でありながらもさっぱりとしている。
カスタードは少し甘めである。
クレープの甘さとホットコーヒーの苦味がよくあった。
また、訪れてみたい処だ。

田中前

多彩な具材の海鮮丼!田中前。

田中前は宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街の中にある。
お店の造りはテーブル席とカウンター席があるが、店内は狭めである。
2014年11月23日(日)に同じく南三陸さんさん商店街の中にあるBARBER MIYAKAWAで散髪した後、昼食のため訪れた。
南三陸さんさん商店街は様々なお店が1ヶ所に集まり、商店街で買い物をした後に食事をすることができるのがうれしい。
あわび・いくら丼を注文した。
南三陸町に来てからあわびを食べる機会が多い。
先日も寮にあわびの炊き込みご飯の差し入れがあり夕食にいただいた。
寮の管理人のおばさんにも大変お世話になっており、建設現場に出勤する時にはボランティアで私と同僚の分のおにぎりを握ってもたせてくれる。
南三陸町では大変に人の温かみを感じている。
田中前のあわび・いくら丼はあわびといくらの他にたこや貝柱、サーモン、玉子焼きなどがつく。
ご飯の大盛は無料である。
大盛にした。
そのほかにお椀にはそばが入り、漬物と煮とうふがつく。
あわび・いくら丼の値段は税込2350円であった。

阿部茶舗

阿部茶舗は宮城県本吉郡南三陸町の南三陸さんさん商店街にお店を構えている。
創業は明治41年で静岡茶を取り扱っている。
急須などお茶に使う道具も販売しているようだ。
そのほかにソフトクリームなどのスイーツも販売している。
南三陸さんさん商店街を歩いているとよくソフトクリームを持って歩く家族連れや団体を見かけるが、阿部茶舗のソフトクリームである。
特に抹茶ソフトクリームの人気があるようだ。
店内には小さなテーブル席があるが、ほとんどの人は外に持っていって食べている。
メニューには緑茶だけでなくホットコーヒーもある。
2015年2月22日(日)に初めて訪れた。
定番の抹茶ソフトクリームを食した。
税込250円である。
お茶屋さんでソフトクリームというと他のメニューがあってもなぜか抹茶を選んでしまう。
抹茶ソフトクリームはねっとりとしていて濃厚であり、外で持っていてもなかなか溶けづらいようだ。
抹茶の味わいが良い。
最後に食べるサクサクのコーンも美味しかった。
手軽に買える値段設定であるのもよい。
南三陸さんさん商店街を訪れた時にはお勧めである。

阿部茶舗の抹茶ロールケーキセット。
税込500円。

阿部茶舗に抹茶ソフトクリーム。
税込250円。
抹茶の色が鮮やか。

※本記事は、2017/12/12に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ