>゜))))彡。。。ふだんはあまり食べない魚&貝 etc…。

>゜))))彡。。。ふだんはあまり食べない魚&貝 etc…。

~魚は好きなんだけど、自分ではさばけない ><;。食べる魚はだいたいワンパターン。たまには珍しい魚介類が食べたい!!!。 ということで食べに行った、私事のふだんはあまり食べない魚と貝の店です。

キーワード
ランチ
おしゃれ
個室
名物
肉料理
駐車場あり

更新日:2016/09/13 (2016/08/30作成)

1840view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鯉・鱧・鰈・鰻・河豚・牡蠣などをいただく。

~ふだん食べる魚は???。と聞かれたらアナタは何と答えますか?。
鮭、鯖、鰯、鯵、鮪、鯛……。比較的にお値段が安く、手に入りやすい魚たち。
調理がしやすく、美味しくて、食べやすい。

でも、たまには違う魚が食べたい!!!。

けれど自分では絶対に調理ができない! ^ ^;;;。
そんな時はやっぱり専門の店に行くのが一番ですね。


>゜))))彡。。。>゜))))彡。。。>゜))))彡。>゜))))彡。。。。。。<゜)))彡。。>゜))))彡。。。。。





D1bd2ecc3e6cc400b96cfb13cd1ea4eb

>゜))))彡。 鯉の里 なかはら

Clear

■2010年10月訪問            

この日は福岡県嘉麻市にある
古処山キャンプ場でキャンプ。

テントが張れるのは15:30からなので、
キャンプ場の管理人さんにこのあたりで
美味しい所は?と尋ねたところ、
馬見山中腹にある【鯉の里なかはら】
さんを紹介してもらいました。   

●鯉定食 \1,200
(鯉あらい・鯉こく・山菜・白飯)

桜色が美しい鯉のあらいです。
コリコリの食感、新鮮で美味。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

●山菜の煮物

素朴な味で美味しい一品。

●鮎の塩焼き

●鯉こく

輪切りにした鯉を、
味噌汁で煮た味噌煮込み料理

甘めの味噌仕立て。
タマゴが入ってました!
ちょっとクセがありますが、
美味しい。

●ハヤの甘露煮

ハヤ(鮠, 鯈, 芳養)は、
日本産のコイ科淡水魚のうち、
中型で細長い体型をもつものの総称。
ハエ、ハヨとも呼ばれる。

■鯉の泳ぐ生簀

注文が入るとこの生簀から
ご主人が鯉を取ってきて調理。

馬見山(977.8m)
いつか登りに行きましょう。
店の前は嘉麻市の町を見下ろし、
後ろには山々が連なるなかなかの
ロケーションです。


>゜))))彡。 鯉料理 白滝 

Clear

■2011年4月訪問

この年の花見は佐賀県小城市へ。

清水の滝周辺に鯉料理店が
数多く軒を連ねています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

その一軒【鯉料理 白滝】さんへ。
最近改装されたようで、
とてもきれいで良さげな雰囲気です。

予約なしでしたが、相席ということで。
落ち着いたきれいな和室です。

●鯉のあらい (鯉こく付)

氷が上に乗っている鯉の洗は初めてです。
すごくきれいですね。

鯉のあらいの下にはシャキシャキの
キャベツが敷き詰められています。

臭味がなくシコシコの食感。
こちらの鯉のあらいはとても美味しい!。
酢味噌は甘めです。

●鮎の塩焼き

実はあまり好きではないのですが、
この鮎の塩焼きはおいしい一品でした。

●鯉こく

甘めの合せ味噌に
鯉と鯉の卵と玉ネギ。

いや~この鯉こくは上品なお味。

■けっこう山の中にある店です。

鯉を初めて食べる方にはお奨め ^ ^b 。

見た目美しく、
料理はどれも美味しいですよ♪~。

>゜))))彡。 割烹 丸清

Clear

■2011年9月訪問

大分県中津市といえば鱧料理。(はも)

京都が有名なのかと思いきや、
九州の近場で食べれるのが意外でした。

*諸説あるそうですが、
大分県中津市の行商人などが
京都へ鱧の食文化を伝えたとも。。。


●はもさま 単品¥500

はもの切り身をふんだんに使った、丸清さんオリジナルかまぼこ。

さすが高級食材の鱧たっぷりのかまぼこは、
ぷりっぷりの食感で上品な味わいの一品。


●鱧ミニ膳 \2,500

・鱧湯引き
・鱧刺し
・鱧天ぷら
・はもさま
・鱧茶碗蒸し
・鱧の吸物
・飯
・香の物


●鱧しゃぶしゃぶ(小)\2,000

はじめて食べましたが、食感といい味といい大変に美味!。
湯引きよりこちらの方がダンゼンに美味しいですね。
 

●鱧の蒲焼 (別注文)

一昨年も中津市で鱧をいただきました。
けっこう有名なお店だったと思います…が、
お味がイマイチだったのでしょう、
記憶がありません。

今回のこの【丸清】さんは◎!。
それぞれの鱧料理がとても美味。

老舗の雰囲気漂う、
ゆったりとした個室でいただいた
鱧料理は最高でした!。


>゜))))彡。 ふくの河久 

Clear

~2013年1月訪問。

山口県下関市にある【唐戸市場】へ。
土・日曜日のみ開かれる市場が有名。

そ~~~だ!
唐戸市場へ行こう!の気分。
寒い日ですが、ぷらりドライブ。

市場で軽く寿司をいただき、
以前より気になっていた店へと。

●ふくひれ酒セット \1,480くらい。

ひれ酒とふく刺身のセット。

スーパーの魚屋さん仕様ですが、
さすがに刺身は美味い!。

しっかりとした盛で、リーズナブル。

●ふくのひれ酒

大きな声では言えませんが…。

この酒、
唐戸市場のとある店で飲んだ、
ひれ酒の10倍美味い!!!。

●ふくの味噌汁

食堂の雰囲気で、
お店の方はざっくばらん。
(女性の店員さんばかり)

敷居の高いイメージがくつがえされる、
河豚をおいしく、
リーズナブルにいただける店です。

>゜))))彡★ 焼がきの はやし

Clear

■2014年11月訪問。

安芸の宮島~錦帯橋を廻る、
バスツアーの旅行にて。

牡蠣大好きの人間としては、
この地へ来たら絶対に行くべき店!
ということでやってきました。

予約は無し。
来たとこ勝負。

甘かった~~~。
大雨にもかかわらず、
店先には行列ができています。
さすが人気店ですね。

少し待って入店。
入口近くの相席。
店内はけっこう外人さん多し。
ごった返しています。

●生がき (単品・2ヶ)

とても美しい牡蠣が登場。
ご主人ご自慢の、
自家製ポン酢でいただきます。

美味しい!!!。

やっぱり牡蠣は広島だね。


●焼がき(4ヶ・¥1,200)

*地御前産の特選3年物の牡蠣を、
丁寧に強火で焼き上げました。
牡蠣本来の風味をお楽しみください。
(はやしHPより)

お客が多いので、
けっこう待たされました。
やっぱり看板メニューですね。
さすがに美味い!!!。

ほんとうは牡蠣フライや
牡蠣飯などが食べれる、
「かき三景定食」が食べたかったのですが!、
バスの中で冷たい幕の内弁当を
食べることになり、
けっこうお腹一杯の状態 ><;;;。

また今度来たときは、
腹一杯、牡蠣を食べるぞ===!。






>゜))))彡★フィッシュ&オイスターバー・キャナルシティ

Clear

■2012年3月訪問 

本日はキャナルシティ博多にある
映画館(ユナイテッドシネマ)で、
【マーガレット・サッチャー
(鉄の女の涙)】メリル・ストリープ主演
を観終えて。

ちょっと小腹が空いたね…。と
店を探していると、
なんとオイスターバーがOPENしてるでは!。

店内はスタイリッシュでお洒落~。

全国津々浦々、
いろいろな所で牡蠣は採れるのですね。

MENUが豊富で迷っちゃいますが…。

まずはいろいろと食べれる生牡蠣のプレートを注文。

左側ふたつは海外の牡蠣。(アメリカだったかオーストラリアだったか?)
3番目は兵庫県産の牡蠣で4番目は北海道産の牡蠣。

海外の牡蠣はけっこう大味であまり好みでは無し。
日本の牡蠣はやっぱり美味いね。
今回は兵庫県産がNo,1!でした。







●パスタランチ(牡蠣のペペロンチーノ)

ぷりっぷりの牡蠣がのった
ペペロンチーノ・パスタは、
けっこうしっかりしたお味。

●サラダ、スープ、パン

今はコース料理や
アラカルトなどMENUが豊富。

魚介類、海鮮系が好きな方には、
たまらない店ですね。

また来たい店のひとつです。



■福岡キャナル・グランドプラザ

>゜))))彡。的山荘 (てきざんそう)

Clear

■2013年4月訪問。

本日は3連休。
大分県にはちょくちょく行くのですが、
こちら日出町(ひじまち)は初めて。

いろいろリサーチし、
的山荘さんにて昼食を
いただくことにしました。

■的山荘 (てきざんそう)

大分県杵築市山香町にあった
馬上金山の経営で財をなした
成清博愛(なりきよひろえ)が、
日出町に建てた別邸。

「的山」は鉱山を当てるという意味で、
博愛の雅号に由来。
1991年(平成3年)に「的山荘(附日本庭園)」として日出町の有形文化財に。

1964年(昭和39年)に、
博愛の孫の成清信輔が料亭として開業。
日出城下の海岸近くで漁獲される
【城下かれい】の名店として全国に
知られた。

しかし、老朽化等によって
個人での維持管理が困難となったことから、2010年(平成22年)3月に日出町が
施設を購入。
成清家による料亭としての営業は
2011年(平成23年)3月に終了。

同年5月11日に日出町の
指定管理施設として
日本料理専門店に改装してオープン。
         (Wikipediaより)

●城下かれい

生きてるうちに食べてみたかった一品。

*日出(暘谷)城趾の南の海底に
真水の湧き出るところで育った
マコガレイを「城下かれい」と呼んで、
昔から珍重してきた。

江戸時代は、将軍様に献上される魚であり、
庶民が食べることが禁じられていたため
「殿様魚」と呼ばれていたそうな。

一般市民の私達には、とても・とても
贅沢&上品なお味でした^^;~。

●季節のミニ会席(お魚バージョン)¥3,240(税込)

本日のお造りはクエ
いや~~~クエは脂がのって美味しいですね。
九州ではアラといい高級魚。
鍋ではよく食べますが、刺身ははじめてかも。

●季節のミニ会席(ステーキバージョン)
¥3,240(税込)

こちらも美味しそう~~~。

ステーキは違う部位の牛肉を使って、
これまた大分県名産品の
「しいたけ」をソースや付け合せに使用。

美味しい!びっくり!の一品。

●会席の先付

愛らしい珍味入れの中の一品は、
どれもこれも丁寧で美しい仕事。
ひとつひとつがいいお味に仕上がっていて、酒がすすみます ^~^*。

●日本酒「千羽鶴」(大分県)

こちらで一番いい酒を注文します。
瑠璃色の美しいガラス器
(たっぷりの氷に入って)で登場!。

黄菊が添えられ、
とても憎い演出ですね。

会席にはそれぞれ、
・蓋物
・揚物
・サラダ(ステーキ会席)
・ローストビーフ(おさかな会席)
・あらの揚げ出し(おさかな会席)
・飯
・汁物
・香の物
・デザート
・ほうじ茶
がでてきます。

料理のすべてが美しく、
とっても美味しい!
ほうじ茶は今まで飲んだ中で
一番うまい!。でした。

~とても丁寧な接客。
格調の高い調度品と美術品の数々。
そして、とっても美しい庭園の景色。
…で時を忘れ^^?・・。

至福のひと時をいただけた店でした。




>゜))))彡。 まんまる

Clear

■2015年5月訪問。

本日は福岡県久留米市にいます。
明日の孫ちゃん2号の
初小学校運動会のため。

ひさ~~~しぶりの久留米です。

ここ久留米は焼鳥屋が多く、
B級グルメとして有名な場所。
宿泊先の可愛らしい女性スタッフさんに
美味しい焼鳥屋を教えてもらいます。

いざ出発^^!。

予約なしの飛び込み。
「満席」でおことわり。
この手前2件の店も「満席」
で入れず ><;。

そういえば宿泊先の前に
居酒屋があったね。
ダメもとでトライします。

かろうじて入店することができました^^y。
お客でいっぱい!。すごい!。

ふつーの居酒屋参加と思いきや!
な、なんと【エツ】が食べれるのです。

ここ筑後川近辺にのみ生息する珍しい魚。
久留米では、
この魚のコース料理があるくらいです。

<°)))彡 
エツ(斉魚、鱭魚、学名:Coilia nasus)
ニシン目・カタクチイワシ科に
分類される魚の一種。
東アジアの汽水域に生息する魚で
食用になる。
渤海、黄海、東シナ海の沿岸域に
分布するが、日本での分布域は
筑後川河口域を中心とした
有明海奥部にほぼ限られる。
        (ウィキペディアより)

●エツの刺し身

小骨が多い魚ですが、
食べやすく調理してあります。

初めていただきました。
臭みがなくなかなか美味で食べやすい。

この魚が食べれるのは、
5中旬~7月上旬。
今回食べれたのはラッキーでした!。

専門店の通常コースだと、
¥6,000~¥8,000(14~16品)
くらいのようです。


●エツの骨せんべい

残ったエツの骨を揚げてもらいました。
塩味が絶妙でパリパリで美味い!。

●焼き鳥盛り合わせ ¥1,280

やっぱり焼き鳥は食べんとね!。

これまたフツーかなと思いきや。。。
どれも美味しい!焼き鳥でした。

●鉄マルぎょうざ ¥290

え!
これでニヒャクキュウジュウエン???。
と疑いたくなるような、
美味いぎょうざです。

この店一番の人気看板メニューだとか。
納得、なっとく。

皮はカリッと具だくさん。
ペロッと2~3皿はいただけちゃいますね。
ビールがすすみますよ!。

カウンターの中のスタッフのおにーさん。
とても酒に詳しい方でした。
いろいろと酒造元に行かれてて顔も広い。
話も上手で楽しい方です。

すすめられた日本酒の
美味しかったこと!。

飛び込みで入り
あまり期待はしていませんでしたが、
なかなかレベルの高い店でした。

スタッフの方たちの感じや動きも良く、
料理はハズレがなくリーズナブルで
おいしかったです。
また行きたいな^^y~~~。



>゜))))彡。 うなぎ処 いち川

Clear

■2012年11月訪問。

千草ホテル【ミル・エルブ】の
レストラン・チーフO嬢から教えていただいた、
こちらの店へ本日参りました。 

北九州市戸畑区にある鰻屋です。

いろいろな調度品が置いてあり、
店というよりはどちらかの家のような雰囲気。
アットホームな感じです。

●うまき (¥700・当時の価格)

ほぉ~、今まで食べたところでは
一番のボリューム感。
どこの店も価格はだいたいこのくらい。
ですが、4切れというのはすごい!。

お味は・・・、おいしいですよ。
玉子いくつ使っているのやら・・・。

●湯引 (いち川定食)

●うざく (¥700・当時の価格)

こちらもかなりのボリューム。

他店の3倍はありますね。
この量。
そしてやはり、こちらも美味いです。

●肝焼 ¥720

2本セット。

たくさん肝が刺さってますね。
苦味がなくて食べやすいお味。

●いち川定食 \1,340

・蒲焼、
・湯引(酢味噌)
・肝吸い
・茶碗蒸
・煮物
・サラダ
・漬物
・白飯
・くだもの

これだけ付いててこの値段は安い!。
ボリューム感も半端ないですよ。

味もそこそこに美味しくて、
敷居の高くない良心的な鰻屋さんでした。



>゜))))彡。 吉塚うなぎ屋 本店

Clear

■2013年3月訪問

福岡・博多で鰻を食べるなら、
ここ【吉塚うなぎ屋】です!。

もうずいぶん前、
初めてこちらで鰻を食べた時、
なんちゅー美味しい鰻なんだ=!と感動。

それから一年に1度は、
食べに行く店になりました。

●幕の内(きも吸い付)
/10月~5月頃まで。

あれこれと少しずつ食べれる、
贅沢で美味しい幕の内弁当ですよ。

●うなぎ丼(きも吸付) ¥1,598

鰻も御飯もきも吸いもすべてが美味しい!。








●きも吸い

とても上品なお味の吸物。

ほどよい塩加減と鰹節の優しい香り。

●鯉の洗い ¥982
 
臭みがまったく無いコリコリの身を、
これまた上品な手作りのからし酢味噌でいただきます。

酒の肴にいつもいただく一品です。



●上蒲焼 ¥3,704

日本酒やビールでいただく蒲焼は最高!。
香ばしく焼かれた鰻に甘辛のタレがからんで、
たまらなく美味しいです。









■洗面所はいつ行っても、
カサブランカの花が活けてあります。
(芳香剤のかわりでしょうか?)

■食事を終えて駐車場の方へと
歩いていくと・・・。

鯉君たちが水槽で泳いでいるでは!。
(驚!)

こちらへ行くといつも
「鯉のあらい」をいただきます。
そして、この鯉肉は何処かからの
冷凍仕入れ品とだと思っていました^^;。
お店の方申し訳ございません。

>゜))))彡★ 呼子萬坊/博多駅店

Clear

■2012年7月訪問。

佐賀県唐津市呼子にある、
いかシュウマイで有名な
呼子萬坊がプロデュースする駅弁当です。

JR博多駅シティで購入できます。

博多で仕事をしていた時、
仕事帰りにちょくちょく購入。
(通常は\1,200 夕方には半額くらいに)

●いか三昧弁当

・魚豆腐 二色田楽・
・いかシュウマイ(揚げ・大丸)
・いかん子ウィンナー
・お魚ナゲット
・烏賊めし(雲丹入り)
・烏賊がんも(スープ煮)
・いか白子の燻製
・烏賊と昆布の呼子ふりかけ
・烏賊の有馬煮
・紅白なます
・しめ鯖スモーク
・烏賊たきこみご飯
・玉子焼
・いかシュウマイ(蒸し・大丸)
・するめいか一夜干し
・ぶり袖庵焼き

12個のマスの中には、16種類の食材。
さすが萬坊さん、
イカを上手に使ってらっしゃいますよ。

どれもこれも個性のある味で美味。

家で食べても美味しいですが、
旅の列車の中でビールを飲み、
車窓の景色を眺めながら食べる
こちらの弁当、
さぞかし美味いことでしょうね~。

■今は中身・パッケージとも
リニューアルされています。

ほんとにすごい駅弁当ですよ ^ ^♪~。

>゜))))彡。 大衆割烹 ひかり

Clear

■2012年3月訪問。

こちらの店は、
以前勤めていた上司が見つけた店。

魚&肴料理の種類が半端なく多く、
そして美味い!!!。
いつ行ってもお客も多く賑わってます。

博多駅の裏にあるので、
サラリーマンの憩いの場所ですね。

●白魚のおどり食い (シラウオ)

春先になると福岡市の室見川ではこの魚が採れます。
白魚漁は春の風物詩。

私は食べれませんが… ^ ^;;;。
泳ぐ姿を見てると、家に連れて帰りたくなりますね。。。


■本社(東京)のお偉いさんが
来福された際にはいつもこの店を使用。

魚の美味しさにビックリされます。

個人的にも、
ちょこちょこ訪問しておりました。


>゜))))彡 瓦そば本店 お多福

Clear

2015年3月訪問。

「温泉♨行きたいね~~~。」
       N氏がポツリ・・・。

日帰りで九州以外の近場♨はないかと
あれこれ探し、こちらの温泉を見つけました!。
山口県下関にある川棚グランドホテル。

ご入浴お食事券セット¥1,450(平日)を購入。


■瓦そば本店 お多福

温泉から上がり、
ホテル施設内に隣接するこちらお多福で、
川棚温泉名物の瓦そばをいただくことにします。

●特牛イカ (こっといいか)

今回の日帰り温泉で、
何かここでしか食べれないものは
ないかな?
と調べているとこのイカが登場!。

特牛と書いて【こっとい】なんて、
ほとんどの人は読めませんよね ><;。

MENUを見ると結構いいお値段。
なかなか食べることがないので、
一番小さいのを注文します。

イカの生造りなんて何年ぶりでしょうか。

透き通った身が美しい!。
コリコリとした食感で弾力があり美味!。











●ゲソとエンペラの塩焼き

※特牛イカ(こっといいか)

観光スポットとしても人気の
「角島」沖合で釣られ、
豊浦町に程近い「特牛(こっとい)漁港」
に水揚げされた、
最高級Aランクの「剣先イカ」だけが
「下関北浦 特牛(こっとい)イカ」と
名乗ることを許されています。
「特牛イカ」は高級ブランドイカとして
県内外に出荷され、
高い評価を得ています。
     (豊浦町観光協会HPより)
        

●お多福の瓦そば

これまた何年振りに食べたでしょうか…。

※本記事は、2016/09/13に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ