京都市内・2016年 魅力あふれる新星 ニューフェイス17選※2017/1/27新店追記

京都市内・2016年 魅力あふれる新星 ニューフェイス17選※2017/1/27新店追記

2017年1月も終盤、2016年最後の新店追記になりそうです。 2015年度では至高の新星レストランに限りましたが、2016年はジャンル問わず魅力的なニューフェイスを。 既に人気のお店、まだ穴場でゆったり美味しい和食店、銀座の重鎮バー、懐石・割烹店、裏寺町の新鋭立ち飲みなど。他にも多数ある中より。

キーワード
ランチ
個室
美味しい
人気
テラス
喫煙可
ケーキ
名物
肉料理
新店

更新日:2017/01/27 (2016/08/12作成)

10827view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016注目の新店。Vena2017/1/25追記。鮨すずか1/15 焼肉矢澤12/27 観山12/15 オカフェ12/3 ジャンポール・エヴァン10/25

2017/1/27追記。独自の表現とセンスが光るすばらしいイタリアン。2016年12月20日開店。
2017/1/15追記。東京築地〜京都での経験を経て開店【夷川 鮨 すずか】2016年11月29日開店。
追記もれで2017/1/15追記。【ザ・ラウンジ】10月15日開店。
2016/12/27追記。「ミート矢澤」系の関西初出店。12月22日開店。
2016/12/15追記。「吉兆」から「柊家旅館」の料理長を経て11月10日開店。
2016/12/03追記。国内トップと評される岡田バリスタの新店。11月23日開店。
2016/10/27追記。日本初の路面店【ジャン=ポール・エヴァン京都店】10月25日開店。
2016/10/06追記。【Dari K】10月2日新本店が開店。

※このまとめ最初のアップは2016/08/12で下記を紹介。
■高CP懐石料理「たか屋」@京都駅近く ■昭和2年創業の「甘党茶屋 梅園」の新展開@西陣 
■京都各地の焙煎所の珈琲を@五条  ■全国屈指のパティスリーから京都へ@京大農学部近く
■一流店仕込みの懐石料理「二条城ふる田」 ■カウンター割烹の醍醐味「実伶」@御所南西 
■銀座の重鎮バー「スタアバー銀座」が京都に 
■ミラノの和食店で活躍されたシェフの立ち飲みバル@裏寺町
※京都府郊外、4月開店のイタリアン【モーネ】、6月17日開店「祇園 きだ」もお勧め。

2015年の新星レストランは以下を。
http://tabelog.com/matome/1641/
画像は「京都・スタア・バー」のジントニック空きグラスです。

00f373d895f85d1141689d052b331b70

12.20開店|表現力と北欧の調度品が豊かに協奏

Clear

2016年12月20日 御所近くにオープン。

元「イルギオットーネ」の早川シェフと元「ボッカデルヴィーノ」のソムリエ池本さんの表現力とセンスが光る「Vena(ヴェーナ)」。
出身店の要素に独自の表現力とクラシックな力強さに満ちたランチコースに感動。
一方、ディナーコースはランチより弱めに感じましたが、やはり魅力あふれるイタリアンと感じました。


ランチコースの2皿目。食材のハーモニーが味覚に響く前菜5品

■□ 5種類の前菜(ランチコースの2皿目)
・赤牛と頭芋のコロッケ トランペット茸とクレソン・苺と毛ガニ キャビアのせ ピスタチオ
・佐渡の寒ぶり リコッタチーズと松の実 ほうれん草ソテーとピュレ カラスミ
・コーンの中にフォラグラテリーヌ 百合根の林檎果汁バニラ風味のマリネ
・蛤グラタン仕立て 炙り雲丹のせ

2017年1月のランチコースより
■□雲子と九条ネギのパスタ。

雲子と九条ネギの風味を引き立てるように絡まる濃縮感のあるコク深いソース、パスタとの絡みも絶妙。力強さと奥行きが豊かに協奏。

2017年1月のランチコースより
■□うすい豆とチーズのリゾット。
パルマ産生ハム

■□店内は現在カウンター10席のみ。
※2階は準備中の模様(2017年1月)

サービス担当のソムリエさんは北欧関連に造詣が深く、センスが光る北欧ヴィンテージの調度品が印象的。アコースティックなエレクトロニカ系のBGMも含め、シェフの料理と響き合うような空間を演出。
丁寧で親しみやすく、緊張することなくリラックスできます。

ランチ6000円(税サ別)/ディナー13000円(税サ別)のコースのみ。完全予約制です。

2017年4月のディナーコースより
■□前菜:北海道毛ガニに2色のアスパラと青森雲丹をのせ白アスパラピュレとオランデーズソース(卵黄ソース)

ディナーコースはランチより調和感が弱めに感じましたが、多彩な前菜が充実し全体に十分満足しました。

俊腕シェフとソムリエ、スーシェフが織りなす期待のイタリアン

11.29開店|江戸前鮨を心地よく「夷川 鮨 すずか」

Clear

2016年11月29日御所南エリアにオープン。
重厚な外観だけど、扉を開ければウェルカムな出迎え。心地よい空気に包まれます。

ご店主は築地〜京都でも腕を磨かれた鈴鹿さん。奥様と二人三脚で開店されたそうです。

■店内はL字型カウンター。

和装の女将さんの気配りのある丁寧な接客。親方であるご主人も物腰やわらかく、合間には会話もあり、肩肘張らずにリラックスできます。

■メニューはおまかせコース8000円。
お通し+お造り+魚料理+10貫前後の握りの合間に一品料理。最後にデザートという構成です。

■お造り(2017.1月)
本マグロ 炙り〆鯖 赤貝のヒモ。



■金目鯛 炙り(2016.12月)


■平目昆布〆 縁側のせ(2017.1月)

■鮪トロ(2017.1月)

■抹茶と黒豆のパウンドケーキ。

コースの最後には女将さん手製のデザート。

江戸前の技巧を凝らしたコース(8000円)を心地よく楽しめます

11.10開店|感動の初訪〜2度目は上品な懐石「観山」

Clear

2016年11月10日佛光寺向かいにオープン。
何も知らずに2016年12月に訪れた結果、味覚の奥底に響きわたるような懐石料理に心から感動。
2017年1月の再訪問では今ひとつ響かない料理も多くインパクトは弱まったものの、期待の新店という気持ちにかわりありません。
ご店主は「吉兆」で腕を磨かれ「柊家旅館」では料理長(総料理長の次)まで努められた料理人さん。
メニューは12000円と15000円(税別・サ料込)のコースのみです。

店内はL字型カウンターのゆったり空間。
もちろん店内禁煙、心地よい雰囲気に包まれます。(店外に喫煙場があるそうです)

八寸(2名分)。味覚の深きに響く料理がずらり。

八寸(2名分):堀川ごぼう蒲焼 海老ウニ焼 サワラ幽庵焼 
菊菜&丹波しめじ 子持ち昆布 穴子棒鮨 ふぐ白子&ちり酢大根おろし

■お造り2名分(15000円コースより)

お造り:本鮪トロ 淡路産天然ひらめ 紋甲いか 秋だし腹出しスズコ(いくら) 赤大根(久御山) 昆布締め大根(修学院)  

細やかな包丁が入った紋甲イカ、本鮪トロ、鈴子も深く印象に残っています。

■和牛ローストビーフ。15000円(税別・サ料込)には肉料理が入ります。抜群に美味しいです。

■蕪蒸し(15000円コースより)

天にも舞うような並外れた美味しさ。
中には若狭ぐじが入っています。

他の特色としては「雲井窯の土鍋」を使った土鍋ご飯、野菜は修学院で約250年という農家さん中心だそうです。

■自分で取り分けたお造り。

大将のご実家が祇園新町の骨董店「観山堂」だそうで器類も印象的。江戸期と教えて下さったお皿も料理を引き立てます。

左が観山、右が佛光寺、奥にホテル日航が見えます。地下鉄四条駅&阪急烏丸から徒歩7分ほど。

完全予約制の懐石料理店ですが、敷居を感じることなく、気分よく楽しめます。

京懐石では今年最大級の満足度。2度目で印象が弱くなったものの期待の新店にかわりなく

12.22開店|関西初「ミート矢澤」系の上質な焼肉店

Clear

2016年12月22日オープン。
海外にも展開する話題の「ミート矢澤」系関西初の焼肉店。場所は阪急「烏丸駅」地下鉄「四条駅」から徒歩3分程の綾小路通沿い。

上質な黒毛和牛の焼肉の多く、主に対応下さった男性の心遣いのある接客も含め心から感動しました。

■ゆったりと心地よい店内は禁煙。
(店外に喫煙場があるそう)
京都らしい坪庭を望む個室も備わっています。

メニューは王道、希少部位、〆の逸品などにわかれ、下味はタレor塩より選択。2種類のタレにつけて楽しみます。豊富なボトルワインも。

時に焼いてくれたり、焼き方の説明も親切です。

■カルビ(王道より)1300円
質の高い脂と赤身が織りなす珠玉とも思えるカルビ。もちろん白ご飯(300円+税)にのせても最高です。

■名物!サーロインの矢澤焼き(茨城)1枚1800円+税(希少部位より)

こちらのオススメ。さっと焼いて下さり、卵&トロロの特製タレにくぐらせパクリ。
薄切りなので肉のアタックは控えめだけど
上質なすき焼きのようなハーモニーが広がります。

■極上タン(王道より)2800円(2ピース1400円+税)
そのままでもタレ(2種類あり)に付けても
劇的に美味しく、表記のとおり正に極上の味わいです。

■和牛挽肉のにんにくバター土鍋ご飯
(1500円+税)
ライス上にミンチがのった状態からテーブル上で混ぜ合わせてくれます。
ステーキ店のガーリックライスをイメージされたそうで、にんにくバターと和牛ミンチの旨味が豊かに共鳴。
この上なく美味しい〆ご飯です。

上質で明朗会計の優しい焼肉店。席数多く予約なしでもぜひ☆

11.23開店|日本を代表する岡田バリスタの新店

Clear

2016/11/23。話題必至のカフェが誕生。
「小川珈琲」で長年活躍、国内バリスタチャンピオンシップ優勝の他、世界大会でも活躍された岡田バリスタの新店「オカフェキョウト」。

場所は何十年もの時を刻み閉店された純喫茶「Jun」の跡地。細長いアプローチが店内へと気持ちを高めてくれます。

■エントランスに到着。

店内に入ると、カウンターとテーブル6台ほど奥に坪庭を望むソファー席というレイアウト。
カウンターからは目の前で、テーブルからもドリップやシェイクの光景を見ることができます。最初の水はセルフです。

■□オリジナルダンディブレンド 500円

小川珈琲の豆を特別焙煎した「京都の昭和喫茶テイスト」とのこと。
苦味や酸味控えめで飲みやすい系。すっきりとした美味しさ。

■パンどら(粒あん、白あん)各500円

人気店「Kashiya」監修というコーヒーに合うスイーツ。飲み物とセットの場合100円オフ☆




■カプチーノ(600円)。
パンどら1個500円、カプチーノとセットで100円引きです。
メニューは珈琲やカプチーノの他、ビールやカクテル類もスタンバイ。ぐるめバーガー、京都ポークのロコモコ、復活JUNさんのカレーなどフード類も揃っています。


↓DIVOさん&なおちぇんさんのレヴューより

岡田バリスタがシェーカーを振ると幸せになるらしい・・・と
ISGでも見たんですが、今度はぜひそのシェケラートをいただきたいです(*^_^*)
実際訪問時にシェーカーをふっている姿を拝見しましたが
何ていうか・・・アクションやプレゼンの仕方が上手!
魅せるのがお上手ですね♪

出典: DIVOさんの口コミ

最後に岡田さんとお話ししたり写真撮ったり
しましたが、とってもきさくでステキなイケメンさん♪
初日だったのでお知り合いの方がたくさん来てるし、
岡田さんファンの方もたくさん来ていてわちゃわちゃでしたが、
それでも楽しく過ごせました。

出典: なおちぇんさんの口コミ

店内禁煙で水はセルフ。11時〜20時半L.Oまで通し営業。

10.25開店|国内初の路面店ジャンポールエヴァン

Clear

2016年10月25日オープン。
「伝統ある京都でパリの雰囲気を楽しめる。京都にあるパリ」というテーマだそうで、実際に訪れると大規模な店舗ではなく比較的標準的なスケール感☆

最初にテラス席、ガラスドアを抜ける「バー ア ショコラ」というカフェスペース。その奥に販売スペース「カーヴ ア ショコラ」というブティックが広がります。

←イートインのサロンスペース。

イートインメニューでは、多彩なショコラショーなどドリンク類やデザートの他、クロックムッシュ、タルティーヌ、キッシュ、パスタグラタンなどフード類が目を引くバリエーション☆

←ブティック内のガトーやマカロン

「本田味噌」の味噌を使ったマカロンや「一保堂茶舗」の抹茶を使った京都限定品もラインナップ。

←京都店限定の新作「キブネ」税込674円

抹茶ムース、ブラジル産カカオのムースに
グリオットチェリー風味のビスキュイ
ピスタチオのヌガティーヌの構成。
それぞれのテクスチャーと風味のバランスがよく、抹茶も自然に重なり合います。

←店内にてヴェエノワ ショコラショ 992円。奥が上記のキブネ。

テイクアウトした
←「ボワットゥ ショコラ」4個箱入1793円

いずれも細やかな口どけが絶妙でナッツとアーモンド感あふれる「Saphir(サフィル)」は安定の美味しさ。赤い千鳥デザインの期間限定品「ピエ ド ブール」は、リンゴとキャラメルのショコラで、豊かな風味が折り重なります。

サロンからブティックまでジャンポールエヴァンの世界を

10.15開店|ザ・ラウンジ フォーシーズンズホテル

Clear

2016年10月15日オープン。
カナダ発の高級ホテル「フォーシーズンズホテル」。ロビー奥にあるカフェラウンジ。

■□大きなガラス窓からは
池を配した広大な「積翠園(しゃくすいえん)」を一望。風趣に富んだ景観が広がります。

■ゆったりとした雰囲気。

ドリンクとフードの2冊のメニューがあり、カフェ、お酒、スイーツ、軽めのフード類までが充実しています。飲食代金の他にサービス料13%が必要です。

てるてる!(^^)! さんの画像より

☆ティラミス 1200円
 グラスデセールで3種類の中からチョイス。
 甘さは控え目で見た目よりもボリューミー。

全42席。18時~はバータイム。場面に合わせて使えるラグジュアリーな空間です。

出典: てるてる!(^^)!さんの口コミ

アプローチは京都女子大学への通学路「女坂」の途中。東山七条から少し上がったところです。

他にも「鮨ます田」プロデュースの「鮨 和魂」、フレンチの「ブラッスリー」、「ニコライバーグマン」のショップも入店。

広大な「積翠園」を望むフォーシーズンズホテルのカフェラウンジ

3.18開店|リーズナブルな本格派割烹@京都駅近

Clear

2016年3月18日開店の割烹・会席料理店。
ご主人は「石塀小路」の懐石料理店で長年腕を振るわれ、今年3月に独立開店。
まだ広く知られてないですが、いただける料理は本格的なレベルを感じさせてくれます。

京都ではコース1万円以上の和食割烹が多い中、この価格帯でキチンとした和食を味わえるのは希少。心地よい接客も魅力ポイントです。

←炭火で焼かれる前の琵琶湖・小鮎

←琵琶湖の小あゆ塩焼き(コースより)

夜は4500円と6500円コース、夜9時以降はアラカルトもスタンバイ。お昼は御膳をされてるそうです。

←6500円(税別)コースにつく京丹波牛。

霜降りの脂と赤身が織りなす牛肉の旨味が半端なく、まさに絶品!画像は少し崩した状態。
4500円コースにはこれは入ってないそうなのでお勧めは6500円コース。内容を考えると値段以上の価値を感じます。

店内禁煙。調理風景を見渡せるカウンター割烹のスタイル。

長年京都の料理屋で活躍されたご主人が腕をふるいます。
お昼は御膳、夜は9時まで会席コースのみ、9時以降は一品のみのメニュー構成です。

←まぐろ炙り 瀬戸内産ハモの焼霜
 剣先イカ(コースより)

京都駅から徒歩5分程。七条通りで目を引く凜とした佇まい。

まだ広く知られてない穴場であり、京都駅近くで本格的な会席・割烹を楽しみたい時に。
予約なしでもキチンとした料理と心地い良い接客が魅力です。

本格会席・割烹料理をリーズナブルに心地よく楽しめます

3.24開店|趣のある庵「うめぞの茶房」@西陣

Clear

2016年3月24日開店。
数店舗展開する昭和2年創業の「甘党茶屋 梅園」の新展開なので、既にかなり評判となっています。

2階にあがると古い庵のような空間。

←■ 寒天と羊羹の創作和スイーツ

私が訪れた時はまだ商品名が決まってなく今現在「かざり羹」と命名。これは季節限定の「桜」。他にいただいた「紅茶」が一番好みでした。

←左手前が「うめぞの茶房」。
数件隣には「さらさ西陣」と蕎麦「かね井」。奥に進むと全国区の文化財銭湯「船岡温泉」、食堂&飲み屋「八雲食堂」、味のある立ち飲み「カドヤ」。
この鞍馬口通の右側には「コウヤ カフェ&ギャラリー」があり、さらに歩くと大徳寺へと通じます。

4.1開店|京都各地の焙煎所の珈琲とクラフト品@五条

Clear

2016年4月1日開店
デザイナーの男性セレクトによる焙煎所のコーヒーと手技にこだわった品々が魅力の
「Dongree コーヒースタンドと暮らしの道具店」

場所は清水五条駅から徒歩5分ほど。
六波羅蜜寺近くにあり、清水寺へ向かう前後にテイクアウト、サクッと店内でも楽しめます。

← 入ってすぐがコーヒースタンド。
テイクアウト 店内でもいただけます。

京都の人気ロースター5店の焙煎豆を丁寧にドリップしてくれます。

【WEEKENDERS COFFEE】
【大山崎 COFFEE ROASTERS】
【クアドリフォリオ】
【珈琲工房てらまち】
【サーカスコーヒー】をラインナップ。
単品の他、5店舗飲み比べセットも。

靴を脱いであがるとクラフト品を販売。
□大山崎COFFEE ROASTERS(ブリューイングスタンド)
□河原崎優子(陶器・磁器)
□COMMUNE WORKS(シャツ)
□gypsy works(革製品)
□SHIIBO LAB(陶器・磁器)
□BIRDS'WORDS(陶器)
□日の出製作所(木工)
□100 children(鞄・革製品)

趣向に富んだセレクトショップ的なコーヒーとクラフト品のお店

4.15開店|全国区の有名パティスリーから京都へ@京大近く

Clear

2016年4月15日開店。
当サイトで神奈川県スイーツ部門1位「スイーツガーデンユウジアジキ」で長年活躍後に始められたパティスリー・ブーランジェリー&カフェ。

京都に開店後【forever friendsさん】が本サイトに登録〜紹介。
開店した当時は、画像のように出身店からの開店祝いも飾られていました。

←ショーケースの達人ロール、ケース上の食パンもかなり美味しいです。

←ハニーハント 450円税込
【プロヴァンス産なちみつのムース、バニラのクレームブリュレ、メープルのスポンジと表記】

ふわふわ感バツグンのハチミツムースを土台にキャラメル、メープルスポンジ、バニラクレームが重なり合い、コクと甘みが協奏。豊かなハーモニーが広がります。

←「forever friends」さん撮影。
焼き菓子、ラスク、キャラメルサレです。







↓ forever friendsさんのレヴューより

京都へ行く前に娘から「食べログには未登録だけど安食さんのスタッフだった方が始めるお店があるから行ってきて」とお土産をリクエストされたお店です。

キャラメルサレはとっても柔らか・滑らかでコクがあって、ちょっとお塩も効いていて大好きなお味!もっと買ってくれば良かったです。
このキャラメルともう1つ特に美味しかったのがラスク。
黒糖のお味が染み込んでいて程よい硬さ。カリっという乾いた食感ではなく、水分を含んだ感じがあります。
クッキーやフィナンシェなど焼き菓子もなかなか美味しかったです♪

出典: forever friendsさんの口コミ

左が「タツヒトサトイ」。奥に進むと銀閣寺があります。

京大農学部前バス停から数分の場所。
今出川通り沿いのマンション1階です。

ケーキ・パン・カフェと幅広いシーンで利用できます

4.27開店|1日数組限定の懐石料理店@二条城東側

Clear

2016年4月27日二条城が見える押小路通に開店。多くのお祝いの花が飾られていました。

店主は「幸村」「祇園おかだ」などで腕を磨かれた料理人・古田さん。和菓子職人でもある奥様と二人三脚で回される温かみのある日本料理店です。
おまかせコース(13000円+税+サ料)のみで、完全予約制となっています。

←陶芸作家制作の炭火台。
焼き物の多くは炭火で焼いてくれます。

←ノドグロと大原野の筍(おまかせコース)
上の炭火台で丁寧に焼かれ、火入れの加減よく、がつんと素材の旨味が引き立っていました。

←琵琶湖の小鮎(おまかせコース)
みつごとうさん撮影です。

←こちらもみつごとうさん撮影。
カウンターの他、テーブル1卓のコンパクトな空間です。







↓みつごとうさんのレヴューより。

焼き場に貼られた渋い鉄さび系のタイルはかっこいいし、
土壁やタイルを照らす照明も間接照明やスポットがバランス良く配置されて
ゆったりとした気分にさせてくれます。

そして内装のセンスと共にこのお店を支えるのが接客。
御主人と女将さんのコンビがとてもいい。
そして御主人。
その笑顔とお客様への応対の気張ったところない人柄の良さ。
カウンターに座っていてとてもリラックスさせてくれます。
なんだか初対面でないような人懐っこさがとてもいい。

出典: みつごとうさんさんの口コミ

5.8開店|アラカルト主体の心地よい割烹@御所南西

Clear

2016年5月18日開店。
「祇園おかだ」、「本家たん熊本店」などで腕を磨かれた若い和食職人2名、店主の奥様がもてなしてくれる気配りのある割烹店です。

場所は御所の南西。地下鉄「丸太町」駅から徒歩3分ほど。予約なしでも気軽に豊富なアラカルト、コースを楽しめます。

■□カウンターから調理風景を見渡せる割烹らしいライブ感。
店内は禁煙。カウンター主体に個室1部屋の空間です。

■□料理人のお二人は
お酒を注いでくれたり、調理の合間に声掛けがあったり、居心地の良い割烹の時間を演出してくれます。

←飛子 蛍烏賊 とうもろこし寄せ(アラカルトより)

←京都牛を使ったビフカツ(アラカルトより)
まさに絶品というほど美味しいです。

←カボティーヌさん撮影のノドグロ2人前
(アラカルトメニューより)







↓カボティーヌさんのレヴューより

橿原神宮前駅より京都まで来ました。
美味しいお料理を好きに注文ができて お店の方とも
つかず離れずにお話ができ しかもお酒を 2人で2杯ずつ
いただいて これだけお料理をいただいても一人1万円ほどでした。
女性一人でも 行けそうな雰囲気の良いお店でした。

まだ、お若い店主さんですが これからが楽しみのお店ですね♪
しかも フリーのお客さんなのに 丁寧に接客してくれて うれしいです^^

出典: カボティーヌさんの口コミ

予約なしでも名店仕込みの一品料理、コースを気軽に楽しめます

5.20開店|腕利きシェフの新鋭バール@四条河原町

Clear

2016年5月20日開店。
イタリア・ミラノの日本料理店「nobu_milano」で板長として活躍されたシェフの料理とお酒を気軽に立ち飲み、少し座れる席もある1階カウンターがメイン。店内満席でした。

←目の前で手際よく調理してくれる1階。
店内禁煙。2階にもスペースがあり、心地よい空間が調っています。

■□メニューは滋賀岡村本家の金亀の7種テイスティング(1200円)の他

イタリアワイン、カクテル、ソフトドリンクほイタリアハムや焼き鳥、鮮魚の刺身や焼物などフード類も充実しています。

←赤ワインBuli Rosso 2010(グラス700円)

四条河原町すぐの「柳小路通」は、京都の伝説的居酒屋が遺り
「unico」などモダンなショップと古きよき趣が交差。
左側が「柳小路 TAKA」。禁煙の店内でお酒やドリンク、腕利きシェフの料理を気軽に楽しめます。

7.11開店|銀座の世界的バーの京都店が先斗町に

Clear

2016年7月11日開店。
今では世界に名が響くという東京銀座にある
「STAR BAR GINZA」の京都店。

オーナーの岸さんはNHKプロフェッショナルにも登場した超有名な方ですが、京都店は店長・木戸さんと原田さんという男性2名体制。
場所は先斗町と木屋町をつなぐ5番路地。少しガヤっとしたエリアの喧騒からエスケープできるオーセンティックなバーです。

京都店を指揮するのは木戸さん。東京の名バー「BARオーパ銀座」で活躍され、今回「KYOTO STAR BAR」の店長に就任されたとのこと。
スマートな所作や立ち姿、ニコやかで優しい表情。滋賀出身の魅力的な方です。

←木戸さんシェイクのギムレット
豊かな協奏感が広がる絶妙なテイストです。

この日たまたまおられた岸久さん。絵になるシェイクがカッコいいです。
バーテンダーとして現代の名工を初受賞、黄綬褒章受章
IBA世界カクテルコンペ優勝、日本バーテンダー協会会長でもある著名な方です。

←岸久さんシェイクのサイドカー。

店内はカウンター10席。今後ボックス席を設置する予定だそうです。
バーなので喫煙可能ですが、それを差し引いても訪れたいと思うバーです。

店名が変更されてますが正しくは「京都・スタア・バー|KYOTO STAR BAR」です

10.2開店|新大宮商店街に移転「Dari K」本店

Clear

2016年10月2日移転オープン。
良質なインドネシア産カカオを使った自家焙煎のチョコレート、生産者を大切にした取り組みで知られる超有名ショコラトリー。

新本店は北山通と北大路通をつなぐ「新大宮商店街」内。以前の三条会商店街以上にローカルなエリアで、決して華やかでなくても、京都の生活が見える昔ながらの魅力を感じる商店街です。

■□カカオが香るフレッシュチョコレート6個税込2700円(プレーン2個/オレンジ シナモン&クローブ/ラムレーズン/柚子抹茶)

木箱をあけると自家焙煎ショコラらしい香りが立ち、どのフレーバーも甘さ控えめにカカオそのものの力強く濃厚なテイスト。濃縮感の中に、まろやかさもあり、豊潤なカカオ感がぐっと広がります。

←店内の左サイド。
イートインはなく販売のみのゆったりとした空間。特色は豆の焙煎から加工まで一貫するbean to barスタイル。
感じの良い女性店員さんが対応くださり試食も可能です。

店内奥には焙煎機が置かれたガラス張りのローストルーム。

希望の焙煎時間を選べるカカオも販売されていて、店員の皆さんも丁寧に対応してくれます。

カカオ感みなぎるフレッシュなチョコレートをぜひ

こちらは2015年末開店|正統派四川のレストラン

Clear

2015年11月25日開店。
東京の有名四川料理店におられた料理長とサービスの方々が始められた本格的な四川料理のレストラン。
京都・四条堀川交差点から南東へ数分です。

店内は禁煙で、おもてなし感あふれるサービスが心地よく、一線で腕を磨かれたベテランシェフによる正統派四川料理が充実。

スーツ姿の男性と女性がおられ、予約なしでも優しく迎えてくれました。

オリジナルのラー油などには化学調味料や砂糖を使わないそうです。
メニューはアラカルトとコース。辛さは0〜5段階まで表示されています。

■□よだれ鶏(重慶口水鶏) 1296円税込(辛さは5段階中3と表記)
四川を代表する前菜であり、一口で至福を感じるダイレクトな美味しさ。
辛いのが苦手な人は辛すぎるかもだけど、必食と思える一品です。

■□タンタンメン 1296円
ちゃんとコクと旨味があり、四川の麻と辣のバランスも十分。スープはさらっと、辛すぎることなく調った美味しさが広がります。

素晴らしいサービスと腕利きシェフによる四川料理が魅力

いかがだったでしょうか。最後までありがとうございます。

注目の新店以外では長年営業しながら、まだ知られない良店と出会うこともある京都。
他にも星の数ほど新店があるので、上記はごく一部ですがぜひ訪れてみてください。

※本記事は、2017/01/27に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ