オホーツクで美味しい珈琲のあるお店

オホーツクで美味しい珈琲のあるお店

お酒を飲まない日はあっても、珈琲は365日欠かすことのない私。 オホーツクで私が訪問したお店の中から、美味しい珈琲があるカフェ・喫茶店・豆の販売店を紹介したいと思います。

キーワード
ランチ
おしゃれ
隠れ家
美味しい
喫煙可
ケーキ
駐車場あり
駅前・駅近

記事作成日:2015/09/30

7531view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる146の口コミを参考にまとめました。

はぜや珈琲

3.39

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

網走の住宅街にある名店。
オホーツクで珈琲を語る時には絶対に外せないお店です。

今回紹介するお店の多くが、はぜやのオリジナルブレンド豆を使用しており、ここで勉強してお店を開いた方もたくさんいます。

お店は豆の販売がメインで数席ですがカフェスペースもあり。

私のお気に入りはブラジルのフレンチローストです。

アラビカ珈琲店

3.08

夜の金額: -

昼の金額: -

北見にあるコーヒー豆専門店です。

カフェコーナーはなく、純粋に豆の販売のみを行っています。
豆の種類は20種類くらいで、グラム400~450円。

初心者にもわかり易いように、苦み・酸味・深み・軽さが表になっているため、好みに合った珈琲を探しやすい。

御主人は親切で、美味しい淹れ方などを優しく教えてくれます。

私はグァテマラやマンデリンがお気に入りです。

喫茶室 豆灯

3.24

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

美幌町にある古民家カフェです。

レトロな雰囲気でカウンター席もあるため男1人でも気軽に訪問できます。

店内では雑貨や手作りのろうそくなども販売しています。
珈琲「豆」とろうそくの「灯」で豆灯という店名になっているそうです。

こちらではマンデリンやトラジャの深煎りがお気に入り。
手作りチーズケーキも美味しいです。

生出珈琲

3.36

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

北見市の夕陽ヶ丘通りにある隠れ家カフェ。

町はずれにあるため、知る人ぞ知るお店という感じです。

店内にはピアノやスクリーンがあって、時々イベントも行われているらしい。

こちらでは、おいでや深ブレンドと常呂産あずきを使用したぜんざいの相性が抜群です。







HUTTE

3.03

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

斜里岳のふもとにひっそりと佇む雑貨カフェです。

窓から見える景色は絶景で、美味しい珈琲を飲みながら、何時間でも眺めていたくなります。

こちらのブレンドは網走はぜやのもので、私は深煎りのNo1がお気に入り。
夏季限定の水出し珈琲も絶品ですよ。

しばらく行ってないので、雪が降る前に再訪問したいです。

こひきや

3.18

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

斜里町の峰浜にある斜里釜併設の陶房カフェ。

場所が分りにくく、なかなかの秘境カフェになっています。
ウナベツスキー場を目指して走れば看板を見つけられると思います。

ここの珈琲も網走はぜやのブレンドで、ウナベツ・コウナベツ・シマトカリの3種。

私は深煎りのウナベツが好きです。
料理や珈琲と自作の器のマッチングが素晴らしい。

ここで購入したお猪口は今でも愛用しています。

cacico

3.18

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

北見市・東相内にある隠れ家カフェ。

営業日が金土日の3日間なのと、冬期間は休業するため訪問難易度が高いです。

実はあまり人に教えたくないお気に入りのお店なんです。

カツカレーやパフェなど食べ物も美味しいですが、ドリンクではお店の名前を冠したカシコブレンドが大好き。

ブレンドにしては珍しく苦み系でマグカップサイズなのも嬉しいね。

遊木民族

3.20

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

北見市の河西ぼたん園内にある古民家カフェ。

店内はかなり広くて、1人~大人数まで幅広く利用できます。

食事やデザートメニューがかなり充実していて、ランチやディナーでの利用もOK。

お店では陶芸教室なんかもやっており、自家製の器で提供される珈琲は、いっそう美味しく感じられます。

ここではコロンビアやガテマラがお気に入りです。

番外地

3.26

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

北見市・緑園通りにあるカフェ。

ちょっと独特な外観で、最初入る時勇気がいりました。
店内はカフェというよりレトロな雰囲気の昭和喫茶という感じです。

こちらも、網走はぜやのブレンド珈琲を出していて、深煎りのディープブレンド・中深煎りのクラシックブレンドがあります。

深煎り好きの私には珍しく、ここではクラシックブレンドの方が好みの味でした。

こだわりの番外地プリンやグレフルスムージーも美味しいですよ。

ぼんち茶屋

3.06

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

北見市・南大通りにあるカフェ。

「いのちが喜ぶ食べもの」がコンセプトの地産地消カフェということです。

ここは食事がメインという感じで、珈琲はブレンドだけなのですが、ここでも網走はぜやの豆を使っています。

エチオピアモカがベースの果実感あるブレンドになっており、焼きプリンとの相性が良かったです。

食事をするとドリンク200円なのもお得。

アンクルハウス

3.39

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

北見市・高栄通り、道立北見病院向かいの喫茶店です。

1個500円の手作りケーキとサイフォンで淹れた珈琲が美味しいお店。

年配の渋い男性客が1人、カウンターで珈琲をたしなんでいる。
私の中ではそんなイメージです。

珈琲だけでなく紅茶の品ぞろえも豊富。
ただ、全体的に値段はちょっとお高めかも。

510

3.04

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

北見市・駅前の学園通りにあるカフェ。

駐車場がないのでちょっと不便ですが、私は近くのナップスに停めることが多いです。

こちらでは自家焙煎した豆をサイフォンで高温抽出しています。

ダッチコーヒー・アイリッシュコーヒー・シナモンコーヒーなど珍しい珈琲があるのが特徴。

特に北見でダッチコーヒーを見たのは初めてです。お湯を使わず、抽出に24時間もかかるのだそうです。

その味わいは雑味がまったくなくクリア。
苦み系と対極にあるような珈琲ですね。

ハウス オブ ドリーム

3.11

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

北見市・夕陽ヶ丘通りにあるカフェ。

雑貨屋+モデルハウス+カフェという面白いコンセプトで、女性に人気がでそうなオシャレでゴージャスな雰囲気。

テーブルやイスは売り物をそのまま使っており、気に入ったら注文購入することもできます。

ここではイタリアのパッサラクア珈琲をプッシュしています。

スペシャルアイスコーヒーは氷も珈琲でできているため、溶けても薄くならないそうです。面白い工夫ですね。

器は今流行りのメイソンジャーで、隣の雑貨コーナーでも販売しています。



珈琲屋 デリカップ

3.23

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

網走市・南6条にある自家焙煎珈琲のお店。

看板がなければちょっと喫茶店とはわかりにくいかも。
店内は照明暗めで、レトロなジャズ喫茶という雰囲気。
床はレンガ張りでアンティーク系の内装です。

コーヒーは30種類以上で、エッグコーヒーやウイスキーコーヒーなんてのもある。

店名を冠したデリカップコーヒーは雑味がなくスッキリした味わい。
手作りレアチーズケーキとの相性も良かった。

画廊喫茶ジャンル

3.10

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

北見市・山下通りにある画廊喫茶。

外観や店内はいかにも昔ながらの喫茶店という感じです。
画廊喫茶というだけあり、いろいろな絵画や雑貨などが飾ってあります。

店内では自家焙煎した珈琲豆も販売しており意外と本格的。

ホンジュラスを飲んでみましたが、香りとコクが素晴らしい珈琲で美味しかった。

全面喫煙可なのが私にはキツイが、いごこちが良いお店だと思います。

スプートニク

3.08

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

網走市・南4条にあるカフェ。

右側にビリヤード場が併設されており、夜はビリヤードバーとしても利用できるのかな?

カフェコーナーは落ち着いた雰囲気で、カウンターもあるので1人でもOKです。

コーヒーは20種類くらいあって、ケーキや軽食とのセットがお得。

コーヒーはポットでの提供で3杯分はあります。
カプチーノにラテアートを書いてくれたりサービス満点です。

駐車場がないのが不便ですが、コスパが良くオススメのカフェです。

※本記事は、2015/09/30に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ