いわき市四倉で食べるなら!地元で愛される四倉ソースかつ丼ツアー(^O^)

いわき市四倉で食べるなら!地元で愛される四倉ソースかつ丼ツアー(^O^)

いわき市四倉は海鮮系のメニューが有名ですが、その陰に隠れて昭和20年代からソースかつ丼を看板メニューにするお店が多く、 庶民派グルメとして親しまれています(^^)/ 震災による影響を超えてなおも味を守り続けるお店たち。さっそく見に行ってみましょう♪

記事作成日:2015/06/13

10513view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松喜食堂 屋台店

ソースは先代から続く特製ソースだそうで、酸味が控えめで甘みの感じられる味わい♪
肉はヒレが使われているので、歯の悪いご年配の方でもこちらの柔らかいカツは噛みきれると思います☆
写真はセットのソースかつ丼[小盛り]ですが、小盛りといってもキャベツがしかれたご飯の上にカツが2切れありますので、ボリュームも十分です(^O^)


※写真はセットの小盛りですが、通常のソースかつ丼は¥850です!

浜田屋

ソースは甘さ控えめでやや酸味があり、濃いめです^^
そのため、すっきり系のソースかつ丼が好みの方にはおススメできる一品です(^^)/カツ自体もしっかり目ですが、肉質が柔らかいので歯に自信の無い方でも食べられます(笑)
このカツの部分がソースを纏うと、
本当に美味しそうに見えますね♪

ちなみに、この写真もミニソースかつ丼ですが、ミニといっても普通にご飯茶碗大盛り1杯分あり、十分な食べごたえです♪

※写真はセットのミニですが、通常のソースかつ丼は¥950です!

はるみ

肉質はやや固めでこれといった特徴は感じられませんが、松喜食堂さんよりも甘めのソースでご飯とよく合います(^^)/
個人的には、ソースだけで行ったらこちらの方が好みでした(^O^)

余談ですが、自家製の白菜の漬物が美味しかったです☆

※ソースかつ丼¥850♪

きくのや食堂

お櫃というか丸い重箱のような入れ物で提供されるのが特徴的♪
はるみさんや松喜食堂 屋台店さん、お食事酒処和さんと比べると甘さは若干控えめのすっきり系ですが、浜田屋さんほど甘さ控えめというわけでもありません♪
甘さは和さんと浜田屋さんの中間くらい。
酸味に関してはそこそこ感じられるものの、いたってノーマルな範囲です(^_^)
肉質は和さんや松喜食堂さんと比べると若干見劣りするものの、十分柔らかく美味しく食べられます☆

これまた余談ですが、自家製ぬか漬けは感動的美味しさでした^^

※ソースかつ丼¥850♪

お食事酒処和

かつはヒレ肉を使用していて、3枚乗ってきます。かつをソースにくぐらせる作り方ですね♪
キャベツの下にはご飯がぎっしり詰まっていて、見るだけで満腹になります^^
ソースは程良い酸味と甘みがあり、カツのコクも加わって深みのある味わいです♪
濃さも丁度良く絶妙のバランスです(^o^)丿

値段も四倉ソースかつ倶楽部最高の¥1000!

ちなみに大食いの方には舟盛りメガソースかつ丼¥1500がありますので、チャレンジしてみてください^^

※ソースかつ丼¥1000♪

押田庵

カツは3枚、いずれも衣は薄く肉質は硬くて脂身が多い感じです。
ソースは甘めで、四倉ソースかつ倶楽部のなかでも最甘だと思います。そのため人によってはパンチ不足の感を与えますが、その分「ソース特有の酸味が苦手だけどソースかつ丼は食べてみたい」という方にはおススメかも。

ご飯の量が多めなので、カツを大切にしながら食べないといけませんね♪

※ソースかつ丼¥800♪

今後も四倉の味を守り続けて欲しいと思います♪

これらのお店は、震災で閉店を余儀なくされたお店や移転に伴うメニュー縮小でソースかつ自体が姿を消したお店もあるなか、不屈の精神でお店を立て直しなおも四倉で味を守り続けている貴重なお店です。
今後ともどうか各店の味を後世に伝えていってほしいなと想います♪

※本記事は、2015/06/13に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ