【岐阜】岐阜県民がこよなく愛すB級グルメ&ソウルフードを紹介!【中濃地域版】(郡上市含む)

出典:辣油は飲み物さん

【岐阜】岐阜県民がこよなく愛すB級グルメ&ソウルフードを紹介!【中濃地域版】(郡上市含む)

岐阜県の関市・美濃加茂市・可児市・美濃市・郡上市・坂祝町・富加町・川辺町・七宗町・八百津町・白川町・御嵩町・東白川村は、中濃地域と呼ばれています。この地方の特産品を使ったご当地グルメがあり、手軽に食べられるものもあり、ランチにもオススメ!岐阜県中濃地域に遊びに来た時は食べてみてみ~!(岐阜弁)笑

更新日:2024/06/11 (2024/05/07作成)

507view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1311の口コミを参考にまとめました。

いっぺん食べてみ~!(岐阜弁で一度たべてみての意味)

岐阜の中濃地方は、岐阜県のほぼ真ん中に位置しており、城下町の郡上八幡や刃物の町、関市や美濃市の伝統工芸品『美濃和紙』と伝統文化に触れられる地域です。
中濃地方のご当地グルメには、郡上市の明宝ハムやB級グルメの奥美濃カレー、郡上市内の長良川やその支川で採れる鮎は、『郡上鮎』と『和良鮎』の2種類のブランド鮎が存在し、その鮎を使ったさまざまな鮎料理が楽しめます。郡上市にも鶏(けい)ちゃんがあり、この地方は、味噌で味付けされることが多いです。
関市はウナギが有名。関に移り住んだ刀匠たちのスタミナ源として、うなぎやうな丼が重宝されていたことから多くのうなぎ店が点在します。関市の旧武芸川町の特産品、つるむらさきを使った料理もあります。
川辺町は、ふるーつ大福で有名な『養老軒』があります。
八百津町には、名物のパーコーがある『三勝屋』や、発祥の地とも言われる栗きんとんが名物。

辻屋

関市はウナギが有名。
関に移り住んだ刀匠たちのスタミナ源として、うなぎやうな丼が重宝されていたことから多くのうなぎ店が点在します。
この辻屋は、創業約160年を誇るウナギの老舗店。
鰻は、カリッと焼きあがっていて、中はふっくらと柔らかいのが特徴。
タレは甘く辛くて、ご飯にまでタレが掛かっています。

めいほうミート

めいほうミート

郡上市にある道の駅明宝で、地元の『明宝ハム』が食べられる直営店です。
テイクアウト コーナーでは、明宝フランクフルトが人気で、プリプリの食感が美味しい。
その他にも、明宝ハムフライ、明宝ハムコロッケが人気です。

おりじなる大福 御菓子処 養老軒 本店

ふるーつ大福で有名な『養老軒』が岐阜県川辺町にあります。
休日になると、他県から、わざわざ買いに来るほどの人気があり、行列が絶えずできています。
予約もできるようで、予約した人は、並ばず買えるのでおススメです。
人気のふるーつ大福は、期間限定です。
ホイップクリームの中に、イチゴとバナナと栗と粒あんが入っていて、ふわふわの餅に包まれています。和洋の良い所が絶妙に合わさっていて、美味しいです。

和食ところ おかみさん

郡上市にある道の駅明宝にお店があります。
地元の味を多く提供している中で、野菜たっぷりの鶏ちゃん定食が人気です。
鶏ちゃんは味噌仕立て。奥美濃地方は味噌味で、南飛騨地方は醤油味と分かれています。
鶏肉は大きくて柔らかいです。
味噌が付いてるので足らない場合は足します。
郷土料理のつぎ汁は、唐辛子の辛さがきて、辛さの後に砂糖の甘さがきます。
他にも、地元の明宝ハムを使った明宝ハムステーキ定食もあります。

杉ケ瀬ヤナ

郡上の夏の風物詩『鮎料理』
郡上市では、8月から10月の3ヶ月間、観光ヤナを楽しむことができます。自然環境と、そこで育つ活きの良い郡上鮎を守るため、漁の期間が決められています。
産卵のために川を下る鮎は『落ち鮎』と言われます。落ち鮎は、卵や白子を持っており、郡上が全国に誇る食文化です。
郡上では、塩焼きをはじめ、活き造りや甘露煮、鮎雑炊、唐揚げ、さらには内臓を発酵させたうるかなどで余すことなく味わえます。

緑屋老舗

緑屋老舗 - 栗きんとん

岐阜県八百津町にある明治5年創業の老舗和菓子店です。
栗きんとんは、3代目の鍵次郎さんが和菓子店として商品化したのが発祥だとか・・・その後、中津川市の和菓子店「すや」の娘が八百津町に嫁入りし、鍵次郎さんが「すや」に栗きんとんを紹介し、中津川市に伝えられたということのようですが・・・
栗きんとんは、栗本来の深い旨味に、ほんのり砂糖の甘みが加わったシンプルこな味わいで、栗そのものも粒が小さく雑味のない口当たりになっています。

じぇいあん

奥美濃カレーは、郡上味噌をはじめ、地元の食材を使うことが条件の郡上市のご当地B級グルメです。コクのある味わい深いカレーです。
じぇいあんの看板メニューは、奥美濃ガーリックカレー。玉子で包んだガーリックライスとカレーがマッチしています。

三勝屋

三勝屋 - ミニパーコー480円税込

岐阜県八百津町にある食堂で、昭和にタイムスリップしたような懐かしさを感じる外観です。
ここで人気なのが『パーコー』と言われるものです。
パーコーとは、豚のロース肉を衣をつけてサックサクに揚げて、生ネギをたっぷりかけたもの。これを餃子のタレで、さっぱりといただきます。お好みでおろしにんにくを。

農家レストラン つるや

農家レストラン つるや - つるや御膳

関市武芸川町の特産品『つるむらさき』を使った料理を提供しています。
もともと薬草として使われていた『つるむらさき』は、独特の臭みがあり、葉も茎もぬるぬるとしているため、好まれて使われる野菜ではなかったそうです。しかし、健康志向の強い今日、つるむらさきの成分に注目したようです。
店構えは、古民家を使っています。
つるむらさきうどんは、手打ちの腰のある、つるつるとしたなめらかなうどんで、苦みや青臭さは一切なく普通のうどんと変わらないうどんです。
御飯は五穀米を使用。

※本記事は、2024/06/11に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ