【あべの・天王寺】包む料理・巻く料理

出典:kurodaさん

【あべの・天王寺】包む料理・巻く料理

世の東西を問わず、料理の手法として、何らかの食材を別の食材で包んだり巻いたりして食べる料理が多々あります。あべの・天王寺周辺で包んだり巻いたりした美味しいお料理をご紹介します。

記事作成日:2021/09/23

166view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる331の口コミを参考にまとめました。

桃谷台湾小籠包

3.30

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

桃谷台湾小籠包

 近鉄南大阪線・今川駅から東に800メートルぐらいのところ、BRT「いまざとライナー」の今川二丁目BSから南に100mほどの今里筋沿いにある台湾料理のお店です。
 お店は、5席のカウンター席と5卓のボックス席からなる全25席。新築だけあって明るくクリーンです。

台湾のお母ちゃんの味

桃谷台湾小籠包

 小籠包(430円税別)は小さな蒸篭に3個並んでいます。破らないようにそぉーっとレンゲに乗せていただきます。
 ジュワっと溢れ出るスープは生姜が効いている。さっぱりした味つけながら旨みが凝縮しています。

桃谷台湾小籠包

 ワンタン(500円)はプルプルの皮に包まれた餡が絶妙の味わいだが、生姜の効いたスープも美味しい。

すし処 漁場 近鉄百貨店 阿倍野店

3.31

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

すし処 漁場 近鉄百貨店 阿倍野店

 近鉄・大阪阿部野橋駅に直結、各線・天王寺駅の直近。あべのハルカス近鉄本店のウイング館B2F、タワー館とを結ぶエスカレーター近くにある寿司店です。
 こちらではテイクアウトのほか、10席ほどのカウンターを備えていて、イートインにも対応されています。

虫養いに最適な「おやついなり」

すし処 漁場 近鉄百貨店 阿倍野店

 店頭には各種にぎりや巻き寿司、ちらし寿司などが並んでいるが、ここのいちばんの売れ筋は「おやついなり」です。
 この「おやついなり」は通常のおいなりさんより小ぶりなサイズで、5個入・10個入で販売されていて、10個入でも450円税別と求めやすい価格なのが人気の所以なんでしょう。

すし処 漁場 近鉄百貨店 阿倍野店

 甘く煮含められたいなり揚げに、胡麻の混ぜ込まれた五目飯が詰められています。
 五目の具材は細かいみじん切りの蓮根、ニンジン、干瓢、椎茸、タケノコ。甘口に仕上がっていて、まさしく「おやつ」。虫養いに最適です。

グリル マルヨシ

3.68

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

グリル マルヨシ

 各線・天王寺駅、および近鉄南大阪線・大阪阿部野橋駅のすぐ近く。あべのQsモール北側一角を占めるViaあべのWalkの地下1階にある洋食の老舗です。
 店内は厨房に面したカウンター席と、大テーブル、4人がけのテーブルの並ぶ、小規模なレストランで、全部で30席ぐらいでしょう。

老舗洋食店のスペシャリテ

グリル マルヨシ

 1946年の創業以来、不動の人気を誇っているのが「ロールキャベツ」(1,500円税別)です。ソフトボール大のロールキャベツにはデミグラスとカレーの2種類のソースがかかっています。見事なコントラスト。
 この大きさにもかかわらず、ナイフがスッと通る柔らかさ。そしてしっかりと火が通っているのに断面は見事なローズピンクを保っています。

グリル マルヨシ

 口に入れると肉の旨味とキャベツの甘みが広がり、2種のソースによってそれぞれ異なった味わいに変化する。
 最後はソースが混ざり合い、より深い味わいに昇華していきます。

柿千 あべのハルカス近鉄本店

3.18

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

柿千 あべのハルカス近鉄本店

 近鉄大阪あべの橋駅直結、各線天王寺駅直近。あべのハルカス近鉄本店のウイング館B2Fにある柿の葉寿司をのお店です。
 売り場の一角にはイートインコーナーがしつらえられ、ここでセットのお寿司や「柿の葉ぼた餅」をいただくこともできるようです。

包み方3態のお寿司

柿千 あべのハルカス近鉄本店

 「茶巾すし詰合せ」(550円税別)は、茶巾寿司とめはり寿司、柿の葉寿司それぞれひとつずつがセットになっています。
 めはり寿司は吉野・熊野の郷土寿司です。しなやかな高菜に包まれる寿司飯は酢が軽めで、ゴマの香ばしさを活かしています。素朴な味わいですね。

柿千 あべのハルカス近鉄本店

 茶巾寿司は五目ちらしを薄焼き玉子で巾着状に包み、てっぺんにエビとグリーンピースを乗せています。
 寿司飯は甘めの味つけで、ふんわりとした玉子と相俟って優しい風合いとなっています。

柿千 あべのハルカス近鉄本店

柿の葉寿司は柿の葉を開くとふわっと香りが立ち上がります。適度な熟成感があります。異なるアプローチでご飯を包んだこれらのお寿司、この三種を同時にいただけるのは嬉しいですね。

大一楼

3.25

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

大一楼

 阪堺電車・北畠電停から東方向、大阪シティバス・北畠公園前BSのすぐ近く。北畠公園本通商店街に入ってすぐのところにある中華料理店です。
 店内は入って右側に3卓のテーブル席と、厨房とを仕切る壁に向かったカウンター席4席の全16席。年かさのご主人とそのご家族による、地元密着のお店です。

ツルツルの雲吞

大一楼

 ワンタンは鶏ガラをベースとした澄んだスープに、餡を包んだ雲吞がたっぷり沈んでいて、さらに煮豚と蒲鉾、ネギが加えられています。
 ツルツル・プルプルとした抜群の食感を持つ雲吞は優しい味わい。二日酔いで食欲がないときでもこれなら食べれそうです。

弥助 大阪 アベノ店

3.35

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

弥助 大阪 アベノ店

近鉄南大阪線・大阪阿部野橋駅の直下、あべのハルカス近鉄本店の地下2階、いわゆるデパ地下にあるお寿司のショップです。
この「弥助」は吉野・下市に本店を持つ創業800年あまりの超老舗で、歌舞伎「義経千本桜」の三段目、「鮨屋」にでてくる「釣瓶鮨」とここのことです。

極上の風合いを醸す「上巻」

弥助 大阪 アベノ店

「上巻」(1,026円)は干瓢、椎茸、三つ葉、玉子とともに、上巻きたる所以、海老と鰻も巻かれています。甘口な寿司飯は癒し系の味わいです。

弥助 大阪 アベノ店

干瓢や椎茸も味がよく滲みていて、鰻の香ばしさと合わさって極上の風合いを醸します。さすが、屈指の伝統を誇るお寿司屋さんだけあります。

トラム

3.29

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

トラム

 阪堺電車上町線・松虫駅のすぐ近く、地下鉄谷町線・阿倍野駅からは南に5~6分ほど歩いたところ。あべの筋沿いにあるにあるアイリッシュスタイルのパブです。
 店内は手前に6席ほどのカウンター席と厨房、奥はテーブル席とソファー席の全部で20席ぐらいです。

美しい姿のオムライスは食べても美味しい

トラム

 「TRAMのオムライス」(980円)は、鮮やかな黄色の玉子に包まれていて見るからにふっくら。斑に焼き目のある実に美しい姿をしています。ココットにはオリーブやピクルスなどが生ハムに巻かれて収まっています。

トラム

 スプーンを入れてみると、繊細な火加減で調理されたのであろう、絶妙のふわふわ感。玉葱と鶏肉の持つ旨さを纏ったライスがツヤツヤ状態で顔を出しています。シンプルな味付けではあるが、存在感のある口当たりです。
 トマトケチャップは掛けずに添えている。これだと自分好みで風味付けできるからいいですね。油分も希薄なのでさっぱりいただける…これは上質のオムライスです。

※本記事は、2021/09/23に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ