カレー欠乏地帯チトカラでカレーを食べよう。

出典: banetteさん

カレー欠乏地帯チトカラでカレーを食べよう。

京王沿線では新宿に続いて飲食店数第2位を誇る千歳烏山ことチトカラ。 リトル中華街と呼ばれる程中華に富む一方で、カレー屋は僅か8件(うちカレー専門店は4件)。 しかしカレーの巨匠たるレビュアー様はここを訪れているそうな。

キーワード
ランチ

記事作成日:2019/01/08

849view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハバチャル

hub+achar(インドの漬物)でハバチャル。
バラッツ!スパイスラボ(表参道・閉店)出身のシェフがopenしたことで数々のカレーレビュアー様を惹きつけてきた。
アチャールの種類は10種類以上、日替わりカレーは2種で、レンコン、ゴボウ、タマリンド、キンカンなど変わったものもある。
国産ジャスミン米やロティといった炭水化物も魅力的。
夜眠くてディナーにいけない貴方(私)はランチの日替わりカレーで我慢するのだ。

カビール

Clear

500円でナン・カレー・サラダがつくという破格のランチセットで有名。ランチは17時まで(もはやランチじゃない)
よくあるネパール系とは異なり北インド色の強いお店。甘さを抑え塩気が強いのが特徴。ロティ、バトゥラ(揚げパン)、パラカプラオ(ほうれん草ライス)など普段見かけぬ炭水化物が揃っている。※ディナーのみ。
ランチは注文前にサラダが来るぞ!

K.C. 千歳烏山店

Clear

成城学園前、国領に分店をもつインネパ系チェーン。
チトカラに所縁のある有名レビュアー様が愛したのがほうれん草とチキンのカレー。大振りのジャガイモとチキンがゴロゴロと入った食べ応えあるカレーで、ご飯に合うんだとか。
しかしディナーと土日のランチのみの提供。平日ランチメニューの「ほうれん草とチキンキーマ」とは別物だ。
ここもランチは注文前にサラダが来るぞ!

ファミリー

客の99.9%はミニカレーセット(蕎麦とカレー)を頼むという蕎麦屋。カレー単品は注文不可。
ルーは野菜を1日かけてじっくり煮込み、ルーを入れた後さらに1日寝かせるという。もしかしたら蕎麦より手が込んでいるかもしれない。
具は乏しいので天ぷらやコロッケで補おう。
因みに福神漬けとラッキョウの容器は各1個ずつしかないため皆で仲良くシェアだ。
※未訪問

トム・ヤム・クン

Clear

チトカラ唯一のタイ料理店。ランチはメインにスープ・サラダ・ミニデザートがついて920円均一。アメリカの情報サイトが「世界で最もおいしい50種類の食べ物という企画の中で第1位に選んだマッサマンカレーも入っている。
「極度の甘党」且つ「激辛大好き」という異様な舌を持った自分としてはこのカレーに中毒性を感じたわけだが、「甘ったるいカレーなどカレーじゃない」とレビュアー様の批判続出。
「鉄道チャーハン」「ガパオライス」を頼むのが無難かもしれない。

※本記事は、2019/01/08に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ