埼玉県さいたま市のJR大宮駅東口の一番街商店街の美味しい7店

出典:takafumiaoki000さん

埼玉県さいたま市のJR大宮駅東口の一番街商店街の美味しい7店

一番街商店街は埼玉県さいたま市のJR大宮駅東口から少し歩いたところにあります。 その一番街商店街の美味しいお店を紹介します。

更新日:2019/04/18 (2018/09/02作成)

3240view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる457の口コミを参考にまとめました。

大宮一番街のまとめ

カキ小屋 首領マサオ、伯爵邸、ディアボラ 大宮店、ラケル 大宮店、杉本の店、壱角家 大宮東口店、プロント 大宮ラクーン店の7店を紹介します。

カキ小屋 首領マサオ

3.15

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: -

2018年8月3日(金)に初めてカキ小屋 首領マサオを訪れた。
お店の造りはテーブル席、カウンター席、テラス席などがある。
客層は老若男女幅広い。
店内では洋楽やJ-POPが重低音で流れていた。
カウンター席に着き、ドリンクはBENIソーダにした。
ハイビスカスを使ったドリンクである。
BENIビールやサワーなどもある。
ポリフェノールがワインの9倍含まれているそうだ。
酸味があり爽やかで華やかな風味がする。

京都府産岩牡蠣と岩手県広田湾産牡蠣を食した。
レモンをしぼり、昆布ポン酢をかけて食べる。
岩手県広田湾産牡蠣は特大サイズで潮の香りがして塩気が効いている。
岩牡蠣は夏が旬である。
真牡蠣の殻が長いのに比べて、京都府産岩牡蠣は拳のような形である。
これもまた、特大サイズで新鮮な潮の風味と旨味がある。
〆は牡蠣めしにした。
牡蠣めしは注文を受けてから炊き始めるので約40分かかる。
じっくりと待つ。
牡蠣、しめじ、柚子の皮、三つ葉とともに炊かれている。
牡蠣のほろ苦さと炊き込みご飯の味わいと柚子の爽やかな風味が良い。
お焦げの香ばしさも美味しい。

BENIサワーが税抜420円、京都府産岩牡蠣が税抜800円で岩手県広田湾産牡蠣が税抜500円であり、牡蠣めしが税抜990円であった。
お通しが税抜300円であり、合計で税込3251円であった。
美味し。

伯爵邸

3.56

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

24時間営業で、朝はモーニングセットを出し、昼はランチセットを出し、その後ティータイムのメニューを出して、18時からはお酒を提供している。
大宮駅東口の名物店であり、よくテレビや雑誌で紹介されていることがある。
お店の人の接客も素晴らしく気配りが良い。
店員さんの中には外国人も多く、店主に懐の深さと国際感覚があることがよくわかる。
Wi-Fiは、フリーである。
訪れた時にはよく伯爵邸スペシャルブレンドのアイスコーヒーを飲む。
居心地が良い喫茶店だ。

2015年9月22日(火)に、宮城県本吉郡南三陸町から埼玉県さいたま市に帰省している際に訪れた。
店内は昔の洋楽が流れていた。
アイスコーヒーと抹茶ロール、コーヒーゼリーを注文した。
アイスコーヒーはセットで税込220円で、抹茶ロールは税込480円、コーヒーゼリーは税込650円である。
抹茶ロールは抹茶ロールにクリームとあんこがそえられていて、甘さが際立つものであった。
その甘さがコーヒーとよく合った。
コーヒーゼリーはコーヒーの苦味がよく効いていてこれもまた美味しかった。

ディアボラ 大宮店

3.47

夜の金額: ¥4,000~¥4,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2017年6月11日(日)に初めてディアボラ 大宮店を訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
席は1階だけでなく2階にもある。
店内ではジャズが流れていた。
テーブル席に座ると冷たい水が出された。

ランチメニューの本日のパスタ料理のベーコンと新玉葱のカルボナーラを食した。
サラダとフォッカチャがついて税込960円である。
サラダはレタスと水菜に酸味があるドレッシングがかけられている。
フォッカチャは、熱々で外側がカリカリとしていて中がもっちりとして旨味がある。
ベーコンと新玉葱のカルボナーラは、ねっとりとして濃厚なソースのチーズの風味が奥行きがあり美味しい。
麺はアルデンテに少しかために茹でられている。
美味し。

ラケル 大宮店

3.08

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2018年10月29日(月)に初めてラケル 大宮店(RAKERU)を訪れた。
お店の造りはテーブル席のみで間口から思うよりも広めである。
お洒落な内装である。
客層は女性が多い。
休日には店前に女性の行列ができているのをよく見かける。
店内ではリズミカルなJAZZが流れていた。
テーブル席に着くと冷たい水が出された。
各テーブルにはすでにフォークとスプーンが用意され、食事が終わるとすぐに食器を片しにお店の人が来て、行列店ならではの回転率を上げる努力が見受けられる。

桜姫鶏のチキンライスのデミグラスソースオムライスを食した。
コーンスープ、アイスコーヒーがついて税抜920円であり、税込993円であった。
注文してからあまり待たずに料理が出された。
コーンスープは大きめのクルトンが入り、濃厚でクリーミーである。
アイスコーヒーは酸味と大変に強い苦味があり、風味が良いものである。
桜姫鶏のチキンライスのデミグラスソースは、玉子が半熟のようにふわふわとろりとした食感であり、デミグラスソースに濃い旨味と酸味と塩気がある。
チキンライスはかために炊かれていて、ケチャップの風味も良く、桜姫鶏は肉の旨味が凝縮されている。
美味し。

杉本の店

3.40

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

2019年4月6日(土)に初めて杉本の店を訪れた。
お店の造りはカウンター席とテーブル席があり、コンパクトである。
客層は老若男女幅広い。
店内ではJ-POPやロックなどが流れ、音声なしでテレビがつけられていた。
カウンター席に着くと冷たい水が出された。
食券機はなく、お店の人に直接注文をする。
カレーライスや丼などのボリュームがあるメニューがそろっている。

海老フライ丼の並を食した。
味噌汁、沢庵漬けがついて税込1100円であった。
大盛は税込1300円である。

海老フライ丼は海老フライが玉ねぎとともに玉子でとじられて刻み葱がのせられている。
玉ねぎはシャキシャキとした食感で玉子は黄身と白身が半熟でトロトロの食感である。
出汁はほのかに甘い。
海老フライは海老がぷりぷりでつるりとした食感であり、衣に甘い出汁が染み込んでいる。
ご飯はコシヒカリが使われており、炊き具合も良い。
味噌汁の具材はお麩とわかめのシンプルなものであり、出汁が効いている。
海老フライ丼は並でも十分にお腹がいっぱいになるボリュームであった。
美味し。

壱角家 大宮東口店

3.03

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

2018年9月2日(日)に久しぶりに壱角家 大宮東口店を訪れた。
雨が降り、湿気が多く蒸し暑い日であった。
お店の造りは1階と地下1階にカウンター席とテーブル席がある。
客層は男性が多い。
店内ではJ-POPが流れていた。
冷房がついているが効き過ぎず、快適である。
カウンター席に着くと冷たい水が出された。
お店の人の接客も丁寧である。

ラーメンの並盛を食した。
税込680円であった。
麺のかたさ、味の濃さ、脂の量はすべて普通にした。
無料でライスがつく。
ラーメンの具材はチャーシューが1枚、ほうれん草、うずらの玉子、海苔が3枚、ネギなどである。
チャーシューは脂身がついてトロトロであり、ほうれん草はやわらかく優しい味わいである。
うずらの玉子は味つけがされている。
スープはこってり旨味があり、塩気がありながらもマイルドである。
麺は家系ラーメン定番の中太麺でコシがあって食べ応えがあり、表面が滑らかで口当たりが良く、風味も良い。
ライスは少しかために炊かれていてラーメンとよく合う。
旨し。

プロント 大宮ラクーン店

3.07

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

2018年9月2日(日)に久しぶりにプロント 大宮ラクーン店を訪れた。
雨模様で湿気があり、蒸し暑い日であった。
お店の造りはテーブル席と大きなテーブルがカウンター席のように使われている。
完全分煙でもある。
店内では冷房が効いている。
客層は老若男女幅広い。
店内では洋楽が流れていた。
18時までがカフェタイムであり、それ以降はバルになる。
プロントは新商品をよく出し、すいかジュースもあった。

アイスコーヒーとシチリアレモンのシフォンケーキを食した。
シチリアレモンのシフォンケーキは単品で税込380円であり、アイスコーヒーはRサイズが税込250円、Mサイズが税込300円、Lサイズが税込350円であるが、セットで税込560円であった。
シチリアレモンのシフォンケーキは、生地がふんわりとして甘みがあり、レモンのソースに爽やかな酸味と甘みがある。
アイスコーヒーは、酸味と強い苦味があり、香ばしさと良い風味がある。
苦味が効いていて目が覚める。
美味し。

※本記事は、2019/04/18に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ