横浜の市街地のスープカレー屋さんの歩き方

横浜の市街地のスープカレー屋さんの歩き方

2018年9月時点での、食べログで横浜の市街地でスープカレーで検索した際の上位の7軒の食べ比べましたので、ご紹介します。

キーワード
ランチ
デート
辛い
肉料理

更新日:2018/09/10 (2014/12/30作成)

6651view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どのお店も美味しいと思いますが、私がつけた順位は以下となります。

(2018.9)
KIFUKUに行ってきましたので、追加しました。
個人的に好きな順は以下となります。

1位:Kikuya 4.0点
2位:ラマイ 3.7点
3位:スープカレー KIFUKU 3.5点
4位:らっきょ&Star 3.2点
5位:Bayラッキョウ 3.2点
6位:アルペンジロー 3.0点
7位:札幌スープカリー アナンダ 2.7点

(2016.11)
個人的に好きな順は以下となります。
1位:Kikuya 4.0点
2位:ラマイ 3.7点
3位:らっきょ&Star 3.2点
4位:Bayラッキョウ 3.2点
5位:アルペンジロー 3.0点
6位:札幌スープカリー アナンダ 2.7点

(2015.9)
綱島のらっきょ&Starに行ってきたので、追加します。
1位:Kikuya 4.0点
2位:ラマイ 3.7点
3位:らっきょ&Star 3.2点
4位:Bayラッキョウ 3.2点
5位:アルペンジロー 3.0点

(2015.5)
上位2軒で、再度、食べ比べをして結果、点数と順位を見直しました。
1位:Kikuya 4.0点
2位:ラマイ 3.7点
3位:Bayラッキョウ 3.2点
4位:アルペンジロー 3.0点

(2014.12)
1位:ラマイ 3.7点
1位:Kikuya 3.7点
3位:Bayラッキョウ 3.2点
4位:アルペンジロー 3.0点

それぞれのお店をご紹介をすると、

Kikuya Curry

Clear

・お店は、晴れた日は大きな窓から日が差し込んで、また清掃がいきとどいて清潔感が溢れたカジュアルな雰囲気です。
・商品のメイン価格帯は1050円で4種類あります。
・いろいろと食べ比べましたが、一番、好きなのは豚バラです。この豚がトロトロに煮込まれていて、とても柔らかくそしてカレーもとてもしみこんでいて美味しいです。
・カレーの味の種類は4種類あり、以下のようにメニューに記載されています。
  スリランカ⇒スパイシーな味
  和風南蛮⇒スリランカに玉ねぎの甘みをぷらす
  バターマサラ⇒和風南蛮に生クリームでアレンジ
  カシミール⇒一番辛い味(2016年に追加)
・最初の頃はバターマサラばかり食べていましたが、次にスリランカを、そして最近、和風南蛮を食べてます。
 結果、私が好きなのは和風南蛮です。
・バターマサラはクリームというより、名前の通りバターの濃厚な味を感じます。スリランカはスパイシーで辛く、そしてあっさりとした味となっています。和風南蛮はスリランカに近い味でがすが、辛さがとんがっていないです。
・同一料金で、ご飯の量も、小盛:150g/普通:200g/大盛:300gから選択できます。私は、ついつい大盛り頼んでしまいます(苦笑)。
・辛さレベルの変更は、以前は口頭でお願いしてましたが、現在は、テーブルの上にあるカエンペッパーで自分で調整します。
・卓上には、福神漬とラッキョウそして、レインボーペッパーがあります。このレインボーペッパーはブラックペッパー、ホワイトペッパー、ピンクペッパー、グリーンペッパー の4種類のペッパーが入っているそうです。
→このペッパーは、カルディコーヒーファームで販売してます。私はマークイズ店で購入してます。
・この7軒の中で、唯一、サラダがつきます。このサラダは、千切りキャベツとポテトサラダとなりますが、このサラダにレインボーペッパーをミルしてかけると挽きたての味と香りがしてシャキシャキのキャベツが美味しいです。このため、キャベツを食べるたびにミルしてます。
そして、キャベツを食べ進むとポテトサラダが登場するのですが、味のアクセントになります。
・カレーですが、グラタン皿でオーブンで焼いてアツアツの状態で出てきます。そして、真ん中に玉子が、そして豚バラ、いんげん、豆などが入っています。

ラマイ 横浜伊勢佐木モール店

Clear

・ビルの7階にあり、エレベータのドアが開くと、2メーターくらい前に、お店のドアがあります。
 もし、行列がある場合は、ドアを正面にして左側に座席があり、そこに人が座って行列しています。
 その時は、お店のウェイティングリストに名前を書いてから、行列に並んでください。
・お店の雰囲気はバリ風で、細かくパーティションで区切られていて、一人の場合は一人用の席に案内されます。
・パーティションと照明の暗さで昼間でも暗いです。カップルは雰囲気が良いかも??。
・商品のメイン価格帯は1100円で沢山の種類があります。
・同一料金で、スープの大盛りOK、ご飯も大盛りOKで、沢山食べる人にはコストパフォーマンスがとても良と思います。
・辛さレベルが多く設定されていて、自分好みで選択可能です。また、卓上にチリペッパーもあり、更に辛さの調整が可能です。
・辛さのレベルですが、私には「9~10」あたりが好みです。
・カレーには野菜が沢山入っていて、見た目が美しく、食感はシャキシャキしていて美味しいです。
どのお店よりも一番入っています。
・豚バラトロトロになるまで煮込まれていて、カレーの味が染みていて柔らかく美味しかったです。
 豚バラとブヒ(特選豚シャブ肉)では、豚バラの方が好きです。ブヒ(特選豚シャブ肉)ですが、脂身が少ない豚肉でした。脂身の多いお肉の方がもっと美味しいのではないかと思いました。
・魚フライは、大きく食べごたえがあり、また、サクサク食感で美味しいです。
・メール会員になると、トッピング無料などのキャンペーンが受けられます。ただし、最近は半年以上メールが無く、なおかつ、平日が対象です。

スープカレー KIFUKU

Clear

・メニューを見ると、スープの種類、辛さ、そしてご飯の量の選択肢もありました。
この選択肢は、KIKUYAとラマイのを足したようでした。
・牛すじカレー(1200円:税別)で、スープはチキンベース、辛さは「8」、そしてご飯はM(250g)でした。
10分ほどでカレーが提供されました。
スープを頂くと、野菜の旨みが出ていて、また、辛さも丁度よく美味しいです。
素揚げされた野菜も、色々な種類が入っていて、どれもなかなか美味しかったです。
ただ、牛すじですが、もう少し硬めの方が好みでした。

次回は、少し辛さのレベルを上げて、違ったスープを試そうと思います。

らっきょ&Star

Clear

・綱島の駅から、3分ととても近くとても便利でした。
・辛さを選択できます。ちなみに私は、辛さのランクは「3~4」が適当でした。
・ランチタイムは、大盛り(300g)が無料でした。それ以外は50円+になります。
・美味しいスープカレーです。

べいらっきょ

Clear

・お店ですが、60年代のアメリカンテーストな感じで、BGMもオールディーズが流れていて良かったです。
・食べたのは、チキンカレー(800円)とご飯中盛り(250円)で、辛さレベルを「4」にしました。
・スープカレーを一口食するとスパイシーでとても辛くて、ご飯と一緒に食べないと辛くてしょうがなかったです。
ただ、食べ進むとこの辛さにも慣れました。私の希望する辛さのレベルは、「3.5」だと思います。
・鶏肉はほぐして、スープカレーにタップリ浸して食べると美味しいです。
・テーブルの上にあったフライドガーリックを少しづつ入れて食べると味が変化して美味しかったです。
・割り箸も置いてあり、これはとても便利でした。骨付きの鶏肉は食べにくいのですが、割り箸で簡単にほぐせるし、鳥の骨も簡単に掴めて良かったです。
・残念なのは、最初に出てきた時にスープがアツアツでなくヌルイのと、ご飯が柔らかい点です。

アルペンジロー

Clear

・お店ですが、お店の中は、2軒をくっつけたような感じで、カウンターの部屋とテーブルの部屋の2つあります。
 雰囲気はカウター席の方が目の前のランプが綺麗で好きです。また、調理風景も見られますので、暇つぶしになります。
・平日のお昼には割安なランチがあります。ただ、売り切れると通常メニューになります。ただ、通常メニューの値段は高いです。
・福神漬とラッキョウが提供されます。これが提供されるのは、こちらとKikuyaさんだけです。
・フライパンに煮込まれたカレーと、飯ごうに入ったご飯がでてきました。
・スープですが、アルペン独特の味付けで、ウスターソースが強めな味ですが、癖になる味で美味しいです。ただ、エベレスト(上から2番目)にしましたがそれほど辛くはないです。
・スープカレーの中には、ニンジンやジャガイモそして豚ステーキが1枚入っています。
・豚ステーキを一口サイズに切って食べたところ、歯ごたえがあるお肉ですがジューシーさがなく残念でした。
・こちらのお店は、肉を焼いた後にカレーに入れて提供するスタイルなので肉とカレーの一体感はないです。
・ご飯ですが、結構固めで私好みで良かったです。
・スープ自体は癖になる味ですが、肉との一体感そして価格を考えると、この順位になります。

札幌スープカリー アナンダ

Clear

※本記事は、2018/09/10に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ