埼玉県さいたま市の #大宮 駅周辺の美味しいお蕎麦屋さん18店

出典: takafumiaoki000さん

埼玉県さいたま市の #大宮 駅周辺の美味しいお蕎麦屋さん18店

埼玉県さいたま市の大宮の地名の由来は武蔵一宮氷川神社の門前町であったからです。 武蔵一宮氷川神社のそばにある大宮公園は桜の名勝でもあります。 その大宮駅周辺の美味しいお蕎麦屋さんを紹介します。

キーワード
ランチ
喫煙可
ケーキ
名物
駐車場あり
駅前・駅近

更新日:2018/08/24 (2018/03/13作成)

2863view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大宮駅周辺の美味しいお蕎麦屋さんのまとめ

吉草、へぎそば 越後、奥信州、そば酒菜 高砂、天信、永坂更科 布屋太兵衛 大宮そごう店、そば処 くらのと、大村庵 大宮氷川大社店、仁乃房、つくば本店 駅前店、駅そば大宮、そば処中山道 大宮Dila店、そば処中山道 大宮8・9番ホーム店、ゑびや 大宮すずらん通り店、いろり庵 大宮店、名代 富士そば 大宮東口店、ゆで太郎 大宮ラクーン店、木挽庵の18店を紹介します。
【閉店】名物重そば 河邉庵 西口店

E9aebc445ea05a79f6e257fc292ea1a9

吉草

蕎麦処 吉草がある場所は、JR大宮駅東口からは少し離れているが、歩いていける距離である。
2015年8月13日(木)に宮城県本吉郡南三陸町から埼玉県さいたま市に帰省の際に初めて訪問した。
カウンター席に座った。
日替りメニューに海老と鱧の天ぷらそば・うどんがあり、そばかうどんを冷・温で選ぶことができるので冷たいそばで注文した。

はじめにスモークされた鴨肉とデザートの抹茶ロールケーキと蕎麦つゆが運ばれ、次に天ぷらが運ばれてきて、蕎麦ができるのを待った。
天ぷらはどれも素材の旨味が出ていて甘さをほんのり感じた。
鱧もよく脂がのっていて旨味があった。
ミョウガの天ぷらも美味かった。
蕎麦はこしがあり香りが良い。
大宮で蕎麦の名店を見つけることができて良かった。
また訪れたい。

へぎそば 越後

お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
客層はビジネスマンが多い。
ランチの営業時間は12時から14時までだ。
2016年8月4日(木)に初めて訪れた。
席につくと冷たい麦茶を出された。
ランチメニューには、Aへぎそばとミニ天丼、Bへぎそばと天ぷらといなり寿司、Cへぎそばと穴子天丼、Dへぎそばとまぐろ丼、Eへぎそばとソースカツ丼などがある。
ランチメニューのへぎそばとミニ天丼を食した。
へぎそばとミニ天丼は税込900円である。
へぎそばは冷たいものか温かいものかを選ぶことができる。
へぎそばはほどよいコシがありながら、ツルツルとしてのどごしが良い。
薬味は長ネギと山葵である。
蕎麦湯もつく。
ミニ天丼の具材は海老天、ナス天、かぼちゃ天、ししとうの天ぷらなどである。
それに甘めのタレがかけられている。

奥信州

2015年12月28日(月)に東武アーバンパークライン(東武野田線)の北大宮駅で降りて護国神社と氷川神社を参拝した後に初めて訪れた。
お店には駐車場もあるので車での来店も可能である。
お店は入り口から石段を上り店内に入る。
外には幟が立っている。
お店の造りはテーブル席と広いお座敷がある。
基本的にお座敷にお客さんを通しているようだ。
お座敷の入口の横に靴箱がある。
客層は若者から年配の方、家族連れなど幅広い。
あなご天ざるそばを食した。
税抜1550円で、税込1674円である。
天ぷらはあなご二本にたまねぎ、なす、さつまいも、ピーマンである。
火が通ったたまねぎの甘みが良い。
たまねぎとなすは油とよく合う。
あなごの天ぷらは皮の部分が旨い。
さつまいもやピーマンも良い。
そばは多めで、手打ちそばを食べた満足感を得られる。
そばの香りがよく、大変にコシがある。
蕎麦つゆは出汁がよく効いていて、うずらの卵にたっぷりのネギとわさびがついている。
初めて訪れた感覚がないくらいにきづらわしさがなく、接客やサービスもよく、料理も気前の良いお店だ。

そば酒菜 高砂

お店の造りはテーブル席とお座敷がある。
店内は大変に綺麗である。
客層は年配の方が多い。
2016年1月6日(水)に初めて訪れた。
まず、テーブルにつくとそば茶を出してくれた。
そば茶の香ばしい香りが良い。
ランチメニューの天丼と冷たいそばを食した。
ランチメニューは税込950円である。
そばかうどんかを選べて、冷たいものか温かいものかを選ぶことができる。
天丼の具材は、イカ天が二本、ナス天、かぼちゃ天、ピーマンの天ぷらであった。
タレは甘めであった。
イカ天は肉厚であり、美味しかった。
ナス天も入っていたのが良い。
そばは新そばの季節ではないが、緑がかった色合いをしていた。
風味がよく、コシもあり、のどごしが良かった。
蕎麦つゆは辛めで、葱と山葵の薬味がつく。
そばが運ばれてくるのと一緒にそば湯とそば茶が入ったポットを用意して、テーブルに置いてくれた。
女性二人で接客をしていたが、笑顔の接客で良かった。
また、訪れたいお蕎麦屋さんだ。

天信

お店は縦長に広がり、間口に比べて店内はけっこう広い。
客層は若者から年配の方、ビジネスマンまで幅広い。
常連も多いようだ。
2016年6月13日(月)に初めて訪れた。
最初に出されたお水は蕎麦の実の芳ばしい香りがした。
穴子天せいろを食した。
穴子天せいろは税込1300円である。
メニューの価格は全て税込表示だ。
メニューを見ると天せいろが税込1500円であったが、穴子天せいろのほうがお得である。
穴子天せいろはそばかうどんかを選ぶことができる。
そばを選んだ。
そばの量は多めである。
そばはコシがあり、ツルツルと喉越しが良い。
そばつゆは出汁が効いていて、薬味に大根おろし、わさび、ねぎがつく。
ねぎはシャキシャキとしている。
天ぷらは穴子の天ぷらが3つにナスの天ぷら、ししとうの天ぷらがつく。
穴子の天ぷらは大きめで脂がのっている。
ナスの天ぷらは口に入れるととけるような食感がある。
最後は蕎麦湯で締めた。

永坂更科 布屋太兵衛 大宮そごう店

永坂更科 布屋太兵衛 大宮そごう店の造りはテーブル席のみである。
2014年10月11日の4時半ごろに永坂更科 布屋太兵衛 大宮そごう店を訪れた。
訪れた時間帯が食事時でなかったので席は比較的空いていた。
他に店内にはファミリー客や大宮そごうの買い物帰りのお客さんなどがいた。
鴨せいろを注文した。
そばは白めでそば粉に蕎麦の実の殻が入っていないことがわかる。
お店の名の通り更科である。
味はすっきりとしていてけっこうコシがあった。
つゆは熱く、甘めの味つけでほんのりと柚子の香りがした。
具材は合鴨と長ネギである。
合鴨であるとメニュー表に明記されていることに好感がもてる。
合鴨は脂がよくのっていて、鶏皮を食べているような脂身の多さである。また、身の方もしっかりとしていた。
そばを食べ終わるか終わらないかのタイミングで店員さんがそば湯を持ってきてくれる。
ぬるくなったつゆに熱いそば湯を入れて飲むと身体が温まる。
値段は少し高めであったが、そばを食べるなら適当な値段である。

そば処 くらのと

お店の造りは座敷のみで、古民家のたたずまいである。
客層は意外と若い女性が多く、若者や年配のビジネスマンなど幅広い。
ランチタイムも営業しているが、人気があり、12時過ぎには閉めてしまう。
2016年6月1日(水)に初めてそば処 くらのとを訪れた。
鴨汁セットを食した。
鴨汁セットは税込1000円である。
そばの量が多いという食べログの口コミがあったので、覚悟はしていたが、確かに量が多い。
5人前とは言わないまでも3人前以上はある。
そばは平打ち麺で、長さは短く、うすく蕎麦の実の色がかかっている。
鴨汁は、大きな器になみなみと汁があり、鴨肉ときのこが入っていて、薬味にねぎと生姜がつく。
鴨肉は脂身が少なく、肉本来の味わいを楽しめるものだ。

大村庵 大宮氷川大社店

参拝に訪れた人や七五三のお詣りをした家族が利用することが多いようだ。
メニューもお詣り用やお祝い事のための作りになっている。
お店の造りはテーブル席と御座敷がある。
会食の予約も多いようだ。
2014年12月29日(月)に埼玉県護国神社と氷川神社を参拝した時に訪れた。
氷川神社では甥と姪に御守りをいただいた。
大村庵 大宮氷川大社店では天ぷらそばを食した。
税込1404円である。
天ぷらは海老天、ししとう、南瓜、ナス、キスなどである。
海老天が大ぶりでプリッとしていて食べ応えがあった。
天ぷらの油もサラリとしていて、食後もすっきりとして気分が良かった。
蕎麦は歯ざわりは柔らかめであるが、すするとコシを感じた。
蕎麦の麺は少々太めでほんの少しだけ蕎麦の実の殻を入れているようであった。
蕎麦にはゆずと三つ葉が入っていて、ゆずの香りが引き立っていた。
出汁の香りも良い。
氷川神社にお詣りの際には訪れてみたいお店だ。

仁乃房

お店の造りはカウンター席とテーブル席がある。
一階が入り口でカウンター席があり、地下と二階にも席があるようだ。
客層はビジネスマンが多い。
2016年3月11日(金)に初めてランチのため訪れた。
カウンター席に通された。
そば+丼セットを選んだ。
そば+丼セットは税込870円である。
そばかうどんを温かいものと冷たいものから選べて、丼は天丼、かつ丼、親子丼、ネギトロ丼から選べる。
かけそばとかつ丼を選んだ。
かけそばは、わかめとネギがのり、そばは少し太めである。
コシがあり美味しい。
かつ丼はかつが厚めでジューシーで旨い。
かけそばとかつ丼でお腹いっぱいになり、身体も温まった。
お客さんも多く繁盛していたが、システムがしっかりとしているようで、注文してから料理が出てくるのが早かった。
支払いはSuicaでもできるので、Suicaで支払った。
店員さんの笑顔の接客も良かった。

つくば本店 駅前店

客層は男性が多い。
若者も見かける。
2016年3月26日(土)に初めて訪れた。
店内はコンパクトな造りの立ち食いそば屋さんである。
コロッケそばを食した。
コロッケそばは税込360円である。
カウンター席につき、ワンコインの500円玉を置き、注文すると、すぐにお冷やが出され、すぐに袋に入っていた蕎麦を茹で始め、茹で上がるとどんぶりに移し、コロッケをのせて、そばつゆをかけて、コロッケそばを渡されて、同時にお釣りも渡してくれる。
その間は1分もかかっていない。

そばは普通の蕎麦であるが、茹で加減が良い。
ねぎは岩槻ねぎを使っている。
岩槻ねぎは埼玉県さいたま市岩槻区で作られているねぎで、岩槻城のあった城下町岩槻の名物の一つである。
普通のねぎよりも青身の部分が多く香りが良い。
以前につくば本店の前を通った時に岩槻ねぎの段ボールがあった。
コロッケはじゃがいものみのシンプルなものだが、じゃがいもの固まりを食感できる。
自家製であるようだ。
すぐに美味しいそばが食べられるお店だ。

駅そば大宮

2016年5月22日(日)に訪れた。
さいたまそばを食した。
さいたまというメニューも蕎麦かうどんかを選ぶことができる。
税込440円である。
まずお店の外にある食券機で食券を買い、中の厨房に渡す。
呼ばれたら取りに行くセルフサービスのスタイルだ。
水もセルフサービスで、厨房の前にコップと水が入った容器が置いてある。
水はよく冷えている。
注文してから数分で出てくるので電車を待っているときに食べるのにも手軽である。。
さいたまそばはかき揚げのそばで、かき揚げの具材はねぎやさつまいもなどが入っている。
固ゆでの玉子もつく。
火が通った玉ねぎの甘みが良い。
ねぎもシャキシャキとしていて香りが良い。
そばはねぎが良いだけでも旨さが違ってくる。
そばはやわらかめのものであった。
食べ終わったらセルフで厨房の横の棚に食器を返す。

そば処中山道 大宮Dila店

JR大宮駅には他にも1.2番線の京浜東北線のホームと8.9番線のホームに立ち食い蕎麦屋さんがある。
1.2番線の京浜東北線にあるのは駅そば大宮で、8.9番線にあるのはそば処中山道大宮8.9番ホーム店である。
JR大宮駅東口を出れば、つくば本店 駅前店もある。
2016年8月7日(日)にそば処中山道 大宮Dila店を訪れた。
お店の外に食券機があり、Suicaも使うことができる。
お店の人は2人で切り盛りをしているが、手際がよい。
お店に入ると厨房の前のカウンターがあり、食券を渡してそばかうどんかを伝える。
そばを受け取ると奥に立ち食いのスペースがある。
席はなく本当の立ち食いだ。
客層は男女問わず年配の方が多い。
冷し山菜おろしそばを食した。
冷し山菜おろしそばは税込460円である。
冷し山菜おろしは、そばかうどんかを選ぶことができるのでそばを選んだ。
山菜が三種類に長ネギ、わかめ、大根おろしがのせられていて、わさびがたっぷりと添えられている。
長ネギはシャキシャキとして新鮮だ。
山菜も美味しかった。
そばはやわらかめであるが、喉越しが良い。
食べ終わったら食器は厨房に返すセルフサービスのシステムだ。

そば処中山道 大宮8・9番ホーム店

2016年8月14日(日)に初めてそば処中山道 大宮8・9番線ホーム店を訪れた。
JR大宮駅の8・9番線のホームの北側にお店はある。
冷やしきつねそばを食した。
冷やしきつねはそばかうどんかを選ぶことができ、税込420円である。
そば処中山道 大宮Dila店は外に券売機があるが、そば処中山道 大宮8・9番線ホーム店はお店の中に券売機がある。
お店の人は一人で営業をしていた。
冷やしきつねそばは油揚げの他に長ネギ、わかめ、そして山葵が薬味でつく。
山葵をたっぷりと入れるのがそば処中山道の流儀であるようだ。
油揚げは稲荷寿司のように甘い味つけである。
長ネギはシャキシャキとしている。
蕎麦は少しコシがある。

ゑびや 大宮すずらん通り店

2016年12月1日(木)に初めて蕎麦酒場 ゑびや 大宮すずらん通り店を訪れた。
お店の造りはテーブル席とカウンター席がある。
店内にはJ-POPが流れている。
客層は老若男女幅広い。
ぶっかけ辛味大根おろしそばを食した。
ぶっかけ辛味大根おろしそばは、税抜580円で税込626円である。
メニュー表は税抜表示だ。
おろし大根とわかめとかつお節と刻み海苔のシンプルで冷たい蕎麦である。
わかめは厚いものでコリコリとした食感がある。
蕎麦は少しコシがあるものでツルツルとしていてのどごしが良い。
さっぱりとしていて美味しい。

いろり庵 大宮店

お店の造りはテーブル席とカウンター席があるが、2人掛けのテーブル席が中心である。
喫煙席と禁煙席のエリアに分かれている。
客層は年配の方が多い。
2016年8月2日(火)に初めて訪れた。
お店に入ると蕎麦屋さんらしい匂いがした。
店内にはゆったりとした音楽が流れている。
禁煙席につくと冷たい蕎麦茶が出された。
芳ばしい香りが良い。
野菜天そばを食した。
野菜天そばは税込890円である。
そばは冷たいものと温かいものから選ぶことができる。
メニュー表を見ると蕎麦屋さんでは安めの価格設定だ。
海老天そばは税込1200円である。
海老天が入ると少し値段が高くなるようだ。
そばは蒸篭の二段重ねである。
コシが少しありほんのりと蕎麦の香りがする。
薬味は長ネギと山葵だ。
野菜天そばの野菜の天ぷらは茄子の天ぷらが二つにかぼちゃの天ぷらが二つ、ミョウガの天ぷらとシシトウの天ぷらである。
天ぷらはアツアツのまま出される。
かぼちゃはホクホクで、茄子は油と良く合う。
お店の人が明るく接客をしてくれるお店だ。
食後も冷たい蕎麦茶をススメてくれた。

名代 富士そば 大宮東口店

ガラス張りの造りで、外から中の様子を見ることもできる。
もちろん厨房側から外の様子を見ることもできる。
近くには吉野家があり、目の前には立ち食いそば屋のつくば本店がある。
つくば本店も安くて美味しいお店である。
名代 富士そば大宮東口店は、正確にいうと立ち食いそばではなく、テーブル席とカウンター席がある。
食券機で食券を買い、厨房に渡して、そばかうどんかを選択する。
食券機ではSuicaやPASMOも使うことができる。
客層は若者から年配の方まで幅広い。
女性も見かける。
2016年4月1日(金)に訪れた。
天ぷらそばを食した。
天ぷらそばは、税込410円である。
そばは蕎麦の実の殻を少し入れているものを使っているようだ。
スープは出汁がよく効いている。
具材はかき揚げの天ぷら、わかめ、ねぎである。
かき揚げの天ぷらには、小海老、にんじん、玉ねぎなどが入っている。
玉ねぎの甘みが良い。
天ぷらはスープに浸からないようにどんぶりの縁にそえられて渡される。
ねぎもシャキシャキとしていて良かった。

ゆで太郎 大宮ラクーン店

2018年8月24日(金)に初めてゆで太郎 大宮ラクーン店を訪れた。
お店の造りはテーブル席と長いカウンター席があり、かなり広めである。
客層は男性が多い。
店内では懐かしいJ-POPやゆで太郎のCMが流れている。
厨房のそばに食券機がある。
冷たい水はセルフサービスである。
カウンターのそばには、無料の揚げ玉とねぎが置いてある。

天もりを食した。
税込580円であった。
天ぷらは海老天、茄子天、舞茸、オクラの4種類であり、衣はサクサクである。
海老天は弾力があり、ほのかに甘みがある。
茄子やオクラの野菜の味わいも良い。
舞茸には旨味がある。
もりそばは、蕎麦の実の殻が入っていないようで白めの薄いブラウン色である。
そばだけを口にいれるとほのかに甘みがあり、風味が良い。
汁はブシが効いていてほのかな甘みと辛味がある。
そばの薬味は輪切りのネギがつき、天ぷらにはおろし大根がつく。
ゆで太郎も侮れない。
美味し。

木挽庵

2016年1月7日(木)に初めて訪れた。
お店の造りはテーブル席とお座敷がある。
客層は年配の方が多い。
駐車場があるので車での来店も可能である。
外にメニューが出されているが値段が書かれていない。
店内に入り席につくと柚子の香りがするお茶が出された。
美味しい。
天付木挽そばを食した。
天付木挽そばは税込1800円である。
天ぷらは大きな海老天とかぼちゃの天ぷらとししとうの天ぷらであった。
熱々であった。
特に海老天がボリュームがあり、プリプリの食感を楽しむことができる。
木挽そばは蕎麦の上に海苔、鰹節、大根おろし、ねぎがたっぷりとのっていて、卵の黄味とともに蕎麦つゆをかけて食べる。
蕎麦はコシがあり、風味も良い。
最後は蕎麦湯を楽しむことができる。
食事の後は熱めの緑茶を出してくれた。
少々高めだが美味しいお蕎麦屋さんだ。

名物重そば 河邉庵 西口店

お店の造りはテーブル席のみである。
客層は年配の方が多い。
大変に繁盛をしていて外で待つお客さんもいる。
常連客も多い。
店内にはラジオが流れている。
冷たいそばの重天ぷらを食した。
冷たいお蕎麦の重(かさね)天ぷらは税込1030円だ。
温かいお蕎麦の天ぷらそばも同じく税込1030円である。
蕎麦屋さんでは安めの価格設定である。
蕎麦は三段重ねの蒸篭である。
コシが少しあり、食べ応えがある。
三段重ねなので量も充分にある。
それに蕎麦湯もつく。
長ネギ、大根、生姜、すり胡麻が薬味である。
天ぷらは海老天、ナス天、かぼちゃ天の三種類だ。
海老天はプリプリとした弾力のある食感で大ぶりである。
ナス天は口に入れると実が少しとける食感だ。
かぼちゃ天はさっぱりとした味わいである。

※本記事は、2018/08/24に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ